映画

1: 2018/06/07(木) 21:18:49.94 ID:8HXBTY9d0● BE:322453424-2BP(2000)
 松岡茉優(23)といえば、今や飛ぶ鳥を落とすほどの勢いがある若手人気女優だ。その彼女が新作映画で、何とJK(女子高生)風俗嬢役を演じたとあってビックリ仰天。さらには、これまで根強くあった隠れ巨乳説がリアル巨乳であることも実証され2度ビックリ。そんな衝撃作がまもなく公開される――。

 注目の作品は『万引き家族』(6月8日より全国ロードショー)。
 「先頃開催された仏カンヌ映画祭で、1997年の『うなぎ』(今村昌平監督)以来の受賞となる最高賞のパルムドールを獲得し、是枝裕和監督の感極まった喜びの言葉などが連日報道されました。ジャーナリスト向けの試写も連日満員札止めで、話題独占、反響轟々でした。急きょ上映館を200から300超に拡大し、6月2、3日の先行上映も決まりました」(映画ライター)

 映画は、東京の下町を舞台に、祖母の年金と万引きを頼りに生活する一家、それも血の繋がりの薄い“疑似家族”を描き、現代日本の格差社会、家族問題を浮き彫りにしていく物語。
 ここで、松岡は息子と一緒に万引きを重ねる父親リリー・フランキー(54)の妻・安藤サクラ(32)の妹・亜紀という設定だ。彼女の収入源は、マジックミラー越しに客と接する、いま流行りのJK風俗店勤めというからエロい。
 「松岡は、ドラマ『水族館ガール』、『ウチの夫は仕事ができない』などで頑張り屋さんの清純派として人気が出ました。それがJK風俗女子を演じるとは…ファンが卒倒するか、歓喜の声を上げるかは微妙ですが、衝撃であることは間違いありません。まあ、昨年末に公開された映画『勝手にふるえてろ』のユニークな暴走ヒロインなど、演技力には定評のある松岡ですから、今回も単なる通過点にすぎない」(アイドル評論家)

 このJK風俗店の“お仕事シーン”で、松岡のヌードなどは残念ながら拝めず、着衣のままマジックミラー越しに接するのみ。ただ、意気投合した客とは、追加料金を払えば、ミラーを越えて直に接することも可能なシステムのようだ。彼女は“4番さん”と名付けた若い常連客(池松壮亮)に共鳴するものを感じたのか、直接ひざ枕をして交流するのだ。相手が松岡茉優だったらこの際、「ひざ枕だけでもイイ!」という読者も多いことだろう。

 ここで気になるのは、この“お仕事シーン”、あるいは家族との絡みでの彼女のナマ乳房。着衣からでも丸分かりのふくらみ、実りである。
 「芸能界で隠れ巨乳といえば、『昔、上戸彩、今、松岡茉優』と言われるぐらい、松岡の“隠れ巨乳疑惑”はデビュー時からありました。それが本物巨乳であることがこの映画で立証されたと、もっぱらです」(芸能記者)

 それが文字通り、白日の下に晒されるのが、一家揃っての海水浴だ。海辺で無邪気に遊ぶ家族の中で、ひときわ目立つのが松岡のビキニ姿。花柄のようなプリントのブラに、下はホットパンツ風でやや丈が長い。ブラ越しとはいえ、その乳房の意外なボリュームにビックリ。もう形のよいピチピチの巨乳が、今にもブラからハミ出しそうで、おっぱいの色、艶、形はパーフェクトに近い。
 「推定86センチのEカップではないでしょうか。これからもっと肉体とともにセクシーさを増すでしょう」(スポーツ紙記者)

 彼女のおっぱいのドアップが圧倒的なのは、父親のリリー・フランキーがダメ押しのように「なあ、勃起したろう」と息子を茶化すほど。当然、オジサンならもっとエレクトするほどの“超絶巨乳”だ。
 「松岡は系列ながら事務所を移ったばかり。今回の出演作がカンヌで受賞したのは女優として励みになると思います。同世代で2月公開の映画『リバーズ・エッジ』で“完脱ぎ”を果たした二階堂ふみに対してライバル心がメラメラでしょう。この次、本格的な“脱ぎ”のオファーがあったら、内容次第ですが、きっと決断しますよ」(映画誌記者)

 一方、同映画で松岡以上に絶賛されているのが、安藤サクラだ。夫役のリリー・フランキーとの“真昼の営み”がエロいの何の、と評判を呼んでいる。
 夏の暑い日、冷房ナシ、扇風機のみの部屋でそうめんを食べながら、なし崩し的にソノ気になった2人。激しかったセックス後、布団の上に横たわる安藤のぬめり肌の全裸が猥雑で、汗の匂いも濃厚な牝臭が画面から漂ってくるようだ。
 むっちりと肉がついた丸出しのお尻、うつ伏せなので胸のあたりは暗がりだが、熟れた乳房が垣間見れる。リリーが「背中に、ネギついているよ」と口で愛撫するシーンも実にリアルだ。

 試写を見た映画評論家の秋本鉄次氏も、この新作と、松岡、安藤のエロス描写を高く評価する1人だ。
 「作品自体も“疑似家族もの”の傑作でカンヌ最高賞の栄誉にふさわしいですよ。是枝監督作品としては『海街diary』と甲乙つけがたいほど。松岡はエロス込みで、今後の“のびしろ”に期待できるし、安藤の裸は今に始まったことではありませんが、もはや貫禄です。“責任は全部私が取ります”というセリフがありますが、その“肝っ玉母さん”ぶりは圧倒的です。今回の審査委員長でハリウッドのトップ女優ケイト・ブランシェットが絶賛していたそうですが、さもありなんです」

 松岡の隠れ巨乳と安藤の全裸濡れ場は見逃せない!

no title

https://wjn.jp/sp/article/detail/6362559/


【巨乳・松岡茉優、“世界が総勃ち”JK風俗嬢シーン映画】の続きを読む

1: 2018/05/30(水) 09:58:39.91 ID:CAP_USER9
■乃木坂46・齋藤飛鳥が、皆が憧れるヒロインを熱演!
2011年、台湾で200万人を動員し、ほぼ無名のキャストながら社会現象を巻き起こすほどの空前のヒットとなった伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』。

台湾の人気作家、ギデンズ・コーが自身の自伝的小説を自ら映画化し、台湾の青春映画として歴代1位の興行収入をおさめ、香港では『カンフー・ハッスル』(2004年)の記録を塗り替えて歴代興収No.1を記録。
日本でも2013年に公開され、単館上映ながらスマッシュヒットを記録した。

そして2018年、舞台を日本に移し、旬の若手俳優たちにより現代の物語としてあらたに生まれ変わった『あの頃、君を追いかけた』の公開が決定! 
このたび、特報が解禁され、あわせてビジュアルも公開された。

本作の主人公・浩介を演じるのは、『となりの怪物くん』(2018年)、『万引き家族』(2018年)など話題の映画やドラマに出演、注目度急上昇中の若き実力派俳優、山田裕貴。
激しい雨の中で真愛への愛を叫ぶ熱のこもった演技は、「ひとりでも多くの方に観てもらえるように、ただ必死で“君”を追いかけた」と語った本作への意気込みが伝わってくる。

ヒロイン・真愛を演じるのは乃木坂46の齋藤飛鳥。
乃木坂46の顔とも言える存在の彼女は、皆が憧れる少しお堅いヒロインを可憐に演じ、女優としての才能も開花させた。
素朴さを感じさせる制服姿に身を包んだ彼女の姿には、日本中の男性が恋するに違いない。

今回、解禁となった特報には、ふたりが距離を縮めるきっかけとなった、主人公・浩介が、クラスの優等生・真愛から手作りの数学のテストの宿題を渡されるシーンから始まる。
授業中の居眠りを真愛に注意されたり、ふたりで夜遅くまで残って勉強をする中で、それまで浩介にとって「お堅い優等生」という印象でしかなかった真愛が、かけがえのない存在となっていく様子が映しだされている。

ふたりでそれぞれ秘密の願い事を書いて大空に放った天燈、そしてその後に続く大粒の涙を流す真愛の姿――。
果たして浩介の恋は実ったのか。
観る者の想像と、初恋の「あの頃」を振り返りたくなるような映像となっている。

同時に解禁となったビジュアルは、少し遠くを見つめている山田裕貴、齋藤飛鳥のふたりの写真をメインとした構成。
“たかが10年の片想い”というキャッチと共に、ふたりの愛おしくて切ない恋愛を想起させるビジュアルとなっている。

オリジナル作品の瑞々しさを受け継ぎつつ、旬の若手俳優たちが結集して現代の物語として鮮やかに生まれ変わった珠玉のラブストーリー『あの頃、君を追いかけた』。続報に注目だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00000009-mnet-musi

映画『あの頃、君を追いかけた』特報 10月全国ロードショー
https://www.youtube.com/watch?v=nyQx3ipIbrY


山田裕貴×齋藤飛鳥 映画『あの頃、君を追いかけた』場面カット

no title

no title

no title

no title

no title

no title



【【画像】乃木坂・齋藤飛鳥、可憐な制服姿披露! 映画『あの頃、君を追いかけた』ビジュアル解禁】の続きを読む

1: 2018/05/26(土) 07:11:52.88 ID:YJMznruxM

180525130649

180525130650

180525130651


カンヌも総勃ち!?「万引き家族」松岡茉優の“胸出し”シーンが絶賛の嵐

是枝裕和監督 最新作『万引き家族』公式サイト

【【画像】松岡茉優さん、映画で水着になる 意外とでかい!】の続きを読む

1: 2018/05/15(火) 09:14:13.82 ID:CAP_USER9
沢尻エリカが主演を務める映画『猫は抱くもの』(6月23日公開)のエンディングソングであり、沢尻ふんする元アイドル・沙織が所属していたグループの楽曲として劇中に登場する「ロマンス交差点」のミュージックビデオが公開された。
映像で沢尻は、ミニスカートのアイドル衣装を身につけ、笑顔で歌って踊る姿をお披露目している。

『猫は抱くもの』は、思った通りの自分になれず、生きることに嫌気が差したヒロインの沙織と、自分を彼女の恋人だと思い込む猫の不思議な関係を描いた物語。
猫の良男が擬人化した姿を若手俳優の吉沢亮が演じ、『グーグーだって猫である』シリーズなどの犬童一心監督がメガホンを取った。

沙織が所属していたアイドルグループ・サニーズが歌う「ロマンス交差点」は、彼女たちの唯一のヒット曲。
沙織にとって大切な一曲でありながらも、かつて夢をあきらめたことを想起させる歌でもある。

ミュージックビデオで沢尻は、鮮やかなブルーの衣装を着た“さおりん”として、アイドルスマイル全開でキュートに歌い踊っている。
また、サニーズのリーダーである赤い衣装のナッツンをICONIQとしても知られる伊藤ゆみが演じており、アイドル出身の彼女のパフォーマンスも注目ポイントだ。

ダンスの振り付けは、新垣結衣が出演したポッキーのCMダンスなどで知られる香瑠鼓が担当した。
映像の後半では、メイキングの様子も映し出されており、指導を受けながら振り付けを確認する沢尻の姿も見ることができる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000005-flix-movi

映画『猫は抱くもの』エンディングソング「ロマンス交差点」MV&MVメイキング映像(by サニーズ)
https://www.youtube.com/watch?v=Hqe-Xlfe41g


「ロマンス交差点」MVより ブルーの衣装が沢尻エリカ センターはICONIQ伊藤ゆみ
no title

no title

no title


映画『猫は抱くもの』 主演 沢尻エリカ
no title

no title


【【画像、動画】沢尻エリカ、ミニスカで歌って踊るキュートなアイドル姿披露!】の続きを読む

1: 2018/05/04(金) 08:03:04.57 ID:CAP_USER9
沖縄出身で「シーサーも振り向くほどの美少女」と評判の池間夏海(15)が12月21日公開の映画「ニセコイ」(監督河合勇人)で本格女優デビューを飾る。
主人公が恋心を寄せるキーパーソンを演じる。
今春、女優を目指して上京したばかり。
いきなり話題作の主要キャストに大抜てきされ「ただただ驚いています。期待に応えられるように頑張ります」と意気込んでいる。

同作は週刊少年ジャンプで連載された同名漫画が原作で、Sexy Zoneの中島健人(24)と女優の中条あやみ(21)がダブル主演。
池間が演じるのは、中島と両思いのクラスメートだ。
純真無垢(むく)なキャラで「私も読んでいた有名な漫画の実写化。台本を頂いて“本当に私がやるんだ”って実感しました」と張り切っている。

今春まで沖縄のご当地アイドル「ロリポップ」で活動。
地元ローカルの戦隊ドラマやCMで人気を博した。
13年には日本テレビのドラマ「斉藤さん2」に子役で出演し「沖縄に原石発見」と演技力が高く評価されていた。

昨年、ロックバンド「サイダーガール」のミュージックビデオに出演。
これを見た今作の平野隆プロデューサーが「純真無垢な少女を探す中で、ビデオに写る彼女の姿に心打たれました。10年に一人のスターが誕生する予感がします」と池間側にオファーした。

上京してすぐに、日本マクドナルドなど2本のCMがオンエアされ、早くもブレークの予感が漂う15歳。
憧れは同じ沖縄出身の新垣結衣(29)で「お芝居で人の心を動かせるようになりたい」と目を輝かせた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000059-spnannex-ent

CM「シーブリーズ」
no title

CM「日本マクドナルド」
no title

池間夏海
no title

no title


【【画像】「シーサーも振り向くほどの美少女」池間夏海(15)、映画「ニセコイ」で本格女優デビュー】の続きを読む

1: 2018/05/01(火) 19:42:17.11 ID:CAP_USER9
 「たまんねーや!」「おー、満足満足!」「こりゃ、なかなかエロい…」などの声が視聴者から寄せられた。長澤まさみ(30)が、放送中の「月9」主演連ドラ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)で露天風呂全裸入浴シーンを披露し、度胆を抜いた。
 「長澤は、今回の連ドラに女詐欺師役で主演。キャビンアテンダントや海外大物女優などに扮し、悪い人から大金を騙し取っていくストーリーを熱演しています。4月16日放送の第2話ではいきなり、全裸で露天風呂に入浴するシーンを披露し、視聴者を、アッと驚かせたのです」(放送記者)

 第2話で長澤は、詐欺に成功後、温泉旅館の部屋に付いている露天風呂に入浴。
 「ご満悦の表情で湯船のふちに両腕を乗せてくつろいだり、詐欺仲間の小日向文世に“一緒に入ろうってば~”と混浴に勧誘。白濁湯の上にFカップ乳の谷間が見えそうなギリギリまで上半身を露出するなど、地上波限界の“エロサービスカット”の連発でした」(同)

 本誌取材班は、露天入浴撮影中の「全裸一部始終」秘話を入手。なんと長澤、“スッポンポン”で撮影に臨んだというのだ。
 「長澤は“リアル感がなくなるから前貼りもニップレスもいらない”と宣言し、全裸で臨んだのです。入浴前後には、小ぶりのピンク乳首の先から湯の滴がしたたり、下半身は剛毛漆黒ヘアという、セクシーなコントラストで男性陣をフル勃起させていたとか。桃のようなお尻も、かぶりつきたくなるエロさだったようです」(フジ関係者)

 初回視聴率は9.4%だったが、第2回は温泉入浴を披露したのに7.7%と落ちてしまった。
 「面白いと評判なのですが、最近の月9低調の流れに押されたのか、数字がついてこなかった。この結果にいきり立ったのが長澤。すでに撮影は全話終了しているのですが、撮りだめているエロ場面の中から“早くSEXシーンを放送してください!”とアピールしているとか。お尻のワレメを瞬間露出し、ハードなキスもあるAV並みの濡れ場を撮影済みと言いますから、放送すればV字回復もある」(スポーツ紙記者)

 同ドラマ、すでに映画化が決定しており、6月に撮影を始めると言われている。
 「もし5月までの視聴率が悪ければ、映画版でリベンジを果たそうと、初のフルヌード披露を仕掛けてくる可能性が十分ある。そもそも、テレビ版よりも映画版の方が数倍過激になるのが一般的なので、露出を極限まですると考えていいでしょう」(映画ライター)

 映画版ではズバリ、ヘア&乳首見せ全裸、そして“リアルSEXシーン”の解禁に踏み切るとみられている。
 「剛毛のスケベなヘア、Fカップの先端にあるピンク色の乳首を含めたフルヌード濡れ場も披露するでしょう。長澤は“SEXシーンをやるなら、リアルでなきゃ嫌だ”とすでに映画版スタッフにアピールしているとされ、全裸でディープキスをし、騎乗位や正常位での迫真のシーンが織り交ぜられるはず。今ドラマの視聴率が悪ければ悪いほど、その内容はエスカレート必至です」(同)

 長澤は6月3日に31歳になる。最近、長澤を長年担当してきた辣腕マネージャーが所属事務所を退所し、コントロールできる人がいなくなったとも囁かれている。
 「昨春頃、人気バンド『RADWIMPS』野田洋次郎と一時極秘交際し破局して以降、最近は決まったカレ氏もおらず、うっぷんがたまっている。マネージャーの退社により、かなり自分の意思で仕事を決められるようになっただけに、長澤の一存で“フルヌード決行”というエロ暴走に踏み切れる状況が整ったともいえるので、期待していいでしょう」(芸能プロ幹部)

 ちなみに、『コンフィデンスマンJP』の第3話の平均視聴率は9.1%と前回の7.7%から1.4ポイント回復した。これに気をよくした長澤は、もう脱ぐ気MAX!

https://wjn.jp/article/detail/2103901/

no title



【長澤まさみ、地上波限界の“エロサービス”から同ドラマ映画化で“フルヌード決行”】の続きを読む

1: 2018/03/17(土) 09:17:06.06 ID:CAP_USER9
「昨年の試写会時、二階堂のヌードシーンに関して一部ネットメディアが言及したこともあり、配給元は週刊誌記者の試写会参加を拒否するなど、異例の厳戒態勢だった」(映画雑誌ライター)

人気女優・二階堂ふみ(23)が、2月16日に公開した最新主演映画『リバーズ・エッジ』でフルヌードを披露している。

映画監督で俳優の榊英雄氏(最新作『生きる街』が3月3日公開)は、自身の監督デビュー作品のオーディション時、彼女に強い印象を持ったという。

「12歳の彼女は数百人の中でも、すでに圧倒的にオーラが違っていました。この作品ではご一緒できませんでしたが、『リバーズ・エッジ』は企画段階から彼女も関わっていたと聞いています。まさに彼女自身本気の企画で、覚悟の演技を披露されたのでしょう」

以前から演技について「リアルだから出せる空気や息づかいは確実にあると思っています。自分がやれる限りのことはやりたい」と語っていた二階堂。

原作・岡崎京子という “青春漫画の金字塔” の実写化に挑む “覚悟” を、映画批評家の前田有一氏はこうみる。

「二階堂演じる主人公の女子高生ハルナは、どうしようもない彼氏(上杉柊平)とのホテルでの事後、ベッドを出て後ろ姿を見せます。お尻もバストトップもきれいなボディラインで観客をも魅了。ピンと背筋を伸ばした静かな座り姿勢は非常に美しかった」

体当たりは、これにとどまらない。

「濡れ場で印象的なのは、川沿いの藪の中での青姦場面です。気持ちは彼氏から離れているのでセックスには無反応ですが、彼を受け入れ、野外で美巨乳が揺れ動く様子が映し出されます。この映画の二階堂のヌードシーンには、静と動のふたつの見せ場があるのです」

【二階堂ふみ「小悪魔女優」ヒストリー】

●1994年9月21日 沖縄県那覇市生まれ

●2006年 沖縄でスカウトされ12歳でモデルデビュー。「nicola」専属モデルに

●2011年 園子温監督『ヒミズ』に主演。染谷将太とキスシーンを披露。第68回ヴェネツィア国際映画祭新人賞を日本人初受賞

●2013年 『ヒミズ』で共演した年齢差15歳の新井浩文と熱愛報道

●2014年 映画『ほとりの朔子』で水着姿に。映画『私の男』で実父と性的関係を持つ少女の役を熱演。映画『ジヌよさらば~かむろば村へ~』ではセーラー服姿で男を誘惑

●2015年 本誌でロックバンド『OKAMOTO’S』のオカモトレイジとの「朝まで渋谷ツーショット」をスクープ。俳優・星野源や俳優・菅田将暉とも熱愛報道が。『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気コーナー「ゴチになります!」でコーナー史上最年少の新メンバーに

●2016年 映画『蜜のあわれ』では擬人化したセクシーな金魚を演じる。「週刊プレイボーイ」でバニーガール姿を披露

●2017年 元メンズノンノモデルで映像作家の米倉強太氏と交際報道。「演技に専念したい」という理由で『ぐるぐるナインティナイン』を卒業

●2018年 映画『リバーズ・エッジ』でオールヌードに挑戦
(週刊FLASH 2018年2月27日号)

http://news.livedoor.com/article/detail/14443788/

二階堂ふみ
no title

「リバーズ・エッジ」
no title

no title


【二階堂ふみ、『リバーズ・エッジ』のフルヌードで観客を魅了】の続きを読む

1: 2018/03/09(金) 19:19:02.00 ID:hm5JsXCv0● BE:322453424-2BP(2000)
えっ、これが、優香(37)のオッパイか? 映画『羊の木』を観て驚いた人も多いことだろう。
 優香が、公開中の出演映画で、ついに進化する「Fカップ乳」を解禁したのと同時に、そのエロスが話題騒然となっている。
 「錦戸亮主演の『羊の木』で優香は、元殺人犯受刑者の介護士を熱演していますが、その胸の“進化”がヤバい。あらゆるシーンで、おっぱいが着ている服を張り裂かんばかりに膨張しているのです」(芸能ライター)

 '97年、グラドルとしてデビュー。当時、Eカップと言われた瑞々しいビキニで各雑誌を席巻した。その後、'16年に俳優、青木崇高と結婚し人妻に。今回の映画で披露したおっぱいは“過去最高”とも言われているのだ。
 「作中でTシャツ越しに突き出ている爆乳は、確実にFカップにまで成長しています。妊娠を待ち望む中で女性ホルモンが分泌され、最大レベルに巨乳化している。しかも、薄いTシャツ1枚のシーンでは、ブラジャーのラインが見えない。ノーブラで撮影していた可能性もあるのです」(同)

 胸を突き出しすぎのため、作中では、Tシャツが前に浮き上がり、その影響でへそ出し状態になっている衝撃シーンもある。そんな優香、実際に「エロス解禁」と受け取れる発言もぶち上げたから、うれしいところ。
 「1月25日、神田明神で行われた映画のPRイベントで、優香は“エロかったね~、と言われるととってもうれしい”と衝撃発言したのです。子作りは当面延期し、進化するFカップメロン乳を武器に、今後は人妻セクシー路線に舵を切っていく宣言に他なりません。映画の中では、濃厚なキスシーンもありますから、完全にスイッチが入ったとみていい」(映画ライター)

 エロ開花の背景には、2人のライバル女優の存在がある。1人目は、同じ事務所所属で、デビューがほぼ同時期の深田恭子(35)だ。
 「深田は近年、肥大化する巨乳とムチムチボディーを武器に、ビキニ写真集を次々発売し、連ドラ主演も続けるなど三十路になり再ブレーク。デビュー以来、何かと比較されてきた優香は、その現状にイラついていた。結婚から1年半が経ち、落ち着いてきた今、一気にエロパワーを見せて“深田超え”を狙っていくでしょう」(芸能プロ幹部)
もう1人が、昨年12月に『V6』岡田准一と結婚した宮崎あおい(32)だ。
 「優香は岡田と過去に交際しており、'99年には車中での“カーSEX疑惑”写真を報じられたほど。ジャニーズの圧力で強制破局させられたが、今でも岡田への思いは消えていない。それだけに宮崎への恨みは強く、岡田をもう1度振り向かせることが、エロ攻勢を仕掛けていくモチベーションになっていることは想像に難くありません」(同)

 優香といえば、かつて“最後の独身大物”志村けんのお気に入りとされたが…。
 「志村の気持ちは青木との結婚を機に、急速に冷め、優香は脱落した。そういった状況をバネに、今回、本格的にエロ再始動のスイッチを入れたとみていいでしょう」(スポーツ紙記者)

 しかしながら、あの優香でヌケる日が来るとは思わなかった。ありがたやありがたや。

https://wjn.jp/sp/article/detail/6771819/ 

no title

no title

no title

no title


【「えっ? 優香がオッパイ出した」映画『羊の木』でのエロス衝撃シーン】の続きを読む

このページのトップヘ