実話

1: 2017/11/21(火) 20:39:02.51 ID:duI6EeSw0● BE:322453424-2BP(2000)

深田恭子(35)が「妊活妻」役に挑む。来年1月スタートの主演連ドラで、独身最後かもしれない裸身が見られそうだ。“でき婚”願望に重ねて引き受けた仕事とみられる。
 「その作品はフジテレビ系木曜午後10時『隣の家族は青く見える』です。深田はスキューバダイビングのインストラクターを務める人妻で、玩具メーカー社員役の松山ケンイチと'12年のNHK大河『平清盛』以来の夫婦役に挑みます。
集合住宅に住む2人が妊活に励む姿を中心に描く異例の内容で、夜の10時台ということもあり、かなり過激なシーンが連発されること必至です」(放送記者)

 妊活がテーマなだけに当然、夫とのベッドシーンが複数回流れることは確実だ。それも妊活だから、事実上の“ナマSEX”となる。
 「子作りのための中出し妊活を描くわけですから、かなり生々しいシーンになるのは確実でしょう。
現在、台本が詰められていますが、深キョンの肉感的裸身の露出攻勢で数字を取りにいく方針で、お尻のワレメをギリギリまで披露したり、Fカップ乳を乳首寸前まで露出する方向で合意しているとか。彼女は今回の役にヤル気満々で、“視聴率が上がるならいくらでも脱ぎますよ”と宣言しているそう」(フジテレビ関係者)

 AV顔負けのエロシーンが、ほぼ毎回挿入されるとも囁かれている。
 「生フェラで勃起させているかのようなシーンや、Fカップパイズリ、風呂場におけるバックでの泡まみれSEX、騎乗位での腰フリ攻撃など、踏み込んだ過激プレイも深キョンがOKすれば実際に収録する方向で話が進んでいます」(同)

 深キョンといえば、'15年初めに映画と連ドラで立て続けに共演して親密になり、その後、極秘交際を続けている『KAT-TUN』亀梨和也とのゴールインが最近、取り沙汰されている。
 「とはいえ、深田は10月26日発売の『女性セブン』に、俳優・大沢たかおとのバー個室での深夜密会デートを報じられ、亀梨との関係危機も囁かれています。ただ、深田は結局、亀梨が本命。“妊活妻”役を、あえて引き受けたのも、亀梨と“できちゃった婚でもいいからゴールインしたい”という強いメッセージであることは間違いない」(芸能記者)

 実際、同ドラマ放送終了後の来春にも、亀梨との電撃婚に踏み切るとの観測が高まっているのだ。
 「実は深田、同じ事務所の後輩である石原さとみ(30)と水面下で連絡を取り合っている仲。石原も、深田と同じく山下智久というジャニーズタレントと極秘交際中とされるだけに、“対ジャニタレ結婚”への作戦会議をしているのでしょう。
石原も来年1月期、TBS系連ドラ『アンナチュラル』に主演することから、放送終了後の同時期に結婚発表する“W婚”計画すら打ち合わせたとまで漏れ伝わっています」(芸能プロ幹部)

 深田らが来春婚を実現しそうな背景には、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の元SMAP3人がジャニーズ事務所を退社後、ネット局AbemaTVで11月初めに『72時間テレビ』を成功させて大反響を起こすなど、自由に活躍していることがあるという。
 元SMAP3人への高い支持を思い知ったジャニーズサイドが、自社タレントに対しても結婚を解禁するなど、自由な政策に転換し、イメージ向上を図ることを決めたという。その目玉が、深田&亀梨の結婚。場合によっては石原&山下も含めた超豪華W婚が実現する可能性が浮上している。

no title

http://wjn.jp/sp/article/detail/0463957/

【深田恭子、妊活ドラマで“ナマSEX” 割れ目ギリギリ&乳首寸前のエロ場面】の続きを読む

1: 2017/11/20(月) 12:43:37.92 ID:Q0ngZ6fv0● 
 「彼女の方から、積極的に求めに行ったと、もっぱらの噂です」(芸能記者)

 先の衆議院議員総選挙特番でのレポーターぶりが大好評だった“こじるり”ことタレントの小島瑠璃子(23)と、ジャニーズ事務所の人気グループ『関ジャニ∞』村上信五(35)との“超厳戒お泊まり愛”が『フライデー』にスッパ抜かれたのは、10月末のことだ。
 「同誌によると、10月上旬のある日、マスクで顔を隠した小島が村上のマンションから出てくる姿をキャッチ。別の日、小島は仕事関係の飲み会後の午前3時すぎでも村上のもとに向かい、半月に2~3日のペースで密会していたということです。11月4日放送のラジオ番組で小島は、熱愛報道を否定。各ワイドショーも双方の事務所に気を遣ってか、完全にスルーしました」(芸能ライター)

 これまで、戸田恵梨香などと浮名を流してきた村上。
 「彼がモテることは、芸能界でも有名です。小島にとっては、初めてと言っていいスキャンダルですが、彼女が引かれたのは、下半身だけではないようです」(芸能関係者)

 それは、村上の仕切りのうまさとトーク力だという。
 MCを務める『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)では“ウルサ型”のマツコ・デラックスと軽快なトークを繰り広げ、9月の特番『FNS27時間テレビ にほんのれきし』(フジテレビ系)でも、キャプテンとして総合司会・ビートたけしの“ボケ”を、しっかりと受け止めた。
 「大物相手にもひるまない村上の“仕切る力”に、“アイツは紅白の司会者になれる”と、たけしも感心していたそうです」(芸能ライター)

 一方の小島は、『ホリプロタレントスカウトキャラバン』('09年)でグランプリに輝いた美貌に加え、気の利いたコメントもできるトークで、メキメキと頭角を現してきた。
 「デビュー当初は、歌手で行くか、女優で行くか色々迷いましたが、結局、バラエティー系でやって行くことにしたのです。そのためには、トークのレベルアップが必須。そこで、村上にロックオンしたというわけです」(テレビ局関係者)

 このところ仕事が充実していた裏には、村上の存在があったということか。
 「もちろん、“男”としても気に入っているようです。独身男女が密室にいるわけですから、当然、大人のトーク勉強会をしていたことは想像に難くない。この恋愛のおかげで、隠れDカップが“E”になったようですよ」(芸能ライター)

 “ピロートーク”も超充実!

http://wjn.jp/sp/article/detail/4330667/

24: 2017/11/20(月) 12:55:37.07 ID:1QmRH0pR0

no title

no title

no title

no title

no title

no title


【小島瑠璃子、“モテ男”村上信五の仕切りに陥落した肉弾ピロートーク】の続きを読む

1: 2017/11/20(月) 20:19:38.38 ID:mGFqhSma0● 
『Take2』は、深沢と“東MAX”こと東貴博のコンビだが、ほとんどが“バラ売り”。
 「2人の仲が悪いというのが最大の原因です。東はピンで、舞台・ラジオを含め忙しくやっていますが、深沢のレギュラーといえば『噂の!東京マガジン』(TBS系)くらいなものです」(前出・お笑い関係者)

 しかし、それでも夫婦関係は超良好だという。
 「『噂の!東京マガジン』を見れば分かりますけど、男性出演者では唯一、深沢だけが結婚指輪をつけて目立っています。服装のコーディネートも田中に任せっきりだというし、今もラブラブのようです」(前出・芸能レポーター)

 とにかく、田中宅では『私、表で稼ぐ人。あなた家庭を守る人』の意識が徹底しているのだ。
 「マイホームにしてもそうです。新婚当初、2人は湘南の海近くに建てた敷地面積約150平米の1億円の豪邸に住んでいましたが、長女が幼稚園に入ると、送迎を考えて、2006年に最寄り駅近くの新築マンションを購入しました。約7000万円したそうです」(女性誌記者)

 そして最近、新たに一軒家を購入したという。
 「長女の高校進学を考えて買ったのは、やはり湘南地域の土地だけで250平米の庭付き2階建ての物件で、推定価格は3億円だそうです」(同)

 購入代金の支払いは、すべて田中。
 「それでも、こんな大きな買物をしたら、やはり預貯金は底をつきます。またまた、田中が稼がなければならない時が来たというわけです」(前出・ワイドショー芸能デスク)

 新人の頃、田中はドラマで先輩たちからよくイジメられたという。
 「セリフを飛ばされたり、照明器具をわざと落とされたりしたそうです。現在、自分がその年齢域(イジメができる側)に達したわけですが、それは絶対にしたくない。そこでバラエティーに活路を見出したようです」(テレビ局プロデューサー)

 『有吉ゼミ』(日本テレビ系)の中のワンコーナー“そうだ漁師になろう”では、お笑い芸人・あばれる君と共演している。
 「もともと釣りが大好きなので、一石二鳥。生き生きと楽しそうにやっているのが印象的です。過去に、15キロのシマアジを釣ったことがあるそうですが、釣っている姿を見ると、まさに“頼れるお母ちゃん”という気がします」(前出・小松氏)

 ともあれ、“アラ還パワー”全開の田中美佐子には再びヌードに挑戦してほしいものだ。

no title

http://wjn.jp/sp/article/detail/9973948/


【田中美佐子、奇跡の58歳熟女に高まる再“美乳ヌード”熱】の続きを読む

1: 2017/11/18(土) 21:08:11.97 ID:CAP_USER9
 好感度No.1タレントとして人気の小島瑠璃子(23)が絶体絶命のピンチを迎えている。
 関ジャニ∞の村上信五(35)との“お泊まり愛”が写真誌『フライデー』に掲載されたことで人気は急落。さらに、ジャニーズ事務所のご威光を勝手に忖度した各バラエティー番組からのオファーが激減してしまったというのだ。
 「現在、小島の地上波のレギュラーは『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)『プレミアの巣窟』(フジテレビ系)、『ジョブチューン』(TBS系)など計6本。大きな稼ぎどころは、ひな壇タレントとしてのオファーなんです。今や石を投げればジャニタレに当たる時代。今回の熱愛発覚で各テレビ局が小島の出演オファーを見送り始めたんです」(芸能プロ関係者)

 オファー同様、激減するのが収入だという。
 「これまで1本5~8万円だったのが、最近は一気に10~20万円台に乗っかったところだった。確実に“ポストベッキー”の道を歩んでいたんです。でも、熱愛発覚で男性ファンは一気に離れてしまう。タレントとして、ひたすら損をするのが小島なんです」(同)

 そもそも小島がブレークした理由は、スタジオの空気を読む能力が長けていたことだった。
 「共演者やスタッフにも気を遣うんです。それもプロデューサーやディレクターではなくADにも。だから現場受けも非常にいい。芸能界一、気を遣うと評判の指原莉乃が『あの子はモンスター』とビビらせたほどの実力の持ち主ですからね。さらに歯に衣着せぬもの言いでも人気だった。彼女のキャラが発揮できるバラエティー番組からのオファーが激減することは死活問題だ」(放送作家)

 現在、ジャニーズ事務所は、村上と小島について黙認したまま。
 「ガールフレンドの1人で、結婚まで発展なんて夢にも思っていないからです。どう間違っても、ハッピーエンドという結末は夢のまた夢」(芸能プロ関係者)

 二兎を追う小島の未来は暗い。

http://wjn.jp/article/detail/5341032/

no title

【ジャニタレとの熱愛発覚で小島瑠璃子タレント生命の危機 】の続きを読む

このページのトップヘ