ヌード

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2023/01/28(土) 18:58:45.35 ID:l72735jp9
 2月3日に配信が始まるAmazonオリジナルドラマ「A2Z」に大塚寧々(54)が出演。出版社を舞台に深田恭子の先輩編集者を演じ、「大人で自由でユーモアもある素敵な女性(の役)で、身が引き締まる思いでした」と撮影を振り返った。

「一昨年、化粧品のイメージキャラクターに選ばれ、“奇跡の52歳”と称されるなど美貌は衰えていない。上映中の映画『Dr.コトー診療所』でもシングルマザーのスナックのママを好演している」(放送記者)

 東京都出身の大塚は日大藝術学部写真学科在学中の1988年、「週刊朝日」の女子大生シリーズで表紙を飾ったのを機にモデルデビュー。翌年、夏目雅子や鈴木保奈美を輩出した『カネボウキャンペーンガール』に選ばれ注目を浴びる。

「元々写真家志望だったが、周囲から女優になることを勧められた。3年ほど悩み、『演じることと写真は自分を表現するという点では同じ』と女優の道を選んだといいます」(芸能記者)

 92年、「君のためにできること」でドラマデビュー。翌年「スキャンダル」で連ドラ主演を果たす。

 だが、恋には奔放で――。

「『スキャンダル』で共演したロック歌手で俳優の白竜との不倫が95年に発覚。コンサート会場で白竜の妻と鉢合わせし、言い争う修羅場が写真誌に報じられた。翌年には椎名桔平との同棲が報じられ、その後も福山雅治や佐野史郎、実業家との交際が囁かれた」(同前)

■“手ブラ”ポーズ流行を生んだ衝撃の“靴ブラヌード”
 
 清楚なイメージが崩れつつあった大塚は新たな戦略に出る。96年、自ら「やってみたい」と、靴メーカー「ホーキンス」の広告でセミヌードを披露したのだ。

「右手に持った革靴と左の手で胸を隠したポスターで、推定Dカップの美しい胸と見事な腰のくびれで魅了。以降、グラドルの間で“手ブラ”ポーズが流行し、グラビア界にも多大な影響をもたらしました」(同前)

“魔性の女”と呼ばれた20代を終え、30歳を迎える前日、詩人の三代目魚武濱田成夫との入籍を発表。

「大塚が『この人の子供を産みたい』と惚れ込み、男児を出産したが、結婚生活は3年で破綻した」(同前)

 その1年後、俳優の田辺誠一と電撃再婚。同年の映画「笑う蛙」では不倫に溺れていく人妻を官能的に演じ、毎日映画コンクール女優主演賞を受賞。以後、医師や弁護士など“デキる女性”の役を多く演じてきた。

「仕事の傍ら、家庭も大事にし、田辺とは芸能界きってのおしどり夫婦に。『Dr.コトー』のロケには田辺と23歳になる息子も見学に来て、共演者と酒盛りしていたとか」(映画関係者)

“魔性”はすっかり隠れてしまったようだ。

文春オンライン
https://news.yahoo.co.jp/articles/87c1333f02558d3d3306cc18b0e925d237267aa0
no title





【【画像】“手ブラ”ポーズ流行を生んだ衝撃の“靴ブラヌード” “奇跡の50代”大塚寧々はなぜ“復活”したのか】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2023/01/23(月) 17:12:53.19 ID:LLUDooKP0
20代のワイでもピンとくる例えを教えてほしい
no title





【【画像】宮沢りえ(18)ヌード解禁って今で言うと誰が脱いだくらいの衝撃だったん?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2023/01/15(日) 23:17:50.81 ID:sXShKybK9
昭和の時代から、大女優といえば、激しい濡れ場を熱演してスター街道を突き進むものだ。
それは令和においても変わらない。2023年、自らの殻を破って、さらなる高みへ登り詰めるのは誰だろうか。

■長澤まさみはどう出る

脱ぎそうもないと思われていた女優が、作品のために裸身を披露する。
それが人気と実力を兼ね備えた美女であるほど、熱き女優魂に私たちは胸を打たれる。

2023年、百花繚乱の芸能界で「勝負」に出て、SEXYに輝く女優は誰なのか。斯界に精通する有識者たちに推測してもらった。
「期待度」「実現可能性」「露出度」「話題性」「プロポーション」の5部門で評価した。

ちなみに期待度は、有識者がどれほど「脱いでほしい」と思っているかどうか、露出度は、どれほど脱ぎっぷりがいいかどうかを指している。

まず「期待度」で圧倒的な1位を叩き出したのが長澤まさみ(35歳)だ。

芸能評論家の三杉武氏はこう解説する。

「前提として、女優が脱ぎにくい要因の一つに私生活に支障が出ることが挙げられます。新婚や小さいお子さんがいると難しい。逆に脱ぐ要因として挙げられるのは『イメージチェンジ』です。たとえば若い頃から清純派女優と呼ばれ続けてきた方が、一皮剥けるために脱ぐことがあります」

長澤は独身である上に、清純派として女優道を邁進してきた。
だからこそ、映画『モテキ』('11年)で初の濡れ場を演じたときは大きな話題となった。

■元AKB48で不動のエースも

「所属事務所である東宝芸能では、上白石萌音や浜辺美波といった後輩が看板女優として着々と育っています。だからこそ、今の長澤さんは自分のやりたい仕事を選びやすいのではないでしょうか」(前出・三杉氏)

かつて名取裕子が映画『吉原炎上』('87年)で迫真の濡れ場を熱演したときのように、長澤も官能性の高い芸術的な映画で、濃厚なラブシーンに挑戦するのではないか。  

国民的アイドルグループ「AKB48」で不動のエースだった前田敦子(31歳)も、ランキング上位に食い込んだ。
'12年にグループから卒業した後は女優に転身し、幅広い分野で活動している。

「前田は個人事務所なので交渉しやすい。AKB48の元エースという点で話題性も抜群です。昨年末までは情報バラエティ『ポップUP! 』(フジ系)でレギュラーを務めていました。これが昼の番組だったため、メイン視聴者からの印象が変わってしまうような濡れ場を演じにくい立場にありました。もう番組は終了したので、何も気にする必要はありません」(映画制作会社幹部)

前田と同様に「話題性」で高いポイントをつけたのが黒島結菜(25歳)と飯豊まりえ(25歳)だ。
どちらも、昨年に放送された朝ドラ『ちむどんどん』(NHK)に出演したことで知られている。  

朝ドラ女優の印象が強い黒島だが、映画『明け方の若者たち』('21年)では、主演の北村匠海とベッドシーンに臨んでいた。
「『ちむどんどん』の後に連ドラ『クロサギ』(TBS系)でもヒロインを務めましたが、残念ながら2作品とも視聴率は振るいませんでした。濡れ場はNGではないでしょうから、女優として成長するために脱ぐ可能性はあります。事務所の先輩には演技派女優の二階堂ふみさん(27歳)がいるのですが、彼女も数々の濡れ場を経験しています。同じ路線を歩むのではないでしょうか」(前出・三杉氏)

■魔性の女をやってほしい

『ちむどんどん』で、ヒロインを食うほどの演技力で好評を博したのが飯豊だ。昨年は朝ドラ以外にも連ドラ『オクトー~感情捜査官 心野朱梨~』(日テレ系)に主役として出演するなど、飛躍の一年だった。

文筆家でライターの尾谷幸憲氏は、こう期待を寄せる。

「20歳のときに出した写真集では水着姿や下着姿を披露しているのですが、細身で巨乳というグラビアアイドル顔負けのプロポーションなのです。脱ぎっぷりも良い。彼女は魔性の女が似合うと思う。自分の身体を使って、男をたぶらかす体当たりの演技ができたら話題になると思います」

肌の露出こそ少ないものの、これまで飯豊は何度もベッドシーンに挑戦している。

「昨年にHuluで配信されたドラマ『君と世界が終わる日に』では、布団越しで裸は見えないものの、濡れ場で騎乗位を見せていました。  こうした実績があるので、より過激なシーンに挑戦する可能性は高いです」(民放キー局プロデューサー)

現代ビジネス
https://news.yahoo.co.jp/articles/ec467d9d535bbeea2ee56021eaee6c2f46c448a8?page=1
no title





【長澤まさみ、飯豊まりえ、前田敦子 次に「脱ぐ」女優を過去の作品から徹底分析】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/12/11(日) 18:03:48.99 ● BE:368393999-2BP(2000)

no title

no title


達家真姫宝 元AKB48 現在は『煌めき☆アンフォレント』

no title

no title

no title

no title




【【画像】元AKB48のアイドル・達家真姫宝さん(21)、ヌードにまる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/11/22(火) 14:27:19.83 ID:HqGNgjH90

no title

no title
no title

no title





【【画像】モーニング娘。さん、ヘアヌード!!!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/11/12(土) 18:44:16.50 ID:LeTKS01B0
青山ひかる 「やりきりました!」 ”決定版写真集”を大絶賛!

no title





【【朗報】青山ひかるさん、フルヌードになる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/10/03(月) 12:04:59.40 ID:9U7Sqo1gr● BE:142738332-2BP(2000)
“リアル峰不二子”ことグラビアタレント染谷有香(30)が2日、東京・ブックファースト新宿でヘアヌード写真集第2弾「Dyed in a dream」(光文社)お渡し会を開いた。

180ページのうち、8割近くがヘアを中心としたヌードだが、ファッション誌のスタッフと初めてタッグを組み、胸から下を透明のラップで巻いたり、網タイツを着たり、体を延長コードで縛るなど、さまざまな表現に挑んだ。質疑応答で、チャーミングさが出た写真は? と聞かれると「まさか、ラップを提案してくれて(スタッフの)テンションが上がったのがグラビア生まれ、育ちの私にとってはうれしかった」と笑みを浮かべた。

「パワーが増した」というヘアヌード写真集第2弾の先に、どのように進化した表現をしていきたいか? と聞かれると「今回は肩の力が抜け、ラフなチャーミングさを写真集に載せられた。次は肩の力が抜けた上で、しっとりした大人のエッチを目指したい」と語った。具体的な撮影シチュエーションとしては「やっぱり湿気のある…浴槽、お風呂場、サウナが、しっとり来そう」と言い、ほほ笑んだ。自らが最も湿気が帯びそうな時は? と突っ込まれると「ファンの皆さんにお会いしている時です」と答え、また笑った。

今後、アピールしたいことを聞かれると「長身がありつつ、胸やお尻にもボリュームがある。そして…何だろうな? 内面的にも奔放な部分と慎重な部分がある。そこも写真に写せるような。グラビア界にある明言『心の中でパンツを脱ぐ』を意識しながら、全てを脱ぎ捨てていきたい」と強調した。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202210020000569.html
no title

no title

no title





【【画像】“リアル峰不二子”染谷有香、ヘアヌード写真集第2弾「しっとり大人エッチ&心の中でパンツ脱ぐ」】の続きを読む

このページのトップヘ