下着

1: 2018/10/14(日) 05:07:06.35 ID:CAP_USER9
フリーアナウンサーの田中みな実(31歳)が、10月13日放送のラジオ番組「田中みな実 あったかタイム」(TBSラジオ)に出演。「下着はいいけど、水着はやらない」と、肘ブラは構わないが、水着の仕事は嫌だと語る一幕があった。

この日のゲストであるフリーアナウンサーでナレーターの近藤サト(50歳)が、かつて局アナ時代に水着の仕事をした話を披露。この話に田中は驚きの声を上げ、さらに近藤から「みな実ちゃん、水着の仕事来たらやる?」と尋ねられると、「やらない!」と断言した。

近藤が「肘ブラはやるけど水着は嫌なんだ?」と返すと、田中は「ほんと、そう。下着はいいんだけど、水着はやだ、みたいな」とこだわりを示す。田中は、テレビでは絶対に水着仕事をやらないし、男性誌でも基本的にはやらないとコメント。

だが、田中はファッション誌やビューティー誌などで「女性が見て『いいな』と思ってもらえるような水着仕事だと大丈夫」と話し、発売されたばかりのビューティー誌「MAQUIA」11月号で、背中がぱっくりと開いた水着を着て、ファーを羽織るという水着仕事を行ったとも語った。

https://www.narinari.com/Nd/20181051626.html 

no title



【田中みな実「下着はいいんだけど、水着はやだ」】の続きを読む

1: 2018/10/06(土) 00:19:20.28 ID:CAP_USER9
女優の佐野ひなこが、6日発売の「週刊ヤングマガジン」45号の表紙・巻頭グラビアを飾る。

2年ぶりの同誌登場から約5ヶ月、再出演を望む多くの声を受けて今号の誌面を飾る佐野。

ますます進化し続ける神ボディを水着などで披露。
可愛いだけじゃない、ちょっぴり艶めいたオトナの表情もみせている。

http://mdpr.jp/news/detail/1796845

「週刊ヤングマガジン」45号 佐野ひなこ 

no title

no title

no title

no title




【【グラビア】佐野ひなこ、水着&下着でたわわ美バスト披露 進化しつづける神ボディ】の続きを読む

1: 2018/09/24(月) 07:05:59.85 ID:CAP_USER9
テレビ東京「ゴッドタン」で“日本一の恥ずかしがり女子”と称されたタレントの本郷杏が、3rdイメージDVD&Blu-ray「恥じらいアプリコット」を発売する。21日発売の雑誌「FRIDAY」で写真が初公開された。

本郷は、2016年2月デビュー。「今田耕司が最も注目する美人」として注目を浴び、2017年からテレビ東京「ゴットタン」に何度が出演する中「日本一の恥ずかしがり女子」として話題になった。2018年に事務所を移籍し、それを機に心機一転名前も「本郷杏奈」から「本郷杏」へと改名。

今回の3rdイメージDVD&Blu-rayは、6月末にグアムで撮影。久しぶりのグラビア撮影だった本郷は、初めは不安そうに恥ずかしがっていたが、天候にも恵まれグアムの明るい空の下で楽しい撮影になったようだ。

プールでの撮影時には観光客と一緒になってしまうハプニングも起き、「日本一の恥ずかしがり女子」本郷はまた顔を赤くして恥ずかしがっていた。

OL風の服装や、プールでのワンピース水着、テニスウェア、お風呂シーン、ベッドでの下着姿など、盛りだくさんの内容となっている。(modelpress編集部)

本郷杏 プロフィール
1991年10月17日生まれ 北海道出身 

グラビアアイドルとしてさまざまな雑誌に登場し、最近は『ゴッドタン』(テレビ東京系)などバラエティ番組でも話題に。“日本一の恥ずかしがり女子”と命名された。 

no title
  
no title
  
no title
  
no title
  
no title
  
no title
 
https://mdpr.jp/news/detail/1794034



【【グラビア】“日本一の恥ずかしがり女子”・本郷杏、セクシーランジェリーで美ヒップ披露】の続きを読む

1: 2018/09/18(火) 12:07:10.16 ID:abn27UMS0● BE:632443795-2BP(10000)
 今、グラビア系出版社の間で畠山愛理(24)争奪戦が激化している。4月からNHKにレギュラー出演している元新体操選手の畠山が、エロ美しいと評判だ。各出版社は、彼女のビジュアルに大注目。イメージは“透け性器下着グラビア”という狙いで彼女を追っているという。

 「畠山は、新体操の現役時代から可愛い系で人気がありました。NHK『サンデースポーツ』には、去年から月1程度で顔を出していたのですが、今年4月にレギュラー出演が決定。レオタード姿に慣れている新体操経験者だけに、水着リポートもやってくれるのではないかと、評判もうなぎのぼり。今後、東京五輪を控え、セクシー露出も期待できそうです」(スポーツ紙記者)

 彼女は、新体操団体の元日本代表選手。『フェアリージャパン』の主将を務めたこともある。'16年のリオ五輪では、団体8位の入賞に貢献した。五輪終了後に引退。昨年から芸能プロダクションに所属し、テレビのコメンテーターやモデルなど、マルチに活躍している。

 「新体操は体がスラッとしてルックスがよくなければ見栄えがしない。彼女はアイドル顔に加えて、外国選手並みにスタイルがよく、長身は170センチ。得意技は“ジャンプ”に“リフティング”。長い脚を大きく開いて局部を見せつける“艶技”は、美人選手が多い新体操の中でも、ズバ抜けて男性人気が高かった」(同)

 畠山は競技以外でも、なかなかエロっぽい。リオ五輪の年に、カレ氏と思われる男性との“お姫様ダッコ”や、“抱擁”写真が流出。相手は、社会人バレーボール選手だった山本湧と言われている。

 「日本代表時代は恋愛が自由だったそうです。これだけ美しければ、男は黙っていませんよね」(グラビア雑誌編集者)
 こんな美形でエッチな娘が毎週NHKで拝めるのだから、需要は高まるばかり。当然、彼女のもとには出版社からのオファーが殺到しているという。

 「おとなしそうに見えて、実は積極的らしく、絶好の素材。各出版社ともフルヌードは無理にしても“薄下着”での“透けヘア&性器見せ”を狙っているようです。新体操は体の美しさを競う世界。多少の股間見せなら大丈夫なんじゃないでしょうか。年内にグラビアを仕掛け、来年には写真集発売を予定しているとか。ギリギリの“肘ブラ・手マン”写真集ならば10万部超えは確実」(写真集編集者)

 180度ならぬ200度開脚で局部ドアップ! 発売と同時に完売必至だ。

https://wjn.jp/sp/article/detail/3259197/

no title

https://www.instagram.com/airihatakeyama/


【元新体操・畠山愛理さん、200度開脚で「透け下着グラビア」に熱烈オファー】の続きを読む

このページのトップヘ