パンチラ

1: 2018/11/13(火) 15:28:48.67 ID:CAP_USER9
AKB48/NGT48の柏木由紀(27)が13日、都内で行われたMBS/TBSドラマイズムで12月スタートの連続ドラマ『この恋はツミなのか!?』(全4話)の取材会に参加。
原作に忠実なパンチラシーンについて「個人的には大満足」と自画自賛した。

柏木が演じるのは、童顔で巨乳の癒し系だが、実はプロの将棋指しという駒田多恵(こまだ・たえ)、32歳。
「今回は実年齢より上。天然で、ちょっと抜けているところがある。なおかつ、女流棋士。キャラクターにいろんな要素がある」と多恵を分析。
そして「男の人が好きそうなキャラクター。天然のかわいらしさ。30代はこういう女子になりたいなって。演じていて楽しかったです」と笑顔を見せた。

第1話では天然のあまり、スカートがめくれてパンツが見えてしまうシーンも。
原作にもあるシーンで柏木は「抵抗は、ほとんどなかった。原作の中でインパクトもあって、大切なシーンだと思いましたし」という。
「パンツが見えるシーンは、めちゃめちゃこだわった。10枚以上、下着を用意してもらって、はいて鏡で見ながら、どれが1番いいかなって」と回想。
「見た感じはお色気シーンではあるんですけど、現場は真剣に取り組んだ。最終的には原作に1番、忠実なものを選んだ。個人的には大満足」と自画自賛のデキになった。
恥ずかしさもなかったそうで「真剣過ぎた。衣装さんとミリ単位でパンツの見え方を研究した。しっかりと向き合いましたね」と懐かしんでいた。

そんな多恵だが自身と似ている部分も多いという。
「自分で言うのもアレなんですけど、抜けているところが結構ある。それこそ、パンツにスカートを挟んだまま出てきちゃったことあるんです。そういうところは共感できました」と照れながら告白。
仕事に真剣に向き合う部分も同じと感じ「仕事のときは集中する。自分もそうしようと思っているので共感できましたね」と共通点を語った。
大河ドラマ『西郷どん』で西郷園を好演。
「(撮影で)着物に違和感がなくなった。大河ドラマで1日中、着ていたのでしっくりくるようになった。全く違和感なく撮影できましたね」と“大河効果”を明かした。

また、同作は年下との恋模様を描く。
20代の前半は年上に憧れを抱いていたが「今回の作品では年下の男の子が一生懸命、気を引こうする。そういうのが、すごくかわいいなって思う年になったんだな」と苦笑い。
「頑張れってなります。母性とか親心みたいになっちゃいますね」と大きな心で包んだ。
今回は俳優の伊藤健太郎が相手役を務める。
「伊藤さんも、精神年齢が若い、男子って感じ。すぐふざけるし、かと思えば寝てるし…。勝手に振り回されてる感じがありました。かわいいなって思いました」と笑顔を見せた。
パンチラシーンの伊藤のリアクションについては「めちゃくちゃ面白かったです。ほぼアドリブで、ずっとしゃべってました。本人いわく、今やっている別のドラマをやってクセがついちゃったそうです。どこまで使われるかわからないですけど大注目です」と笑っていた。

さらに、将棋に関連して“詰んだ”と思ったことも。
「AKBの最年長になったことは詰んだな、と。一生、上が入ってくることはない。これは逃れる道がないと思って、今は全面的に自分で言うようにしてます」と苦笑いを浮かべた。
一方で「ちゃんとしようは諦めた。ダンスの覚えも、めちゃくちゃ悪くなってきている。立ち位置も、すぐ間違えちゃう。あえて『できない』『わからない』『覚えられない』を後輩に積極的に言って教えてもらうかたちができて、楽になりました。後輩と距離感も縮まりましたね。気を使っていたのが『ちゃんとしてくださいよ』と言われるようになりましたね」としみじみと“最年長”となったアイドル生活を語っていた。

最後に柏木は「深夜にちょっと疲れたときとかに見ていただけたら、きっと元気や勇気をもらえるような作品です。セクシーなシーンもあるので、ぜひたくさんの方に見ていただけ、うれしいです」と呼びかけた。

■放送情報
MBS:12月2日スタート、毎週日曜 深0:50
TBS:12月4日スタート、毎週火曜 深1:28

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000333-oric-ent

ドラマ『この恋はツミなのか!?』 柏木由紀と伊藤健太郎

no title

no title


AKB48 柏木由紀

no title

no title


【【画像】AKB柏木由紀、パンチラシーンに自画自賛「ミリ単位でパンツの見え方を研究した」】の続きを読む

1: 2018/09/23(日) 22:36:07.83 ID:x8kwGmi+0● BE:115523166-2BP(2000)
グラビアアイドルの高坂琴水さんがDVD『ピュア・スマイル』の発売記念イベントを22日、ソフマップAKIBA(4)号店アミューズメント館で開催した。

7月に沖縄で撮影した本作は高坂琴水さんがDVDを見ている人の後輩になり思いを伝えるストーリー。スレンダーなスパニッシュハーフ美女・高坂さんの初々しい姿が収録されている。

「キャピキャピしながらエッチ」というDVDの内容について「黄色い水着では浜辺を歩いたり、海でパシャパシャしたり楽しかったです。セクシーなのは眼帯水着のお風呂のシーンで、衣装の面積が小さいので着ていて大丈夫か不安でした。泡で見えたり見えなかったりチラリの要素満載! 見て欲しいのは制服のところ。私が今所属しているユニットのダンスを踊りました。パンツがチラリもあります。白い衣装のシーンは朝のベッドのところで、横が大きく開いていたり水着とは違うきわどさがありました」と紹介。

初めてのDVDということで、撮影で大変だったことを聞かれて「甘えキャラの予定が直前でドSな感じに変わったのでセリフがアドリブで大変でした。私はドSではありませんので人生初のドSでした」と苦労を語った。

高坂さんは『キプリスモルホォ』というユニットに所属、「昨年のクリスマスに活動を開始、ユニット名は世界一美しい蝶々からとりました。ユニットではおバカキャラ担当しています。4人組ユニットですが2人お休み中なので、今はソロでステージに上がっています。ぜひぜひライブにお越しください」と語っていた。

<プロフィール>

高坂琴水(こうさか ことみ)

生年月日:2000年3月28日
サイズ:T162 B83 W56 H83
血液型:O型
出身地:静岡県
趣味:ベース、音楽鑑賞、読書
特技:トランペット

https://girlsnews.tv/dvd/321922

no title

no title

no title

no title




【B83W56H83、スパニッシュハーフ美女がパンチラなどチラリ要素満載のDVD】の続きを読む

このページのトップヘ