セクハラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2019/11/19(火) 22:24:24.25 ID:GWo8m7CM0● BE:115523166-2BP(2000)
グラビアアイドルの伊織いおが17日、東京・秋葉原のソフマップで最新イメージDVD『Priority Body』(発売中 4,180円税込 発売元:イーネット・フロンティア)の発売記念イベントを行った。

今年デビューしたグラビアアイドルの中で、注目度はNo.1とも呼ばれている伊織いお。151cmの身長に上からB90・W58・H90という抜群のスタイルに加え、バストはJカップというグラドル界でもトップクラスの爆乳が魅力の21歳だ。そんな彼女が待望の2ndDVDをリリース。今年8月に静岡・下田でロケが行われ、就活生に扮した伊織がセクハラまがいの面接を受け、就活疲れから彼氏と癒やしの旅行に行くというストーリーが展開する。

白のセクシーな水着姿で登場した伊織は「攻めていると言われますが、白い水着のディティールに凝った水着がこれしかなくて(笑)」としつつ、「今回は就活生の役で、セクハラ面接のシーンでは会社の偉い人に呼び出されてエッチなことをされちゃいました。あまりにリアルじゃありえないシーンで、思わず笑ってしましましたが、エッチに仕上がっていると思います」と内容には自信を見せた。

今年デビューしたグラドルの中でも注目度はピカイチの伊織。本人は「そう言っていただけるのはうれしいですし、軌道に乗ってきたという思いはあるんですけど、この子絶対に来るな。と思うも子もいるので、気が抜けないですね」と告白。気になるグラドルとして「最近グラビア活動を始めた未梨一花ちゃんです」とあげて、「撮影会でたまたま一緒になって仲良くなったんですけど、おっぱいも大きいしスタイルもイイし絶対に来ると思います」と話していた。

https://news.mynavi.jp/article/20191118-925259/ 

no title

no title

no title

VR動画

【B90W58H90、Jカップのグラドルが就活生を熱演してセクハラ面接「エッチに仕上がってます」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/07/20(金) 11:47:56.66 ID:CAP_USER9
かつてグラビアアイドルとして活躍し、現在は舞台女優としてなど活動する杏さゆり(34)が、グラドル時代の撮影で大物カメラマンから受けたセクハラを暴露した。

杏は19日深夜放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」に出演。グラドルとして活躍していた当時を振り返った。
人気絶頂のころ、ある大物カメラマンから撮影のオファーを受けたという。「そのカメラマンさんは脱がすことで有名な方だったので、私は脱ぎたくなかったんで『私は脱ぎませんよ』って言ってたんですけど、打ち合わせに行った時に今まで撮ってきたDVDや写真集を見せられて説得にかかってきたんですけど、『私はそれをやらなくても大丈夫。脱ぎません』って言ってたら怒っちゃって…」と説明。1度は撮影がなくなりかけたが、スタッフの尽力で仕切り直しとなり、着衣で撮影が行われることになったという。

しかし撮影当日、用意されていた衣装が全てほぼ裸同然のシースルー。「ちょっと信用してなかったんで、自分で大きいヌーブラと競泳用ではくようなベージュのパンツを持って行ってた」と警戒していたという杏は、衣装の下に持参した下着をつけて撮影に臨んだが「『はい、おいで』って呼ばれて2人きりになって撮影が始まるわけですよ、誰も入れないようにドアも全部閉めて。そこからワンピースの背中のチャックをおろされて、今度は肩のところを下ろされて。そこぐらいまでは全然良いんですけど、どんどんおろしてくるんですよ」とエスカレートするカメラマンに抵抗し続けたという。

すると「あっちも怒ってきて、『もうこれ脱いで』」と下着を取るように要求され、限界を感じた杏は「『泣いて、顔腫らしてて撮影できないようにしちゃおう』と思って、泣きじゃくって」ととっさに浮かんだ手段を明かし、結局その撮影はなくなったと語った。

no title

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201807200000292.html


【杏さゆり、グラドル時代のセクハラ撮影被害を暴露】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/01/15(月) 21:39:04.39 ID:QgGVpmV2p
水戸市のイメージアップを担う「魅力宣伝部長」を委嘱されていた女性アイドルグループ「水戸ご当地アイドル(仮)」に所属していたメンバー(18)が、運営者の男性によるセクハラ被害をツイッターで訴え、グループが事実上の活動休止となっていることが分かった。
市は関係者に事情聴取。
グループは12日、ホームページ上で魅力宣伝部長を辞退すると発表した。

グループは2012年4月、水戸市の商店主らが実行委員会を作ってメンバーを公募。
被害を訴えている元メンバーによると、16年11月、イベント前日に男性にバーに連れ出されて飲酒させられたり、17年夏にはイベントの際に胸を触られ、後日「柔らかかった」と言われたとしている。
同年11月、自身のツイッターで「運営責任者から飲酒強要やセクハラがあった」などとつぶやき脱退したことで発覚した。

毎日新聞が男性に対して取材を申し込んだところ、メールで返答があった。
男性は「飲み物は彼女自身が決めた。強要していない」と否定する一方で、飲酒させたことは「深く反省している」と答えた。
またセクハラについては「胸を触ってしまったかもしれないと言った。セクハラと主張されても仕方ない部分もある」と認めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00000049-mai-soci

「水戸ご当地アイドル(仮)」
no title


no title

no title

no title

【【画像」JKアイドル(17)が運営者におっぱいを揉まれて脱退】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/01/12(金) 08:30:48.70 ID:CAP_USER9
水戸市を中心に活動する女性アイドルグループ「水戸ご当地アイドル(仮)」の元メンバーの女性(18)が、運営責任者の男性から深夜に呼び出され、飲酒させられるなどのパワハラ被害を訴えていることが分かった。

女性は「セクハラもあった」とする。男性は事実関係を一部認め、女性に謝罪。グループは水戸市などから広報活動の委嘱を受けるが、先月から活動を休止している。 

グループは東日本大震災後、市を元気づけようと結成。茨城県警から「安全安心アンバサダー」を委嘱され、市の「魅力宣伝部長」にも就任。
メンバーは五人前後で入れ替わり、大手芸能プロダクションの大会で「ご当地アイドル日本一」に輝いたこともあった。

被害を公表したのは二〇一六年六月~一七年十一月に活動した「うめ」さん。
ツイッターで「運営責任者からパワハラやセクハラ、飲酒の強要、口約束されていた交通費の未払いがあった」とつぶやいた。

うめさんによると、十七歳だった一六年十一月、早朝のイベントを翌日に控え、市内で宿泊した際、男性から深夜零時ごろにバーに呼び出され、酒も注文された。「断ったが、ホテルを取ってもらった負い目もあって飲んだ」と話す。

県の条例で、十八歳未満について「正当な理由がなく、保護者の承認を受けないで深夜(午後十一時~午前四時)に連れ出してはならない」と規定、違反は三十万円以下の罰金となる。

また、イベント後に過呼吸で倒れた際、担いだ男性に胸を触られ、後日に「柔らかかった」などと言われたという。
さらに「練習場所に、わいせつな本が置かれたことがあった」と主張した。

男性側は取材に、飲酒は「強要した覚えはない」と否定する一方、県条例違反の可能性があることや結果的に飲ませた責任を認め、「深く反省している」と話した。胸を触った後の発言に「『柔らかかった』と言ったかどうかは覚えていない」と説明。
わいせつ本は「知人の見舞いに持って行く物だった」とした。

◆逆らえず…限界 元メンバー(18)ツイッターで告白

水戸市のご当地アイドルグループの元メンバー「うめ」さんが、ツイッターでパワハラなどの被害を告白したのは「同じような被害を出さない」との思いからだった。夢を追いたい女性が、売り込みなどで力を握る運営側に逆らえない構図が浮かび上がる。

うめさんによると、嫌がらせを耐えたのは「ファンへの思いや、県や市を背負っている責任感があった」と話す。
円満に「卒業」するつもりでいたが、希望した卒業コンサートを開かせてもらえず、我慢の限界を超えた。

今回の告白をきっかけにグループの活動がストップし、一部ファンから批判されている。
「被害者を増やしてはいけないという思いがあった。今のままでは、市や県の魅力を発信していくのにふさわしくない」

芸能界のトラブルに詳しい河西邦剛(かさいくにたか)弁護士は「アイドル人口が増え、トラブルも増えている。
アイドルとしていいポジションに上がるには、運営側に気に入られなければならず、メンバーは理不尽なセクハラなどを受忍せざるを得ないケースが多い」と説明する。

その上で「今回、ツイッターで運営を批判したのは、それだけひどい実態を訴えたかったということだろう。
行政も適切な運営がなされてきたか、調査すべきだった」と指摘する。

立場の弱い女性が「MeToo(私も)」を合言葉に、会員制交流サイト(SNS)などを通じて被害を公表する動きが世界中で続く。
昨年十月、米国の大物映画プロデューサーによるセクハラ疑惑が報じられたのをきっかけに、映画や番組で役を得たい女優らがセクハラを我慢している状況が明らかになった。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201801/CK2018011202000140.html


3: 2018/01/12(金) 08:33:51.94 ID:knqTADgc0
けっこう可愛いです
no title

no title

no title

no title

アダルト動画

7: 2018/01/12(金) 08:38:05.83 ID:PwAX69mR0
>>3
悪くない

9: 2018/01/12(金) 08:39:04.00 ID:PyvvjKn30
>>3
ブサブサかわ

24: 2018/01/12(金) 08:57:32.71 ID:q2UGVU9G0
>>3
風俗顔だなw
エロい事させても問題ないだろうと思ってしまうのも分からないではない

72: 2018/01/12(金) 10:52:23.99 ID:nPR9QB8E0
>>3
農家家系なのかやっぱアカ抜けないのなw

74: 2018/01/12(金) 10:54:27.95 ID:v3ma0EqU0
>>3
かわええー

76: 2018/01/12(金) 11:04:06.20 ID:MgL23rXF0
>>3
ほっぺも柔らかそうだな

【ご当地アイドルにパワハラ 「飲酒強要やセクハラ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/09/20(水) 23:38:53.92 ID:28X8A0YR0
水無月みり@9/17コスコンF-8 @kamosu_kamosuzo
フォロワーさん増えたからリツイしておこう
あと、批判的な意見は参考になる部分もあるので真摯に受け止めます。
が、使用報告は構わないのですが、露出レイヤー相手とはいえどヤらせろだの性器がどうだのあまりにも酷いセクハラリプライはいただけません。
ちょっと気を付けてくだされば嬉しいです
https://twitter.com/kamosu_kamosuzo/status/909786926491693058

水無月みりさん
no title

no title


【コスプレイヤー「ヤらせろだの性器がどうだのあまりにも酷いセクハラリプライはやめて!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2017/07/31(月) 20:31:02.14 ID:CAP_USER9
元フジテレビアナウンサーのカトパンこと加藤綾子が、7月10日深夜に放送の「クジパン」(フジテレビ系)で同局の入社試験時に面接官から艶系ポーズをするように指示されたことをこう暴露した。

「どうしよう、どうしようと思って、私、何を血迷ったか、スカートの裾を上げたの‥‥。スカートの裾を膝上まで上げて、エヘッとかやって」

 番組の放送以降、ネット上ではフジテレビの「ハラスメント面接」について批判コメントが続出したが、テレビ関係者の間では受け止め方が違ったようである。

「カトパンのチラ見せなんて全然序の口です。女子アナ採用の現場は各局どこも同じ。いや、もっとエゲツない質問、強要で溢れかえっていますよ」(民放関係者)
 それもコンプライアンス意識の低かった時代には、露骨さは現在の比ではなかったようだ。

「30年前、河野景子がフジの重役面接を受けた際の最初の質問は『君って男性未体験なの?』だったんですよ。
これに動じず『想像にお任せします』と答えたことで彼女が採用されたというエピソードは今もテレビ業界の語り草。
90年代後半までは『外国人とヤッたことある?』『今日は何色のを履いているの?』なんて質問がバンバン飛び交っていましたよ」(前出・民放関係者)

 そんなハラスメント面接は、多少ソフト路線になりつつも現在にいたっても連綿と続いているという。

 7月31日発売の「週刊アサヒ芸能」(8月10日号)では、TBS・宇垣美里アナ、フジテレビ・宮司愛海アナ、テレビ朝日・田中萌アナ、テレビ東京・鷲見玲奈アナなどの知られざる「入社面接」秘話を赤面リポートしている。美女アナたちが難関を突破するまでの“通過儀礼”はこんなにもスゴかった!

http://news.livedoor.com/article/detail/13411624/ 

no title


【カトパンだけじゃない! 女子アナたちが受けたセクハラ面接『男性未体験なの?』『外国人とヤッたことある?』】の続きを読む

このページのトップヘ