ドラマ

1: 2018/12/10(月) 08:17:55.67 ID:CAP_USER9
テレビ朝日の小川彩佳アナウンサーが、13日に放送される同局系ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(毎週木曜よる9時~)の最終回にゲスト出演することが決定。
同作で女優デビューを飾る。

ある理由で資格を剥奪された元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)が、ワケあり弱小弁護士集団「京極法律事務所」を立ち上げ、どんなに不利な訴訟でも“勝利”を手にするため突き進む姿を描く同作。

小川アナは「リーガルV」最後の事件の調査中に、逮捕されてしまった「京極法律事務所」のパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実)を厳しく取り調べる刑事役として出演する。

2011年4月から今年9月まで同局系情報番組「報道ステーション」のサブキャスターを、現在はAbemaTVのニュース番組「AbemaPrime」でキャスターを務めるなど、報道畑で活躍する小川アナ。
今回は「報ステ」卒業後、久しぶりに地上波に登場することになり、オファーを受けたときは「率直に、驚きました。アナウンサーのドラマ出演というと、劇中のテレビのキャスター役や現場のリポーター役を思い浮かべますが、まさか『刑事役』でオファーをいただくとは…。自分のどこに女刑事の要素があるのだろうか、と制作側の意図を疑いました」と目を丸くする。

そんな中、全力で挑んだ撮影では、ドラマ撮影のスピードに驚いたという小川アナ。
「心の中で『えっ、えっ』と戸惑っているうちに、いつの間にか(撮影が)終わっていました(笑)。そんな中、何度同じセリフを繰り返してもトーンや表情が変わらず、ブレない安達祐実さん。さすがプロ、かっこいいな…など、あっという間の体験でしたが、多くを感じる現場でした」と新体験を享受した様子だった。

米倉が魅力的な悪女を演じ、大きな話題を呼んだ「黒革の手帖」(2004年)。小川アナも「私の中で米倉涼子さんの最初の衝撃は『黒革の手帖』。画面からはみ出さんばかりの存在感と華やかさに圧倒されました」と当時の印象を明かす。

その後も「芯のある美しさ、快活な色気を上書き更新していかれる姿にいつも魅了されている」という小川アナ。
今回は残念ながら共演シーンはなかったものの、米倉からは日々間接的にパワーをもらっているそう。
「米倉さんのドラマが始まると、社食でたまに米倉さんの姿をお見かけすることがあるのです。私にとっては担当番組の本番前で、少し緊張感が漂い始める時間なのですが、お見かけするとテンションが上がって、『今夜も番組頑張ろう!』という気持ちになります(笑)」と裏話も語った。

http://mdpr.jp/news/detail/1809015

ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」 小川彩佳アナがミニスカ刑事役で女優デビュー

no title

no title


小川彩佳アナ
no title


【【画像】小川彩佳アナ、「リーガルV」で女優デビュー! ミニスカ美脚あらわな刑事役】の続きを読む

1: 2018/11/13(火) 15:28:48.67 ID:CAP_USER9
AKB48/NGT48の柏木由紀(27)が13日、都内で行われたMBS/TBSドラマイズムで12月スタートの連続ドラマ『この恋はツミなのか!?』(全4話)の取材会に参加。
原作に忠実なパンチラシーンについて「個人的には大満足」と自画自賛した。

柏木が演じるのは、童顔で巨乳の癒し系だが、実はプロの将棋指しという駒田多恵(こまだ・たえ)、32歳。
「今回は実年齢より上。天然で、ちょっと抜けているところがある。なおかつ、女流棋士。キャラクターにいろんな要素がある」と多恵を分析。
そして「男の人が好きそうなキャラクター。天然のかわいらしさ。30代はこういう女子になりたいなって。演じていて楽しかったです」と笑顔を見せた。

第1話では天然のあまり、スカートがめくれてパンツが見えてしまうシーンも。
原作にもあるシーンで柏木は「抵抗は、ほとんどなかった。原作の中でインパクトもあって、大切なシーンだと思いましたし」という。
「パンツが見えるシーンは、めちゃめちゃこだわった。10枚以上、下着を用意してもらって、はいて鏡で見ながら、どれが1番いいかなって」と回想。
「見た感じはお色気シーンではあるんですけど、現場は真剣に取り組んだ。最終的には原作に1番、忠実なものを選んだ。個人的には大満足」と自画自賛のデキになった。
恥ずかしさもなかったそうで「真剣過ぎた。衣装さんとミリ単位でパンツの見え方を研究した。しっかりと向き合いましたね」と懐かしんでいた。

そんな多恵だが自身と似ている部分も多いという。
「自分で言うのもアレなんですけど、抜けているところが結構ある。それこそ、パンツにスカートを挟んだまま出てきちゃったことあるんです。そういうところは共感できました」と照れながら告白。
仕事に真剣に向き合う部分も同じと感じ「仕事のときは集中する。自分もそうしようと思っているので共感できましたね」と共通点を語った。
大河ドラマ『西郷どん』で西郷園を好演。
「(撮影で)着物に違和感がなくなった。大河ドラマで1日中、着ていたのでしっくりくるようになった。全く違和感なく撮影できましたね」と“大河効果”を明かした。

また、同作は年下との恋模様を描く。
20代の前半は年上に憧れを抱いていたが「今回の作品では年下の男の子が一生懸命、気を引こうする。そういうのが、すごくかわいいなって思う年になったんだな」と苦笑い。
「頑張れってなります。母性とか親心みたいになっちゃいますね」と大きな心で包んだ。
今回は俳優の伊藤健太郎が相手役を務める。
「伊藤さんも、精神年齢が若い、男子って感じ。すぐふざけるし、かと思えば寝てるし…。勝手に振り回されてる感じがありました。かわいいなって思いました」と笑顔を見せた。
パンチラシーンの伊藤のリアクションについては「めちゃくちゃ面白かったです。ほぼアドリブで、ずっとしゃべってました。本人いわく、今やっている別のドラマをやってクセがついちゃったそうです。どこまで使われるかわからないですけど大注目です」と笑っていた。

さらに、将棋に関連して“詰んだ”と思ったことも。
「AKBの最年長になったことは詰んだな、と。一生、上が入ってくることはない。これは逃れる道がないと思って、今は全面的に自分で言うようにしてます」と苦笑いを浮かべた。
一方で「ちゃんとしようは諦めた。ダンスの覚えも、めちゃくちゃ悪くなってきている。立ち位置も、すぐ間違えちゃう。あえて『できない』『わからない』『覚えられない』を後輩に積極的に言って教えてもらうかたちができて、楽になりました。後輩と距離感も縮まりましたね。気を使っていたのが『ちゃんとしてくださいよ』と言われるようになりましたね」としみじみと“最年長”となったアイドル生活を語っていた。

最後に柏木は「深夜にちょっと疲れたときとかに見ていただけたら、きっと元気や勇気をもらえるような作品です。セクシーなシーンもあるので、ぜひたくさんの方に見ていただけ、うれしいです」と呼びかけた。

■放送情報
MBS:12月2日スタート、毎週日曜 深0:50
TBS:12月4日スタート、毎週火曜 深1:28

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000333-oric-ent

ドラマ『この恋はツミなのか!?』 柏木由紀と伊藤健太郎

no title

no title


AKB48 柏木由紀

no title

no title


【【画像】AKB柏木由紀、パンチラシーンに自画自賛「ミリ単位でパンツの見え方を研究した」】の続きを読む

1: 2018/11/07(水) 06:34:31.26 ID:CAP_USER9
阿部寛が主演を務める連続テレビドラマ『下町ロケット』(TBS系)の第4話が11月4日に放送され、平均視聴率は前回から1.4ポイント減少の13.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。この日は、同時間帯に『フィギュアスケートグランプリシリーズ世界一決定戦2018』(テレビ朝日)も放送されており、この大会で羽生結弦選手が優勝。そのため、少なからず影響を受けたと考えられる。

 先週は、お笑い芸人・古坂大魔王がゲストとして登場し、迫力ある演技で世間を驚かせていたが、今回は一転して涙を誘う展開となっていた。

 第4話では、ギアゴーストの買収話を漏えいさせていたのが同社顧問弁護士の末長孝明(中村梅雀)だということが判明。実は、ギアゴーストを手にいれようと画策しているケーマシナリーの顧問弁護士・中川京一(池畑慎之介)と末長は、裏で個人的な金銭面のやり取りをしており、以前からつながりがある間柄だったのだ。

 一方、佃製作所ではギアゴーストを窮地から救う糸口を見つけるために社員一丸となって論文を読み漁っていた。そこで、ギアゴースト副社長の島津裕(イモトアヤコ)が大学時代に読んだと思われる論文を発見。それは、ケーマシナリーが特許侵害と主張している内容がすでに論文で発表されていることを証明できるものであった。

 ただ、佃製作所の顧問弁護士である神谷修一(恵俊彰)は、この証拠だけでは「裁判は私たちの負け」だとキッパリ言い切ったところでエンディングを迎えた。

 今回はずっと佃製作所社長の佃航平(阿部)を支えてきた経理部長・殿村直弘(立川談春)が、実家のコメ農家を継ぐために退職することを決意。その思いを、佃製作所に来たばかりの頃の思い出とともに涙ながらに熱く語り、佃社長も涙を流しながらお互い思い合うシーンに視聴者は胸を打たれた様子。

 ネット上では「殿さん辞めちゃうの~?」「殿さん見られなくなるの、寂しくなる」の声とともに、「特に今日の回は泣けた」という声が続出していた。

 そして、もうひとつ視聴者の注目を集めたシーンがあった様子。それが、土屋太鳳演じる佃の娘・利菜が帰宅したシーン。ここも、親子で将来の佃製作所やロケット製作にかける思いを語り合う良いシーンだったのだが、注目されたのは土屋の胸のほうだったもよう。今回は、いつもの会社の作業着ではなく、ピタっとしたセーターを着用していたため、普段よりも体のラインが露わになっていたのだ。

 するとネット上では「土屋太鳳…胸が大きくない?」という声が続出するとともに「土屋太鳳の胸立体感すごいな」「下町ロケットで毎回泣いてたけど、土屋太鳳の胸に目を持っていかれた」「土屋太鳳の胸ばかり見てしまう…」といった声も多くあがっており、違った意味で“胸アツ”した人が多かったようであった。もしかしたら、今後の視聴率上昇のカギを握る重要な要素になるかもしれない。

 次週は、いよいよゴースト編が完結するとのこと。まだ、ほかにも裏切者が潜んでいるようだが、いったいどうなるのか? まだまだ怒涛の展開が待ち受けていそうだ。

https://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_491521/?ptadid=

35: 2018/11/07(水) 07:14:13.42 ID:IgR0/EVw0
no title

動画版ホスピタリティ~ある病院でのエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【【画像】「下町ロケット」土屋太鳳の“胸の立体感”にネット騒然 今後の視聴率上昇のカギか】の続きを読む

このページのトップヘ