ドラマ

1: 2019/01/24(木) 09:28:57.20 ID:xInRd8Vi9
女優の桜井日奈子さんが1月23日、自身のインスタグラムを更新。
同26日スタートの(毎週土曜 後9:00)で演じる“中学生”の衣装のキュートなオフショットを投稿し、ファンの話題を呼んでいます。

同ドラマは、高橋一生さんと永作博美さんのダブル主演作。
昭和から平成を舞台に、天才的教師の大島吾郎(高橋さん)と塾に可能性を見いだすシングルマザーの赤坂千明(永作さん)の出会いによって生まれた、ある家族と塾の半世紀が描かれます。

桜井さんは、吾郎の娘・菜々美役で出演。
吾郎の海外体験を聞き、カナダに留学してツアーコンダクターを志す役どころです。

全5話の同ドラマで、1話冒頭と4話、5話に出演するという桜井さん。
インスタには、「半世紀を描いているので、写真は中学生」とつづり、中学校の学生服に身を包んだオフショットを公開しました。

現在、21歳の桜井さんですが、ファンからは「違和感なさすぎ」「中学生かと思った」「若いなあ」「最強にかわいい」「中学生に見えるところがすごいです!」「日奈ちゃん似合ってる」などと絶賛のコメントが相次いでいます。

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190124-00032111-otonans-ent

桜井日奈子が“中学生”に キュートな制服姿披露 NHK連続ドラマ「みかづき」

no title


女子高生姿も NHKEテレ「沼にハマってきいてみた」

no title


桜井日奈子

no title


動画版ホスピタリティ~ある病院でのエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【【画像】違和感がない 桜井日奈子(21)が“女子中学生”に キュートな制服姿披露】の続きを読む

1: 2018/12/21(金) 07:39:17.42 ID:h1iHrYNGM
no title

ポスタービジュアルの撮影に参加してくださったセクシー⼥優の皆様(50 音順)

愛原れの、⽣⽥みく、⾳無レナ、⿊川サリナ、澁⾕果歩、七海なな、葉⽉美⾳、花咲いあん、藤川菜緒、⽔樹璃⼦



【【画像】遠藤憲一さん、エロドラマ主演でニッコニコwww】の続きを読む

1: 2018/12/16(日) 11:03:15.85 ID:CAP_USER9
 最終回を目前にしてついに視聴率10%超え(10.8% ビデオリサーチ調べ・関東地区)を果たし、ますます盛り上がりを見せるドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)だが、主人公・三橋貴志(賀来賢人)の彼女・赤坂理子役を好演する清野菜名(せいのなな)に称賛の声が集まっている。持ち味のアクションはもちろん、”聖子ちゃんカット”で天真爛漫に振舞う演技も話題だ。SNSでも、「清野菜名の聖子ちゃんカットを見るためにドラマ見てる」、「同い年なのに髪型似合いすぎててヤバイ」、「かわいいのに身体能力高すぎて草…」等々、さまざまな反響があがっている。なぜ、女優・清野菜名には“昭和テイスト”が似合うのだろうか?

■「好きだけど、アクション女優で成功したいという意識はない」

 清野菜名と言えば、“アクション”だ。幼いころから運動が好きだったとのことだが、デビューは雑誌『ピチレモン』のモデルで、小学6年生のとき。高校入学のため上京、映画『バイオハザード』のミラ・ジョヴォヴィッチのアクションに衝撃を受け、本格的なアクション訓練を開始させると同時に、高校のアクション部に3年間在籍する。

 モデルから女優に転身するもなかなかブレイクせず、アルバイトに明け暮れる日々が続く中、園子温監督に見出され、映画『TOKYO TRIBE』(2014年)のヒロインに抜擢される。「こんなにキレイな回し蹴りを観たことがない!」と観客を驚嘆させたアクションシーンに加え、当時19歳にしてフルヌードの濡れ場にも挑戦。一躍、ブレイクスルーを果たしたのである。

 以後、ドラマ『ウロボロス』(TBS系)や映画『東京無国籍少女』、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』などに出演、“アクションができる女優”として立ち位置を確立する一方で、「アクションを評価していただけたのはうれしいですし、好きなんですけど、そこの立ち位置がどうとか、アクション女優として成功したい、というような意識はとくにない」、「以前は、そこに頼っていた自分がいました。演技だけでは勝負できなくて、アクションがないと不安だったり……。それを克服したくて、あえてアクションがない作品をやったりという感じで、いろいろな役柄や作品に出演したい」(以上、ORICON NEWS)とも語っており、自分自身を冷静に見つめる客観性をも持ちあわせている。

 その言葉通り、『窓際のトットちゃん』(テレビ朝日)では黒柳徹子を演じ、全国区の連続ドラマ初主演を果たし、さらに朝ドラ『半分、青い。』(NHK総合)にも出演するなど、アクション枠ではない作品へと活躍の場を広げてきている。

■不良をたしなめる風紀委員、可憐な“ふんっ!”…昭和の学園マンガあるあるを体現

 そして今期は、『今日から俺は!!』のヒロイン・理子役。原作は1988年(昭和63年)連載開始のギャグ満載のヤンキー漫画。時代設定も現在ではなく、当時のまんまというのだから(今の若者には古臭すぎて微妙なんじゃ…)という不安も当初はあった。清野のヒロイン役も知名度を考慮すれば、主人公・三橋の相棒・伊藤真司の彼女役・橋本環奈のほうがいいのでは…という余計な懸念もあったが、それも今ではどこ吹く風。そもそも理子の役柄自体が合気道道場の娘という設定で、清野は原作通りに男のヤンキーを投げ飛ばすなど、得意のアクションを遺憾なく発揮している。

 実際に第8話では、突如高校に乱入してきた金属バットのヘルメット男を相手に華麗なキックやパンチを披露。案の定、視聴者からも「清野菜名さんのアクションがすごい!」、「カワイイし、アクションもできてハリウッドも行けそう」など高評価を受けた。それだけではなく、同回では誤解する三橋に理子が説明する場面で、わかってくれない三橋に対して「ふんっ!!」と言って顔をプイっとするしぐさがあるのだが、この演技にもSNSでは、「悶絶…」「ふんっ!!がかわいすぎて胸が苦しい」「頭おかしくなりそう…」と絶賛する声が殺到。あまりにベタな仕草だけに、今のドラマでは絶対にやらない“昭和ノリ”なのだが、これも一周まわって超新鮮だったようなのだ。

■静と動の演技を両立できる“個性”でオンリーワンの存在に

 なぜ、清野は昭和ノリがハマるのか? 朝ドラ『半分、青い。』出演時も“聖子ちゃんカット”で登場していた時期があり、「ここまで“聖子ちゃんカット”が似合う女優は過去にいないのでは…」と視聴者をざわつかせていた。よくよく見れば、清野自体のルックスもそれほど派手ではなく、今っぽい感じではなく、どちらかと言えば、確かに“聖子ちゃんカット”が似合う古風よりの顔立ちで、いわば“昭和映え”のする顔。80年代を再現するには清野のルックスはピッタリとも言え、福田雄一監督が清野を起用したのもうなずける。

 また、胸のすくような清野の得意なアクション(動)はもちろん、風紀委員系女子としての可憐さや無垢さ、シリアスな場面に直面したときの真摯さ(静)の演技もこなしており、さらに賀来や佐藤二朗、ムロツヨシといったアクの強い個性派俳優の中で、彼らの持ち味を損ねることなく、自分の演技との距離をとることができる“器用さ”も感じられる。こうした静―動、緩急バランスのとれた感覚のよさも、運動神経のよさとはまた違った意味で清野の魅力のひとつなのだろう。

 かつての志穂美悦子(※現・長渕剛の妻)や早川絵美、森永奈緒美などに代表されるように、以前は女優本人がアクションをこなすことが前提とされていたが、時の流れとともに危険がともなうアクションは「知名度のある女優がやる仕事ではない」という風潮に。アクションはスタントマンによる吹き替えが常識とされる時代もあった。しかし、近年では綾瀬はるか、長澤まさみ、土屋太鳳といった女優たちが本格アクションに挑戦しており、アクションもこなせる女優の“個性”が再評価される傾向もみられる。なかでも清野のアクションの実力は抜きんでており、同世代女優の中でもアクションと演技を両立させるオンリーワンの存在になったといえるのではないか。

 今回のドラマにおいても、アクションとコメディ要素も入った可愛い演技が見事に両立されており、まさに「動」と「静」をこなしながら演技の幅を広げてきた清野だからこそできる芸当と言っていいだろう。『今日から俺は!!』最終話以降も清野菜名の活躍に期待したい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000300-oric-ent

『今日から俺は!!』 清野菜名

no title

no title


動画版ホスピタリティ~ある病院でのエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【【画像】なぜ“昭和”がここまでハマる? 清野菜名、本格アクションと無垢演技のギャップでオンリーワンの存在に】の続きを読む

1: 2018/12/10(月) 08:17:55.67 ID:CAP_USER9
テレビ朝日の小川彩佳アナウンサーが、13日に放送される同局系ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(毎週木曜よる9時~)の最終回にゲスト出演することが決定。
同作で女優デビューを飾る。

ある理由で資格を剥奪された元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)が、ワケあり弱小弁護士集団「京極法律事務所」を立ち上げ、どんなに不利な訴訟でも“勝利”を手にするため突き進む姿を描く同作。

小川アナは「リーガルV」最後の事件の調査中に、逮捕されてしまった「京極法律事務所」のパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実)を厳しく取り調べる刑事役として出演する。

2011年4月から今年9月まで同局系情報番組「報道ステーション」のサブキャスターを、現在はAbemaTVのニュース番組「AbemaPrime」でキャスターを務めるなど、報道畑で活躍する小川アナ。
今回は「報ステ」卒業後、久しぶりに地上波に登場することになり、オファーを受けたときは「率直に、驚きました。アナウンサーのドラマ出演というと、劇中のテレビのキャスター役や現場のリポーター役を思い浮かべますが、まさか『刑事役』でオファーをいただくとは…。自分のどこに女刑事の要素があるのだろうか、と制作側の意図を疑いました」と目を丸くする。

そんな中、全力で挑んだ撮影では、ドラマ撮影のスピードに驚いたという小川アナ。
「心の中で『えっ、えっ』と戸惑っているうちに、いつの間にか(撮影が)終わっていました(笑)。そんな中、何度同じセリフを繰り返してもトーンや表情が変わらず、ブレない安達祐実さん。さすがプロ、かっこいいな…など、あっという間の体験でしたが、多くを感じる現場でした」と新体験を享受した様子だった。

米倉が魅力的な悪女を演じ、大きな話題を呼んだ「黒革の手帖」(2004年)。小川アナも「私の中で米倉涼子さんの最初の衝撃は『黒革の手帖』。画面からはみ出さんばかりの存在感と華やかさに圧倒されました」と当時の印象を明かす。

その後も「芯のある美しさ、快活な色気を上書き更新していかれる姿にいつも魅了されている」という小川アナ。
今回は残念ながら共演シーンはなかったものの、米倉からは日々間接的にパワーをもらっているそう。
「米倉さんのドラマが始まると、社食でたまに米倉さんの姿をお見かけすることがあるのです。私にとっては担当番組の本番前で、少し緊張感が漂い始める時間なのですが、お見かけするとテンションが上がって、『今夜も番組頑張ろう!』という気持ちになります(笑)」と裏話も語った。

http://mdpr.jp/news/detail/1809015

ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」 小川彩佳アナがミニスカ刑事役で女優デビュー

no title

no title


小川彩佳アナ
no title


【【画像】小川彩佳アナ、「リーガルV」で女優デビュー! ミニスカ美脚あらわな刑事役】の続きを読む

このページのトップヘ