ヌード

1: 2018/09/22(土) 22:15:21.87 ID:nVXhswyL0 BE:192973851-2BP(1239)
 俗に、女性にとって“25歳は、お肌の曲がり角”と言われているが、50歳ではどうか。

「“ボディーラインの曲がり角”と言っていいのではないでしょうか。色々なところが崩れ始めてきます」(美容関係者)
 今年2月、五十路に入った飯島直子(50)も、その例外ではないようだ。
「かなり焦っているようで、危機感すら覚えているようです」(芸能関係者)

 そんな飯島が正直な気持ちを吐露したのが、8月27日にオンエアされた『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)。
「脱いだら結構、ヤバいですよ。ほんとにもう。お腹まわりとか…」と、“衝撃告白”をしたのだ。
「過去の映像を見たあと、相変わらずの“ナイスバディ”だと石橋らに持ち上げられた飯島。さらに“全然、崩れがない”と言われると、『崩れてるんです。洋服がそう見せるだけで』と答え、“どこが?”と問われると、そう話したのです」(同)

 飯島は1988年、『11PM』(日本テレビ系)のカバーガールでデビュー。'90年には、カネボウの水着キャンペーンガールとキリンビールの初代キャンペーンガールを務め、あまたのセクシーグラビアを飾った。
「B90・W60・H89という日本人離れしたダイナマイトバディで、その存在感は芸能界の中でも圧倒的でした」(テレビ局関係者)

 そして'94年、『ジョージア』(缶コーヒー、日本コカコーラ)のCMで一気に大ブレーク。
「このCMで、“癒やしの女王”とか“やすらぎクイーン”と呼ばれるようになり、以後、CMやバラエティー、ドラマなどで幅広く活躍するようになったのです」(大手広告代理店関係者)

 プライベートでは'97年、『TUBE』の前田亘輝と結婚するも、4年足らずで離婚。'12年12月、会社経営者と再婚した。
「子供はいません。もともとノンビリ屋で、自分が気に入った仕事しかしないタイプ。夕日が沈む頃、冷蔵庫を開けて、お酒を飲み始める時が“至福の時”といいますから、体型維持は難しい」(芸能レポーター)
 そこで、キレイなうちにヌードを撮ろうというつもりらしい。
「本人自ら売り込んでいるようで、“ヘアヌード”説が、まことしやかに囁かれています」(出版関係者)

 五十路の熟れた肉体に、コーフン間違いなし!

no title

https://wjn.jp/article/detail/6362279/



【飯島直子、ボディーラインが崩れ始めた駆け込み五十路ヌード】の続きを読む

1: 2018/09/06(木) 21:22:08.83 ID:UUgPW2py0● BE:322453424-2BP(2000)
華原朋美(44)が一部女性誌で、事務所との対立により引退を考えていると告白した。プッツンモードに突入した華原が“Gカップ熟乳ヌード”を繰り出す暴走計画を立てていることを独占キャッチ!

 「プッツンを繰り返してきた華原ですが、今回はヤバい。8月21日発売の『女性自身』で、所属事務所との信頼関係が失われたと告白し“引退も考えています”とぶち上げたのです。
原因は、華原が6月、元恋人・小室哲哉のベストアルバムについて、ツイッターで“明日買いに行きます”などとつぶやいたことに対し、事務所が注意したこととか。自身の人生を変えた小室との思い出は大切にしているようで、引退覚悟も本気でしょう」(芸能ライター)

 本気でブチ切れたようで7月中旬、ツイッターなど全SNSを閉鎖。さらに驚いたのは、同誌の直撃に応じた際の“激太り”だ。
「頬はぽっちゃりし、ボディーも肉付きがよくなり完全な“激太り”です。ストレスが原因でしょうが、胸も一層大きくなっているのです。
グラドル出身の華原はもともとFカップ乳がウリでしたが、確実にGカップはありますよ」(同)

 華原をめぐっては7月初め、一部誌で住宅分譲大手会社の会長との不倫疑惑が報じられたばかりで、私生活も過激だ。
「芸能界を干されても、会長の資金があるから怖いものなし。すでに会長を鷲掴みにしてますからね。
華原は昨年頃から高校時代の国体4位に入った馬術競技を再開しており、東京五輪も目指している。会長のサポートを受けつつ、馬術に打ち込む…という第2の人生の青写真を描いているはず」(芸能関係者)

ただ、'98年頃に小室と破局後、精神が不安定になり、休業と復帰を繰り返したプッツンキャラの華原だけに、ただで終わるわけがない。それはずばり、事務所に当てつけるための“暴走ヘアヌード”計画だ。

 「ぽっちゃりして熟れまくったボディーはたまらないセクシーさだ。裸身を披露すれば話題騒然でしょう。華原は独自に出版関係者とルートを構築しており、すでに“引退爆乳ヌード”写真集を売り込んでいるようです。
完熟Gカップ乳を初披露すれば大売れ必至。事務所サイドも何をされるか分からないため、簡単にクビにするわけにもいかない。引退撤回か、引退暴走ヌードか…今後の動向から目が離せません」(スポーツ紙記者)

 G乳披露は時間の問題か。

https://wjn.jp/sp/article/detail/9003306/ 

no title


【華原朋美、完全プッツン! Gカップ熟乳ヘアヌード暴走計画】の続きを読む

1: 2018/09/01(土) 00:44:12.35 ID:SZ5L0uxa0 BE:323057825-PLT(12000)
テレビ朝日の小川彩佳アナ(33)が9月いっぱいで『報道ステーション』のキャスターを降板することが決定。
そうした中、年内の退社、そして、ヌード披露の可能性が高まっている。

 「'11年から『報ステ』キャスターを務め、エースに上り詰めた。
しかし、絶頂期なのになぜか降板し、10月からのレギュラーはネット局AbemaTVの平日夜ニュース番組『AbemaPrime』の司会だけになるから驚きです。
局内では“退社への布石に違いない”との声が強まっています」(テレ朝関係者)

 ただ、今回の異動は小川アナからの要望がもともとあり、実現したとも言われている。
その大きな背景が、'17年2月に熱愛が発覚した『嵐』櫻井翔との破局だ。

 「小川は櫻井と即、結婚したかったのですが、櫻井が乗り気でなく関係悪化。今春頃に破局したようです。
そんな小川アナ、『報ステ』に毎日出演できる気力はなく破局直後から局幹部に、年内退社を申し入れていたようです。そこでAbemaTVの番組でワンクッションを置き、年内をメドにフリーになる見込み。
8月に入って櫻井が、ミス上智大生に“乗り換え愛”をしていたとも報じられたから、小川アナのショックは大きい」

 「10月からは1年後輩にしてライバル、竹内由恵アナが『報ステ』スポーツキャスターに就任。
さらに内村光良との不倫疑惑の末の再婚で、'05年に退社した過去を持つフリーアナ徳永有美が後任になる。
小川アナの怒りはピークです」(同)
 そうした中、怒りをぶつけるように“あてつけヌード”を仕掛ける話を進めているという。

 「局との関係も最悪です。4月、当時の財務省事務次官がテレ朝女性記者にセクハラしたとされる騒動が起きましたが、その問題に対する局の対応に小川アナは不満を募らせており、番組中で局への批判的発言をしてしまったほど。
ヌード計画は、セクハラ問題への“裸の抗議”を皮肉を込めて示す意味もある」(芸能記者)

 青学大卒の才媛で、慶大医学部教授の父を持つ超お嬢様だが、ボディーはグラドル並みの妖艶さだ。

 「身長168cmで胸はボリューム感があるDカップ。
退社後、来年早々にもヌードをファッション誌と写真集で披露する極秘計画を一部関係者と進めています。

 実現すれば大反響必至だ。

https://news.nifty.com/article/entame/jitsuwa/12151-080617/ 

no title


【小川彩佳アナ、報ステ降板で高まる年内退社1億円ヌード】の続きを読む

このページのトップヘ