ミスコン

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/08/11(木) 19:34:45.12 ID:CAP_USER9
“令和 teen”のためのガールズフェスタ「TGC teen 2022 Osaka」が11日、大阪府・Zepp Osaka Baysideにて開催。イベント内で“日本一かわいい高校一年生“を決める「高一ミスコン2022」のグランプリが発表され、愛知県出身・み~ちゃんさんが栄冠に輝いた。

この日ステージに登場したのは、『投票サイト powered by モデルプレス』にて行われたSNS審査を通過したファイナリスト7人。準グランプリには、大阪府のゆあんさんが選ばれた。グランプリに輝いたみ~ちゃんさんは、本戦である「女子高生ミスコン2022」のファイナリストに選出される。

■“日本一かわいい高校生”を決める「女子高生ミスコン2022」も開催

本戦である「女子高生ミスコン」は、「みんなで選ぶ、日本一かわいい女子高生」をコンセプトに掲げ、全国開催になって今年で7回目を迎える、全国規模の女子高校生限定のコンテスト。事務所に所属していない女子高校生であれば誰でも参加が可能だ。

2022年は、8月14日にエントリーを締め切る予定(予告なしにエントリーを締め切る場合もあり)。昨年同様、全国を6地方(北海道・東北/関東/中部/関西/中国・四国/九州・沖縄)に分けて地方予選を実施。勝ち残った上位12人(予定)が全国ファイナリストとして、ファイナル合宿(レッスンや撮影、イベント参加)を行う。そして12月4日(予定)に東京で行われる本選で、“日本一かわいい高校生”の称号をかけて競い合う。

なお、グランプリ受賞者は、大手芸能事務所に所属できる権利を付与されるほか、「女子高生ミスコン」をTV・雑誌等で広く宣伝する、PR大使に任命される。


「日本一かわいい高校一年生」が決定!  愛知出身・み~ちゃんさんがグランプリ

no title

no title


「高一ミスコン2022」ファイナリスト7人

no title


「高一ミスコン2022」SNS審査結果発表 ファイナリスト7人

「Twitter投票数」1位:はるかさん

no title


「モデルプレスInstagram審査」1位:ゆあんさん

no title


「リツイート数」1位:み~ちゃんさん

no title


「プロフィール閲覧数」1位:ももかさん

no title


「ミクチャ審査」1位:めいさん

no title


「mysta審査」1位:うたさん

no title


「総合ポイント数」1位:心花さん

no title




【【画像】「日本一かわいい高校一年生」が決定! 愛知出身・み~ちゃんさんがグランプリ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/07/05(火) 21:01:16.48 ID:CAP_USER9
講談社主催の「ミスマガジン2022ベスト16お披露目イベント」が5日、都内で行われた。応募者総数3108人の中から、セミファイナルに進出した16人がこの日、将来の夢や特技、さらに水着姿も披露した。

「ミスマガジン」は1982年にスタートし、今年で40周年を迎える。これまで、斎藤由貴(55)北乃きい(31)倉科カナ(34)新川優愛(28)などを輩出。この日は、02年にミス週刊少年マガジンに選ばれた、中川翔子(37)がゲストとして登壇した。



「ミスマガジン2022ベスト16お披露目イベント」で写真に納まる中川翔子(中央)とベスト16進出者たち
no title





【【画像】「ミスマガジン2022」セミファイナル進出16人が初めての水着姿お披露目】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/06/05(日) 08:58:40.34 ID:udZAD0Z/0● BE:323057825-PLT(13000)
6月4日、「コレコレ」(登録者数182万人)がYouTube生配信を実施。
「女子高生ミスコン」のオーディションに参加している女子高生に対し、上位へのランクインを約束する見返りにワイセツ写真を要求する人物が存在することを明らかにしました。

■「みんなで選ぶ、日本一かわいい女子高生を決める」コンテスト

女子高生ミスコンは「みんなで選ぶ、日本一かわいい女子高生を決める」コンテストで、グランプリに選ばれれば、賞金100万円やハワイ旅行、東京ガールズコレクションの姉妹イベントにモデルとして出演できる権利、YouTubeドラマへの出演できる権利などの特典が与えられます。

現在、動画配信プラットフォームのミクチャ(MIX CHANNEL)で女子高生ミスコンの「シードオーディション」が開催されており、このオーディションのファイナルラウンドで1位となった女子高生は、全国ファイナリストに決定することが確約されています。
オーディションの順位は視聴者から送られるアイテムのポイント合計によって決まり、有料アイテムを集められるかが順位に大きく影響するようです。

■ワイセツ写真の見返りに1位を約束

今回のコレコレの配信には、このオーディションに出場している女子高生が登場。
女子高生は「じょ~」という人物から、ワイセツな写真を送ってくれれば、順位を1位にすると提案されたことを打ち明けました。
じょ~は、他の女子高生は提案に応じたとして、その子の胸を写した写真を送ってきたそうです。

女子高生はじょ~とのDMのスクリーンショットを公開したほか、コレコレには証拠としてじょ~から送られてきた胸の写真も送ったようです。

この女子高生は、じょ~からの提案を断るとともに運営側にも報告。
運営側は注意喚起をおこなったものの、それ以外に何も対応を取っていないようで、コレコレは「運営、IDも分かってんならBANしろよ」と疑問の声を上げました。

配信では、じょ~が現在のランキング1位~12位のうち、11人に対して多額の有料ポイントを送っており、中には150万ポイントももらっている女子高生もいることが判明します。
(ポイントは120円で105ポイント、100万円で約111万ポイントで購入できる)

no title

no title




【「女子高生ミスコン」上位約束する見返りに、ワイセツ写真要求された女子高生が続出か】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/01/22(土) 17:26:55.68 ID:1oG0Alv+0● BE:115523166-2BP(2000)
170cm・Gカップと抜群のスタイルを武器に、グラビアアイドルやモデル、アイドルなど、幅広いジャンルで活躍する、清瀬汐希が22日、都内でDVD写真集『競これ -競泳水着これくしょん vol.01 / vol.02』(デジタル出版)の発売記念イベントを開催。モデルプレスの取材に応じ、同作のみどころなどを語った。

オール競泳水着の同写真集について、清瀬は「競泳だけっていうのが初めてだったのですごく撮影は探り探りだったんですけど、OLの服装から競泳水着になったり不思議なシチュエーションが多かったので面白かったです」と紹介。8着の競泳水着を着ている中では、「全部好きなのですが、赤と青の水着」がお気に入りと明かした。

また、撮影時のエピソードを聞くと「競泳水着だと胸よりもお尻とかを見せるポージングが多いんですけど、身体が硬いのでなかなか振り向くポーズがうまく行かなくて悔しかったです」と苦労も多かったようだが、「こうやって向くと競泳水着でうまくみせられるのかなとか勉強になりました」と成長も実感。

「OLの姿から競泳水着になるシーンは、どうやってみせたらそそられるのかなって考えながら撮影しました」とも振り返り、「競泳水着が好きな人は脚フェチが多いのかなと思って、脚をもじもじさせたり」と持ち前の美脚がたっぷり楽しめるシーンに。「ハイレグの競泳水着もあるので脚がより綺麗にみえるかな」とアピールした。

https://mdpr.jp/news/detail/2971797

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title
no title

no title





【B92W63H88、ミスコン日本代表グラドルが競泳水着姿に】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/12/03(金) 23:23:37.87 ID:CAP_USER9
年齢を感じさせない容姿と内面の美しさを持つ女性を表彰する「第12回国民的美魔女コンテスト」の最終選考会が3日、都内で行われ、神奈川県在住の美容サロン経営者・谷口のぶえ(54)さんがグランプリに輝いた。SHOWROOM賞とのダブル受賞に歓喜の涙を流した。

54歳にして人生最高の“すっぴん肌美魔女”として栄冠を手にした谷口さんは夫、子供2人、義母の5人暮らし。水着審査では身長160センチ、B82、W60、H89の美ボディーを生かした抜群のプロモーションを披露した。

受賞にあふれる涙をこらえながら「本当にありがとう」と家族に感謝。グランプリの証であるトロフィーを手に「愛と感謝と喜びの共鳴が起こっているように思えます。ワクワク楽しみながら年齢に関係なく、諦めないということをお伝えしていきたい」と決意表明した。

特別審査員として参加した黒木瞳(61)も、フリルの入った黒ドレスで“美魔女優”ぶりを披露。「私も10歳くらい若かったらこのコンテストに出たかったです」と笑わせつつ、「谷口さんはほんとに笑顔が美しい。こういう仕事をしている私でも笑顔を作るのは難しい。オーラやたくましさ色んなものを兼ね備えてらっしゃる」と絶賛。「みなさんを見習わなきゃ。今を甘んじること無く、もっと輝いていただきたい」と力強いメッセージを送った。

https://www.daily.co.jp/gossip/2021/12/03/0014888963.shtml

no title

no title

no title

no title


準グランプリ 中川絵理菜さん(36)クラシックバレエ教師

no title


WEB賞 深沢朱音さん(40)フリーアナウンサー

no title


インナーケア美魔女賞 中野裕美子さん(47)会社員

no title


ベストボディメーク美魔女賞 有馬美由起さん(43)ジムインストラクター

no title




【【画像】「第12回国民的美魔女コンテスト」で54歳がグランプリ 水着審査で美ボディー披露】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/10/30(土) 21:46:39.70 ID:Knmp0itV0● BE:115523166-2BP(2000)
“令和のスター”を探す次世代グラビアアイドルオーディション「グラビアネクスト2021」グランプリ表彰式が30日、都内で行われ、グランプリ・各賞が発表。ゲストプレゼンターとして中﨑絵梨奈、大貫彩香、豊田ルナ、新海まきも出席した。

同オーディションは、「令和時代の新しいスターグラビア」をコンセピトに、大手芸能プロダクション3社(エイベックス・マネジメント/フィット/プラチナムプロダクション)が、名だたる出版社の協力のもと開催する日本最大級次世代グラビアアイドルオーディションイベントで、審査員は33媒体の担当者が参加した。

今回、審査員特別賞2名、ミクチャ賞1名、準グランプリ1名、グランプリ1名の計5名が受賞し、今年6月までアイドルグループ・ラストノーツのメンバーとして活動していた檸檬がグランプリの栄冠に輝いた。ゲストプレゼンターの豊田から名前が読み上げられ、ティアラとマントをつけた檸檬は「参加するからには絶対にグランプリを獲りたいと思って参加していたのですが、まさか本当にこのティアラをかぶれるとは思ってもいませんでした」と目を丸くしつつ、「今朝、父から『グランプリをとって賞金で美味しいものを食わせてくれよ』と言われていたので、焼肉に行きたいと思います!」とにっこり。「まだ未熟でわからないことも多いですか、これからよろしくお願いいたします」と頭を下げた。

表彰式後の囲み取材に応じた檸檬は、改めて自己PRを求められると「大学では薬学や医学について学んでいます。たくさんの人と話して見識を深めたい、トーク力を身につけたいと思って配信活動を去年から始めました。私は歌うことが大好きなので、歌とグラビアと愛嬌の三刀流で日本中を虜にしていきたいと思っています」とアピールし、芸名の由来と学校名を聞かれると「私自身のイメージが甘い感じがするなと考えていたので、檸檬みたいにさっぱりとして生きていきたいと思ったのと、レモンと私ということで、甘酸っぱい魅力を届けていきたいなという意味を込めました。大学は東京薬科大学生命医科学部に所属しております。4年生です」と明かした。

グラビアの魅力を尋ねられると「もともと父がよくグラビアの雑誌を買っていたというのと、篠崎愛さんをテレビで見かけてグラビアアイドルに興味を持ったのですが、グラビアアイドルは全身を出して勝負するので、自分の個性を生かしつつ、女性らしい魅力を広げられる存在になりたいなと思って今回、応募いたしました」と語り、自身のチャームポイントを聞かれると「脚がまっすぐだねって言われることと、くびれが言われることが多いです」と恥ずかしそうに答えた。

今後の目標について檸檬は「大きい目標としては写真集を出すことですが、父親が雑誌のグラビアを見るのが好きだったので、私が表紙や巻頭グラビアを担当させていただいて驚かせたいなというのが目標です」と目を輝かせ、現在大学4年生ということで、今後(卒業後)は芸能活動に専念して行くのかと追求されると「大学的に就職する率が高いので両親とも話し合ったのですが、私としては卒業するまでに自分がやりたいことにたくさん挑戦したいと考えているので、今回グランプリを受賞させていただいて、お仕事が決まっていけば芸能活動のほうで活躍していきたいと考えております」と言葉に力を込めた。

さらに、アイドルグループ・ラストノーツはデビュー後2ヶ月で卒業してしまった檸檬だが、今回はすぐに辞めることはないかと手厳しい質問が飛ぶと、檸檬は「デビューしてから2ヶ月なんですけど、オーディションで決まって活動してからは半年以上経ってからの卒業でして、レッスンを通してアイドルは楽しいなと思って、ファンの方もついてきたんですけど、自分はアイドルだけじゃなくて、グラビアだったり演技だったり、たくさんの場所で活躍したいと考えていたので、新しいステップを踏みたいと思って卒業させていただきました」と卒業理由を説明し、グラビアアイドルはいつまでやりたいかと追求されると「若いほうが好かれると思っているんですけど、私は顔が幼いと言われるので、顔がもう少し老けるまでは頑張ろうと思っています」とコメントして会場の笑いを誘った。

<グランプリ>
檸檬
出身:東京都
生年月日:1999年2月13日(22歳)

<準グランプリ>
清水ひな
出身:神奈川県
生年月日:1997年5月23日(24歳)

<ミクチャ賞>
ゆき
出身:宮城県
生年月日:1999年1月3日(22歳)

<審査員特別賞>
鈴丸すう
出身:東京都
生年月日:1998年4月25日(23歳)

片桐桜
出身:東京都
生年月日:1998年1月21日(23歳)

https://news.dwango.jp/gravure/65313-2110

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title




【【画像】“令和のスター”を探す次世代グラドルオーディション、Eカップの大学4年生が受賞 「日本中を虜にしたい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/10/10(日) 19:32:39.56 ID:HlkgqYUN01010
 『2022 ミス・ティーン・ジャパン』の決勝大会が10日、都内で行われ、北海道出身の中学2年生・石川花(いしかわ・はんな/14)さんがグランプリに輝いた。

 応募総数7524人の頂点に立った石川さん。グランプリ発表の際には、感激のあまり大粒の涙を流しながら「とてもうれしいです」とコメント。今後の展望を聞かれると「もっと大きなランウェイを歩いたり、バラエティー番組にも出てみたい!」と芸能界入りに意欲を燃やした。

 また、質疑応答では「恐れ多いのですが、友達から橋本環奈さんに一回似てると言われたことがあります。あとは髪が長かった頃に中条あやみさんに似てると言われたことがあります」と照れながら明かしていた。

 東京ガールズコレクションや雑誌・CMモデルなどで活躍しているトラウデン直美をはじめ、ミス・ユニバースのファイナリストなども輩出している同コンテスト。準グランプリに福岡出身の17歳・火ノ口紗彩和(ひのくち・さあや)さん、フォトジェニック賞に静岡出身の16歳・増尾アンジー日和(ますお・あんじー・ひより)さんが選出された。

 決勝には、応援アンバサダーとして女優の新川優愛、平祐奈、トラウデン直美も会場に駆けつけ、新川は「今年も感動的なドラマを見させていただきました。きょうで夢への第一歩を踏み出すことになるのかな。これからもキラキラした、かわいい笑顔で頑張ってください」とエール。石川への印象を問われると「この透明感! 吸い込まれるような瞳と肌が花ちゃんの強みかな」と絶賛していた。


2022 ミス・ティーン・ジャパン』グランプリに輝いた石川花さん

no title

no title


新川優愛、石川花さん、平祐奈、トラウデン直美

no title




【【画像】「2022 ミス・ティーン・ジャパン」14歳中2美少女がグランプリ「橋本環奈似」】の続きを読む

このページのトップヘ