ドラマ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/11/11(金) 14:00:17.13 ID:rs87NNxc9
 現在放送中の『舞いあがれ!』が、好評のNHK朝の連続テレビ小説。1961年に第1作が放送されて以来、「朝ドラ」は60年あまりの間に多くの話題作を生み出してきた。

 2022年4月から9月まで放送された『ちむどんどん』は、ネット上でさまざまな意見が飛び交い、よくも悪くも大きな盛り上がりを見せた。
 テレビドラマの視聴率低下が叫ばれて久しいが、やはり「朝ドラ」=「国民的ドラマ」といっても過言ではないだろう。

 そしてその朝ドラで、もっとも注目を集めるのが「ヒロイン」だ。半年間にわたって毎日のように主役として出続けるだけに、視聴者に与えるインパクトは大きい。

 今回本誌は、大手広告代理店が調査した「NHK朝ドラでブレイクした国民的ヒロイン」を、ランキング形式にまとめた資料を入手。この調査を担当した広告代理店のキャスティング担当者はこう語る。

「近年は視聴率が20%に届かないことが多くなっていますが、『ちむどんどん』が話題となったように、いまだに影響力は絶大です。当然、そのヒロインは注目を集めるわけで、どのようなタイプの女優が、出演後も長く活躍を続けているかということは、業界的に大事な視点なのです」

 それでは1位から順に見ていこう。トップは『澪つくし』の沢口靖子だ。

 当時の沢口は、前年の「第1回東宝シンデレラ」オーディションで、グランプリを受賞したばかりの新人。

 当初は脇役の予定だったが、本人を見たプロデューサーがヒロインに抜擢。演技力もなく、関西弁が抜けなかったが、沢口の健気な姿がかえって視聴者を引きつけることになった、というエピソードがある。その効果もあって、最高視聴率55.3%という大ヒット作となった。

 その後も、1999年から現在まで続くドラマ『科捜研の女』(テレビ朝日系)シリーズで主役を務めるなど、第一線で活躍を続けているのはご存じのとおり。

「出演後から、じつに37年にわたってトップ女優でありつづけているのはすごいこと。目立ったスキャンダルもなく、独身を貫いていることも大きな要因かもしれません」(民放プロデューサー)

 2位は『なつぞら』の広瀬すず。朝ドラ100作めの記念作品ということもあり、松嶋菜々子ら、歴代ヒロインが多数出演して話題となり、評価が高い。すでに女優として実績があったが、その後もトップクラスの人気を保っている。

「現在、映画やドラマの出演だけでなく、CMの契約本数と契約料金を合わせた総合ランキングで、綾瀬はるかさんに次いで2位となっています」(大手広告代理店関係者)

全文
no title





【朝ドラ女優歴代No.1ブレイク女王は平均視聴率40%超名作のヒロイン CM契約料で他を圧倒の「広瀬すず」は2位】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/11/09(水) 05:25:07.94 ID:RUBJe05Z9
 昨年5月に適応障害により当面の活動休止を発表し、同9月に復帰した女優の深田恭子(40)が、活動再開後、初めて連続ドラマに主演する。Amazonオリジナルドラマ「A2Z」(エイ・トゥ・ズィ)で、結婚8年目の夫に恋人がいることを知り、寂しさから自身も年下男性と不貞行為に走る人妻役。「ご覧になる方は、ハラハラしてしまうと思います。本作ならではの刺激的な世界を楽しんでいただけたら!」と自信を見せた。

 フジテレビ「ルパンの娘」以来、2年ぶりのドラマ主演。収録はすでに終え、劇中にはベッドシーンも登場する。久しぶりのドラマでいきなり持ち味のセクシーさが爆発しそうだ。

 これまで数多くの恋愛ドラマに出演し、無職のアラサー女性や非モテ女子、夫に尽くす妻などさまざまな役どころを演じてきた深田。今月2日に40歳の誕生日を迎え、より艶のある女性の雰囲気を醸し出してくれそう。企画・プロデュースの栗原美和子氏は「彼女にとって30代最後&40代最初の映像作品。これまで見たことのない新しい魅力がさく裂しています」と話した。

 原作は直木賞作家で、濃密な大人の恋愛小説の名手・山田詠美氏の同名小説。2014年に社会現象を巻き起こしたフジテレビ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」に携わった光野道夫氏が監督を務める。山田氏は「世間的にはインモラルと捉えられるかもしれない、この恋物語の中には“選ばれし者の恍惚(こうこつ)と不安”が優しくたゆたっている」と作品を紹介。深田も「非現実的な余韻を存分にご堪能ください」とアピールした。

 30代女性の恋愛、夫婦の関係、仕事の葛藤をAからZまでの26文字のアルファベットをたどる形の物語。全10話一挙配信で、甘くほろ苦いエピソードがつづられる。来年2月上旬からプライムビデオで配信される。

スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/2bcc3bd6d4101f9d3c371913822253a3947e5001

no title




【深田恭子、2年ぶり連ドラ主演 “不貞妻役”セクシー全開ベッドシーンで40歳の妖艶さ魅せる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/11/04(金) 07:46:11.13 ID:Cbv4m7KJ9
アイドルの最終目標として掲げられることが多いのが女優。
現在もたくさんのアイドルがこの夢に挑戦し、成功を掴んでいるものもいる。

しかし、出遅れているのが、アイドル時代に絶大な人気を誇っていた元『乃木坂46』白石麻衣だ。

「元&現役『乃木坂46』メンバーの有名どころだと、白石のほか、西野七瀬、松村沙友里、生駒里奈、生田絵梨花、山下美月、深川麻衣などが女優の道に進んでいますね。そして西野は『あなたの番です』(日本テレビ系)をはじめ、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)、『ハコヅメ~たたかう! 交番女子~』(日本テレビ系)など人気ドラマに出演して一般層にも名前が知れ渡るようになりました」(芸能記者)


西野が一歩抜け出している状態だが、最近は生田が日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系)や、月9『PICU 小児集中治療室』(フジテレビ系)にレギュラー出演。
山下は、現在放送中の朝ドラ『舞いあがれ!』(NHK)でヒロインの親友ポジションとして出演するなど、猛追している。


■嫌われ役ばかりきてしまう理由…

「そんな中、白石はというと、世紀のクソドラマ『テッパチ!』(フジテレビ系)で、ヒロインでありながら視聴者にめちゃくちゃ嫌われる役を演じて好感度ダウン。話題のドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)に出演した際も、原作改変によって登場した役を演じて、原作ファンからフルボッコに。女優業は完全に失敗しています」(同・記者)

一体なぜ、白石の演じる役は上手くいかないのか…。

「白石は、老若男女・アイドルオタクじゃない層も認めるほど顔が整った美人。そのため、モデルとしてCMに出演する分には良いですが、ドラマとなると演じられる役が狭まる。西野、生田、山下のように素朴な女性を演じることができず、いつも高飛車な役ばかり。そのせいで視聴者から嫌われるし、演技だって難しい。アイドル時代は超アドバンテージだったルックスが、今は不利になっているのです」(同)

『AKB48』出身女優も、一番成功しているのは素朴顔の川栄李奈。
白石の女優道は、これからも険しそうだ。

まいじつ
https://myjitsu.jp/archives/388823
no title



【白石麻衣が女優で成功できない理由 美しすぎるルックスが足枷に?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/10/01(土) 08:13:57.07 ID:CAP_USER9
 連ドラの主演俳優には、演じることのほかに、大切な役割があると私は感じています。それは「現場を作る」ことです。

 たとえば、監督からよく、「あなたはどうしたいの?」と意見を求められます。それに答えられないと立派な主役とは見なされません。

 連ドラは主演俳優を中心に動く風潮があります。視聴率も気にしなければいけません。主演俳優はさまざまなプレッシャーと向き合うものなのです。

 私はデビュー2年後の1993年、『悪魔のKISS』で初めて連ドラの主役のひとりに起用されました。以降、ほぼ途切れることなくドラマに出演し、連ドラの主演を7連投したこともあります。

 通例では1回主演したらワンクール空けるものなのですが、若かったからでしょうか、私は限界まで走り続けてしまいました。

 とりわけ、『愛していると言ってくれ』(1995年)のときは忙しかった。

 早朝から夜中まで撮影があり、私は聴覚に障がいのある画家(豊川悦司)の恋人役だったので手話を覚えなければならず、夜中に家に帰ってから手話の練習をして、そのあとお風呂に浸かりながら夜食を食べたり、セリフを覚えて演技プランを練ったり、という日々でした。

 そのようにドラマに出続け、疲れ切った私を目覚めさせてくれたのが映画でした。

 香港映画『もういちど逢いたくて~星月童話』(1999年)で香港のトップスター、レスリー・チャンの相手役を演じてから、映画出演の機会が増えていきました。

 これはあとになって腑に落ちたことですが、映画というのは監督のもので、俳優はコマに徹します。主演俳優が現場を動かすことはありません。じゃあ俳優のプライドは? と思った時期もあります。

 でも、あるとき、はっきりわかりました。監督から想定外の演出を告げられたり、現場が不測の事態に見舞われたとき、どのように対応できるか。それが俳優の腕の見せどころではないのかな、と。

 大林宣彦監督の最後の作品になった『海辺の映画館―キネマの玉手箱』(2020年)に出演したときのことです。

 大勢で歌って踊るシーンがありました。台本に沿ってみんなで練習を重ね、本番の前日に大林監督に見てもらいました。監督は「ま、基本はそんなところだね」と言ったのですが、本番で監督から出た指示は、曲も踊りもそのフォーメーションもまったく違うものでした。

 さすが大林監督。常識になどとらわれない人です。

 私たちも覚悟を決めて、監督の演出のもとでコマになり、なんとか対応できたときの嬉しさは格別でした。

 コマに徹しても輝くのが俳優。それがデビューして32年目を迎えたいま、私が感じていることです。

全文
https://news.yahoo.co.jp/articles/5a2707d655d5a3554d90893a6fc04beabfda1b65?page=1
no title





【女優・常盤貴子が語る「ドラマ女優」と「映画女優」の違いって何だろう】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/09/09(金) 14:34:43.82 ID:CvtM7NrI00909 BE:156897157-2BP(1000)
フリーアナで女優の宇垣美里が、9月9日からスタートのドラマ『チェイサーゲーム』(テレビ東京系)にヒロインとして出演。女優業の飛躍が期待される中、〝凌辱ワキ見せ〟の過激シーンに挑むとの噂が浮上している。

「フリーアナの肩書はあるものの、彼女自身、MCの仕事はすでに諦めているようです。女優としての評価は上がっていますし、できれば専業でいきたいはず」(女子アナライター)

彼女は元TBSの局アナ。2019年、プロデューサーとの局内トラブルが一部週刊誌に報じられ、それをきっかけに退社したという。

「よく言えば正直、悪く言えばワガママ。上司はもちろん、部内でも人間関係で対立していたようで、アッサリと辞めた。その潔さは称賛する向きもある」(同・ライター)

しかし、マズかったのが退社直後。他局の番組に出演した際、「(TBSは)民度が知れる」と発言。これが波紋を呼んだ。

「抑えが利かないんでしょうね。美人かつ推定バストサイズ83センチの〝C級〟豊満を持つナイス艶ボディー。TBS時代は人気も高かったからフリーアナでもガンガンやれたのに、〝民度発言〟で完全にチン没。その後、どこからも声が掛からなくなった」(同)

しばらく低迷状態だった宇垣だが、意外なことで復活。21年に出演した7月期ドラマ『彼女はキレイだった』(フジテレビ系)での演技が評価されたのだ。

■思い切りのよさに定評がある宇垣
 
「出版社に勤務する高飛車な美容担当編集者を演じたのですが、宇垣にピタリとハマッた。元来、彼女は勝気な性格で、上から目線の役がよく似合う。業界の評判も高く、女優開眼の瞬間でした」(芸能ライター)

今回のドラマ『チェイサーゲーム』は、ゲーム会社で働く主人公・新堂龍也(渡邊圭祐)が何者かに妨害を受けながらも新規ゲームの完成を目指す物語。桐澤美園役の宇垣は、やり手で小悪魔かつ、面倒見のいいOL役を演じるという。

「24時30分放送の深夜枠なだけに、妨害に遭って凌辱されるシーンもあるという話も出ています。宇垣は〝女優でやれるなら濡れ場も平気〟との意気込みだけに、地上波ギリギリを攻めた過激演出が期待できますよ」(同・ライター)

そうした中、入ってきた情報が、ワキ見せ演出だ。

「もともと宇垣の思い切りのよさは定評があり、20年には脱毛エステのCMでワキを全開にして〝ツルワキ〟を披露している。ドラマでは、ノースリーブや入浴などでワキ出しを頻繁に仕掛けるといいます」(芸能関係者)

本誌表紙でもぜひ!

https://weekly-jitsuwa.jp/summary/archives/77518
no title





【宇垣美里、地上波ギリギリ過激シーン挑戦!? 「濡れ場も平気」女優としての覚悟】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/09/05(月) 12:07:25.83 ID:CAP_USER9
 フジテレビは5日、10月期番組改編会見を行い、女優の長澤まさみ(35)が10月から放送の連続ドラマ「エルピス―希望、あるいは災い―」で4年半ぶりの連ドラ主演を務めると発表した。

 同作は月曜午後10時枠の連続ドラマで、長澤は落ちぶれた元報道番組のアナウンサーの役を演じる。共演に俳優の鈴木亮平、眞栄田郷敦ら。

 大洋テレビのアナウンサー・恵那(長澤)は、かつてゴールデンタイムのニュース番組でサブキャスターを務めるも、とあるスキャンダルが引き金で番組を降板。今は深夜の情報番組のコーナーMCとして、さまざまな葛藤や苦悩の毎日…。そんな恵那の“相棒役”は番組の新米ディレクター・拓朗(眞栄田)。裕福な家庭で育ち、なんとなくテレビ局に就職するも、現場では怒られてばかり。物語は、ひょんなことから拓朗が連続殺人事件の犯人とされる死刑囚のえん罪疑惑を知り、恵那に持ち掛けるところから始まる。さらに、報道局のエース記者・斎藤(鈴木)は、2人の先輩として相談に乗る一方、政権要人とも懇意な官邸キャップとして、巧妙で不穏な顔を見せる。事件の真相を追う中で、恵那らは一度失った“自分の価値”を再び見いだせるのか?…という内容。

 “えん罪”という重厚なテーマの中で交わされる、コミカルな会話劇にスリリングな展開。「全く新しい社会派エンターテインメント」として期待がかかる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/079a99569162197e8c040b55b563c011ddaabd43
no title





【長澤まさみ、4年半ぶりの連ドラ主演 落ちぶれた元報道番組アナウンサー役】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/08/13(土) 07:49:03.76 ID:ScG6Uv1Z0● BE:866556825-PLT(21500)
女優でフィギュアスケート選手の本田望結が12日、自身のインスタグラムを更新。セーラー服で眼鏡姿のオフショットを多数公開し、ファンから反響が集まっている。

 本田が公開したのは、俳優の荒木飛羽が主演を務め、9月より放送されるドラマ『少年のアビス』(MBSほか)のオフショット。本田は「チャコ」の愛称で親しまれる主人公の幼なじみの秋山朔子を演じる。

 本田は「今日もチャコ」と、『少年のアビス』のオフショットを多数公開。黒のセーラー服に黒タイツを合わせ、黒縁眼鏡をかけている自身の写真を投稿した。本田は片手にハンディファンを持ち、次々にポーズを決め、手を眼鏡にかけたアップショットも披露した。

 本田のセーラー服×眼鏡のオフショットに、ファンからは「かわいい」「セーラー服姿も凄くお似合い」「反則レベル」などの声が続出。さらに、役柄についても「望結ちゃん、チャコちゃん役ぴったりです」「役柄ドハマリ」「望結ちゃんがチャコ役で良かった」などの声が集まっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f6149364b9615a990bab93e55c77aa6fa0829553

no title




【【画像】本田望結さん、勉三さんのコスプレでロリコンを魅了】の続きを読む

このページのトップヘ