映画

1: 2018/02/16(金) 22:47:58.87 0
映画『羊の木』(2018年2月3日公開)に出演している優香の演技が、SNS等で話題を呼んでいる。

同作は、講談社イブニングKC刊の同名コミックを実写化。『がきデカ』の山上たつひこが原作、『ぼのぼの』のいがらしみきおが作画を務め、凶悪犯罪に手を染めた元受刑者たちを受入れた港町で起こる数々の事件や住民と元受刑者の不協和音などを描く。

優香が演じたのは、殺人を犯し懲役7年の実刑後、介護士として暮らす・太田理江子。「愛する人を殺して刑務所に入ったけど、やっぱり人を好きになるのはやめられない。つねに誰かが必要で、その誰かに出会ったら、年齢差など関係なく恋に落ちてしまう」という役で、錦戸亮演じる主人公の月末の父と恋に落ちてしまう。

優香は唇の上にホクロを足し、外見からも色気を演出した。さらに「単純なエロティックさだけじゃなく、彼女の人生から漂う匂いが生々しく伝わればいいなと思いました」と語る。作中では月末の父に体を密着させながら歯磨きをしたり、月末の父が口元につけた食べこぼしを取ってそのまま食べてしまったり、周囲を唖然とさせるほどの、ねっとりとした色気を見せている。

これらのシーンに、映画を見た観客から次々と「とにかく色っぽかった」「度胸がある」「エロ可愛い」「艶がある」「この世で一番エロく歯磨きができる」とTwitterに書き込みが。「優香がどエロい」「優香エッッッッッッッッロ」「優香がドチャクソにエロい」とストレートな叫びも見られた。


no title

no title

no title

no title

no title


【【画像】優香が映画でドスケベな着衣巨乳を晒してるぞ!!】の続きを読む

1: 2018/02/13(火)22:36:04 ID:MPK
 女優の二階堂ふみが、来年2月公開予定の主演映画『リバーズ・エッジ』で、ついに乳首を初披露するようだ。

 二階堂といえば、昨年10月公開の映画『SCOOP!』では、福山雅治を相手に、乳房をあらわにした濃厚なベッドシーンを演じたり、同じく10月に発売された雑誌「週刊プレイボーイ」(集英社)で、バニーガールに扮したセクシーグラビアを披露し話題を呼んだことはあったが、バストトップは封印されたままだった。

 しかし、先日行われた試写会では、彼女のDカップの頂がはっきりと確認でき、生唾をのむ観客が続出したという。

 二階堂の“乳首見せ”は、数回にも及んだという。試写を観た映画ライターが明かす。

「彼女は高校生の役どころ。まずは彼氏とのラブホテルでの情事では正常位で何度も激しく突かれ、その流れでピン勃ちした乳首や生尻が丸見えに。その後、テレビの前で5秒ほどハダカを見せるサービスショットが入り、そこでは薄茶色でちょうどいいサイズのバストトップをはっきりと確認することができます。後半には青姦シーンも用意されていて、そこでも乳房が丸出し状態で、寒空に負けず、ツンと立った乳首を確認できました。脱げる女優がいなくなった昨今、本格派女優を目指す彼女の決意を感じましたね」

 11月23日に放送された『ぐるぐるナインティナイン 秋のWゴチ 涙の緊急卒業発表SP』(日本テレビ系)では、ゴチメンバーを卒業すると発表し、批判の声も多く上がっていた二階堂。

「彼女は『知名度を上げたい』と言って番組に参加したのに、今度は『役者に専念したい』ですからね。同じ女優で出演していた杏や佐々木希は途中で投げ出すことなく、最後までやりきりましたから、番組のファンに『ナメてる』と思われても仕方ない。そんな声を黙らすには、それこそ大女優として認められるような活躍を見せるしかないでしょう」(芸能記者)

 ともあれ、『ぐるナイ』ファンも今回の映画で、二階堂の極上乳首を拝めば、彼女に「ゴチです」と言いたくなることだろう。


見放題ch ライト

【ワイ、二階堂ふみの”薄茶色”乳首が楽しみすぎるwww】の続きを読む

1: 2018/02/04(日) 08:37:56.97 ID:Mlen5Tab0 BE:255920271-PLT(12321)
片山萌美 男を狂わす美脚…主演映画「富美子の足」で体当たり演技

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/03/kiji/20180202s00041000230000c.html

美脚を生かし、映画「富美子の足」で主演を務めた片山萌美 Photo By スポニチ

 女優の片山萌美(27)が、主演映画「富美子の足」(10日公開)で美脚と体当たり演技を披露する。
谷崎潤一郎の短編小説が原作で、美脚で男たちを狂わせていくデリヘル嬢の富美子役。
撮影では、脚を偏愛する富豪の老人役のでんでん(68)と、そのおいを演じる淵上泰史(33)に脚をなめ回された。

1メートル70、92センチGカップの抜群のスタイルでグラビアでも人気。
撮影前の1カ月は脚をマッサージするなど美脚に磨きをかけ「グラビアだと胸に注目されて、こんなに脚をクローズアップされることはないので恥ずかしい感覚でした」と照れ笑い。
目標の女優は太地喜和子さんで「かわいくて男らしい素敵な演技をする方。そこを目指したい」と意気込んだ。

3: 2018/02/04(日) 08:38:59.52 ID:Mlen5Tab0 BE:255920271-PLT(12321)

no title

no title

no title

見放題ch ライト

【【画像】高身長Gカップグラドル・片山萌美、男を狂わす美脚で谷崎潤一郎の変態小説を体当たり演技】の続きを読む

1: 2018/01/31(水) 05:07:37.71 ID:CAP_USER9
広瀬すず、池田エライザ、山本舞香…、若手女優が90年代のコギャルに変身

 2011年に韓国で745万人を動員する大ヒットを記録した映画『サニー 永遠の仲間たち』を、日本に舞台を移して映画化する『SUNNY強い気持ち・強い愛』(8月31日公開)の出演者が追加発表された。今回、明らかになったのは、広瀬すずとともに高校生時代の“サニー”を演じるキャスト。池田エライザ、山本舞香(まいか)、野田美桜(みお)、田辺桃子、富田望生(みう)が、ミニスカートとルーズソックスを履き、1990年代の最強女子高生コギャルに変身した。

 かつて青春を謳歌した女子高生の仲良しグループ“SUNNY(サニー)”のメンバーは、約22年の時を経てそれぞれ問題を抱える大人になっていた…。強い気持ちと強い愛で、再び友情の絆と人生の輝きを取り戻すために奮闘する女性たちの物語を描く本作。“サニー”再集結のために奮闘する平凡な専業主婦の主人公・奈美を篠原涼子、奈美の高校生時代を広瀬、かつての“サニー”メンバーたちを板谷由夏、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美が演じる。

 奈美(広瀬)にとって憧れの存在で、とにかく美人でクールな奈々を池田、板谷が演じる“サニー”のリーダー・芹香の高校生時代を山本、小池が演じる裕子の高校生時代を野田、ともさかが演じる心(しん)の高校生時代を田辺、渡辺が演じる梅(うめ)の高校生時代を富田に配役。

 広瀬たちのコギャルビジュアルも公開された。ミニスカートとルーズソックスを履いた6人が、90年代に女子高生の間で大ブームとなったファッション雑誌『egg』からとった通称“エッグポーズ”をキメている。大根仁監督による元コギャルたちへの強力取材と現場監修のもと、彼女たちは自分の役に合わせて髪を明るく染め、眉を細くし、全身にメイクを施して小麦色の肌を作り込むなど役作りも徹底。クランクイン前には、コギャル講座を受け、コギャル精神と90年代の文化を学び、ルーズソックスの長さやたるみ具合からちょっとした仕草や表情まで“コギャル”になりきった。

 映画『モテキ』(11年)の長澤まさみや、映画『バクマン。』(15年)の小松菜奈など、女優たちの魅力を引き出す名手としても知られる大根監督のもとに集結した若手女優陣。大根監督によって彼女たちの青春がどのように映し出されるのか。90年代の珠玉のJ-POPや流行のファッションをきらびやかに散りばめ、夢と刺激であふれていた高校時代と、かつての輝きを失った現在の二つの時代を交差させながら紡いでいく。企画・プロデュースは、数々のヒット作を世に放ち続ける川村元気氏。大根監督と川村プロデューサーは『モテキ』、『バクマン。』につづき3度目のタッグとなる。

>>2以降につづく)


映画『SUNNY強い気持ち・強い愛』(8月31日公開)高校時代、コギャルだった“SUNNY(サニー)”のメンバー(左から)富田望生、山本舞香、広瀬すず、池田エライザ、野田美桜、田辺桃子(C)2018「SUNNY」製作委員会

no title

no title


(上段左から)池田エライザ、広瀬すず、山本舞香、野田美桜、田辺桃子、富田望生

no title

https://www.oricon.co.jp/news/2104930/full/


【【画像】広瀬すず、池田エライザら若手女優が90年代ミニスカ&ルーズソックスのコギャルに変身】の続きを読む

このページのトップヘ