姉妹

1: 2017/10/19(木) 06:16:49.50 ID:85nLho0b0● 
本田3姉妹の純白スケート衣装に釘付け!華麗なスケーティングで初共演

撮影を終えた3人は、「3人でお仕事をするのが初めてだったので、すごくうれしくて、楽しく撮影を終えられました」(真凜)、
「3人で共演できたことも楽しかったです。撮影もとても楽しかったので出来上がりが楽しみです」(望結)、
「お姉ちゃんたちと出られたことは楽しい経験で、これからも3人でお仕事したいなと思いました」(紗来)
と笑顔で語った。

https://news.walkerplus.com/article/124903/

no title

no title

no title

no title


【【画像】美少女3姉妹「本田真凛(16)、望結(13)、紗来(10)」の純白スケート衣装がエロすぎる!】の続きを読む

1: 2017/10/10(火) 12:12:50.16 ID:CAP_USER9
メディア界が熱視線を送る本田真凜&望結姉妹の魅力

 テレビ界が早くも争奪戦を始めたのが本田姉妹。1人はフィギュアスケート、女子シングルで平昌(ピョンチャン)オリンピックの日本代表を目指す16歳の本田真凜選手。
もう1人は、真凜選手の実の妹で人気子役女優の望結(13)だ。

「姉の真凜は五輪出場が確実視されているばかりか、メダル獲得も期待されています。そんなメダリストの妹が女優なんです。
この2人を掛け合わせれば、間違いなく高視聴率がついてくるというわけです」(キー局関係者)

 ちなみに姉の真凜選手は、9月16日にシニアデビュー戦となるアメリカ・インターナショナルクラシック(米ソルトレークシティー)で優勝し、喝采を浴びたばかり。

「真凜のあの美しさに、テレビ界では早くも引退を表明した浅田真央の後継者として注目しているんです。
元世界女王の真央も真凜と同じ14歳で初出場し優勝している。
真凜は真央のような美貌とスター性を兼ね備え、近年、稀に見る逸材ですよ」(業界事情通)

 真凜選手に輪をかけてテレビ界が熱視線を送っているのが妹の望結だ。

「真凜に比べればテレビ出演のハードルは低いですが、各局が注目しています。彼女ももう中学1年生。
実は'18年の平昌五輪では、望結をレポーターとして韓国に派遣しようと日本テレビやTBSが狙っています。
出演料は最低でも200万円~。子役時代は3万円~だったのが、大化けですよ」(編成関係者)

 もっとも、姉の真凜選手にも、大手芸能プロは興味津々だという。

 「将来的には妹と同じ事務所に所属する可能性が高いと思います。テレビ界の事情にも真凜は明るい。本当に将来が楽しみですよ。
メダルを取れば数千万円の契約金になる。また、CM出演料も最低4000万円からになります」(芸能プロ関係者)

 今、テレビ界のホットワードは本田姉妹で決まりのようだ。

http://wjn.jp/article/detail/5913126/ 

本田望結(13)の参考画像:
no title

本田真凜(16)の参考画像:
no title


【メディア界が熱視線を送る本田真凜&望結姉妹の魅力】の続きを読む

1: 2017/09/17(日) 17:55:08.71 ID:CAP_USER9
「生前、“夫と子供のことは頼む”と、密かにお願いがあったようです」(芸能関係者)

 小林麻央さん(享年34)が亡くなって2カ月余――。市川海老蔵ファミリーの姿は、ハワイ・オアフ島にあった。
 「8月14日に主演する舞台『座頭市』の大阪公演千秋楽を終えた海老蔵は、同18日から夏休みを利用してハワイへと足を運んだのです。
時間をゆったりと取った8日間の旅でした」(芸能レポーター)

 2人の子供(麗禾ちゃん・勸玄くん)たちにとって、今回が初めての海外旅行だったという。
 「この時期に家族旅行する計画は、麻央さんが亡くなる前から決まっていました。一進一退の病状で、ベッドから起き上がるのもままならない状態の中にあって、このハワイ旅行は、彼女の励みでもあったのです。残念ながら、それは叶いませんでしたが…」(歌舞伎関係者)

 宿泊したのは海が見えるコンドミニアムで、現地ではハワイに留学経験のある友人の山田純大や歌舞伎仲間と合流してバカンスを満喫したという。
 「実は、この旅行には麻央さんの実姉・麻耶(38)とお母さん(海老蔵にとっては義母)も同行していました」(芸能記者)

 麻央さんの病気発生以来、献身的に海老蔵一家を支えてきた麻耶と義母。
 「とりわけ、フリーアナとしての仕事を休んでまで一家に尽くしてきた麻耶の献身ぶりは尋常ではありませんでした。それまでにあった“ブリッ子”というイメージを覆す、まさに“母親然”とした働きっぷりでした」(歌舞伎関係者)

 結婚前は、毎日のように一緒にお風呂に入り“流しっこ”をしていたという小林姉妹。
 「その日にあった事や悩み事、恋愛なども含め、何でも話していたそうですから、麻耶が海老蔵一家のことを託されても何ら不思議はありません。
何より、2人の子供が麻耶にとてもよくなついています」(ワイドショー関係者)

 8月、麗禾ちゃんが通うバレエスクールの発表会では、本当の母親のように客席から大きな拍手を送っていたという麻耶。
 「いずれ大名跡である市川團十郎を襲名する海老蔵にとっても、“後添え”は必要。その点からも麻耶が最もふさわしいと思います」(前述・歌舞伎関係者) 

 天国の麻央さんも、きっと許すに違いない。

http://wjn.jp/article/detail/3575356/ 

no title


【小林麻耶、現実味を帯びてきた義弟・市川海老蔵との結婚】の続きを読む

このページのトップヘ