1: 2019/04/21(日) 14:26:51.69 ID:7yHm1YQ+9
女優の浅野ゆう子(58)が20日放送の日本テレビ系「誰だって波瀾爆笑」(日曜・前9時55分)に出演。

兵庫県神戸市生まれの浅野。幼少期から大人びた容姿で母にとって自慢の娘だった。
当時、母との約束はミス神戸になることと宝塚歌劇団に入ること。浅野は「神戸には神戸祭りというのがあるんです。
毎年、そこをね、オープンカーでミス神戸と呼ばれる方たちがパレードをするんです。
小さい頃からいつも母に連れられて見に行ってて、『いつの日か必ずあなたもあれ(オープンカー)に乗るのよ』って耳元でずっと言うんですよ。怖いですよ」と当時を振り返った。

母は美に対する意識が高く「足が曲がるから」と正座を禁止。そのため叔母の家に預けられた際、叔母から「お行儀が悪い」と叱られ板挟みになったと苦悩を明かした。

その後、母による“美の英才教育”もあって、13歳でアイドル歌手としてデビュー。
当時から根性は人一倍あり、基礎レッスンではアイドルには必要のない、ボクサーのようなトレーニングもこなした。
そのトレーニングを振り返って浅野は「当時は納得してやってたんですよね。何を納得してたんでしょう」と苦笑い。
「腹筋割れててもしょうがないですよね」と振り返った。

また、当時のアイドルの登竜門「芸能人運動会」で勝つために、短距離走のスタートの“フライング”を練習。
「スタートで速く出れば絶対にもっと速くいけるからって、事務所のマネージャーさんに毎晩毎晩、トレーニングさせられて」と明かした。
そのおかげか、見事1位に。“反則”してでも勝つことにこだわっていたという。

しかし、デビュー当初は順調だったものの、1年ほどで仕事が激減。「2年目になりますと新しい方がどんどん出てきてね。
もうフレッシュではないということで仕事もどんどん減って、レコードもそんなに売れず、このまま私はどうすればいいのだろうかと思いながらの高校生で」と当時の悩みを明かした。

そんな浅野に18歳で転機が訪れる。転機となったのは水着のグラビア写真。大人びたスタイルと健康そうに日焼けした姿が一躍話題となった。
「恥ずかしさはなかったんですか」と聞かれた浅野は「それは恥ずかしかったですね。抵抗はありました。
ただ、仕事をずっと続けていきたいと希望しておりましたので、どういう形でもお仕事をいただけるのであれば」と当時の心境を語った。

そして、絶対に譲らなかったこととして「この頃、自分の中のポリシーと言いますか信念みたいのがありまして、こういう写真を撮るとき『半ケツ見せても乳首見せるな』という。ヌードには絶対ならない」と笑いながら自身の信念を語った。

http://news.livedoor.com/article/detail/16349705/ 
no title



【【画像】浅野ゆう子の信念は「半ケツ見せても乳首見せるな」18歳の水着グラビアで脚光も】の続きを読む

1: 2019/04/16(火) 11:36:13.18 ID:eCJou5YV9
モデルの遠山茜子が、16日発売の写真週刊誌『FLASH』(光文社)で、10ページにわたってグラビアを披露している。

テレビ朝日系『陸海空 こんなところでヤバいバル』(毎週月曜23:20~ ※一部地域を除く)内の過酷ロケ「美女10人が10日間過酷サバイバル生活」に出演中の遠山。
今回のグラビアでは「“黒ギャル女王”の蜜愛ヒップ」として紹介され、小顔が目立つカットや、美ヒップを強調したポージングなどを披露している。

1998年1月6日生まれ。愛知県出身。
2016年、週刊プレイボーイの「ギャルオーディション」にてグランプリを獲得し、芸能界デビュー。
2016年12月からファッション誌『JELLY』の専属モデルを務めている。

http://news.infoseek.co.jp/article/mynavi_1898956/

写真週刊誌『FLASH』 遠山茜子

no title

no title



【【グラビア】「黒ギャル女王」遠山茜子、SEXY美ヒップ披露】の続きを読む

1: 2019/04/02(火) 20:33:01.08 ID:bGPptp7k0● BE:115523166-2BP(2000)
 圧倒的な色気でファンを虜にする脊山麻理子さんが、7th BD&DVD「魅せられて」(発売元:ラインコミュニケーションズ、収録時間:BD 97分、DVD 87分、価格:BD 5184円、DVD 4104円)の発売記念イベントを3月30日、秋葉原の書泉ブックタワーで開催した。

 前回は花魁の格好で沸かせた脊山さん。今回はラバー素材に包まれた黒い衣装なのだが、なんとお尻が丸見え。しかも、右手にはムチ! 前作と同様に9月にバリ島で撮られた7th BD&DVDと、このエロすぎる格好には関係があるようだ。

――どんな映像になりましたか?

【脊山麻理子】 出会った紳士(=視聴者)と、いい関係になっていくストーリー。最初は日傘を差した上品な女性なのですが、ボンテージ服を着たり、目隠しをされて氷を舐めたり……。どちらかというと、Mの世界観を表現しています。

――お勧めシーンは?

【脊山麻理子】 いま着ている、ラバーの服を着ているところです。前作ではラバーのキャットスーツを着ているのですが、同じ素材でお尻が空いた服に。上品かつエロいと思います。

――すごいインパクトですね。

【脊山麻理子】 現地のコーディネーターの方にも、「こんな衣装は初めて見た!」と言われました。意外とフィット感があって、プライベートで使ってみたいと思っていたり。気に入っています。

――リリースを重ねるごとに映像が進化していますね。

【脊山麻理子】 ベストバウト(最高の試合)は、お互いが信頼しあえる好敵手であればこそ。イメージ映像も、スタッフの方々との信頼関係が、自分を開放的にしてくれると思います。

 最後はグラビア活動を、本人が好きなプロレスにたとえる形で締めてくれた。「和テイストのエロもいいかなと思っていて、いろいろなジャンルを開拓していきたい」と抱負も。周囲の期待に応えながら、己の道を突き進む。

■プロフィール
脊山麻理子(せやま・まりこ)
生年月日:1980年4月8日
出身地:東京都
血液型:B
サイズ:T165、B84・W57・H84
趣味:スポーツ観戦、ジムでトレーニング、クラシックカメラ
特技:キック(最近、キックボクシングを始めた)

https://ascii.jp/elem/000/001/838/1838989/ 

no title

no title

no title



動画版ホスピタリティ~ある病院でのエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【B84W57H84、フリーアナ・脊山麻理子がエロすぎる格好でソフマップに現わる!】の続きを読む

このページのトップヘ