不倫

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/08/20(月) 21:47:49.17 ID:3GdwPGlu0● BE:115523166-2BP(2000)
短大在学中だった2008年からレースクイーンとして活躍した後、"遠野千夏"の芸名でグラビアに活動の軸を移すと、2012年にグラドルの登竜門的ミスコン「ミスFLASH2012」のグランプリを獲得した金山睦。

以降もDカップバストにクビレたウエストラインというスレンダーボディーで人気を博す。2014年に所属事務所を退社して芸名を変えるが、2016年に本名でもある"金山睦"に再び改名。翌年には4年振りとなるDVD『ただいま』をリリースしてグラドルファンを安堵させた。そんな金山が6カ月振りとなるDVD『ワタシの恋愛論』(双葉社)をリリース。その発売記念イベントが18日、東京・秋葉原のソフマップで開催され、一段とセクシーさが増した妖艶さで報道陣を悩殺した。

「今回の撮影がタイだったので、タイの国旗に似ていると思ってこの水着にしてみました。色合いといいタイの国旗に似ていませんか?」と笑顔で解説してくれた金山の水着から、Dカップの悩ましい膨らみと谷間を強調するなど、報道陣の視線を釘付けにしていた。
そんな彼女の魅力が詰まった最新作は、3月にタイで撮影されたもの。「私が客室乗務員で、その飛行機のファーストクラスに乗っていた殿方と不倫をするというストーリです。その方と一泊二日のお泊りデートですね♪」と金山が解説してくれたように、不倫の快楽に溺れる大人のエロスをたっぷりと披露している。

お気に入りのシーンを「エクササイズのシーンです」と挙げてくれた金山。その理由を「アイドルのイメージDVDって、今までエクササイズと言えばバランスボールやヨガが多いと思います。でも今回は皆さんが今まで見たことがないセクササイズをしました。何とも魅力的な動きで、多分これからのグラドルのイメージDVD界で爆発的に人気が出る動きだと思います。その第一人者は私ということで(笑)」と説明しながら、取材会場で実際のセササイズを披露した。金山のDVDと言えば、接写もおなじみのシーン。今回もその例に漏れず接写のシーンがあるようで「プールのシーンでひらひらした水着からカメラが接写して中々いいと思います。マニアにはたまらないですよ」と自信を覗かせていた。

不倫をテーマにした同DVDということで、大胆な金山の姿が見れる今作。中でも、変形ハイレグの水着を着用したシーンが、一番過激だという。「なぜかというと、お上品で大胆な私も見れるし、Mな私も見れちゃうんです(笑)。そのMから逆転してSな私も見れちゃうという(笑)。その変わり様が男の人にしてみたらエロいと思って見てもらえると思いますよ」とセクシーアピールも忘れなかった。

SとMの両面が見られるという最新作だが、プライベートでは「やっぱりMかな(笑)。私は刺激を求めるタイプ。その刺激が好きなのでMだと思います」とドM発言も。これまでの人生の中で刺激的な出来事を「恋愛じゃない刺激だと、小さい頃に夜逃げしたことが刺激的なことでした」と告白するも、恋愛やプレイについては「可愛い刺激ぐらいしかないですよ(笑)」と明言を避け、今作のテーマでもある不倫については「刺激は大好きだけど不倫は絶対にダメです!」と意外な答えが返ってきた。

https://news.dwango.jp/gravure/30684-1808 

no title

no title




【B80W59H85、Dカップグラドルが快楽に溺れる女性を熱演「刺激は大好きだけど不倫は絶対ダメ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/04/26(木) 11:06:02.75 ID:kIshN/Js0● BE:632443795-2BP(10000)
不倫報道で窓際でも辞めず 秋元優里アナの“鋼のメンタル”

 “竹林不倫”で度肝を抜いたフジテレビの秋元優里アナ(34)のその後を「週刊文春」が報じている。

 秋元アナは1月に社内の既婚プロデューサーとワンボックスカーを山奥の竹林に止め、密会を重ねていたことが報じられ、「プライムニュース」(BSフジ)ほか全ての番組を降板、テレビから姿を消していた。
あれから4カ月、秋元アナはアナウンス室の“窓際族”に転身、スポンサー名を読み上げる若手レベルの仕事しかなく、あとはネットサーフィンだけの“9時5時OL”の日々。それでも本人はいまだに「あれは悪意を持って撮られた写真。たまたま、あの場所を通っただけ」と主張。さらに「私はなんとしても会社にしがみつくから」と語っているという。

 あるフジテレビ関係者がこう語る。

「役員たちが自らの不倫をつつかれないように、不祥事があればすぐに画面から消す。そんなフジの体質に『なぜ自分だけ』という被害者意識があるみたいです。だから社内で誰も信じていなくても絶対不倫を認めないし、辞める気がないのではと囁かれています」

 デスクにいる時間が増えたせいで、別居中の夫で同じアナウンス室に籍を置く生田竜聖アナ(29)と遭遇する機会が急増。当事者よりも周囲が気まずいと気を揉んでいるという。しかし、不祥事のあった秋元の受け入れ先は見つからず、中ぶらりんのまま。
生田との離婚に関しては条件がほぼまとまり、GWには決着がつくとも報じられているが、それにしても、心臓に毛が生えているという表現がぴったりな“鋼のメンタル”である。

https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_457386/ 

no title

aki1




【“竹林不倫”で度肝を抜いたフジ秋元優里アナ、閑職に追いやられるも「絶対に辞めない」と宣言】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/03/31(土) 14:12:33.04 ID:CAP_USER9
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/03/31/0011119556.shtml

 俳優・袴田吉彦(44)の“アパ不倫”で離婚した元妻のタレント・河中あい(33)が31日、読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」に出演し、不倫相手だったグラドル・青山真麻への怒りをぶちまけた。

 河中と袴田は2010年8月8日に結婚。11年2月に第1子の長女が誕生した。15年からケンカが絶えずに別居。だがその後は夫婦仲もよくなり16年12月頃には別居解消の話も出ていたが、17年1月に袴田の不倫が発覚。同年9月に離婚した。
 河中は離婚の理由を、青山が週刊誌で披露した「不倫相手のセミヌード!」と振り返った。タイトルが挑発的で、不倫の内容を赤裸々に語っていたことから「もう官能小説!私より可愛くて若かったらしょうがないけど、同い年ですよ」と語気を強めた。
「もう売名でしかない。人の家庭を壊しといて何言ってんの」と腹立たしそうに語った。

 さらに青山が「私がお金払って、ホテルのポイントは袴田が持っていっていた」との内容を語ったことにも「私が付き合ってたときは、全部出してくれた。ケチだというなら、1回お金払ったときで止めたらよかったのよ」と最後まで怒りを振りまいていた。

河中あい 
no title


青山真麻
no title


【【画像】袴田の元妻・河中あい、アパ不倫グラドルに怒り!「売名行為!人の家庭を壊しといて!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/02/16(金) 12:40:42.37 ID:CAP_USER9
朝日新聞をテロップで「新日新聞」とやらかし、話題になっているフジテレビが、例年6月末に行っている人事異動を4月に前倒しすることが分かった。
その狙いは「役立たず社員や不祥事を起こした問題社員を一掃するため」とみられている。
気になるのは“竹林不倫疑惑”で現在、番組出演をすべて見合わせている秋元優里アナウンサー(34)。
アナウンス室からの異動は鉄板だが、新しい部署は一体どこになるのか――。

フジテレビがまたやらかした。
13日の「めざましテレビ」で朝日新聞の公式ツイッターで誤字があったことを報じた際、画面下のテロップで「新日新聞『単純な打ち間違い』」と新たな誤字を発生させた。
他メディアの誤字を誤字で報じる、これ以上ない恥ずかしすぎる醜態…。
本紙既報通り“末期症状感”は否めない。

長すぎる不振からの脱出と経費節減のため、今年4月の番組改編で長寿番組の「とんねるずのみなさんのおかげでした」をはじめ、「めちゃ×2イケてるッ!」「おじゃMAP!!」など看板番組の打ち切りを決めた。

昨年6月、亀山千広氏から宮内正喜社長にバトンタッチ。
宮内社長は「業績を回復する一点に絞る」と明言してきた。

「業績回復には何よりも視聴率アップが大事。そのためには、低視聴率にあえぐ番組は打ち切らなきゃならない。『みなさん――』や『めちゃイケ』などは、長年にわたってフジに貢献してくれた番組だから、なかなか打ち切ることができなかった。でも“業績回復”を第一とする宮内社長が英断を下したということです」(芸能プロ関係者)

まさに“聖域なき改革”を断行する覚悟のようだが、この姿勢は番組だけでなく、今後は社員にも向かうのは明白だ。

「社員の人事異動は例年、6月に行われる役員人事、局長人事が終わってから行われてきたが、今年は4月に前倒しして行われることが決まったんです。この狙いについて社内では『仕事ができなくて役に立たない社員や不祥事を起こした問題社員を一掃するため』と言われている。心当たりのある社員は戦々恐々ですよ」(フジ関係者)

視聴率低迷に伴い、売り上げも大幅減となっているフジでは最近、経費節減も大きな課題となっている。
「そのせいでミスが連発している」と社員が嘆いているが、早期退職者を募るなどリストラを準備しているとも。

「4月の異動で、役に立たない社員を一掃しようということ。もちろんクビにはできないが、閑職や関連会社へ出向させたりするのではないか?と言われている」(同)

そこで確実視されているのが、秋元アナの異動だ。
秋元アナは年明け早々、自らがキャスターを務めてきたBSフジ「プライムニュース」の40代妻子持ちプロデューサーとの“ダブル不倫密会”を「週刊文春」に報じられた。
年末年始、2人は神奈川県内の竹林や堆肥小屋などに止めた車中で密会していたという。

しかも秋元アナとこのプロデューサーの不倫が報じられたのはこれが2度目。
16年11月に夫の生田竜聖アナとの別居が報じられた際、このプロデューサーとの不倫が原因とされたが、その時は秋元アナがレギュラー出演する「ワイドナショー」で「全然、やましいことはないです」と否定していたが、ウソがバレた形となった。

「結局、1年以上も不倫関係を続けていたわけで、社内ではもう、かばう声もなくなった。夫も局アナだし、もうアナウンス室には置いておけない。4月の異動で間違いなく動かされるでしょう」(別のフジ関係者)

気になる異動先はどこになるのか?

「異動した女子アナでは、春日由実が広報に行ったが、さすがに新聞や雑誌の記者と直接触れ合う広報に秋元を行かせるわけにはいかない。細貝沙羅は人事部だけど、秋元に人事を決められたら他の社員は嫌がるのでは(笑い)」(同)

最有力とみられるのは総務部だ。

「外部と接触することはほとんどない部だからね。口の悪い社員の中には『いっそのこと不倫したプロデューサーも一緒の職場にして、退職を促すのでは』なんて言ってますよ」(同)

異例とも言える人事異動の前倒しだが、果たしてうまくいくのか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00000003-tospoweb-ent

異動が確実とみられる秋元優里アナ
no title


【竹林不倫疑惑・フジ秋元優里アナ、前倒し人事で4月に総務部異動か?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/02/11(日) 07:22:56.66 ID:CAP_USER9
 1月に「週刊文春」(文芸春秋)で出演番組のプロデューサーとの不倫を報じられた、フジテレビの秋元優里アナウンサー(34)が、出演を見合わせていたBSフジの報道番組「LIVE プライムニュース」を3 月いっぱいで降板することが、一部スポーツ紙で報じられた。

 秋元アナは報道を受け担当していた番組への出演を自粛中。このほど、BSフジが4月からの同番組キャスターを発表したが、そこに秋元アナの名前はなかったという。

「社内不倫だけならまだ救いようなあったでしょうが、竹林で密会してせっせとカーセックスに励んでいることまで報じられたしまいました。秋元アナは恥ずかしくてもう社内を歩けない状態なのでは。上層部も当面、復帰させる予定はないようです」(フジ関係者)

 今やすっかり女子アナとしては“戦力外”になってしまった秋元アナだが、もはや退社しか選択肢がなさそうな状況に追い込まれてしまったというのだ。

「おそらく、次の定期異動で他部署への異動を命じられることになるでしょう。しかし、女子アナが他部署へ異動するのは予想以上にハードなこと。おまけに、プライドの高い秋元アナがそれを受け入れるとは思えません。同局の生田竜聖アナとの離婚もまだ成立しておらず、長女の親権をめぐってこの先は生田アナと揉めそうです」(同前)

 不倫により、秋元アナはすっかり“茨の道”を歩むことになってしまったようだ。

http://wjn.jp/article/detail/8473017/ 

no title


【番組降板で退社しか選択肢がなさそうな“竹林不倫”のフジ・秋元アナ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/02/01(木) 12:07:36.57 ID:CAP_USER9
「週刊文春」で同じフジテレビの40代妻子持ちプロデューサーA氏との“ダブル不倫疑惑”が報じられた秋元優里アナウンサー(34)が崖っ縁だ。
セクハラ疑惑で4月スタートのフジ新報道番組キャスターを降板した元NHKの登坂淳一アナウンサー(46)の“余波”で復帰は困難に…。

さらに、新人時代から発揮していた“男あさり”言動で、周囲からも総スカン状態とあって目も当てられない。
同性社員からは退社を望む声まで出始めるなど秋元アナは大ピンチを迎えている。

「不倫密会報道から2週間が経過しましたが、局内はまだバタバタしてますよ。だって、ワンボックスカーの前半分を堆肥小屋に不法侵入させて、30分ほど密会してたんですよ。秋元アナが『相談に乗ってもらっていた』と言っても…。

局内でも“ただならぬ事”が行われていたと思われるのは仕方ない。
しかも、A氏との不倫疑惑が報じられたのは今回で2回目。当時の『反省がない』と評価もガタ落ちですよ」(フジ関係者)

現在、フジは「誤解を与えるような軽率な行動に対する責任を取って当面の間、番組出演を見合わせる」として、秋元アナの番組出演を見送っている状態だ。

フジの宮内正喜社長も1月26日の定例会見で、秋元アナに言及。現在、レギュラー番組への出演を見合わせているが、復帰時期について「まったく未定です。決まっていません」とした。いわば“生殺し”状態だが、それも無理はないだろう。

4月からスタートする新ニュース番組「プライムニュース」のメーンキャスター就任が予定されていたNHKの「麿」ことフリーアナウンサーの登坂淳一アナの“セクハラ疑惑降板”の余波が襲っているからだ。

「『プライムニュース』は、前BSフジ社長の宮内社長がBSから引っ張ってきた“社長案件”。
これから4月の新番組をどうするのか、緊急協議の連続です。フジのさらなるイメージダウンは避けられず、低迷する視聴率と合わせてスポンサー離れが加速するかもしれない。まさに開局以来の大ピンチで『今は秋元のことなんて構っていられない』のが現状。

『とりあえず表に出すな』状態ですが、上層部の一部からは『いっそのこと秋元と登坂にコンビを組ませて新番組をやらせてしまえ!』といったヤケクソ的な声も出るほど事態は深刻」(前同)

アナウンス室からの異動、さらには退社の可能性まで報じられている秋元アナ。
2012年には、アナウンサー同士の交際というタブーを破り、同局の生田竜聖アナ(29)と結婚。
長女をもうけながら、現在は離婚協議中という公私ともに崖っ縁だが、そんな秋元アナを支える勢力が同局で“皆無”。
特に同性の女性社員からは「辞めてほしい」という厳しい声が聞かれ、身から出たサビというしかない。

それもそのはず。前出関係者は「秋元アナはかなりの“発展家”で知られ、局内のイケメン社員や同僚アナなど噂に上っただけで5~6人はいましたからね。
男心をつかむ天才ですべてモノにしてきた。同性から好かれるわけないですよ」。

新人時代から、その“肉食ぶり”は際立っており、同性の飲み会では「いい男いない?」とかその手の話が多かったという。
「極めつきは新入社員研修時代です。テレビ、ラジオ、新聞、出版などを含めたフジサンケイグループの新入社員合同研修で、初対面にもかかわらず別のグループの新入社員に『○○君はカッコいい』とか、男関係の話ばかり。周囲の女性たちを絶句させていた」(前同)

別のフジ関係者も「ストレスがたまると、よく考えず衝動買いをしてしまうそうで『貯金がない』とよくこぼしていた時もあった。
その会話の流れで『男も(長くは)続かない』と。子供ができてからは買い物グセは治まったようですが、男グセは変わらなかったのでは?
『あまり深く考えない性格』と言っていたので、今回も衝動的に不倫に走ってしまったと思いますね」と語る。

局内での強力な“秋元包囲網”が形成されることは避けられそうもない。中学から慶応で、慶大卒後にフジ入社。父親は元オーストラリア大使で、現在は宮内庁勤務とされているお嬢様アナは“男好き”によって転落してしまうのか。逆にそれを武器にして乗り越えてもらいたいものだが…。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000008-tospoweb-ent 

no title


電子書籍 コミック

【フジ、「不倫カーセックス」の秋元優里アナを “生殺し”】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/01/13(土) 06:30:31.37 ID:CAP_USER9
1月10日水曜日、今年1発目といえる文春砲が飛び出した。フジテレビ秋元優里アナ(34)の“竹林車中不倫”報道だ。

「『週刊文春』によると、秋元アナは、2016年秋に不倫疑惑が報じられたのと同じ、同局の40代のプロデューサーS氏と再び密会の日々を送っていたといいます。
文春は昨年暮れの箱根湯本への不倫旅行なども報じていますが、やはり一番インパクトが強いのは、クリスマス夜の“竹林”での車中密会です」(芸能記者)

S氏が運転する白いバンは、秋元アナの自宅がある横浜市郊外の竹林に向かうと、そこで停車。S氏は助手席の間をすり抜けて後部座席に座る秋元アナの元へ。
30分以上停車していた車から聞こえていたのは、サスペンションが軋む音だけだったという。

「その現場写真に添えられた写真キャプション“クリスマスに2人で過ごした竹林”が秀逸だ、と話題になりました」(前出の芸能記者)
秋元アナは、12年に結婚した同局の後輩の生田竜聖アナ(29)と現在も離婚協議中で、いまだ人妻。なんとも衝撃の報道だが、ここにきてさらに新展開が! 前出の芸能記者は言う。

「グーグルマップで、“秋元優里”と検索すると、横浜市郊外の場所が2つ出るんです。ひとつは、“秋元優里 竹林”と名称がついた場所。その場所をストリートビューで見ると、文春に掲載された写真と同じような竹林の景色が出てくるんです。

もうひとつ、“秋元優里”と記された場所は、同じく文春に書かれてある密会場所の小屋のあるところ。
屋根もない小屋で、文春によると、そこはオリオン座がよく見える、実は堆肥小屋だそうで(笑)、こちらのストリートビューも掲載された写真の場所とそっくり。おそらく、正しい密会場所で間違いないのではと」

これはおそらく、文春を読んだネットユーザーが、掲載写真を元に、場所を突き止めたものと考えられる。竹林も堆肥小屋も瞬く間に割り出すネットの力、おそるべし!

https://taishu.jp/detail/31264/

no title


【フジテレビ秋元優里アナ グーグルマップで“竹林不倫現場”判明か!?】の続きを読む

このページのトップヘ