下着

1: 2019/12/08(日) 22:10:49.42 ID:EaiQZ3079
12/9付オリコン週間BOOKランキングジャンル別「写真集」(集計期間: 11月25日~12月1日)では、女優の長谷川京子の16年ぶりの写真集となる『Just as a flower』が、週間0.5万部を売り上げ、初登場2位にランクインした。

本作は、41歳になった長谷川が、演じるでもなく、おしゃれさをウリにするわけでもなく、ただ等身大のリアルな「長谷川京子のいま」を伝えたもの。
「家庭がありながらも、出逢ってしまった不可抗力な恋愛」というストーリーを背景に、日本の純文学世界の恋愛シーンを彷彿させるようなカットを収録。
撮影は、ファッション、ポートレートの分野で世界的に活躍し、女性を題材にした作品を残している写真家の沢渡朔氏が行った。

この発売を記念して11月末には、一夜限りの刊行記念イベント「スナック京子」を“開店”。
12月1日には、東京・紀伊國屋書店新宿本店でお渡し会を開催するなど、話題となっていた。

近年、「写真集」ランキングでは坂道グループの人気が著しく、今年の年間「写真集」ランキングでもTOP10に7作ランクインするなどその勢いを示しているなか、長谷川の大人の色気を存分に収めた本作が、今後どのようにランキングを推移していくのか、注視したい。

http://www.oricon.co.jp/news/2150386/full/

長谷川京子の16年ぶり写真集『Just as a flower』

no title

no title

no title

no title

no title

no title


期間限定セール(毎週作品更新)

【【グラビア】長谷川京子(41)、16年ぶり「写真集」が初登場2位に! 美バスト×背中の大胆ショットが話題】の続きを読む

1: 2019/12/07(土) 05:06:47.55 ID:xS9PaTX/9
モデルで女優の大政絢が、来年1月29日にビューティー本『BE BEAUTIFUL Aya Omasa Beauty Book』を発売する。このたび表紙と収録カットが公開された。 

この本は、潤いのある美肌を保ち続けるための普段のスキンケアや、健康的かつ無駄のない“しなやか美ボディ”を作り出すトレーニング習慣、自分の体と心に向き合って取り入れる日々の食事、美しさを追求し続けるモチベーションについてなど、大政絢の“美の秘訣”を余すことなく公開した一冊。 

このたび公開されたのは、表紙カットと、巻頭グラビアに収録されるカット4点。表紙は下着姿でベッドに横たわる全身を大胆に披露した一枚で、しなやかで引き締まったくびれと、バストの美しいラインなど、女性が思わず見惚れてしまうような理想的な美ボディで、カバーを広げると全身が現れる作りとなっている。 

また、モナコで撮り下ろされた巻頭グラビアには、ビーチにて、水着姿で美背中を披露した写真なども収録されており、クールで大人っぽくセクシーな表情、エキゾチックな雰囲気も印象的。ほかにも、世界各国のセレブが集まると言われている「オテル ド パリ モンテカルロ」を舞台に、ゴージャスでセクシーな肌見せドレス姿なども披露している。 

https://news.mynavi.jp/article/20191206-933982/

no title

no title

no title

no title

no title


期間限定セール(毎週作品更新)

【【グラビア】大政絢、下着&水着姿で美ボディを大胆披露】の続きを読む

1: 2019/11/28(木) 06:34:16.50 ID:sWNFV7Ym9
人気アイドルグループ・乃木坂46の生田絵梨花(22)の2nd写真集『インターミッション』(講談社)が、
28日に発表された「オリコン年間BOOKランキンク? 2019」の「写真集」ジャンルで1位を獲得した。
年間売上は29.1万部で、女性ソロ写真集としては2017年に『白石麻衣写真集 ハ?スホ?ート』か?記録した22.9万部を上回り、歴代1位の大記録を達成した。

本作は、乃木坂46イチの“お嬢様”と称される生田をアメリカ・ニューヨークを舞台に撮り下ろし。
ミュージカル女優としても活躍する生田の希望で、ブロードウェイでも撮影を行ったほか、初めてのラジェリーショットにも挑戦した意欲作となっている。

生田は1位獲得に「1年前に撮影した作品が、多くの方に受け入れてもらえてとても光栄です。
この作品をきっかけに、いろんなイメージを持っていただけたらうれしいなと思います」と喜びのコメントを寄せた。

◆オリコン年間BOOKランキンク? シ?ャンル別「写真集」女性ソロ作品歴代売上TOP5
1位 29.1万部 生田絵梨花写真集『インターミッション』(2019年1月22日発売/講談社)
2位 22.9万部 白石麻衣写真集『ハ?スホ?ート』(2017年2月6日発売/講談社)
3位 19.7万部 ベッキー『ヘ?ッキーの♪心のとひ?ら』(2009年2月27日発売/幻冬舎)
4位 19.1万部 ?濱ねる1st写真集『ここから』(2017年12月19日発売/講談社)
5位 16.9万部 石田ゆり子『Lily-日々のカケラ-』(2018年1月30日発売/文藝春秋)

https://www.oricon.co.jp/news/2149744/full/

no title

no title

no title


期間限定セール(毎週作品更新)

【【グラビア】乃木坂46・生田絵梨花、歴代最高記録で2019年の写真集女王に! 快挙達成に「とても光栄です」】の続きを読む

1: 2019/11/17(日) 09:46:25.33 ● BE:485983549-PLT(13346)
 フリーアナウンサー・田中みな実のファースト写真集『Sincerely yours…(シンシアリー ユアーズ)』(宝島社)が12月13日に発売される。このほど、写真集の公式Instagramで初出しのランジェリーカットが公開となった。

no title

no title

no title



【【画像】田中みな実の下着姿がめちゃくちゃエロい!!】の続きを読む

1: 2019/11/12(火) 18:35:29.86 ID:6dh9LEBr9
フリーアナウンサー・田中みな実初の写真集(12月13日発売、宝島社)のタイトル&表紙が決定した。

タイトルは「敬具」を意味する『Sincerely yours...(シンシアリーユアーズ)』。“Sincerely ”には、「心を込めて」や「正直に」という意味があり、偽りのない、今の田中みな実を表現した、という想いからこのタイトルになった。

撮影は、豊かな自然と美しい海に囲まれた、スペイン・バルセロナにて2019年の秋に敢行。バルセロナの中心部から少し離れた小さな町で借りた家屋や、中心地の旧市街や世界遺産、ビーチなど、美しい景色の中で4日間にわたって実施。

本書ではすっぴん写真も初公開。無邪気な少女のような笑顔から、32歳(撮影時)の大人の色気を感じさせるシーンまで、幅広い魅力を詰め込んだ一冊。

■田中みな実・コメント

Sincerely yours...一般的には手紙の最後に記す言葉で、使われ方は“敬具”に近い。“あなたの”(私はあなたの)という意味合いで、手紙に込めた相手への想いを感じとれる大切な一文です。“真心を込めてあなたに送る今の私”をお受け取りください。

https://www.musicvoice.jp/news/201911120133165/

no title

no title


no title


no title


no title


期間限

定セール(毎週作品更新)

【【グラビア】田中みな実、初写真集の表紙が決定 写真集タイトルに込めた思いとは?】の続きを読む

1: 2019/11/11(月) 09:00:52.93 ID:eudRod/f9
9月1日に行われた東京・明治神宮野球場公演をもって乃木坂46を卒業した初代キャプテンの桜井玲香の2nd写真集「視線」(11月27日発売、光文社)より、ランジェリーカットが解禁された。

乃木坂46在籍中に発売した1st写真集「自由ということ」から約2年半。
前回の撮影では、水着までだったが、ポートランドで撮影した今回の写真集では、“大人セクシー”をテーマに、ランジェリーにも挑戦。

今回公開されたのは、桜井本人もとてもお気に入りだという白のランジェリーショットで、「この白の写真は、私もすごくお気に入りで、水着とはまたちょっと違って、恥ずかしいかなと思ったんですけど、お洋服みたいにすごく可愛いランジェリーだったので、下着という感覚よりは、可愛い服をきているような感覚で撮影できました。大人セクシーをテーマにしたので、白ランジェリーにしました。とても大好きな写真です」とコメント。

また、あわせて公開となった花屋での1枚については「お花が好きでという話をしたら、じゃあ、お花屋さんに行こうと急遽きまったものです。とても綺麗なお花屋さんで、純粋に楽しむことができました」と撮影エピソードを語った。

http://mdpr.jp/news/detail/1893627

桜井玲香、初のランジェリーカットに挑戦

no title


桜井玲香2nd写真集「視線」より

no title

no title

no title

no title

no title

VR動画

【【グラビア】元乃木坂46・桜井玲香、2nd写真集で初のランジェリーカット解禁!】の続きを読む

このページのトップヘ