巨乳

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/11/20(金) 06:37:02.05 ID:ZkqEp6AR0HAPPY BE:221438202-2BP(1000)
「巨乳顔」ってなに?

2: 2020/11/20(金) 06:37:53.78 ID:YZ8LeJ17dHAPPY
タヌキ顔
no title





【【画像】「巨乳顔」って具体的にどんな感じの女の顔のコトなの?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/10/30(金) 16:06:44.74 ID:CAP_USER9
「胸が大きいのがコンプレックスだったんで、グラビアでデビューするのは、とにかく恥ずかしくて、見られるのが嫌で仕方なかったですね」

 10月22日でデビュー20周年を迎える “いそっち” こと、磯山さやか。デビュー当時は、茨城県の公立高校に通う女子高生。野球部のマネージャーだった。

「『東京に遊びに行きたい』っていう感覚でオーディションを受けました。野球部員の皆さんやクラスの男子は、私のグラビアを見ているはずなのに、何も言ってこない。それが逆に恥ずかしいというか、むずがゆいというか(笑)。ある意味、放っておいてくれたから、学校とお仕事の切り替えがうまくいきました」

 最初は苦手だったグラビアの仕事が楽しくなってきたのは、高校を卒業するころ。

「1年に2冊は写真集を出していた、いい時代でした(笑)。写真集とDVDを同時に撮影するので、ロケは1週間以上。時差ボケでテスト中も寝てました(笑)。

 イベント開催時にファンの方が、『あの写真集がよかった』と言ってくださって、皆さんが喜んでくれるグラビアを撮りたいなと思うようになり、お仕事として頑張ろうと決めました」

“いそっち”といえば、ぽっちゃりしたマシュマロボディ。そのキャラを確立するまでは、悩みも多かった。

「25歳のときに、ダイエット企画をやって痩せたんです。当時は痩せなきゃいけない時代で、グラビアでもスレンダーでロリっぽいコやギャルっぽいコが主流。そのなかで苦しんでダイエットをしたら、『なんで痩せたんだ、ぽっちゃりのほうがいい』っていうファンの方が多くて。『私は、ぽっちゃりでいいんだな』って思わせてくれた。

 ちょうど女性誌が特集を組んだりして、世の中的にもぽっちゃりキャラが受け入れられ始めていました。いまとなってみれば、むちゃくちゃ個性的だったし、埋もれなくてよかったなって思います」

 着たくない水着を断われなかったり、現場で初めて撮影のテーマを知ったりして、やめたいと思ったことは何度もあったという。

「ある程度長くやらせていただくと、自分の見せ方や守り方がわかるものです。今でも一応、“グラビアやってます”って言えるのは、まわりの方に守ってもらえたからです。そのおかげで20年間続けられて、本当に幸運です」

 本誌に登場したのは83回、うち表紙を飾ったのはなんと18回! いそっちにとって『FLASH』とは?

「自信をつけさせてくれた存在かな。合併号や周年記念号の表紙は本当に特別感があって嬉しかったし、『私は誰かに受け入れてもらってるんだ』って思わせてくれた。

 やめたいな、苦しいなっていうときに表紙をやらせていただくと、そのたびに大丈夫なんだと自信を取り戻せたので、本当に感謝しています。

 グラビアは結婚したらやめます。隣にいる男性の顔が浮かぶのは、ファンの方に失礼だなって思うので。そう言いながら、全然結婚しなかったりして(笑)」

 コロコロと笑う“いそっち”は、やっぱりキュート。アラフォーグラビア、ページを空けて待ってます!


no title




【【画像】磯山さやか、グラビア歴20年「ぽっちゃり体型で悩みました」「胸が大きいのがコンプレックスだった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/10/27(火) 20:49:17.63 0
no title

no title

no title

no title

no title




【【画像】NHKの巨乳アナが女子相撲に挑戦した結果!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/10/26(月) 22:30:51.690 ID:ka3Nu2VWd
(GIF動画)
ezgif-7-efd59130a996




【【GIF動画】16歳巨乳JKのハリがある乳揺れwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/10/20(火) 06:26:59.49 ID:CAP_USER9
 10月中旬の夜11時を過ぎた東京・歌舞伎町の街角に、人だかりができていた。女性はワンレン、ボディコン。男性は肩パッドつきのダブルスーツと、群衆までが1980年代のバブル期さながらの光景だ。なんと! ドラマ『全裸監督シーズン2』(Netflix)の撮影がおこなわれていたのだ。

 前作は、伝説のAV監督・村西とおる氏をモデルにした主人公を、山田孝之が怪演して話題を呼び、2019年の配信ドラマで最多視聴者数を獲得。続編を望む声が根強い作品である。撮影現場で、ド派手なシャツを着た満島真之介(31)のかたわらで美しい両肩を見せていたのは、西内まりや(26)だ。

 西内は、所属事務所社長と揉めた際、ビンタをして逃走した騒動を発端に、2018年3月で事務所を解雇。以降、目立った芸能活動はしていない。

「彼女が事務所と和解したという話は聞きません。現在、フリーで活動していますが、日本のテレビや映画への復帰は難しい状況です。今回はNetflixが米国資本だから、出演が可能になったのでしょう」(芸能プロ関係者)

 撮影していたのは、西内と満島が街角で揉めるシーン。テイクを繰り返すたび、2人は真剣な面持ちでモニターを確認していた。西内は、約2年半ぶりの芸能活動復帰となる。気になる役どころは……。

「シーズン2は、樹まり子をモデルにしたAV女優と、主人公・村西の愛憎劇が描かれる予定で、西内さんが樹を演じると聞いています。必然的に、ヌードシーンや “濡れ場” も避けられません」(Netflix関係者)

 樹まり子といえば、AVの歴史に残る伝説の女優だ。AV制作会社関係者は、「1980年代後半の若者の間では『樹まり子か、それ以外か』というくらい、凄まじい人気だった」と、振り返る。AV史に詳しいライターの藤木TDC氏も、こう語る。

「当時、AVのセックスは実際には性行為をしていない、“疑似” ばかりでした。しかし、樹まり子はデビュー作から本番を厭わなかった、異色の存在でした。その意味で、現在のAV女優のスタイルを確立した女優といえます」

 前出のAV制作会社関係者は、配信開始に期待を寄せる。

「樹さんが登場する前は、濡れ場も仕事のために仕方なくやっている雰囲気をまとった女優が多かったんです。しかし、樹さんの “明るい淫乱路線” は、持ち前の巨乳と相まって、ふだんの営みを想像させるのが抜群にうまかった。

 少し面長な顔立ちが樹さんと似ている西内さんが、どこまで演じられるか楽しみです」

『全裸監督』は、出演料もAV作品以上に高いとか。

「Netflixなどの配信サービスの制作作品は、ギャラが高くて有名で、相場は民放ドラマの2倍くらいです。『全裸監督』は前シーズンも当たっていますから、西内さんに相当額のギャラが入るのは間違いない」(テレビ局関係者)

“濡れ場” を厭わない熱演に、期待大だ!!

no title

動画版ホスピタリティ~ある病院でのエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【西内まりや、『全裸監督』で極秘復帰!「巨乳AV嬢」を熱演中】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/10/15(木) 07:33:44.66 ID:hIz6smXvM
no title

no title

↓デビュー

no title

no title




【【画像】女子大生さん、乳がデカすぎてグラドルデビューを進められてしまう】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/10/04(日) 16:50:43.53 ID:6lI3WOJFd
no title

no title

no title

no title

動画版ホスピタリティ~ある病院で

のエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【【画像】巨乳JKさん、水着がはち切れそうwww】の続きを読む

このページのトップヘ