カテゴリ:女優 > 小芝風花

    このエントリーをはてなブックマークに追加
20240116


1:
 女優の小芝風花が15日、都内で行われた映画『レディ加賀』完成披露上映会舞台あいさつに、松田るか、青木瞭、中村静香、雑賀俊朗監督と共に出席。撮影現場の様子を明かした。

 本作は、歴史風情が漂う加賀温泉郷を舞台に繰り広げられる、涙と笑いの“おもてなし”エンターテインメント。歴史ある温泉街を盛り上げるためにタップダンスチームを結成した旅館の新米女将たちが、挫折やトラブルを乗り越え、仲間と奮闘しながら前進していく姿を描く。

 本作の台本を読んだ感想を聞かれた小芝は「お着物を着ながらタップをするという、和と洋の融合にすごく惹かれた」と吐露。「いろんな困難があっても乗り越えていく石川県の人たちの力強さも感じましたし、良い作品にできたらいいなと思って臨みました」と語った。

 また現場の様子については「オール石川ロケだったので、(キャストの)みんな同じお宿に泊まっていて、だいたい露天風呂に行ったらサウナで誰かしらが整っているので(笑)、『撮影終わったよー!』って合流して」と回顧。「みんな女性陣は裸の付き合いをしているので、本当に合宿みたいな感じでした」と明かした。

 「2024年に新しく始めたいこと」という話題では、小芝が「今、時代劇の作品をしているということもあって、和のものに触れたくて、三味線とか始めてみたいんです」と告白。「ずっとやってみたいというのはあったんですけど、どう入っていいのかが分からなかった」とした上で、「今、身近に三味線を習っている方とかもいらっしゃる状況なので、いろいろ聞いて、始めてみたいなと思っています」と口にした。

 舞台あいさつの終盤には、本作の撮影への石川県の人々の協力に雑賀監督が感謝。続けて「能登半島地震がありまして、すごく私も心を痛めまして。その中でなんとか石川県の皆様に恩返しと応援をしたいなという思いがすごく強くなりました」とし、「いろいろ考えた末、プロデューサーとも相談しながら、この映画の配給収入の5パーセントを義援金として石川県に届けようという風に決断しました」と発表。小芝も「この作品が少しでも石川の皆様の力になれたらなと願っております」と続いた。

 映画『レディ加賀』は、2月9日より全国公開。同月2日より石川県先行公開。

クランクイン!
no title






【小芝風花、女性キャストの“裸の付き合い”告白「合宿みたいな感じ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2023/04/23(日) 20:35:02.00 ID:iD9H5/xid
 俳優の小芝風花が、このほど東京・テレビ朝日で行われた21日スタートの金曜ナイトドラマ『波よ聞いてくれ』(毎週金曜 後11:15 ※一部地域で放送時間が異なる)の取材会に登場した。

 原作は、沙村広明氏による『月刊アフタヌーン』(講談社)で連載中の同名漫画。2020年の「マンガ大賞」では第4位にランクイン、さらに同年に地上波でアニメ化もされている。初実写化で主演を務める小芝は、スープカレー店でアルバイトをする主人公・鼓田ミナレを演じる。

 ミナレは、彼氏にフラれた上に金もだまし取られ、やけ酒を飲んでは見ず知らずの男に愚痴をさく裂。挙げ句、泥酔して記憶をなくす“超絶やさぐれ女”。ところが、この失恋トークをかました男が、実は地元ラジオ局のチーフディレクターで、この男に素質を見出されたミナレは、深夜のラジオで冠番組を持つことに。やがてラジオパーソナリティーとして開花していくストーリー。

 共演する北村一輝について聞くと、「本当にアイデアマン!次から次へとこうしたら面白いんじゃないか、こうしたらいいんじゃないかっていうのを現場で提案してくださる。すごい大人な面と、一方で遊び心のあるところがすごいすてき」と明かした。

 また、同作で2014年放送の連続ドラマ『GTO』以来9年ぶり共演に共演する片寄涼太については「10代の頃にご一緒してるので、安心感というか、とってもリラックスして撮影に臨めています」と話し、「変わらずずっと優しくて、柔らかい雰囲気は全然変わってなかったです」久しぶりに共演した印象を語った。

オリコン

no title

no title

no title




【【画像】小芝風花さんのドエロイおっぱい】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/12/05(月) 13:22:55.55 ID:Sw39Iu9O9
5日、都内にて「オスカープロモーション2023年新春晴れ着撮影会」が行われ、同事務所に所属する小芝風花(25)、高橋ひかる(21/※「高」は正式には「はしごだか」)、本田望結(18)、宮本茉由(27)、井本彩花(19)、井頭愛海(21)、尾碕真花(22)、鶴嶋乃愛(21)、川口ゆりな(23)、玉田志織(20)が出席した。

■小芝風花・高橋ひかるら、華やか晴れ着姿で集結

艷やかな着物姿で参加したのは、「ガールズオーディション2011」を登竜門にデビューし女優デビューから11年が経ち女優として大きく成長を魅せる小芝、「全日本国民的美少女コンテスト」を登竜門にデビューし、2023年の飛躍が期待される高橋、井頭、尾碕、井本、鶴嶋、川口、玉田。

女優・フィギュアスケートの両方面で注目を集め子役からオトナの女性へと成長した本田、「ミス美しい20代コンテスト」を登竜門にデビューした宮本の総勢10人。なお、鶴嶋と川口は今回が初参加となった。

■2023年の抱負は?

2022年はどんな年だったかと問われると「多忙な時期とゆったりな時期が、 ジェットコースターのように訪れたので、オンオフがハッキリしていた1年でした」(小芝)、「これまでは深夜のバラエティであったり、ドラマに出演することがありましたが、朝のラジオパーソナリティ、朝のポケモンの番組と少しずつ朝が肌に馴染んできた1年でした」(高橋)、「生まれてきて大切でない1年はもちろんないんですが、今年は特別な1年となりました」(本田)とそれぞれが1年を回顧。

2023年の抱負については「今年や ってきたことをつなげてより良い形で発信して、パワーアップの1年にしたいです」(川口)、「たくさんの作品に出られるよう実力をしっかりつけて、頑張りたいです」(宮本)、「私だけが表現できる、私でしか感じられない様な胸が煌めく、そんな表現を様々な分野でファンの皆さんにお届けできるような1年にしたいです!」(鶴嶋)と意気込んだ。

モデルプレス

「オスカープロモーション2023年新春晴れ着撮影会」/(左から)宮本茉由、川口ゆりな、本田望結、井本彩花、小芝風花、高橋ひかる、井頭愛海、玉田志織、鶴嶋乃愛、尾碕真花

no title


小芝風花

no title


高橋ひかる

no title


本田望結

no title




【【画像】小芝風花・高橋ひかる・本田望結らオスカー美女10人、華やか晴れ着姿で集結!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/10/29(土) 18:19:19.35 ID:khB2sA419
 女優の小芝風花(25)が28日放送のTBS「A-Studio+」(金曜後11・00)にゲスト出演。アプリで位置情報を共有するほど仲のよい女優を明かした。

 大阪府出身の小芝は今年、女優デビュー10周年。2014年に映画「魔女の宅急便」の主役・キキに抜てき、翌年にはNHK連続テレビ小説「あさが来た」で主人公の娘役を熱演した。昨年はフジテレビ系ドラマ「彼女はキレイだった」でW主演を務めるなど、現在最も勢いのある若手女優として注目を集めている。

 小芝について事前取材を行ったというMCの「Kis―My―Ft2」藤ケ谷太輔が前日、「取材のために位置情報アプリで風花さん、どこにいる?なんて…」と取材相手と小芝の位置を確認している写真を披露。小芝は「愛だ。高校生の時からの仲良しです」と取材相手がモデルで女優の森高愛であると明かした。

 藤ケ谷が「凄い仲良くて、お互いの携帯のGPSで位置がどこにいるとか常に分かるって」と説明すると、小芝は「そうなんです。家族と愛だけ」と位置共有を行っていると話した。

 森高とは「高校1年の時から同じクラスで。2年生から一緒に通信に移ったんです。2年生から急激に仲良くなって。こんなに長い友達は愛くらいです」と説明した。藤ケ谷は森高から聞いた小芝の情報として、「女子高生とか、青春したいらしんですよね。ご自分が高校生の時、なかなか自分が仕事が忙しくてできなかったから、コスプレしたり、プリクラ撮りに行ったり、あとピクニック」と紹介。小芝は「ありました。“おしゃピク”。おしゃれなピクニックが流行った時期があって、“何これ、こういうキラキラしたのやりたい”って思ったら全部愛に言うんです、私。こういうのやりたいって」と楽しそうに話した。

 さらに藤ケ谷は「今、2人でそれこそ色気を出したいっていうので、お尻をトレーニングしてるんですよね。2人で話し合って“色気を出すにはどうしたらいいんだ”って、お二人の中の結論は、お尻を鍛えると、後、髪をかき上げるっていう」とぶっちゃけ。小芝は照れながらも「かき上げてますね。お尻も鍛えてます。女性らしいラインを出そうってなって、特にお尻を重点的に鍛えて、女性らしくなろうってやってます。“プリっとしたお尻になりたいね”って言って」と笑顔で話した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2d27380c34cb9e5b1faa0ac850c45d6d29f04f30

no title
no title





【小芝風花、GPSで位置共有するほど仲の良いモデルとの休日を告白「お尻も鍛えてます」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/02/16(水) 07:56:11.01 ID:CAP_USER9
女優小芝風花(24)が今秋公開の映画「貞子DX」(木村ひさし監督)に主演し、本格ホラーに初挑戦することが15日、分かった。

ジャパニーズホラーの象徴と言える「貞子」のシリーズ最新作。
小芝は、呪いのビデオを見た人が突然死する事件が全国各地で起きる中、興味本位でビデオを見てしまった妹を助けるために奔走する大学院生・一条文華を演じる。
IQ200の頭脳を生かし、呪いの解明に挑む役どころだ。

テレビからはい出る姿が日本中に恐怖を植え付けた98年「リング」に始まり、12年「貞子3D」、16年「貞子VS伽椰子」、19年「貞子」など繰り返し映画化されてきた人気ホラーシリーズに主演する。
小芝は「今までいろんな方が演じられていて、作品も毎回話題になっているので、新シリーズに出演させていただけてとてもうれしかったです」と喜ぶ。
公開中の映画「99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE」など娯楽作を多く手がける木村監督の今作を「歴代の貞子シリーズとは、またひと味違った貞子を楽しんでいただけると思います」と紹介。
かけあいのテンポの良さと、ホラーシーンのギャップが魅力といい「全編を通してメリハリがある感じが新しい」と話す。

主演ながら、小芝自身はホラーが苦手で「1人では見られないので、家族がいる時に見ています」と明かす。
貞子映画に出演する実感については「『例の井戸』が出てきたシーンでは、まさに! と思いました」と撮影を振り返った。

木村監督は小芝を「良いオーラを感じる方」といい、「本作でもそれを感じていただける」と演技に太鼓判。
撮影を終え、現在は編集作業中といい「まさにジェットコースタームービーとはこの作品か」と手応えを語っている。

◆小芝風花(こしば・ふうか)
1997年(平9)4月16日、大阪府生まれ。11年「ガールズオーディション2011」グランプリ。
12年フジテレビ系ドラマ「息もできない夏」で女優デビュー。14年、初主演映画「魔女の宅急便」でブルーリボン賞新人賞受賞。
テレビ朝日系主演ドラマ「妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-」が4月スタート。同作は6月に映画化も決定。
155センチ、血液型A。


映画「貞子DX」に主演する小芝風花

no title




【【画像】小芝風花、「貞子」シリーズ最新作で本格ホラー初挑戦 IQ200の天才大学院生役】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/03/14(日) 08:02:49.25 0

no title

キツすぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwww





【【画像】小芝風花ちゃん(24)のJKコスプレwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/12/24(木) 10:19:59.95 ID:CAP_USER9
女優の小芝風花が2019年1月に発売した写真集『F』の未公開写真で構成した電子書籍限定の特別バージョン写真集『F ~another edition~』が、12月24日に発売された。

2021年1月にスタートするテレビ朝日系土曜ナイトドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」で主演を務める小芝のデジタル限定写真集が完成。

本作は2019年1月に発売した自身2冊目となる写真集『F』で惜しくも収めることが出来なかった未公開写真のみで構成したアザーカット版の写真集。
普段テレビでは見ることの出来ない素の表情や、初めて挑戦したセクシーな撮影など、小芝の魅力が満載。
70ページを超える大ボリュームで完成した。

全ての小芝ファンに贈る、素敵なクリスマスプレゼントとなっている。

http://mdpr.jp/news/detail/2362777

小芝風花写真集『F ~another edition~』より

no title

ezgif-7-df8704891a2b
no title




【【グラビア】女優の小芝風花、セクシーに初挑戦した写真集「F」未公開版が完成】の続きを読む

このページのトップヘ