NHK

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/11/26(金) 08:07:00.80 ID:DX2LLYQdp
no title

no title

no title




【【朗報】まいんちゃん(23歳)、めちゃくちゃ美人になる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/11/16(火) 06:33:13.44 ID:yI5YPp5E0● BE:632443795-2BP(10000)
NHKの和久田麻由子アナが、大みそかの『NHK紅白歌合戦』で「司会」を務めることが10月29日に発表され、同局における〝絶対女王〟化が加速。本番のステージ上では、その座をアピールするかのような〝サプライズ衣装〟が見られるかもしれない。

「今年は〝多様性の時代〟であることを背景に、これまでの『紅組司会』『白組司会』『総合司会』という区分けをやめ、3人全員の呼称が『司会』に統一されます。和久田アナは、2019年に内村光良とともに総合司会を務めて以来、2回目の紅白司会。今年は大泉洋、川口春奈とともに本番に臨みます」(放送記者)

近年の紅白におけるNHK局アナの総合司会は、2017年と18年、20年に桑子真帆アナが務め、19年だけ和久田アナだった。和久田アナは、桑子アナの1年後輩だが、激しいエース争いを展開。今年はどちらが「紅白司会」を任されるか、局内外で注目されていた。

「昨年3月、桑子が務めていた『ニュースウオッチ9』のキャスターに和久田が就任。今夏の東京五輪中継でも、和久田が開会式のキャスターを担当したのに対し、桑子は閉会式に回された。しかも、桑子は18年の平昌冬季五輪の開会式と同年の紅白に続いて三度目の言い間違いをしてしまい、万事休す。一方の和久田は大きなミスもなく、完璧な中継で実力を見せつけ、引き離した印象でした」(NHK関係者)

今年の紅白は、2年ぶりに有観客で開催。改修工事中の「NHKホール」ではなく、「東京国際フォーラム」で行われる。そうした状況もあり、和久田アナは観客と視聴者の両方の視線を引きつける衣装で登場すると囁かれているのだ。

「今年の紅白のテーマは〝カラフル〟。和久田アナは、局幹部らに『カラフルで派手な衣装の方がいいですよね』などと相談しているようです。すでにステージで着る衣装の選定にも入っており、中にはセクシーなドレスも用意されています。和久田アナは、キラキラ光る生地で、シースルー部分が大きく、胸の谷間や肌が透けて見え、下半身はぴったりとヒップや股間に密着するボディコン風のドレスに決めたといわれています」(番組制作会社スタッフ)

和久田アナは、東大時代にラクロス部のマネジャーを務めたほどのスポーツ好き。早大時代に箱根駅伝のランナーを務めた商社マンと19年2月に結婚しているが、まだ子宝には恵まれておらず、セクシーなプロポーションを維持し続けている。

「結婚後、幸せなホルモンの影響か、和久田アナは急激にバストが成長したとネット上で話題になりました。『ニュースウオッチ9』では、露骨な露出は避けているようですが、〝E級〟ともいわれる美バストを紅白衣装の〝透けシースルー〟で公開すれば、もはや局内に勝てる女子アナはいなくなる」(同・スタッフ)

一方の桑子アナは、9月に俳優の小澤征悦と結婚して〝戦線離脱〟気味。

「本来、和久田は報道に専念したい考えなのに、局幹部が頼み込んで今回の紅白司会を承諾してもらったそうです。実力もルックスも申し分ない上に、局のお偉方も和久田に頭が上がらなくなった。大みそかは、名実ともに〝女帝〟就任の日になりそうですね」(前出のNHK関係者)

桑子アナがフリーに転身する日も、そう遠くなさそうだ。

https://weekly-jitsuwa.jp/archives/38615
no title





【NHK和久田麻由子アナ、紅白司会に返り咲き! 本番は透けた仰天ボディコン風ドレス決断!?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/07/24(土) 22:18:38.38 ID:zrE+BVT00● BE:632443795-2BP(10000)
NHKのエースである桑子真帆アナは現在、平日朝の『おはよう日本』を担当。毎日毎日が〝E級〟の祭り状態で、男性視聴者をムフフとさせてくれている。

「目を見張るのは、ボード解説時のヨコ向きショット。いつも、トップがツンと斜め45度に上を向いており、その存在を主張しています」(女子アナウオッチャー)

6月23日放送の『たけしのその時カメラは回っていた』では、ノースリーブのロングドレス姿で司会を務めてくれたが、

「大物のビートたけしとのカラミにコーフンしたのか、たけしのギャグに大きく仰け反ったとき、上に引っ張られたドレスを谷間が挟み込み、その魅力的なフォルムを浮き彫りにしてくれました」(同)

というから、なかなかの〝パイ芸人〟ぶりではないか。

「6月10日放送の『おはよう日本』では、子どものヘディング禁止論争についてのニュースの中で、何とスタジオにサッカーボールを持ち込んでヘディングに挑戦。男性アナに投げられたボールに笑顔で頭を合わせてピョンと飛び、ヘディングを成功させるとともに、白いブラウスの中のバストをポヨヨ~ンと揺らしてくれる大サービスがありました」(同)

学生時代のヤンチャすぎる異性交遊や小澤征悦との熱愛など、男性問題で芸能マスコミを賑わせることが増えてきた桑子アナ。この魅力的なボディーなら、男も放っておくはずはないのだから、下半期もエッチな話題を振りまいてくれそうだ。

https://weekly-jitsuwa.jp/archives/26286

no title

no title




【【画像】NHK桑子真帆アナはE級バストのパイ芸人】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/07/13(火) 07:03:47.04 ID:cX4oCvGr0● BE:632443795-2BP(10000)
絶対的エースの座を盤石にし、NHKの和久田麻由子アナが、より美しく輝きを増している。7月23日に行われる東京オリンピックの開会式と、9月5日のパラリンピック閉会式の中継番組のキャスターを、和久田アナが務めることが発表されたのだ。

「長い大会の始まりと終わりを担当するということは、大会の顔として指名されたということ。ライバルとされてきた桑子真帆アナは、五輪の閉会式のみの担当であることからも、NHK内の序列は明らか」(放送担当記者)

2019年には、天皇陛下の即位関連番組のキャスターを務め、同年の『紅白歌合戦』は総合司会を務めていた和久田アナ。さらに、この東京五輪・パラリンピックの開閉会式と、国民的な行事をすべて制覇したのだから、もはや桑子アナとのエース争いは完全決着を見たといっていいだろう。そんな余裕からだろう、最近の和久田アナの色気と美しさが加速しているようだ。

「昨年の夏に、ショートヘアにしてイメージチェンジが大成功。知的な雰囲気が増したと同時に、首筋やうなじの色っぽさが加わり、何ともエロく進化しています。また、19年の結婚以来、カラダ全体がふっくらとしてきたようで、全体のボリュームも増量しています」(芸能記者)

例えば、6月21日の『ニュースウオッチ9』の和久田アナが分かりやすかった。

「胸元の合わせが大きく切れ込んだ黒のシャツワンピースという、シックなスタイル。下に着た黒のインナーで谷間チラリは確認できませんでしたが、デスクに両肘をつき、生出演した河野太郎大臣に前のめりで質問を浴びせる姿が色っぽかった。横から捉えたショットでは、推定〝E〟はあろうかという膨らみもバッチリ確認できました。河野大臣も〝副反応〟を抑えるのに必死だったに違いありません」(女子アナウオッチャー)

このお色気の秘密は、やはり19年の結婚か。

「和久田アナの夫は、11年の箱根駅伝・早稲田大学代表ランナー。〝山の神〟と呼ばれた柏原竜二と伝説の5区を走ったスター選手でしたから、持久力、スタミナが満点。そんな夫に毎日、たっぷりと愛されていれば、女として充実するのも当然ですよ」(同・ウオッチャー)

五輪でもお色気たっぷりにお願いしま~す!

https://weekly-jitsuwa.jp/archives/25077
no title





【NHK和久田麻由子アナ、“圧巻のボリューム増”! 加速する色っぽさ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/05/12(水) 19:12:16.24 ID:CAP_USER9
中立的な立場、丁寧で質の高い番組作りで知られるNHK。ニュースを読むNHKアナウンサーは冷静で落ち着いた印象がありますが、それぞれの個性が話題になることも少なくありません。

 それでは編集部がピックアップした3人の女性アナウンサーを紹介していきます。

●井上あさひ

 2004年に入局した井上あさひさんは、岡山県玉野市出身。お茶の水女子大学では小中の教員免許を取得し、就活中は小学校の先生とアナウンサー、2つの道を考えていたそうです。

 クールビューティーな外見と落ち着いた雰囲気でどの年齢層からの好感度も高く、2015年に東京から京都への異動になったときは、落胆した視聴者の間で「あさひロス」という言葉が生まれたほどの人気ぶり。2017年に再び東京アナウンス室に配属となり、実力・経験・人気を兼ね備えた中堅アナウンサーとして、討論番組「日曜討論」などで活躍しています。

●久保田祐佳

 タレント・タモリさんの人気番組「ブラタモリ」初代アシスタントとしても知られる久保田祐佳さんは、静岡県静岡市生まれ。慶應大学を卒業し、静岡局を経て2008年から東京アナウンス室に配属されています。

 華やかで女性らしい、やわらかい雰囲気を持つ久保田さんは、「ニュース7」のサブキャスターや「クローズアップ現代+」、「紅白歌合戦」など報道番組を中心に、エンターテイメント番組でも活躍。2019年には第二子を出産しました。

no title


●桑子真帆

 愛らしい笑顔や素朴な雰囲気が魅力の桑子真帆さん。東京外国語大学でチェコ語を専攻していたという学歴の持ち主です。

 2010年に入局後は、長野局、広島局を経て2015年に東京アナウンス室に配属され、異動後すぐに「ブラタモリ」に抜擢。その後も主要報道番組や、「紅白歌合戦」、平昌オリンピック中継などで活躍し、NHKのエースアナウンサー候補として注目を浴びている女性アナウンサーです。

no title


 ということで、編集部がピックアップしたNHK東京アナウンス室所属の3人のアナウンサーを紹介してきました。他にもさまざまな番組で活躍しているアナウンサーが多く所属しています。あなたが好きなアナウンサーは誰ですか?

https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/204274/

no title




【【画像】NHKの女子アナであなたが一番好きな人は?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/01/05(火) 16:15:30.62 ID:CAP_USER9 BE:155129706-2BP(0)
 タレントで女優の橋本マナミ(36)が5日、NHK総合「ごごナマ」(月~金曜後1・40)にゲスト出演し、芸能人生の転機になった極限セクシーグラビアについて語った。

 もともと女優志望で芸能界入りしたものの、来る役は死体役ばかり。それもどんどん減っていったという。「お芝居もない、歌手でもない、脱ぐしかないとなって」。覚悟して臨んだ仕事は、温泉で体を手ぬぐい1枚だけで隠すセクシーすぎるグラビアだった。現場に行くと「置いてあった衣装が、ひも、手ぬぐい、布みたいな。服がなかったんです」という状況だったが、「『これしかない。ここから始めないと、その後の仕事が続かないんだ』と思って、手ぬぐい1枚で臨んだんです」と覚悟を決めた。

 水着グラビアの経験はあったものの、ほぼ裸の撮影。両親の反対を押し切っての一大決心だった。「両親も反対して、『あなたはどこに行くの?』って心配しちゃって。『私にはこれしかないの』と言って、やらせてもらいました」。覚悟のグラビアは大反響を呼び、再びグラビアの仕事が舞い込むようになったという。「初めてだったんですよ、仕事が続いたのが。そこから自信になって、頑張りたいなと思って、1個1個積み上げていく感じだった」と振り返っていた。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/01/05/kiji/20210105s00041000281000c.html
no title





【【画像】橋本マナミ、芸能人生かけた極限グラビア「置いてあった衣装がひも、手ぬぐい、布。服がなかった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/12/22(火) 17:15:10.57 ID:CAP_USER9
 女優の本仮屋ユイカ(33)が22日、NHK「ごごナマ」(月~金曜後1・40)に生出演。“大胆発言”連発で番組を盛り上げた。

 まずは自身の名前について「上も下も字もそのまま本名です」とし、珍しい名字については「鹿児島の名前で、日本に29世帯」しかいないと説明。続いて自身のイメージについて「ありがたいんですけど、清純派って言われることが多すぎて、何回も辞書で調べました」と打ち明け、辞書で調べたところ「素直で清らかなさま」とあったといい「ああ、素直は素直だ。清らかっちゃ清らかかな…と思って。ありがたくそのままいただきました」と話した。

 さらに初めて買ったCDがアイドルグループ「少年隊」で初恋相手は東山紀之(54)だったことや、洋服の裏表を逆に着てしまったり、スカートのチャックが全開だったりのおっちょこちょいエピソードには事欠かないことも明かすなど、素顔を包み隠さずオープンに。番組MCを務める俳優の船越英一郎(60)からの5つの質問に「YES」「NO」の札を挙げて答えるコーナーでは「実は脱いだらすごいんです」に満面笑みで「YES」の札をぐいぐいと何度も前へ。「自信をもって言います。私、すべての衣類の中でビキニが一番似合うと思ってるんです」と言い切った。

 共演者が爆笑に包まれる中、船越に「なかなかご自身でテレビの前で言う人、少ないと思いますよ」と振られた本仮屋は番組で写真集のビキニ姿を紹介されると「ありがとうございます」と爽やかな笑顔。鍛えているのでは?という声に「鍛えてます」と答え「この時は倒立を一番してました。きょうも朝やってきたんですけど、内臓をちゃんとした位置に戻したいってのもあるし、血流が下に落ちちゃうので上に上げるために逆立ちをする。あと、背中とか腕とかも感じたいので倒立してました」と説明していた。 

no title


動画版ホスピタリティ~ある病院で

のエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【【画像】本仮屋ユイカ、大胆発言連発!「私、すべての衣類の中でビキニが一番似合うと思ってるんです」】の続きを読む

このページのトップヘ