人妻

1: 2019/06/22(土) 17:56:48.39 ID:yQVhVA129
 元AKB48の女優・篠田麻里子(33)が21日、東京・池袋のサンシャイン劇場で、主演舞台「殺してもいい命」(30日まで)の公開ゲネプロに参加した。

 作家・秦建日子氏の同名小説が原作。女性刑事・雪平夏見の活躍を描くシリーズ第2弾。昨年上演された「アンフェアな月」に続き、篠田は主演・雪平を演じる。

 今年2月、3歳年下の実業家と“交際0日”の電撃婚。2人とも玄米を食べて育った共通点も注目され“玄米婚”としても話題を集めた。

 篠田は「結婚して環境的にも落ち着きました。結婚したことで母親としての気持ちが分かって、雪平夏見に近づいたかな。ただ、(雪平は)離婚してるので、そういうふうにならないように気を付けます」とジョークで笑わせた。

 報道陣から「旦那さんは見に来てくれますか?」と振られると、「1回は見に来てくれるかな」と笑顔を見せた。

 周囲に幸せオーラを振りまいた篠田だが、人妻になったことで“色気”を増していると評判だ。

「4月から放送されたドラマ『ミストレス~女たちの秘密~』(NHK総合)では、レズビアン役を熱演し、ベッドシーンも話題になった。人妻になってから約3年ぶりにグラビアを披露しましたが、大人の色気が増した姿にファンも驚いていました」(出版関係者)

 結婚前の2017年、篠田は映画「ビジランテ」で危険な美人妻役を好演。同作ではカーセックスシーンに挑戦している。

「今は女優としての覚悟もできており、役柄に納得すれば、映画などでヌードも辞さない覚悟を持っているとか。アイドル時代のファンが“人妻・マリコ様”の色気にメロメロになる日も、そう遠くないかもしれません」(映画製作スタッフ)

 元アイドル出身とは思えない女優像を確立しそうだ。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1443678/ 

no title



【【画像】人妻女優・篠田麻里子、レズ役好評!ヌードも覚悟 結婚して色気ムンムン】の続きを読む

1: 2019/04/19(金) 06:44:18.21 ID:/LwRKiw20● BE:512899213-PLT(27000)
 女優、仲里依紗(29)の評判がうなぎのぼりだ。その“艶技力”は抜群で、「深夜ドラマの女優」として注目される中、人妻ヘアヌード写真集のオファーも殺到しているという。

 「彼女は主演というより、陰でキラッと輝く助演というタイプ。どことなく意味深で、とくに今回の深夜ドラマでは“妖艶女優”系として定着しました」(テレビ雑誌編集者)

 彼女は3月まで、テレビ東京の“ドラマ24”『フルーツ宅配便』に出演。デリヘル嬢を演じていた。
「里依紗演じる本橋えみは、母親が作った1000万円の借金返済のため、悪徳デリヘル『へブンズエスコート』で働く風俗嬢という役です。デリヘル嬢の現実をテーマに描いた地上派テレビとしては難しいドラマを、見事に演じきったと評判です」(同)

 仲は、こうした汚れ役は初めてではない。昨年には、深夜ドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)で主演の不倫妻を演じ、半裸を披露。また、'17年のヒットドラマ『黒革の手帖』(同)ではホステス役を好演。客に洋服の胸元から手を入れられる“艶技”を披露し、存在感を示してきた。

 「彼女はセクシーな演技で需要が高いのですが、実は、これまでグラビアでもギリギリセクシー止まりで、フルヌードは見せていないんです。しかし、その“ギリギリ”がいいと、人気も上昇。すでに、際どさで勝負する個性派女優としての立場を確立しました。近い将来、絶対に脱いでくれるでしょう」(ドラマライター)

 T162センチ、B85・W64・H88のEカップ。ドラマでピンクのブラ姿を披露したこともあれば、女優と平行して、モデル業も行っているだけに、スタイルのよさには定評がある。

 「祖父がスウェーデン人のせいか、体は豊満です。顔立ちも、鼻が高く、キリッとした美形の作りで人気。肌の白さも透き通るようで、妙にソソられます」(前出・グラビア雑誌編集者)

 そんな彼女に湧き上がっているのが、ヘアヌード写真集のオファー。大手各社から、“脱いでくれ”の注文が殺到しているという。

 「多くの“脱がせ屋”たちが、口説き落とそうと躍起になっているそうです。思いっきりのいい彼女のこと、やるとなれば、ヘアヌードも期待ができる。周囲はドラマと写真集、どちらで先に脱ぐか興味の的。彼女は既婚者なので、セクシー人妻の脱ぎっぷりに期待したいですね」(芸能記者)

 裸が見たい!

https://wjn.jp/article/detail/8196860/
no title




【仲里依紗、“妖艶人妻女優”に殺到するヘアヌード注文】の続きを読む

このページのトップヘ