ヌード

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/01/04(火) 21:12:04.38 ID:CAP_USER9
夢みるアドレセンスの元エース・京佳が、22歳にして F カップ全裸を初披露した『京佳ラスト写真集』(講談社刊)が 3月 4日(金)に発売が決定した。

撮影の舞台は、沖縄と東京。沖縄では、無人のビーチを生まれたままの姿で駆け回る姿や、何も身につけずにクルーザーから海へと飛び込む姿など、生命力あふれる瑞々しい裸を活写している。

東京では、本人がたびたび訪れるお気に入りの BARで妖しくも美しいセクシーショットに挑戦した。
グラビア史に残る、22歳のあまりにも美しい全裸を 100ページ超の写真集にふんだんに収めた。

1月4日の 18時より『FRIDAY のサブスク!』特設ページにてフルヌードを含む先行カットを特別解禁。
また、1月5日発売の写真週刊誌『FRIDAY』ではフルヌードを含む全 14カットを先行掲載している。

<京佳コメント>

この度、3冊目の写真集ということで、フルヌード写真集。3年前に、「もしそのオファーが来たらやる?」という会話を友達とした事が現実になりました。不思議と想像出来ることって現実になるものですね笑。

22歳、 ここでグラビア人生に1つ区切りをつけたいと思います。過去最高の傑作になっています。沢山の方にみてい ただきたいです!

https://news.dwango.jp/gravure/66989-2201

no title

no title

no title

no title

no title




【【画像】元夢アド・京佳(22)、フルヌード写真集発売決定 一糸まとわぬFカップボディ披露!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/10/27(水) 06:55:46.24 ID:hMiN3fUf0● BE:512899213-PLT(27000)
 女優・篠原涼子(48)が岐路に立たされている。

「この7月に、市村正親(72)をポイ捨てするかのように離婚。直後に、韓国の男性アイドルグループSUPERNOVAメンバーのグァンス(34)と不倫関係にあったと、“文春砲”に報じられました。不倫報道の影響は大きく、篠原の名前が民放ドラマのキャスティング会議から消えたと噂されています」(芸能記者)

 過去、『ハケンの品格』(日本テレビ系)、『アンフェア』(フジテレビ系)などに主演し、“視聴率女王”と呼ばれた彼女だが、不倫の代償は予想以上に大きかったようだ。

「グァンスとの“別宅”での密会劇は衝撃でしたね。離婚後は、おとなしくしてイメージ回復に努めていますが、民放ドラマ出演は、クライアントが首を縦に振らないでしょうから、簡単ではないのでは」(芸能ジャーナリストの谷章造氏)

 女優人生のピンチを迎えた篠原。ただ、谷氏によると“起死回生の一手”が用意されているという。

「22年に動画配信サービスされるネットフリックスで配信されるドラマ『金魚妻』に主演するんです。“不倫愛”をテーマにした作品で、原作の漫画には激しいセックスシーンが描かれています。今回、見事に脱ぐことができれば、配信ドラマや映画界からのオファーが殺到するはずです」

 となれば、気になるのは彼女が“どこまでやるか”だが、本誌は『金魚妻』の「台本」の入手に成功。以下、一部を紹介しよう。

〈卓弥はさくらのシャツをビリビリに破り、顔を平手打ちする。さくらが浮気を問い詰めると、顔面に思いっきりパンチを放つ〉

〈圭一とさくらは裸で優しく抱き合い、見つめ合うと、ディープキスをする〉

〈水槽の前で圭一はさくらのシャツを脱がせ、さくらの下半身に手を這わせる。立ったまま後ろから突くと、さくらは気持ちよさそうに感じる〉

 ドラマでは、さくらが篠原涼子、その元夫である卓弥を安藤政信、不倫相手の圭一を岩田剛典が演じている。台本には、しっかりと濡れ場が描かれているが、「他にも前半は篠原のセックスシーンが盛りだくさんですよ」と、芸能プロ関係者は話す。

「股を大きく開いた正常位はもちろん、騎乗位になって昇天するシーンも。極めつけは、中出しセックス。篠原が、“いっぱい中に出されちゃった”と囁くセリフもあるようです」(前同)

 どこまで“露出”するかも気になるところだが、「15年に公開された映画『アンフェア the end』では、シャワーを浴びるシーンで、プリッとしたお尻の割れ目を披露しています。これは、彼女自身が監督に進言したからだとか。

 勝負作となる今回は、お尻の割れ目以上の露出は必至でしょうから、世界で大ヒットした同配信サービスのドラマ『全裸監督』同様、全裸や乳首を解禁する可能性もあります」(前出の芸能記者)

 ちなみに『金魚妻』には、鈴木杏樹(52)も出演している。

 彼女も篠原と同じく、20年2月に、文春砲で俳優の喜多村緑郎との“ラブホ不倫”が報じられたが、「ネタバレになるので詳しくは言えませんが、後半は篠原のベッドシーンがなくなります。そうなると、後半の見せ場は鈴木の不倫セックス。現実でも不倫をした2人が、ドラマ内でも不倫を演じる今年最大の大ヒット作になることは、間違いありませんよ」(前出の芸能プロ関係者)

 アラフィフ女優陣の大復活“艶技”に注目だ!

https://taishurx.jp/detail/29125/
no title

no title





【篠原涼子(48)、「夫ポイ捨て性活」とヌード解禁「不倫S〇X濡れ場」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/10/17(日) 13:12:41.13 ID:THd93vzo0● BE:501314942-2BP(2000)
“リアル峰不二子”こと染谷有香(29)が16日、都内で初のヘアヌード写真集「This is the beginning」(光文社)の発売イベントと記者会見を行った。

「バッチリ意識した」と、本家をほうふつとさせる胸の谷間があらわになった黒のワンピースで登場。
立っているだけで、Gカップ92センチのバストがこぼれ落ちそうになり再三、手で押さえた。

16年に初写真集を出し、17年にセミヌードに挑戦もグラビアから2年、離れた。「活動をお休みして漠然とした不安を抱えていた」というが、19年に月1回、1年掲載し、ヘアヌードまで挑む企画のオファーを受け、覚悟を決めて復帰。その裏には、女優業本格進出への野望があり「お誘いには全部、乗ろうかなと」と野心を口にした。

今春に沖縄で撮影した中から、お気に入りの白いブラトップとジーパンの写真を広げると「オールノーパン」と、あっけらかんと言い放った。
“霊長類最強グラドル”のヘアヌードに、多くの反響があり「出会いが増えて、対面する男性の目尻が柔らかくなった」と喜んだ。
ただ、熱愛については「ないです」と、意味深な笑いを浮かべた。【村上幸将】

◆染谷有香(そめや・ゆか)1992年(平4)1月17日、千葉県生まれ。11年に芸能界入りし、同年のTBS系ドラマ「華和家の四姉妹」に出演。13年に初DVD「ふしだらな肢体」を発売。BS-TBSで8月28日放送の「旅するサウナ」に出演した。

2: 2021/10/17(日) 13:13:13.44 ID:THd93vzo0
写真
no title





【【画像】“リアル峰不二子”こと染谷有香、初のヘアヌード写真集の発売イベントで記者会見】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/10/17(日) 12:55:50.16 ID:CAP_USER9
16日深夜放送『千鳥かまいたちアワ~』(日本テレビ系)に女優・宮沢りえが登場。世間を騒がせた伝説の写真集『Santa Fe』(朝日出版社)について振り返り、大きな反響が起きている。

1991年11月に発売された写真家・篠山紀信が撮り下ろした宮沢りえの写真集『Santa Fe』。当時18歳、人気絶頂だった宮沢のヌード写真集の発売に世間は騒然、異例の売り上げを記録した。

この日は千鳥とかまいたちがゲストの宮沢に質問をしていくなか、かまいたち・山内健司は「『Santa Fe』って自分でつけたんですか?」と質問。騒然とするスタジオを無視して「僕らが学生のころに出版されて…」と思い出を語りながら宮沢に尋ねていく。

「違いますね。ニューメキシコにサンタフェって場所があって」と自分でつけたタイトルではなかったと宮沢は言及。山内は「あれって自分で記念として撮りたいっていうふうに出たのか、どういう経緯だったのかスゴい気になったんですよ」とさらに質問を重ねる。

宮沢は「スゴくモデルさんへのあこがれがあって、ヌードに対しての抵抗感もそんなにはなかったんです、キレイだなって思っていて。(それでも)『撮ってみない?』って言われたとき、『イヤ~』ってなりましたね」と抵抗はないものの、最後まで悩んだと明かした。

それでも「撮ってみてイヤだったらヤメればいい。(出来上がった作品を見て)『キレイかな』って思って」と出版に至ったと宮沢は振り返る。

千鳥・大悟は「スゴかったもんな、あの衝撃。ホンマに『宇宙人の写真が撮れました』みたいのが本屋に並んでいる。とんでもないものが」と『Santa Fe』の衝撃を回顧。ノブも「うちのオヤジ、オープン前の本屋に並んでいた。早く手に取りたくて」と思い出して笑った。

伝説の写真集『Santa Fe』について宮沢本人が語った貴重な放送に、視聴者も反応。

「宮沢りえのサンタフェ発売1ヶ月前、朝の教室の沸きっぷり。今でも覚えてる」「宮沢りえちゃんのサンタフェ、すぐ振り込んで予約したっけな」「当時、サンタフェに興味はあったけど…結局、買わなかったなぁ」と当時を振り返る声が寄せられている。また「宮沢りえのサンタフェが出た時は衝撃だったけど、すごくキレイでかわいいし年月は経てど未だにあれを超える写真集はないと思う。最高の芸術作品だわ」と同作を絶賛する声も少なくなかった。





【【画像】宮沢りえ、伝説の写真集『Santa Fe』を語る「ヌードに対して抵抗感はそんなになかった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/09/14(火) 09:04:56.07 0
著しいヌード女優不足
no title

no title





【【悲報】最近の連ドラ主演級女優でヌードになってるの二階堂ふみ、吉高由里子しか居ない】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/08/18(水) 16:18:44.91 ID:xGDoOzc90
no title

no title

no title

no title




【【朗報】競泳元日本代表の女さん、ヌードを初披露】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/08/04(水) 06:55:15.64 ID:r5G4xEeM0● BE:512899213-PLT(27000)
 若手女優、松岡茉優(26)が、映画『ヘルドッグス』(年内公開予定)で、主演の岡田准一と、ハードな濡れ場を演じているという情報が飛び込んできた!

「松岡といえば、2018年の映画『万引き家族』で、覗き部屋でオナニーをしてみせる女子高生役を熱演しました。今回、それを上回る、かなりハードな濡れ場になっています」(芸能記者)

 女優が脱ぐとドラマやCMの仕事が減るといわれたのは、もはや過去の話。

「今は、むしろ脱ぐことがステータス。村西とおる監督の“AV人生”を描いた『全裸監督』のように、日本の放送コードに縛られない世界配信ドラマや、海外を意識した映画から、次々ヒット作が生まれている。脱げる女優が本物、という昔の芸能界の価値観が戻ってきた印象です」(前同)

 そこで、今年後半に脱ぐ可能性の高い、その他の女優を徹底リサーチした。

 まずは、今年4月に勝地涼と離婚した元AKB48の前田敦子(30)。アイドル出身とは思えない女優魂の持ち主だけに、映画で脱ぐ期待度は飛び抜けて高い。

「今月30歳という節目を迎えたばかりの彼女は、フランス映画が大好きでアート志向も強い。必要とあらば脱ぐ覚悟は持っているはず。昨年、所属事務所を辞めてフリーになったことで、彼女が決断すれば反対する人はいない。脱ぐ条件はそろっていると言えますね」

 こう予想するのは、芸能評論家の三杉武氏。同じく、今年4月に実業家の夫と結婚11年目で破局した吉瀬美智子(46)も、美裸身ご開帳の期待が高まっている。

「人妻という縛りがなくなったことで、選択の幅が広がった。女優として一歩上に行くために、女盛りの熟れ熟れボディをフルオープンしてくれるかも」(前同)

 女優としてのステップアップという意味では、デビュー20周年を迎えた長澤まさみ(34)も要注目。芸能ウォッチャーの高杉順平氏は、こう話す。

「長澤は昨年公開の映画『MOTHER マザー』で、セックス依存症のバッドマザー役を好演。濡れ場で生々しいよがり声とイキ顔を披露しただけに、次こそはヌードの呼び声も高い。脱ぐなら今!」

 さらにマークすべき大物は、10月スタートの『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)第7シリーズに主演する米倉涼子(45)だろう。

「ドラマの放送中は無理でしょうが、彼女も個人事務所を立ち上げており、脱ぎに関しては制約なし。海外の巨匠カメラマンとのコラボならヘアヌードの可能性も」(前出の三杉氏)

 一方、“タピオカ騒動”がこじれて以降、表舞台から消えた木下優樹菜(33)には写真集の噂が絶えない。

「昨年噂になったサッカー選手に続いて、最近もJリーガーとの熱愛が発覚。別れた夫の藤本敏史から養育費は出ているでしょうが、基本的に家計を自分の細腕で稼ぐ必要がある。複数の写真集のオファーがあるようです」(夕刊紙デスク)

 前出の高杉氏も、期待を寄せる。

「彼女はモデルだったこともあるし、ファッション性の高い写真集ならやるかも。ナイスバディには定評があるだけに、数点バストトップの写っているカットがあれば話題騒然でしょう」

 また、スピリチュアル系整体師の夫の“洗脳”が解けたといわれる小林麻耶(41)にも、起死回生の一手としてヌード写真集の噂が……。

「テレビの仕事は難しいでしょうからね。思い切ったイメチェンが必要なのは、本人も覚悟しているようです」(前出の夕刊紙デスク)

 ダークホースは夏ドラマ『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系)に出演中の田中みな実(34)だ。

「常に周囲の期待の一歩先を行く彼女のことですから脱ぐことは想定内。映画、写真集、どっちもアリでしょう」(三杉氏)

 誰が脱いでくれても、お父サンは大歓迎です!

https://taishurx.jp/detail/28846/

(GIF動画)
no title




【【画像】2021年「ヌードになる芸能人」7人の名前】の続きを読む

このページのトップヘ