ミスコン

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/03/22(月) 17:40:24.68 ID:mwpPaTpV0● BE:632443795-2BP(10000)
 女優の藤原紀香、タレントの叶美香らを輩出した『第53回ミス日本コンテスト2021』の最終審査が22日、都内で実施。今大会から伝統的に続いていた“水着審査”が廃止された。

 「日本らしい美しさ」を掲げ、社会で活躍することを後押しする同コンテスト。現存する日本のコンテストでは最も古い歴史を持っており、女優だけでなく、芸術家、映画監督、政治家など分野を問わず多くの女性を輩出している。

 第1回大会(1950年)は親善大使を決めるためのコンテストとして、水着審査が行われなかったものの、同時期の世界的ミスコン大会において水着審査がスタンダードだったことから、ミス日本でも伝統的に水着審査が採用されていた。

 審査変更について運営サイドは「時代の流れとともにミス日本は、現在『社会での女性活躍を推進するコンテスト』としての役割が主となっております。この役割は、1950年第1回に近い形であり、多くの公的な活動機会に恵まれた存在です。こうした背景から水着審査を変更いたします」と説明している。

 今大会から起用された“スポーツウェア審査”については「外見の美は、もちろん容貌容姿もありますが、それ以上にその人の“鍛錬”を指します。均整のとれたプロポーションは怠惰な生活をしていたのでは成し得ません。日々の積み重ね=“鍛錬”の具合を審査する必要性に変わりはなく、それは水着ではなくスポーツウェアにて審査いたします」とした。

 審査の内容・基準の「変更はない」とし、この日の最終審査に臨んだファイナリスト13人は、スポーツウェアを着用して健康的な美貌を振りまいていた。

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0322/ori_210322_1484940496.html
no title

no title

no title

no title





【【画像】ミス日本、伝統の“水着審査”廃止 スポーツウェアに変更し「鍛錬の具合を審査」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/03/17(水) 22:25:52.17 ID:+2/7Rg4o0● BE:115523166-2BP(2000)
 チャームポイントは困り顔と桃尻! 「ミスFLASH 2017」グランプリで活躍した月城まゆさんが、 5th DVD「XOXO」(発売元:ラインコミュニケーションズ、収録時間:125分、価格:4180円)の発売イベントを3月13日、ソフマップAKIBA 1号店 サブカル・モバイル館で開催した。

 昨年の夏から、グラビアに強い事務所「R・I・P」に移籍し、再スタートを切った月城さん。2年ぶりとなった今作は、9月に沖縄で撮られた映像で、地元に帰ってきた月城さんが幼なじみ(=視聴者)と、ひと夏のアバンチュールを楽しむという展開だ。

――いくつかシーンを紹介してください。

【月城まゆ】洗車シーンで水をかけられたり、ラケットを手にして運動したり、ベッドでイチャイチャしたりとかも。青空の下、プールで大胆なハイレグ競泳水着も見せています。

――お気に入りは?

【月城まゆ】黒のボンデージっぽい衣装です。網タイツもセクシーだし、胸やお尻を触られたりする展開で、2年前よりも大人の魅力が出せたと思います。

――特徴的なシーンは?

【月城まゆ】朝ベッドで着替えるシーンです。いままで見せてこなかった下乳を解禁しました。久しぶりのロケでしっかり体型を整えたので、くびれにも注目してほしいです。

――これからの抱負も。

【月城まゆ】心機一転、またグラビアを盛り上げていきたいと思っています。1つ1つの仕事を大切にしながら、自分の特性や魅力を磨いていきたいです。

https://ascii.jp/elem/000/004/047/4047722/

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title




【B86W58H88、元ミスFLASH桃尻美女が2年ぶりにグラビアDVDを発売】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/12/28(月) 23:48:46.45 ID:UxWnW6exa

no title

no title
 
no title

動画版ホスピタリティ~ある病院で

のエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【【画像】青学ミスコン元グランプリの井口綾子さん、エチエチなグラビア連発www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/11/14(土) 21:18:39.89 ID:qBSW5kin0● BE:896590257-PLT(21003)
「令和時代の新しいスターグラビア」をコンセプトに、大手芸能プロダクションらが合同開催する次世代グラビアアイドルオーディションイベント「グラビアネクスト 2020」のグランプリ・各賞発表会見が14日、オンライン開催され、冨樫真凜(とがし・まりん/20)さんがグランプリに輝いた。

イベントには、応募者総数約1000名より各審査を経て選ばれたファイナリスト10人が出席。最終審査を経て見事グランプリに選ばれた冨樫さんは、155cmと小柄ながらB89、W63、H88とグラマラスボディの持ち主。メリハリのある引き締まったボディとピュアなキャラクターが印象的で、20歳にして育児関連の会社の社長として活躍している。

名前を呼ばれると、「本当に光栄です。ものすごく嬉しい気持ちと驚きがあります」と喜びをあらわにし、「グラビアを通して男性の方とも多く関わりを持つことで、育児の面白さを伝えたい」と力強く宣言。「目標は小島瑠璃子さん。グラビアでもコメンテーターでも活躍したい」と目標を語った。

次世代のスターを輩出すべく、エイベックス・マネジメント、フィット、プラチナムプロダクションの大手芸能プロダクション3社が合同開催したグラビア新人オーディション。
写真週刊誌、男性マンガ誌、少年マンガ誌や、モデルプレスをはじめとするWEBメディアなどが審査員として参加した。

イベントにはグラビアで活躍する出口亜梨沙、藤木由貴、豊田ルナも登壇した。

https://mdpr.jp/news/detail/2286019 

no title




【【画像】”グラビアネクスト2020”のグランプリ、二十歳の女性社長】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/03/17(火) 12:38:44.83 0
今年2月、ある女性のAV女優デビューがSNSで話題になった。幼さの残る顔立ちと色白の肌、黒いセミロングの髪が印象的なその人物は、結城るみな(24)だ。
デビュー作のタイトルは「今期最大の衝撃 ミスキャンパスグランプリ 結城るみなAVデビュー」。この「ミスキャンパスグランプリ」を獲得したのは、皇族も通う日本屈指の名門校・学習院大学だ。
「彼女は学習院の初等科から大学までエスカレート式で進級した “お嬢様”です。大学在学中の2016年に『ミス学習院コンテスト』で優勝しました。学内でも美人だと有名でしたよ」(学習院大学OG) 

no title

no title


「元カレへの復讐はウソ」AVデビューの元ミス学習院・結城るみなが明かした”本当の性遍歴”と“父への告知”

この3年間交際したという男性が、前述の“復讐ツイート”の相手だという。ツイートの内容に関して聞くと、結城は「私が勝手にやった炎上商法です」と告白した。
「あれは勢い半分の冗談のつもりでした。元カレが私のことを『元カノがAVデビューした』とツイートしているのを見て、事務所にもメーカーさんにも言わず、独断でリプライ(返答)してしまって……。
自分でも信じられないくらい拡散されてしまって驚いています。ご迷惑をおかけしてしまいました。 別れた理由はよくある男女の喧嘩、恋人同士のトラブルにすぎません。AV女優デビューには“復讐”という意図はないんです」 

no title

no title


期間

限定セール(毎週作品更新)

【【画像】ミス学習院AVデビューの謎 色白でうつむきがちの物静かな彼女に何があったのか?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/03/12(木) 11:10:20.31 ID:DZ0FZ6lm9
タレントの井口綾子(22)が、12日発売の『週刊ヤングジャンプ』15号(集英社)に登場。
美しく進化した代名詞の“モッツァレラボディ”を見せつけた。

井口は準ミス青学受賞後芸能界入り。
昨年3月に大学を卒業後はフリーアナウンサーとして『ロンドンハーツ』さまざまな番組に出演。
ミスコン出身者とは思えない天真爛漫なキャラクターで人気が急上昇中している。
グラビアでも活躍し、『週刊プレイボーイ』がヒットしたデジタルコンテンツを表彰する「グラジャパ!アワード2019」では、グランプリを獲得した。

昨年11月の『ヤンジャン』グラビアが好評だったことから、今回の再登場が実現。
さらに美しく、たわわに実ったモッツァレラボディをたっぷり披露している。

また、同号の表紙と巻頭グラビアには、タレントの小島瑠璃子が登場。
同誌初表紙にして巻頭&センターのぶち抜きグラビアで、磨き抜かれた最強美BODYで魅了した。

https://twitter.com/oricon/status/1237861128677408772

no title

no title

no title


期間限定セール(毎週作品更新)

【【グラビア】元「準ミス青学」井口綾子、たわわに実った“モッツァレラボディ”たっぷり披露】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/01/20(月) 15:29:00.64 ID:uC60cCFA9
「第52回ミス日本コンテスト2020」(スポーツニッポン新聞社後援)が20日、東京・新宿の京王プラザホテルで開催され、最終選考に残った13人から、小田安珠さん(21=慶大文学部人文社会学科3年)さんが52代目のミス日本グランプリに輝いた。

グランプリの名前が呼ばれると驚きと感激の表情を浮かべた小田さんは「感謝の気持ちでいっぱいです。素晴らしい賞をくださった方に感謝の気持ちを伝えたいです」と笑顔。
「番号を呼ばれたときからまだ少し夢見心地なんですが、喜びと同時に、たすきをいただいた時に責任感を感じました。私だけでなく、ここにいる13人で令和の時代を引っ張っていける女性になれるように努力してまいります。応援してくださった皆さん、ありがとうございます」と感謝を繰り返した。

今後については「自己PRで伝えるということを頑張っていきたいと申しました。ですから、今まで磨いてきたことでしたり、たくさんの方にこれから教えていただくことを役割を魅力的に伝える役割を担っていると思っています」と意気込み。
一番伝えたい人は「会場に来てくれている母です」と小田さん。
「ずっと探していたんですけど、見つからずどこにいるかわからないんですけど」とキュートに笑いつつ「私の思い付きの人生だったり、やりたいことをすべていいよ!と背中を押してくれた母に『ありがとう』といいたいです」と声を震わせた。

小田さんは、3歳から始めたクラシックバレエはキャリア18年。
昨年は学生キャスターや旅番組のリポーターを経験した。
映画「インディ・ジョーンズ」の影響を受け、大学では考古学を専攻。
古墳時代の埴輪(はにわ)を研究中で、「優しく、凜(りん)とした雰囲気を持つ」アナウンサーを目指している。

ミス日本「水の天使」には中村真優さん(21=独協大法学部総合政策学科2年)、ミス日本「みどりの女神」には井戸川百花さん(19=中大経済学部経済学科2年)、ミス日本「海の日」には森谷美雲(みう)さん(20=山形大人文学部社会学3年)、ミス日本「ミススポーツ」には田中絵梨果さん(22=慶大環境情報学部環境情報学科3年)、ミス日本「ミス着物」には青木胡杜音(ことね)さん(19=日本工学院専門学校蒲田校)が、それぞれ選ばれた。

女優の山本富士子(88)藤原紀香(48)らを輩出した伝統ある、日本最高峰の美のコンテスト「ミス日本コンテスト」。
今回の応募者は2525人で、決定コンテストには全国4地区から選ばれた13人が参加。
水着審査、ドレスなどに加え、自己PR、質疑応答などを経て、「利他の心で行動する健康美人」をテーマにミス日本にふさわしい女性が選出された。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/20/kiji/20200119s00041000213000c.html

「ミス日本2020」グランプリ 小田安珠さん

no title

no title

ファイナリスト13名

no title


動画版ホスピタリティ~ある病院でのエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【【画像】ミス慶応の小田安珠さん、「ミス日本」グランプリに 女子アナ目指す21歳】の続きを読む

このページのトップヘ