ランキング

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/06/17(金) 11:25:34.68 ID:CAP_USER9
日本三大美人の地として有名な福岡県は、さまざまな有名女優を輩出している県です。そんな福岡県出身の人気女優といわれたら誰を思い浮かべますか。芸能人・有名人の人気度や将来性について定期調査を行っている株式会社アーキテクトが発表した「福岡県出身の女優ランキング」によると、第1位には「橋本環奈」さんが選ばれたそうです。

ランキングは、タレントの「認知度(顔と名前を知っている)と「誘引率(見たい・聴きたい・知りたい)」の調査データを掛け合わせて算出された独自の指標「パワースコア」をもとに作成されており、本ランキングは2019年2月~2022年2月に行われた調査を中心にまとめたそうです。TOP3の結果は以下の通りです。

▽福岡県出身の女優ランキング

【1位:橋本環奈】
小学3年生で芸能界入りを果たし、地元福岡のアイドルグループ『Rev. from DVL』のメンバーとして活動をしていました。その後、CMモデルを経て2011年公開の映画『奇跡』でスクリーンデビューを果たします。インターネットを中心に注目を集め、徐々に知名度を伸ばしていきました。2016年公開の映画『セーラー服と機関銃』では初主演ながら、日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞し全国的に注目を集めました。また、人気コミックを映画化した『暗殺教室(2015年)』シリーズや、『ハルチカ(2017年)』『銀魂(2017・18年)』シリーズなど漫画・小説原作の映画に数多く出演していることでも知られています。映画やドラマのみならず舞台にも挑戦しており、舞台版『千と千尋の神隠し(2022年)』では主役を演じています。

【2位:今田美桜】
地元・福岡のモデル事務所にスカウトされ、芸能界でのキャリアをスタートさせた女優です。2021年の映画『東京リベンジャーズ』ではヒロインを務めています。また、2022年には『悪女(わる)働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?』で連続ドラマの初主演を務めています。

no title

【3位:吉田羊】
劇団『東京スウィカ』の旗揚メンバーとしてキャリアをスタートさせ、2007年のドラマ『愛の迷宮』に出演して以降、数々の人気ドラマやCM、映画に出演しています。近年は、映画『記憶にございません!(2019年)』や、ドラマ『妻、小学生になる。(2022年)』などに出演しています。

https://maidonanews.jp/article/14645968




【【画像】福岡県出身の女優ランキング 2位は今田美桜さん、1位は?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/06/04(土) 11:39:53.60 ID:CAP_USER9
一瞬の輝きが美しい'70年代アイドル

 綺羅星のごとくアイドルが輝いていた'70年代。「世の中にはこんな素敵な子がいたのか」と胸を焦がした人も多かったはずだ。その中では誰が最高だったのか。青春時代とともに振り返ってみよう。

 日本のアイドル文化が始まった'70年代は、誰もがステージに立てるような時代ではなかった。シビアな世界だからこそ、彼女たちが見せる一瞬の輝きは美しかった。

 そんな'70年代アイドルのナンバーワンは誰か。この時代に青春を過ごした人なら、誰かひとりは心の中に思い描けるはずだ。本誌はアイドルの魅力を「歌唱力・パフォーマンス」「キュートさ」「清純性」「神秘性」という4部門に分類。それぞれの長所を備えたアイドルを、'70年代に青春時代を過ごした有識者に挙げてもらった。彼らの意見をもとに、ランキングを作成する。

 さっそく、1つ目の「歌唱力・パフォーマンス」が優れたアイドルが誰なのかを紹介しよう。

「新三人娘」の躍進
 
 「やはり小柳ルミ子でしょう。宝塚音楽学校を首席で卒業したサラブレッドです。デビュー曲『わたしの城下町』がミリオンヒットになっただけではなく、『瀬戸の花嫁』など多くの名曲を世に放ちました。圧倒的な歌唱力に加えて、人気女優と張り合う美貌も兼ね備えていた。エンタメの主役が映画からテレビに移っていた時代において、誰よりも『テレビ映え』するアイドルだったと思います」(評論家の中川右介氏)

 小柳と同じ「新三人娘」のひとり、天地真理の歌唱力を評価する声も多い。昭和歌謡研究家の鈴木啓之氏はこう語る。

 「'70年代前半における『真理ちゃんブーム』は凄かったです。ピンク・レディーに先んじて社会現象となり、子供用自転車『ドレミまりちゃん』などのキャラクターグッズが巷にあふれていました。音大の附属高校出身の彼女は、歌唱力も折り紙付き。美しい高音が最大の魅力でした」

「実力派」の岩崎宏美
 
 彼女たちを抑えて「歌唱力・パフォーマンス」で栄えある1位に輝いたのは『ロマンス』など数々のヒット曲を持つ歌姫・岩崎宏美だ。NHKの『紅白歌合戦』に14年連続で出場した実績を持つ岩崎は、他を寄せ付けぬ評価を獲得している。

 「アイドルの範疇に収まらないほど歌が上手い『実力派』。伸びやかな少女の歌声でありながら、かつ包み込んでくれる母性も感じられる天性の声の持ち主だと思います」(昭和芸能探究家の石橋春海氏)

 ライターの田中稲氏も、こう絶賛を惜しまない。

 「作詞家の阿久悠が『歓喜を歌で表現できる稀有な歌手』と言っていたほどです。他のアイドルと違って、ほぼ歌のみで活躍していたのは実力があってこそ。等身大の女の子の気持ちを歌わせたら右に出る人はいないのではないでしょうか」

全文
https://news.yahoo.co.jp/articles/a9a313f9e360462d63c6b743b9057d05e06ccdcc?page=1

no title




【【画像】山口百恵、南沙織、桜田淳子 今こそ70年代アイドルNo.1を決めよう】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/04/19(火) 23:49:14.61 ID:CAP_USER9
今話題の10代の人気女優ランキング 2位「生見愛瑠」さんを超えたのは『岬のマヨイガ』で声優もこなした女優


近年、ドラマや映画界では、若手女優の存在が大きくなっています。
特に10代の若手女優はすでに第一線で活躍している人から、今後成長が見込める期待の新人まで、層が厚いのも特徴です。

そんな10代の人気女優といわれたら、みなさんは誰を思い浮かべますか。
芸能人・有名人の人気度や将来性について定期調査を行っている株式会社アーキテクトが発表した「10代の人気女優ランキング」によると、第1位に選ばれたのは「芦田愛菜」さんでした。

ランキングは、タレントの「認知度(顔と名前を知っている)と「誘引率(見たい・聴きたい・知りたい)」の調査データを掛け合わせて算出された独自の指標「パワースコア」をもとに作成されており、本ランキングは2021年8~11月に行われた調査を中心にまとめたそうです。
TOP3の結果は以下の通りです。

▽10代の人気女優ランキング

【1位:芦田愛菜】
2004年生まれで、子役女優として芸能活動を開始させました。認知されたきっかけは、ドラマ『MOTHER(2010年)』への出演でした。以降、『マルモのおきて』や『明日、ママがいない』『ラギッド!』と立て続けにドラマ出演を果たしています。
映画にもたびたび登場しており、『うさぎドロップ』や『のぼうの城』といった作品に出演しました。さらに声優もこなし、近年では『岬のマヨイガ(2021年)』に出演をしています。


【2位:生見愛瑠(めるる)】
2002年生まれで、『TOKYO GIRLS AUDITION 2015』にてPopteen賞とRay賞を受賞。
近年は女優としても活躍し始めており、『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~(2021年)』に出演したほか、『おしゃれの答えがわからない(2021年)』では初のドラマ主演を務めました。

no title

【3位:本田望結】
2004年生まれの女優・フィギュアスケート選手です。2015年、『第38回京都府総合体育大会スケート競技会A級幼年』で1位に輝いた実績の持ち主です。
女優としては、ドラマ『家政婦のミタ』や『コドモ警察』で子役として出演し、映画『ポプラの秋(2015年)』でついに主演を務めるまでに成長しており、まだまだこれからも伸びしろがある女優です。


ランキング
no title



https://news.yahoo.co.jp/articles/c7454cf616c50aa6a85ebadc855a72a7e42477fd




【【画像】『10代の人気女優ランキング』3位 本田望結、2位 生見愛瑠、1位は?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/03/29(火) 20:25:11.86 ID:CAP_USER9
 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、「10年後も活躍していそうな女優」についてアンケートを実施しました。常に変化する時代の中で、多くの人から「10年後も活躍していそう」と思われている女優は誰だったのでしょうか。さっそく上位の結果を見ていきましょう。

●第3位:広瀬すず
 第3位は「広瀬すず」さんでした。広瀬さんは、2012年に「ミスセブンティーン2012」でグランプリを受賞し、雑誌『Seventeen』の専属モデルとして芸能界デビュー。2013年のドラマ「幽かな彼女」で女優としての活動をスタートさせて以降、映画「ちはやふる」やNHKの連続テレビ小説「なつぞら」などさまざまな作品に出演しました。映画「三度目の殺人」では第41回日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞を受賞するなど、その演技力は高く評価されています。2022年5月には、松坂桃李さんとダブル主演を務めた映画「流浪の月」が公開予定です。

●第2位:長澤まさみ
 第2位となったのは「長澤まさみ」さん。2000年に第5回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞し芸能界入りした長澤さんは、2003年に映画「ロボコン」で初主演を果たしました。その翌年となる2004年には、映画「世界の中心で、愛をさけぶ」が大ヒットを記録し、第28回日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞など、数々の賞を獲得。以降もさまざまな作品でその存在感を発揮しており、2022年は大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で語り役を務めるほか、5月公開予定の庵野秀明監督による映画「シン・ウルトラマン」にも出演しています。

●第1位:綾瀬はるか
 第1位は「綾瀬はるか」さんでした。綾瀬さんは、2000年に「第25回ホリプロタレントスカウトキャラバン」で審査員特別賞を受賞し、芸能界デビュー。2004年にドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」のヒロイン役を務めブレイクしてからは、大河ドラマ「八重の桜」など数々の作品で主演を務めるなど、国民的女優の1人として目まぐるしい活躍をみせてきました。2022年4月11日から放送予定のフジテレビ系月9ドラマ「元彼の遺言状」では、主人公となる敏腕ながら自分の欲望に正直な弁護士を演じます。

https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/649614/
no title





【【画像】「10年後も活躍していそうな女優」ランキングが決定!3位は「広瀬すず」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/03/14(月) 12:06:31.76 0
第15回 男性が選ぶ恋人にしたい有名人ランキング 

総合TOP10

1位 吉岡里帆
2位 綾瀬はるか
3位 浜辺美波
4位 広瀬すず
5位 今田美桜
6位 有村架純
7位 橋本環奈
8位 本田翼
9位 白石麻衣
10位 長澤まさみ

世代別TOP5
no title

no title

no title

no title

no title

全文
https://www.oricon.co.jp/special/58536/





【【画像】男性が選ぶ恋人にしたい有名人ランキング 1位吉岡2位綾瀬3位浜辺】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/03/09(水) 22:36:58.94 0
「実は元アイドルだったと聞いて驚く女優ランキング」
TOP10

1位仲間由紀恵(元東京パフォーマンスドール) (562票)

no title


2位綾瀬はるか(元HiP) (560票)

no title


3位中谷美紀(元桜っ子クラブさくら組、KEY WEST CLUB) (513票)

no title


4位深田恭子(元HiP) (352票)
5位菅野美穂(元桜っ子クラブさくら組) (291票)
6位篠原涼子(元東京パフォーマンスドール) (203票)
7位満島ひかり(元Folder・Folder5) (193票)
8位永作博美(元ribbon) (189票)
9位上戸彩(元Z-1) (186票)
10位三吉彩花(元さくら学院) (179票)

https://rankingoo.net/articles/actor/00465a/4





【【画像】「実は元アイドルだったと聞いて驚く女優ランキング」 TOP10】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/02/25(金) 17:18:10.98 ID:CAP_USER9
朝ドラの愛称で知られるNHK「連続テレビ小説」は、1961年(昭和36年)から長きにわたって放送されている国民的長寿ドラマ。これまで数々の作品が放映され、多くのヒロインを輩出してきました。今回は、マイナビニュース会員の男女525名を対象に、1989年(平成元年)~2021年(令和3年)前期までに放送されたNHK朝ドラの中で好きなヒロインを調査。

結果
1位 のん(能年玲奈) (13.3%)
2位 松下奈緒 (6.7%)
3位 広瀬すず (5.3%)
4位 有村架純 (5.1%)
4位 国仲涼子 (5.1
6位 堀北真希 (4.7%)
7位 波瑠 (3.7%)
8位 シャーロット・ケイト・フォックス (2.8%)
9位 安藤サクラ (2.6%)
9位 高畑充希 (2.6%)
9位 杏 (2.6%)

1位に輝いたのは、2013年4~9月放送の第88作「あまちゃん」でヒロインを務めたのん(能年玲奈)さん。脚本家・宮藤官九郎さんが手掛けた本作は、東北の田舎町を舞台とした人情喜劇です。この年の新語・流行語大賞では「じぇじぇじぇ」が年間大賞に選ばれました。

no title


2位は、2010年3~9月放送の第82作「ゲゲゲの女房」でヒロイン・布美枝を演じた松下奈緒さんです。この作品は、「ゲゲゲの鬼太郎」の作者で漫画家である水木しげるさんの妻、武良布枝さんの自伝を実写化したもの。

no title


3位にランクインした広瀬すずは、記念すべき100作目となる2019年4~9月放送の「なつぞら」でヒロイン・なつを演じています。空襲で両親を失い、北海道の牧場で育てられた主人公・なつは、のちに上京し、当時まだ「漫画映画」と言われていた草創期のアニメ業界でアニメーターになります。試行錯誤を繰り返しながら成長していくという役どころです。

no title


4位は、2017年4~9月放送の第96作「ひよっこ」でヒロインを務めた有村架純さんです。このドラマは、東京オリンピックがあった1964年から始まります。日本が目覚ましい発展を遂げる高度経済成長期に地方から東京へやって来た若者たちの青春が描かれています。

no title


同じく4位にランクインしたのは、2001年4~9月放送の第64作「ちゅらさん」に出演していた国仲涼子さん。沖縄の小浜島と東京を舞台とする本作では、沖縄出身の国仲涼子さんはじめ、沖縄出身のキャストが多く出演し、沖縄出身の女性デュオ・Kiroroがドラマの主題歌「Best Friend」を担当したことで好評を博し、沖縄ブームを巻き起こしました。

no title


6位は、2012年4~9月放送の第86作「梅ちゃん先生」でヒロインを務めた堀北真希さんです。
7位となったのは、2015年9月~翌年4月放送の第93作「あさが来た」のヒロインを演じた波瑠さん。
8位のシャーロット・ケイト・フォックスさんは、2014年9月より放送された第91作「マッサン」で朝ドラ初の外国人ヒロインとして注目を浴びました。
9位となった安藤サクラさんは2018年10月より放送された第99作、平成最後の朝ドラ「まんぷく」のヒロインです。
同率で9位になったのは、2016年4~10月放送の第94作「とと姉ちゃん」でヒロインを務めた高畑充希さんです。
同じく9位にランクインした杏さんは、2013年9月から翌年3月まで放送された第89作「ごちそうさん」でヒロイン・め以子を演じました。

https://news.mynavi.jp/article/20220224-2275480/





【【画像】「朝ドラ」の歴代ヒロイン人気ランキング 3位「なつぞら・広瀬すず」2位「ゲゲゲの女房・松下奈緒」】の続きを読む

このページのトップヘ