ランキング

1: 2019/01/18(金) 11:49:15.32 0
 平成も終わりが近づき、この時代を振り返る人も多いはず。様々なムーブメントが起きた平成だが、その主役ともいえるのはアイドルではないだろうか。新しいアイドルグループが続々と誕生し、社会現象にまでなったのは記憶に新しい。

 そこで今回は、30歳~50歳までの男性100人に「平成最強アイドルグル―プは誰だと思うか?」というアンケートを実施。栄えある1位に輝いたグループは果たして?

◆6位(同率)欅坂46
 6位に選ばれたのは欅坂46だ。2015年に結成した比較的新しいグループだが、平成最強アイドルグループにランクインしたことに驚く。エースである平手友梨奈がアイドルだけでなく女優業でも活躍し、話題に上がったことも大きいのかもしれない。

「パフォーマンスが良い」(48歳)

 また上記の理由のように、パフォーマンスを評価し選んだというファンもいた。平成の時代は終わるが、今後欅坂46のさらなる躍進が期待できそうだ。

◆6位(同率)乃木坂46 
 同率6位は先ほどの欅坂46と同じ坂道グループである乃木坂46だ。2011年に結成し、エースの白石麻衣を筆頭にルックスの良いメンバーが多数在籍していることでも知られている。

「全員かわいい」(49歳)

「アイドルには興味がないが、かわいいから」(43歳)

 など、やはりルックスを推すおじさんが選んだよう。顔が良いのが前提のアイドルの中でもこのような評価をされる乃木坂46はすごい。

◆4位 ももいろクローバーZ 

 2008年に結成し、当初は週末ヒロインとして土日中心の活動をしていたももいろクローバーZが4位に輝いた。激しいダンスに生歌、そんな一生懸命頑張る彼女たちを支持する声は多く、芸能界にも「モノノフ」というももクロファンも多い。

「歌が上手いから」(40歳)

「アイドルは歌唱力がなければいけないと思うから」(31歳)

 歌唱力の高さも評価されるあたり、ルックスだけではなくパフォーマンス部分を求めるファンたちから支持を集めたようだ。

◆3位 SPEED

 全員が沖縄出身の4人組、SPEEDが3位にランクイン。今回アンケートの回答者となった世代の中では、彼女たちに熱狂した人も多いことだろう。

「歌にダンスに、平成の前半を引っ張り続けたグループだと思う」(49歳)

「平成生まれのグループの先駆けだから」(45歳)

 グループ解散後もタレントや議員として活動している元メンバーが何かとお騒がせなSPEEDだが、やはり元祖平成のアイドルとしての地位は揺るがなかったようだ。

◆2位 AKB48
 惜しくも1位を逃したのがAKB48。秋元康氏が「会いに行けるアイドル」としてプロデュースし、CDは爆発的にヒット。メンバーたちもタレントや女優と多岐にわたる活動。テレビでAKBを観ない日はないほどの活躍をみせていた。

「CDの売り上げが一番すごい」(35歳)

「長期間にわたってトップに君臨しているから」(50歳)

「社会現象にもなったから」(40歳)

 平成に誕生したアイドルは多くいるが、ここまでブームとなったアイドルグループはAKB48だけではないだろうか。2位ではあったが、彼女たちの功労は間違いなく大きい。

◆1位 モーニング娘。(初期)
 栄えある1位に輝いたのは、モーニング娘。(初期)だ。今回のアンケートではモーニング娘。(初期)とモーニング娘。(プラチナ期以降)の選択肢を用意。プラチナ期を含めた初期のモーニング娘。を支持する声が多かったということだ。

「全国規模のオーディションをTVで行い、その後爆発的ヒット曲を生み出した。ヒット曲を生み出す側ら、新しくメンバーオーディションを行うなどして常に新陳代謝を活性化させる等後に続くアイドルグループの主流となっていったから。尚、オーディションの選考に落ちた者も後のアイドルグループの主力になっていたり、他の分野で成功を収めていた事も大きい」(38歳)

 上記のような熱いコメントを始め、以下のような声が挙がった。

「オーディション勝ち上がりでメジャーデビューするまで過程が新鮮だった」(45歳)

「アイドルグループの火付け役だから」(38歳)

「後藤真希がいたから」(47歳)

 近年もっとも勢いのあったアイドルグループといえばAKB48と答える人が多いと思うが、モーニング娘。の活躍もすごかった。どちらが勝ってもおかしくはなかったが、平成を振り返った今回のランキングでは、彼女たちに軍配が上がった。

◆次の時代のアイドルにも期待

 平成が終わり、新しい時代に突入するが、今回ランクインをしたグループを凌ぐ存在は誕生するのか。次の時代のまだ見ぬアイドルたちに期待する。〈文/日刊SPA!取材班〉

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190118-97727359-aspa 

no title

no title

動画版ホスピタリティ~ある病院でのエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【「平成最強のアイドルグループ」人気投票 3位はSPEED、1位は…?】の続きを読む

1: 2018/12/16(日) 12:19:28.96 ID:CAP_USER9
先ごろ、一部データ情報サイトが発表した『好きな女子アナウンサー』の順位に対し「本当なの!?」などの疑問の声が続出している。アンケート対象は1000人。 20代から60代の男女の回答だという。

 1位はフリーアナの有働由美子
「有働が1位というのは、この手のアンケートではあまり見たことがありませんね。まあフリー転身1年目ということもあり、話題性があったのは確か。エールを込めてといったところでしょうか」(女子アナライター)  
2位はテレビ朝日の弘中綾香
「人気音楽番組『ミュージックステーション』のサブMCを5年間担当して名前を売りましたが、現在のレギュラー番組は深夜バラエティー1本。
普段から女子アナをウオッチしている人を除けば、まだまだ顔と名前が一致するところまではいっていないはず。
なのにこの順位は、実に怪しいですね。なぜ彼女が2位なのか。ファンの組織票かもしれません」(同・ライター)  

3位は“カトパン”こと加藤綾子
「妥当といえば妥当。実際は断トツの1位でもおかしくありませんが、それではオモシロ味にかけるとの判断でしょうか」(同)  

4位はフリーの川田裕美
「ハテナマークが浮かびます。川田ってベスト5に入るほどの人気者ですかね。バラエティー専門という感じでアナウンサーとしてのウリも特にない。

さらにハテナなのが5位、日本テレビの徳島えりかアナ。既婚だし、現在、打ち切りが囁かれる『ZIP!』の司会者。推せる材料を探す方が難しい」(週刊誌編集者)

男性誌ではカトパンと人気を二分するとされるテレビ東京の大江麻理子アナが6位。7位はテレビ朝日の大下容子アナ。

「8位はNHKの井上あさひアナ。彼女は高視聴率番組『ニュース7』を担当していますから、ベスト10入りは順当でしょう。

しかし、9位がTBSの宇垣美里アナというのはいただけない。彼女の順位はもっと上でしょう。
局内ではいろいろと問題社員扱いされているようですが、男性ファンの宇垣アナに対する熱狂度は異次元ですからね。
いわゆるランキングものであれば、このあたりで収まるわけはありませんよ」(前出の女子アナライター)

10位にはフリーの田中みな実が入ったが、今、局アナに限れば人気1位といわれるテレビ東京の鷲見玲奈アナは田中より下ということになる。

「実に説得力のないランクです」(同・ライター)

結局、好みの問題だ。

http://dailynewsonline.jp/article/1612718/

no title

no title

no title

no title

期間限定セール(毎週作品更新)

【【画像】「好きな女子アナ」ランキング『宇垣美里』が9位なんてウソだ!の声】の続きを読む

1: 2018/11/24(土) 06:39:18.61 ID:CAP_USER9
普段感じていること、あるいは口には出せないホンネ、はたまた口が裂けても言えない秘密。──匿名という条件のもとに、ぜんぶ白日の下にさらけ出します! 女性のセキララなアレコレを、いろんな角度からアナリティクス(分析)!  数字はウソをつきませんよ♪

【写真】ランクインしてしまった女優たち

サバサバでもダメ、ぶりっこでもダメ。嫌いな若手女優=売れている順?

「気が合わない」「苦手だ」といった女同士の相性が、コミュニケーションをとりはじめてすぐにわかるように、一度苦手意識を持つと、そうそう見直せる機会なんてなくて、ネガな印象がずっとつきまとうもの。

 そこで世の女性たちが“ぶっちゃけ嫌い”と感じる若手女優ナンバーワンは誰なのか、20~30代の女性200人を対象にアンケート調査してみました!(協力:アイリサーチ)

■オンナが嫌いな若手女優TOP10
(編集部が選んだ16人の20~25歳の若手女優から1位3pt、2位2pt、3位1ptで算出)

1位 広瀬すず(20) 129pt
no title

2位 土屋太鳳(23) 116pt
no title

3位 吉岡里帆(25) 85pt
no title

4位 桜井日奈子(21) 83pt
5位 二階堂ふみ(24) 75pt
6位 池田エライザ(22) 65pt
7位 森川 葵(23) 44pt
8位 有村架純(25) 43pt
9位 広瀬アリス(23) 38pt
10位 小松菜奈(22) 33pt

 時代を彩るきれいどころがズラリと並んだ印象ですが、1位は広瀬すずという結果に! 一方、姉の広瀬アリスは9位に付けており、“売れ方”の差はあるもののいずれもサバサバ系。どちらかというと見た目がかわいらしいすずのほうにアンチが集まっているところを見ると、かわいい=嫌いという心理があるのかも?

 さて、広瀬すずに対して僅差で2位に付けた土屋太鳳は、真逆のぶりっこと指摘されがちなタイプ。努力家として知られていますが、それがかえってあざとさを感じさせてしまうという見方もできるでしょう。“あざとさ”といえば、3位に付けている吉岡里帆にも、そういった声がありますよね。男性に媚びているように見えるのかもしれません……。

 とはいえ上位陣は、よく目にする面々の中でもずば抜けてCMの契約本数や主演作が多い現在のトップ女優たち。目立ってしまうがゆえに、出る杭は打たれるという捉え方もできることでしょう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181123-00013843-jprime-ent


【「オンナが嫌いな若手女優TOP10」 なぜ嫌われる? 嫌いになる3つの理由とは?】の続きを読む

このページのトップヘ