AV

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 20/08/26(水)22:40:00 ID:3CS
1位 朝日奈央
no title


動画版ホスピタリティ~ある病院でのエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【【画像】AV堕ちして欲しい芸能人ランキング】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/08/22(土) 07:31:03.48 ID:r9kgGqJg0
GIGA
no title

見放題ch ライト

【【画像】好きなAVメーカー】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/08/22(土) 18:36:35.37 ID:1INBr1LW0
今日こそ結論だすで
no title





【なぜIV(イメージビデオ)の方がAVより抜けるのか?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/07/17(金) 12:31:04.78 ID:GTdwKpzW0
いかんでしょ

no title

動画版ホスピタリティ~ある病院でのエ

ロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【【画像】人気セクシー女優のつぼみさん、32歳になってもまだ制服を着せられるwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/06/28(日) 10:36:09.79 0
 タレント・蒼井そらが27日、都内で小説「夜が明けたら 蒼井そら」の発売記念イベントを行った。

 同作は、蒼井の半生をモデルに、作家・藤原亜姫がドラマティックに脚色して描いた小説。

 26日に更新したブログでは、同作の幼少期からデビューまでの時間経過を見ると、本人と登場人物の年齢が違うと明かしていた。

 さらに公式プロフィール上では1983年生まれとなっているが、年齢をサバ読みをしていたことを認め、実年齢は39歳であることを明かした。

 これに蒼井は「デビューする時に、こういうものだとマネージャーさんに言われて。私が今日初めてデビューです、という雑誌が出た時、コンビニで見てみると『あ、私1983年生まれなんだ…』ってなって(笑い)。アダルト業界は18歳が一番若いので、18歳がいいということで、そうなったんだと思います!」と述べた。

 公表に至った理由については「結婚、出産を経験して、もういいかなと。年相応だねって言わないでください!」と笑顔。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1934556/

no title


VR動画

【元AV女優の蒼井そらが年齢サバ読みしていたことを公表「AV業界は18歳が一番若いので」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/06/21(日) 10:23:29.75 ID:emfF5Hkh0
 恵比寿マスカッツ1.5の冠番組『恵比寿マスカッツ1.5 真夜中のワイドショー』(AbemaTV)が放送された。オアシズがMC、黒沢かずこがADを担当し、“セクシー事件簿”をマスカッツなりに大体で討論する大人なワイドショー番組だ。

 メンバーが日頃抱えている不満や普段は言えないことを、激しい音楽に合わせてダンスしながら叫ぶ「ダンスダンスワイドショー」のコーナーでは、今週もさまざまな不平不満が飛び交った。気温差が激しいという些細な不満から、「恵比寿マスカッツという理由で仕事が決まらなかった」という切実な愚痴などが叫ばれる中、湊莉久がカメラの前に躍り出た。

 湊は「引越しの審査が全然通らない。職業のせいですか?」とリアルな悩みを告白。引越し難民だという湊は職業を「タレント」で申請しているが、まったく審査に通らないと嘆く。

 これを聞いた大久保佳代子は「年収とかも書くじゃない。年収いくらにしてるの?」と質問。「そのまま、正直に……」「今は引退しちゃったんで(年収)少なくなっちゃったんですけど……」と言い淀む湊に、大久保が「じゃあ今月いくら?」と追い打ちをかける。

 湊が「今月は7万円です」と衝撃的な月収を告白すると、メンバーからも「かわいそう!」と悲鳴が。さすがに同情した様子の大久保は「家にあるお米とかレトルトカレーとかあげて!」とメンバーに呼びかけていた。


no title

no title


期間

限定セール(毎週作品更新)

【AV引退した湊莉久が衝撃告白「月収7万円」「引っ越し審査も通らない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/06/16(火) 11:15:59.52 ID:zInOQW8Cd
星名美津紀
no title


VR動画

【【画像】AVデビューしたら必ず買うグラビアアイドル】の続きを読む

このページのトップヘ