童貞

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/11/28(火) 10:24:50.92 ● 
参加女優 波多野結衣
参加条件
イベント開催店舗にて対象商品をご購入の方にイベント参加券を配布します。

参加特典
1枚購入:水着での集合撮影会+サイン握手会+生写真2枚
2枚購入:2ショット撮影
3枚購入:個人撮影+もう1回2ショット撮影+サイン入りチェキ1枚

プレジャ秋葉原店(東京都)
日時 2017年12月21日(木) 17:00~
場所 〒101-0021 東京都 千代田区外神田 3-13-5 松井ビル2F~4F
https://www.av-event.jp/user_data/evelt/detail.php?event_id=9855 

no title


【【画像】地下アイドル刺傷事件の犯人と「童貞素人筆下ろしツアー」でSEXした波多野結衣さんがイベント開催】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/10/29(日) 08:21:26.31 ID:TrmniEH1M
no title
no title

【明日花キララ「私のことを偽乳だという童貞共みんなまとめて触りにこいよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/09/24(日) 01:22:16.53
指原莉乃「童貞は責任取れない」発言に 「こちらからお断りだよ」とブチギレた人たち

動画
https://www.youtube.com/watch?v=Rw5mn_U83Ts

画像
no title


HKT48の指原莉乃が、童貞男性を「お断り」するような発言をし、ネット上で話題に『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』で「童貞は責任取れないかも」と発言。
「こちらからお断りだよブス」「童貞がアイドルグループを支えている」など反発の声も 。

アイドルグループ「HKT48」の指原莉乃さん(24)が、童貞男性を「お断り」するような発言をしたとしてネット上で話題になっている。

テレビ番組の座談会で、童貞の男子大学生に好きになられたらどうするかを聞かれると「童貞は責任取れない」と答えた。

指原さんがMCとして出演している「指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙」(AbemaTV、毎週火曜21時~)。
2017年9月19日の放送では「サイテー男に学ぶ恋愛参考書」と題し、様々な体験談が語られた。

そのパネリストの1人がこの番組で名前と顔が知られるようになった伊勢航来さんで、テロップでは「童貞大学生」と紹介されている。そんな伊勢さんはこの夏に音楽フェスで、「番組観てますよ」などと「AKB48」の柏木由紀さんに似た可愛い子に声をかけられた。
その後、自分から食事に誘い映画を見に行ったのだが、その女性は映画を見た後に急にバイトが入ったと帰って行き「童貞喪失」には至らなかった、という話を披露したのだが、その前に、伊勢さんと指原さんにこんなやり取りが行われたことが、視聴者を唖然とさせたのだ。

指原さんは伊勢さんを見て、はしゃいだ感じで、

「ね、垢ぬけた?痩せてません? 何かあったんじゃないですか?」と矢継ぎ早に質問した。伊勢さんは、女の子から髪を染めたほうがいいよ、とアドバイスされたため茶髪にした、と説明した。
指原さんは深く頷き納得したのだが、横からお笑いコンビ「スピードワゴン」の小沢一敬さんがこう切り出したためスタジオの雰囲気が一変した。

「指原、ヤバイ。あのね、こういう男の子は自分の変化に気付いてもらえると、好きになっちゃう!」「指原に捧げたい」という声もあるが小沢さんのこうした指摘を聞いた指原さんは驚いて、

「エッエーー!!私、童貞は責任取れないかも」
と拒んだ。そして、その言葉を聞いてガッカリする伊勢さんの顏が画面に映った。これが一部男性の強い反発を買ったのだ。
掲示板 には、

「こちらからお断りだよブス」
「指原みたいに『ムリムリ、絶対無理~』とか、大らかさのかけらもない人間は嫌い」
「世界中に女か指原しかいなくなっても、俺は指原となんて絶対にヤりたくないわ」
「童貞がいなくなったら握手会は繁盛しなくなるよ。童貞がアイドルグループを支えている」
などといったことが掲示板に書き込まれた。一方で擁護の声もあり、

「指原に捧げたい」
「昔のアイドルは知らないけど、今の女性でも『童貞がいい』って人は少数派」
「ここで言う責任は、指原が最初だったと一生言いふらされるからって事だろ」
などと書き込まれている。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12144-309008/


【指原莉乃「童貞は責任取れない」発言に「こちらからお断りだよブス」とブチギレた人たち】の続きを読む

このページのトップヘ