JD

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/06/11(土) 17:23:10.87 ID:cq4dulKb0● BE:632443795-2BP(10000)
志田音々、美脚&美尻あらわ 1st写真集先行カット公開「お気に入りです!」

お天気キャスター、そしてフジテレビ『めざましテレビ』のコーナーでイマドキガールとして活躍し、“日本一かわいいビキニの女子大生”のキャッチフレーズで、人気を集める志田。

自身初の写真集となる同作は、鹿児島・奄美大島と加計呂麻島で撮影。ビーチや滝、マングローブの林、古民家やリゾートホテルで水着姿を見せているほか、初めてのランジェリー撮影にも挑戦し、オトナで大胆なカットが収録されている。
先行カットは、志田が選んだお気に入りの3枚。「“開放的な海辺ではしゃいだ後に、ふと後ろを見る志田音々”って感じですねっ。身体が固いなりに、ちゃんと振り向けているところがお気に入りです!」というビーチで美脚と美ヒップをあらわにしたカットや、お団子ヘアで弾ける笑顔を見せたカットが選ばれている。

https://news.mynavi.jp/article/20220610-2364521/

no title




【【画像】めざましテレビで活躍中の現役女子大生・志田音々、1st写真集の先行水着カット公開】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/03/27(日) 16:35:48.63 ID:Ho/nhF+I0● BE:115523166-2BP(2000)
話題沸騰中の現役女性大生グラドルで“令和のハイレグプリンセス”との異名をとる林田百加が26日、都内で1st写真集『ハイレグの国』(竹書房)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。

全編ハイレグで贈る同写真集。これまで見せたことのないギリギリの露出と攻め攻めの角度はグラビア業界を席巻しており、”ハイレグ旋風”を巻き起こし中の林田。妥協を許さない鋭角は、ファンならずとも必見の出来となっている。

初めての写真集を手にした感想を求められた林田は「大きいなと思いました(笑)。DVDはこの半分くらいのサイズなので、“自分でっかいな”と思いながら手に取りました」と声を弾ませ、念願の1冊かと思いきや「念願というよりは、個人的な意見としては“もう私出していいんですか?”みたいな感じが大きくて、初めてDVDを出してからまだ1年半しか経っていないですし、みなさんもっとキャリアを積んで出されているイメージだったので、“私、出していいんですか?”って感じです」と恐縮しつつ、「でも、1つの大きな目標だったので、すごく嬉しいです」と笑顔を見せた。

撮影は昨年11月に都内と千葉で行ったそうで「寒かったですね(笑)。外カットが意外と多くて、人を避けるように早朝に撮ったりしていたので、ガクブルしながら撮っていたんですけど、基本的にはいつもの撮影と変わらず楽しく撮影してきました」と回顧し、お気に入りには笑顔の写真を挙げ「私が決めきれていなくてマネージャーさんのお気に入りカットになっちゃったんですけど、特技をエナジースマイルというふうにしているので、実は笑顔のカットが本作は少ないイメージがある中で弾ける笑顔って感じがして好きです(笑)」と満面の笑みを浮かべた。

また、11着のハイレグを着用しているそうで、お気に入りの衣装を尋ねられると「逆ハイレグが好きなんですよ」と答え、「文字だけでは伝わらないかなと思うんですけど、普通のハイレグは体の前に逆三角形に布があるじゃないですか。逆ハイレグは逆で、体の前の逆三角形のところに布がなくて、手足に布があるスパイスーツみたいな感じの衣装がかっこよくて好きなんです」と報道陣の写真を見せながら紹介。あまりにも大胆な衣装に心配の声が上がると「マネージャーさんに1番心配された衣装なんですけど、私はノリノリで撮影してきました」といい、着心地については「伸びない素材なので着るのは大変なんですけど、かっこいい気分になれてる衣装です」と語った。

さらに、写真集を撮影するにあたってダイエットなどしたか聞かれると「ないです!DVDのときもそうなんですけど、基本的にはありのままを見ていただけたらなという意味もあって、あまり鍛えなかったです(笑)。そのままの私がいると思います」とアピール。そんな写真集に点数をつけるようお願いされると「65点」と辛口評価をし、「伸びしろがあるという意味での65点なんですけど、基本的には手に取っていただいた方に点数を決めていただきたいです」とコメント。加えて「個人的にはハイレグの入門書というか、ハイレグを普段知らない方にも手に取っていただいて楽しんでもらえる写真集かなと思っているので、「ハイレグ100点です」って言うと手に取りにくいかなというのもあって、伸びしろも含めて65点です」と説明した。

この春から大学4年生となり、卒業後は芸能活動をメインでやっていくそうで、今後やってみたいことを聞かれると「実はまだ単独で雑誌の表紙を飾ったことが少ないので、表紙を目標にしつつ、自分の目標である女優のお仕事だったり、最近だとラジオやバラエティに出演させていただくと好評で嬉しいので、そう言った部分にも力を伸ばして行けたらいいなと思います」と目を輝かせた。

最後に、この日着ていた水着の紹介を求められると「この作品の中で着る候補にあった衣装の1つなんですけど、せっかくなので着させていただきました」と明かし、ポイントを聞かれると「前から見たら普通のハイレグなんですけど後ろがガラ空きで、普通の競泳タイプじゃないハイレグな珍しいなと思って好きです」と笑顔を見せ、同写真集と並行して撮影したDVDも発売されるそうで「この写真集の中の私が動いていると言っても過言でもない作品になっています。11着中9着くらいDVDで使わせてもらっているんですけど、逆ハイレグは入ってないんです(笑)」と明かした。

https://news.dwango.jp/gravure/69295-2203

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title




【B82W59H88、“令和のハイレグプリンセス”との異名をとる現役女性大生グラドル】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/03/26(土) 15:19:06.33 ID:CAP_USER9
 テレビ東京の相内優香アナウンサーが26日、自身のインスタグラムを更新し、早稲田大学大学院を卒業したことを報告した。角帽をかぶった画像をアップし「この春、2年間、仕事と両立して通ってきた早稲田大学大学院経営管理研究科を修了し、MBA(経営学修士)を取得しました。」と伝えた。

 相内アナは同局の「ワールドビジネスサテライト」など経済番組に携わる中で「自分の経済キャスターとしての専門性をより高めたいと思った」ことが進学のきっかけだったと説明。「両立は不安もありました」と正直につづった。

 2021年からは「Newsモーニングサテライト」のメインキャスターに就任。「このラスト1年間は、週の前半は早朝番組で深夜1時起き、週の後半は夜間の大学院で深夜1時に寝るという1週間がまるで2つに割れたような時差ボケ生活」だったと明かした。精神的に苦しい時期もあったというが「学びは楽しく、一緒に苦楽をともに勉強する仲間たちのおかげで頑張ることができました。(単位も一つも落とさなかった!)」と振り返った。

 「本業のアナウンサーの仕事はもちろん主軸として抜かりなく。大学院は自分のプラスαとして知見を拡張する。まさに”知の深化と知の探索”を実践してきました。」と自画自賛。「学びと、チャレンジは永遠に続きます。ここからまた新たな、始まり。MBAを取得しても、どう行動するかは結局自分次第なんです。」と前向きにコメントし、テレ東の同僚、大学院の先生や学生仲間、家族にも「本当にありがとうございました。」と感謝を伝えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c2439bc9904bc417c541c3391f58ad3a28f1f18b

no title

no title

no title

no title




【【画像】テレ東・相内優香アナ、早大大学院卒業とMBA取得を報告】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/10/30(土) 21:46:39.70 ID:Knmp0itV0● BE:115523166-2BP(2000)
“令和のスター”を探す次世代グラビアアイドルオーディション「グラビアネクスト2021」グランプリ表彰式が30日、都内で行われ、グランプリ・各賞が発表。ゲストプレゼンターとして中﨑絵梨奈、大貫彩香、豊田ルナ、新海まきも出席した。

同オーディションは、「令和時代の新しいスターグラビア」をコンセピトに、大手芸能プロダクション3社(エイベックス・マネジメント/フィット/プラチナムプロダクション)が、名だたる出版社の協力のもと開催する日本最大級次世代グラビアアイドルオーディションイベントで、審査員は33媒体の担当者が参加した。

今回、審査員特別賞2名、ミクチャ賞1名、準グランプリ1名、グランプリ1名の計5名が受賞し、今年6月までアイドルグループ・ラストノーツのメンバーとして活動していた檸檬がグランプリの栄冠に輝いた。ゲストプレゼンターの豊田から名前が読み上げられ、ティアラとマントをつけた檸檬は「参加するからには絶対にグランプリを獲りたいと思って参加していたのですが、まさか本当にこのティアラをかぶれるとは思ってもいませんでした」と目を丸くしつつ、「今朝、父から『グランプリをとって賞金で美味しいものを食わせてくれよ』と言われていたので、焼肉に行きたいと思います!」とにっこり。「まだ未熟でわからないことも多いですか、これからよろしくお願いいたします」と頭を下げた。

表彰式後の囲み取材に応じた檸檬は、改めて自己PRを求められると「大学では薬学や医学について学んでいます。たくさんの人と話して見識を深めたい、トーク力を身につけたいと思って配信活動を去年から始めました。私は歌うことが大好きなので、歌とグラビアと愛嬌の三刀流で日本中を虜にしていきたいと思っています」とアピールし、芸名の由来と学校名を聞かれると「私自身のイメージが甘い感じがするなと考えていたので、檸檬みたいにさっぱりとして生きていきたいと思ったのと、レモンと私ということで、甘酸っぱい魅力を届けていきたいなという意味を込めました。大学は東京薬科大学生命医科学部に所属しております。4年生です」と明かした。

グラビアの魅力を尋ねられると「もともと父がよくグラビアの雑誌を買っていたというのと、篠崎愛さんをテレビで見かけてグラビアアイドルに興味を持ったのですが、グラビアアイドルは全身を出して勝負するので、自分の個性を生かしつつ、女性らしい魅力を広げられる存在になりたいなと思って今回、応募いたしました」と語り、自身のチャームポイントを聞かれると「脚がまっすぐだねって言われることと、くびれが言われることが多いです」と恥ずかしそうに答えた。

今後の目標について檸檬は「大きい目標としては写真集を出すことですが、父親が雑誌のグラビアを見るのが好きだったので、私が表紙や巻頭グラビアを担当させていただいて驚かせたいなというのが目標です」と目を輝かせ、現在大学4年生ということで、今後(卒業後)は芸能活動に専念して行くのかと追求されると「大学的に就職する率が高いので両親とも話し合ったのですが、私としては卒業するまでに自分がやりたいことにたくさん挑戦したいと考えているので、今回グランプリを受賞させていただいて、お仕事が決まっていけば芸能活動のほうで活躍していきたいと考えております」と言葉に力を込めた。

さらに、アイドルグループ・ラストノーツはデビュー後2ヶ月で卒業してしまった檸檬だが、今回はすぐに辞めることはないかと手厳しい質問が飛ぶと、檸檬は「デビューしてから2ヶ月なんですけど、オーディションで決まって活動してからは半年以上経ってからの卒業でして、レッスンを通してアイドルは楽しいなと思って、ファンの方もついてきたんですけど、自分はアイドルだけじゃなくて、グラビアだったり演技だったり、たくさんの場所で活躍したいと考えていたので、新しいステップを踏みたいと思って卒業させていただきました」と卒業理由を説明し、グラビアアイドルはいつまでやりたいかと追求されると「若いほうが好かれると思っているんですけど、私は顔が幼いと言われるので、顔がもう少し老けるまでは頑張ろうと思っています」とコメントして会場の笑いを誘った。

<グランプリ>
檸檬
出身:東京都
生年月日:1999年2月13日(22歳)

<準グランプリ>
清水ひな
出身:神奈川県
生年月日:1997年5月23日(24歳)

<ミクチャ賞>
ゆき
出身:宮城県
生年月日:1999年1月3日(22歳)

<審査員特別賞>
鈴丸すう
出身:東京都
生年月日:1998年4月25日(23歳)

片桐桜
出身:東京都
生年月日:1998年1月21日(23歳)

https://news.dwango.jp/gravure/65313-2110

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title




【【画像】“令和のスター”を探す次世代グラドルオーディション、Eカップの大学4年生が受賞 「日本中を虜にしたい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/07/19(月) 05:27:12.82 ID:CAP_USER9
 現役女子大生のタレント・志田音々(23)が、19日発売の『週刊プレイボーイ』31・32合併号(集英社)に登場。グラビアでアスリートへの憧れを開花させた。

 成城大学在学中の志田は、学生生活のかたわらフジテレビ系『めざましテレビ』の情報トレンド紹介コーナーの「イマドキ」にも出演。フレッシュな笑顔と抜群のスタイルでグラビアでも活躍する。

 今号の『週プレ』は世界のすべてのアスリートを応援する特大合併号ということで、一見スポーツとは無縁に見える志田もアスリート風グラビアに挑戦。しなやかなスタイルでアクティブな雰囲気を見せながらも、リラックスしてくつろぐ姿も披露するなど、さまざまな魅力を発揮している。

 さらに、本号と同時にデジタル写真集『【デジタル限定】志田音々写真集「アスリートになりたい」』をリリース(880円)。「週プレ グラジャパ!」ほか主要な電子書店で配信される。

https://www.oricon.co.jp/news/2200558/full/

no title

no title




【【画像】女子大生タレント・志田音々、グラビアでアスリートへの憧れを開花】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/06/20(日) 05:22:10.03 ID:CAP_USER9
テレビ朝日の弘中綾香アナ(30歳)が、6月19日に放送されたバラエティ番組「ノブナカなんなん?」(テレビ朝日系)に出演。自身のバイト経験について語った。

番組はこの日、「働かない女vs.バイト4つかけ持ち女」をテーマに進行。その流れで、バイト経験を聞かれた弘中アナは「私、高校生のときから数えると、たぶん10個以上。ファストフードとか、お花屋さんとかいろいろやってました」と明かすと、番組MCの千鳥・ノブ(41歳)は「意外!」と驚いた。

そして、ノブから「これ合うと思った(バイト)あった?」と聞かれると、弘中アナは「家庭教師は、結構“人気家庭教師”になっちゃって。大学4年生のとき時給4000円いただいてました」と告白。ノブは「一流キャバ孃じゃない(笑)」とツッコんだ。

“人気家庭教師”になったのは、「すっごい厳しかったんで、合格させてました。泣いて辞めちゃう子とかもいて」とスパルタ家庭教師で合格実績が良かったからだといい、ノブは「ドラゴン桜やってたの!?」とまたビックリ。弘中アナも「一人ドラゴン桜みたいな感じで(笑)」と認めた。

https://www.narinari.com/Nd/20210665961.html

a.jpg,zoom=600,quality=70,type=






【弘中綾香アナ、「大学4年のとき時給4000円のバイト」告白】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/05/29(土) 09:01:01.95 ID:CAP_USER9
アイドルグループ・SKE48の元メンバーで現在はフリーアナウンサーの後藤楽々が、6月5日から日本テレビ系土曜朝の情報番組『ズームイン!!サタデー』(毎週土曜 前5:30)で、6月のマンスリーお天気キャスターを務めることが決定した。
後藤は「朝の番組のお天気を担当する事は長年の夢だったので本当に本当に本当にうれしかったです! すぐさま家族に報告しました!(笑)」と興奮気味に喜びを表した。

同番組ではこの春からお天気コーナーを、多様なパーソナリティーを備えた『今、注目すべき人』が月替りで担当。
4月の声優・斉藤朱夏、5月のモデル・タレントの井手上漠に続く6月には、現在、“バイリンガル現役大学生フリーアナウンサー”として活躍する後藤が起用された。

後藤は、2019年9月にグループ卒業後、大学進学とともに名古屋から上京しフリーアナウンサーとしての活動をスタート。
幼少期から触れてきたという英語は堪能で英検1級を持ち、小学2年生からはじめたゴルフのベストスコアは85とスポーツウーマン。
現在は青山学院大学で学業に励みながら同局朝の情報番組『ZIP!』でもリポーターを務めている。

今回、後藤が挑戦するのは、アイドル時代に鍛えたキレッキレのダンスとともに天気予報をお届けする『ダンシング天気予報』。
そのほか、番組いち押し企画など、朝からワクワクして前向きになれる内容を届ける。

「お天気をお伝えするのも、生放送も初めてなので不安もありますが、楽々と言う名前の通り、自分も楽しみながら、見てくださっている全ての方に楽しい土曜日の朝を届けられるように頑張ります!」と意気込み。
「『ららちゃんに送り出してもらうと1日を楽しく過ごせそう』と思ってもらえる人になるのが目標です! みなさんの土曜日の朝をすこしでも明るく楽しくできるようにがんばります!」とやる気をみせている。

https://www.oricon.co.jp/news/2194858/full/

no title




【【画像】「青学大英検1級の才女」元SKE48後藤楽々(20)、日テレお天気キャスターに抜擢! “ダンシング天気予報”に挑戦】の続きを読む

このページのトップヘ