実話

1: 2018/10/15(月) 22:23:35.88 ID:xgdkmdOZ0● BE:322453424-2BP(2000)
マギー(26)が“ハーフ枠”から外れる? 彼女は父親がスコットランド系カナダ人なのだが、白人色が強くてハーフらしい親しみやすさに欠けると言われている。

 それにしても、マギーの人気低迷はいかんともしがたい。今、出版界は密かな写真集ブームと言われ、昨年2月に発売された『乃木坂46』白石麻衣の写真集がバカ売れしたことで、マギーも、それにあやかろうというわけだ。年内にも“剃毛ヌード”写真集を続けて仕掛けてくるという。

 「10月20日に発売される写真集『new Moon』については、9月21日に更新した自身のインスタグラムで、『#絶対後悔させないよ笑』との誘い文句をハッシュタグに添えるとともに、谷間見せのサービスショットを披露して告知しています。ただ、今回の写真集ではフルヌードはなく、いわゆる“ギリギリセクシー”路線での勝負だと思います」(写真集編集者)

 出版を決めた背景には、もう後には引けない状態が原因とされている。
「マギーは、ハーフタレント枠として人気を得てきました。『好きな人とSEXするのは当たり前』と発言するなど、エッチトークは得意とするところなのですが、最近は完全なネタ切れ状態。おまけに昨年1月には、人気バンド『Hi-STANDARD』の横山健との不倫疑惑が報じられ、テレビの出番が激減しているのです」(同)

 9月24日には、4年間レギュラーを務めた、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)を涙の卒業。とくれば、残す道は、その恵まれたボディーを活かすしかない。今回の写真集でも、B86・W59・H84、Dカップ乳の豊満な肉体が拝めると評判だ。
「写真集は3年ぶりですが、前作で結構、エロい露出をしているんです。だから今回も同じ露出だと、ファンも不完全燃焼になってしまう」(アイドルライター)

もっとも、マギーもそんなことは重々承知。実は、続けて写真集を出版する可能性があるというのだ。
「彼女は'15年に、『Your まぎー』と『I'm マギー』をわずか17日ずらして発売。だから今回も2作出すことは十分考えられる」(同)

 彼女は、自ら語っている剃毛派。ブラジリアンワックスの愛用者で、性器周辺は、常にツルッツルにしている“抜き毛派”だと、もっぱらだ。

 「何でも、医療脱毛などで永久脱毛してしまうと、将来、子供ができた時に恥ずかしいという理由で、抜き毛にしているようです。独身の今だからこそ、あの美人顔にきれいなワレメを次作で披露してほしいものですね」(芸能記者)

 それでもマギー、「クレバスはツルッツルよ?」と、“ハーフ枠”死守に、男が見たい美マンの全貌を見せてくれるはず!

https://wjn.jp/sp/article/detail/4575609/ 

no title




【マギー、クレバスは「ツルッツルよ♡」 年内出版“美マン”写真集の全貌】の続きを読む

1: 2018/10/11(木) 19:45:20.75 ID:X3wtRYvN0 BE:189282126-2BP(1000)
 人気女優の橋本環奈(19)に、謎の“Gカップ乳&股チラ”動画が出回っている。あまりにも衝撃的な動画のため、ファンは歓喜に沸いているという。

 「今、若手女優の中でも広瀬すず(20)と人気を二分しているといってもいいでしょう。ドラマの出演実績ではすずだが、人気は環奈という見方が圧倒的です」(アイドルライター)

 実際に一部芸能サイトで行われた「美少女女優ランク」では1位が橋本、2位広瀬、3位永野芽郁(19)という結果。橋本は広瀬の倍以上の得票で、ブッチ切りの勝利をしている。

 「ところが、事務所は環奈のことをアイドルと呼ぶのを嫌っているそうです。あくまで肩書きは女優とか。本人の意思かどうかは分かりませんが、辛口のサイトでは、批判的に書かれています」(ネットライター)

 橋本サイドの思惑はどうあれ、彼女にはもっとグラビアで活躍してほしいという声があるのは事実だ。

 「ムッチムチの体は完全に成長中で、ちょっと胸元が開いた服などを着ると、その谷間の深さはまさにグラドル級。デビュー以来、水着は1回もやったことがありませんが、誰もが見たいはずです」(アイドル雑誌編集者)

 身長152㌢と小柄ながら、バストは膨らむ一方。最近、一部週刊誌に「顔は清純、体は性純」「そのアンバランスさが、エロ過ぎ」と絶賛されたほどだ。

 「週刊誌はFカップと推測しましたが、彼女を間近で見ると、その“ぶるぶる度”はハンパではない。バスト88㌢のGカップという評判もあります」(同)

 そんな橋本に、ファンが卒倒しそうな謎の動画がネットに流出している。

 「環奈のセクシー場面が繰り返し、延々と見られる動画です。これは、ネットではよくある、最初と最後をつなぎ合わせたGIF動画。元になる映像があるはずなのですが、非常に精巧で、アイコラ加工なのか、実際に撮られたものを編集したのか判別つきません」(裏モノ記者)

 本誌も、この動画を入手したが、これが何とも悩ましい。撮影された場所は屋外。青空のもと、頭にはアイマスクのようなものを付け、露出の高い白のタンクトップを着用。まず、そこで目が行くのが豊乳ぶりだ。

 「タンクトップなのでヒモなしブラのはずですが、こぼれんばかりのGカップ級。にこやかに手を振りながらも寒そうにしているので、初夏のような気がします。撮影現場のオフショットを編集したものかもしれません」(同)

 しかも、映像の橋本はショートパンツなのか超ミニスカなのか、太ももをバッチリ見せ、その肉付きのよさが目を引く。さらにネットを探ってみると、別バージョンも。

 「飛び跳ねながらおどけている内容なのですが、胸のユサユサが尋常じゃない。延々と流れるため、ネット民にとっては、最高のオカズです」(同)

 童顔でデカパイ。まさに“敵なし!”といったところか。

no title

https://wjn.jp/article/detail/1460866/



【橋本環奈、ぶるぶるGカップ乳&股チラ動画流出騒動】の続きを読む

1: 2018/10/08(月) 04:57:50.28 ID:3/i5yNT/0● BE:322453424-2BP(2000)
テレビ東京の鷲見玲奈アナ(28)の胸の成長が止まらない! あまりに大きくなりすぎたため、番組では完全に「机乗せ」で司会をしている状態だ。

 「今や、鷲見アナのセクシーさは“けしからんほど最高”と、ネットでも評判です。美人だし、その大きすぎる胸で魅力も倍増。男性誌の女子アナ人気ランキングでは、ベスト3に入るのが、もはや普通になっている」(女子アナライター)
 '13年の入社当初から、胸のみならず、ムッチリとしたボディーで注目を集めていた。

 「テレビ東京は、現在、フリーの大橋未歩(40)や現職の相内優香アナ(32)など、本当に胸が大きい美人が多い。業界内でも『顔と胸で採用している』という話もあるほど。その伝統を受け継ぐのが鷲見アナです」(同)

 昨年には、その人気ぶりから、週刊漫画誌の表紙とグラビアも飾ったほど。
「さすがに局アナですから水着というわけにはいきませんでしたが、白ブラウスの胸元全開ショットをはじめ、ピチピチのニットウエアとミニスカなどを着用し、セクシーさをやたら強調していました。グラドルとしても、十分やっていけそうだし、実際、多くのグラビア誌が水着オファーを出しているらしいですよ」(アイドル雑誌編集者)

しかも、彼女の一番の売り物である胸は、今もなお成長中。入社当初はT161、B87・W60・H88のEカップといわれていたが、
「見た目からも分かるように、B90㌢のGカップ級にまで大きくなったというのが定説。それでも、本人は全く出し惜しみしない。夏場なんか、超ピッタリのノースリーブを着て、胸&ワキ見せもバッチリしていましたからね。女子アナサイトでは断トツの評価を得ています」(同)

 現在、彼女は局の看板番組『追跡LIVE! Sports ウォッチャー』などにレギュラー出演中。
「番組では立って司会をするのですが、たまに収録モノなどでデスクに座ったりする場面があるんです。その際、明らかに大きな胸を机に乗せながら話をしているのが分かるんです。重すぎるのか、おっぱいの休憩時間が欲しいのでしょう。立ち司会の時でも、動くたびに揺れるので、番組の内容に集中できないと、男性視聴者が歓喜の悲鳴を上げています」(テレビ雑誌編集者)

 Hカップ乳もあるぞ!

https://wjn.jp/sp/article/detail/2254857/

no title





【鷲見玲奈アナ、“重くて机乗せ” いよいよGカップ乳に突入】の続きを読む

1: 2018/10/02(火) 23:13:49.28 ID:TkzAwyyO0● BE:632443795-2BP(10000)
 今年4月、『ホンマでっか!?TV』特番でパンティ―丸見え“超ミニスカ”キャミソール愛用告白をして、茶の間の度肝を抜いた“カトパン”だったが、さらなるドッキリ情報が入ってきた。

 さんまと終焉で、またもやカトパンこと加藤綾子(33)に艶っぽい話がなくなったかと思いきや、週刊実話は最新情報を入手。なんと、ネット上に“巨乳モロ出し”の写真が流出しているというのだ。

 「紛れもない本物に、ネットでは話題沸騰ですよ。プリンプリンの“カトパン巨乳”が見られるということで、写真は拡散の一途です」(前出・ネットライター)

 カトパンは9月16日放送の『クラシック音楽館〈N響ほっとコンサート〉』(NHK Eテレ)に出演。その際、不用意にも巨乳を見せてしまった画像がネット上に流出してしまったのだ。

 「8月にN響が行ったコンサートで、司会をした時の現場映像です。当日、加藤は胸元が大きく開いた白のツーピース風の洋服を着用。コンサート会場でかがんだ時や、楽団員を取材する際にマイクを持って下を向いた時など、胸の谷間が全開。モロに巨乳が拝めたのです。ヤセた体に似合わない豊満さで、乳首も見えそうでした」(音楽ライター)

 カトパンは学生時代、白ビキニで海岸にいる姿を雑誌グラビアに掲載されているが、当時の自己申告サイズは身長166センチ、バスト88センチのFカップ。細身のわりに大きい乳房は目を引いた。

 「局アナになってからもスタイルは抜群で、Eカップを公言。かつて後輩だった山﨑夕貴アナは番組内で『加藤さんってヤセているのに胸が大きいんですよね』とため息をついたほど。そんな垂涎巨乳が、まさかNHKコンサートで見られるとは思わなかった」(同)

 コンサートでは、白ブラジャーまで完全にまる見え。白桃巨乳とのコントラストはなまめかしい限り。

 「カトパンって“ホニャッ”とした顔の“ほんわかムード”がウリですが、そんなキャラのわりに全然、隙がない。フジテレビの局アナ時代には1度も男性関係が出なかったし、フリーになってからも醜聞なし。なかなかエッチなスキャンダル話が聞こえてこないんです」(女子アナライター)

 この9月にも、一部週刊誌系サイトがカトパンの“街ブラ姿”をキャッチ。その様子を報じているが…。

「マスク姿で書店にいるのを見つけたというのですが、ヨーロッパの旅行本を見ていた話だけ。まさに、記者泣かせの行動だった」(同)

 そんなカトパンの唯一、浮いた話といえば、以前より口説かれていた明石家さんまとのスキャンダル情報。だが、カトパンは近々、さんまの求愛に、“NO”を突きつけるつもりのようだ。

 「さんまとカトパンは、『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)で、共演中。そんなこともあってか、さんまは、5月に出演したバラエティー番組で若手女芸人に加藤との関係を問われると、『付き合いたいし、抱きたい』と発言。それを聞いた加藤は嫌悪感すら持っているといいます。年内にも、お断りの返事をすると、もっぱらです」(同)

 実際カトパンは、自身のインスタグラムで、さんまの誕生日に「のし紙」を付けたラスクをプレゼントした話や、さんまと離れて写った集合写真を掲載するなど、明らかによそよそしい。

 「33歳といえど、加藤なら引く手あまた。ただ、女優としても成功の兆しを見せている彼女からすれば、今は男がいるのはレベルアップの邪魔になる。さんまと付き合うメリットはないでしょう」(芸能記者)

それにしても、NHKが大快挙を成し遂げた!

 「巨乳モロ見えの画像に、ファンはフル勃起ですよ。銀色の大きめのマイクを持って取材をしている姿に、“肉棒握り”なんて声も出ています。NHKも、カトパンの巨乳流出なんて、全く想像もしなかったでしょう」(前出・ネットライター)

 白ブラに赤パンティーならNHKだけに、エロエロすぎる「紅白」になる…。


【独占入手! カトパン“巨乳モロ出し”ナマ映像拡散】の続きを読む

1: 2018/09/26(水) 01:39:43.17
 後藤真希(33)が怒っている! 自身のSEXや裸身の秘密を暴露されたことにブチ切れた。

 「発端は9月4日発売の『週刊SPA!』で、元ホストが“元国民的アイドルグループのM”と過去にSEXした体験を告白する記事が掲載された件です。
告白の内容から、M=後藤真希しか考えられないのですが、この男性はMとホスト時代に知り合い、アフターでホテルに行ったとか。“乳首がおばあちゃんみたいに黒く細長い”とのことで、あまり喘ぐこともなかったというのです」(芸能記者)

 これに完全にキレたゴマキは“ピンクの乳首”証明のために、全裸ヌード写真集発売に踏み切る決意を固めたという。
「後藤は告白を読んだあと、“これアタシ? 乳首は小ぶりでピンクだよ”と激怒していたそう。さらに“何なら、写真集で証明するよ”とこぼしていたようですから、疑惑払拭の“ピンク乳首全裸写真集”発売に踏み切る可能性が急浮上してきた格好です」(同)

 後藤は'02年、『モーニング娘。』を卒業。母の死などもあって'11年末から無期限活動休止するも、'14年4月に活動再開。しかし、同7月に一般男性と結婚。'15年には長女を、'17年3月には長男を産んだ。

 「確かに後藤には、歌舞伎町のホスト街に出没していた目撃情報があり、男性の告白は本当かもしれません。しかし、裸身を見たことがある仲間の多くは“乳首は美しいピンク”と証言しており、今回の告白は後藤への悪意を感じざるを得ません」(後藤の知人)

 後藤は3月、通販サイトを開設するなど、2子出産後の再始動を本格化させたばかり。
「9月2日には『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)に出演し、アイドル時代のライバル松浦亜弥に対し、当時、“あんたのこと嫌い”と通達したエピソードなど、ぶっちゃけトークも解禁し始めました。
テレビにも出始めた今、ヌードを仕掛ければ、話題騒然は必至です」(芸能プロ関係者)

 後藤は'11年11月に出した写真集『go to natura…』でセミヌードを披露したこともあるだけに、「脱ぎ」に抵抗はない。

「後藤は第2子出産を終え、約1年半経った今を“自分史上最高のボディー”と語っており、披露したくて仕方ない。つまり、Eカップ巨乳ヌードを披露するタイミングはバッチリなのです」(同)
すでに一部出版関係者と超極秘に話を進めている模様。「ゴマキは激怒した」「ピンク乳首の証明」うん、タイトルも小説のようだ。確かに百聞は一見に如かず!

https://wjn.jp/article/detail/5460640/

no title




【怒りのゴマキ「百聞は一見に如かず」 “ピンク乳首”の証明はヌード写真集で!】の続きを読む

このページのトップヘ