スク水

1: 2019/07/11(木) 17:45:43.47 ID:T/Er89nP9
学校の水泳授業が様変わりしている。紫外線防止のため、水着の上に半袖や長袖のラッシュガードを着用することを許可する学校もあり、スクール水着そのものにも、肌の露出を抑えたタイプが登場。さらには老朽化した学校のプールを廃止し、地域の屋内プールを活用する動きも広がっている。(木ノ下めぐみ) (以下ソースで)

https://special.sankei.com/a/society/article/20190711/0001.html 

画像 スカートタイプや袖のあるスクール水着が人気に。左端は従来のスクール水着

no title





【【画像】スクール水着が進化 肌の露出を抑えたタイプが登場】の続きを読む

1: 2019/06/27(木) 21:58:05.86 ID:sjN6jxEM0● BE:115523166-2BP(2000)
 「日本一エロ可愛いエステティシャン」と言われる加藤 圭さんが、2nd DVD「いけないことしちゃう?」(発売元:スパイスビジュアル、収録時間:92分、価格:4104円)の発売記念イベントを6月23日、ソフマップAKIBA 1号店 サブカル・モバイル館で開催した。

 チャームポイントは美肌と童顔。いま25歳の加藤さんは、エステティシャンとしても働く二刀流グラドル。テレ朝の深夜番組「ヤバイかスゴイか カミヒトエ!」では、なんでも揉みほぐすマッサージの腕前を見せてくれた。2nd DVDは、春先に山梨県で撮られたもの。

――どんな内容ですか?

【加藤 圭】 最初は女子高生なのですが、先輩(=視聴者)に迫っちゃうんです。それから数年が経ち、大人になった部分を見せていく展開。後半へ進むにつれて映像がよりセクシーになります。

――シーンとしては?

【加藤 圭】 制服も着て話しかけたり、ジャケットにあるハイレグ水着でアイスを舐めたり、車のなかで密着感のあるシーンなどが楽しめます。

――特にお勧めしたいのは?

【加藤 圭】 ブルーの眼帯水着で温泉に入るところです。自分で案をいろいろ出したシーンなので、ぜひ観てほしいです。

――今日の水着は?

【加藤 圭】 スクール水着が似合うと言われたことがあり、メイドさんも好きなので選びました。肩と胸のフリルが可愛いですよね(笑)。

 タイトルの「いけないことしちゃう?」的な大胆なシーンも多いのだが、実際の加藤さんは子供っぽい部分をたくさん残している印象。会ったら心を奪われるタイプ!? 撮影会なども行なっているので、スケジュールはTwitterで確認しよう。

 
no title

no title

no title



【B87W59H86、「日本一エロ可愛いエステティシャン」と言われるスク水も似合う二刀流グラドル】の続きを読む

1: 2019/04/22(月) 00:25:38.60 ID:00TaVTyD9
ミクスチャーロックアイドル・Pimm’sの新谷真由が、22日に発売された「週刊ヤングマガジン」21号の巻末グラビアを飾った。

初登場となった同誌12号の反響を受けて、異例のスピードで2度目の登場となった新谷。
現役女子高生らしい制服や、「こう見えて泳ぐのが得意」と水着もたっぷり披露している。

新谷真由(にいや・まゆ)プロフィール
生年月日:2001年4月3日
出身:東京都
身長:149cm
サイズ:B85、W60、H85
血液型:O型
趣味:アクセサリー作り
特技:ヘアメイク

https://mdpr.jp/news/detail/1834719

「週刊ヤングマガジン」10号 新谷真由

no title

no title

no title


表紙 つばきファクトリー

no title


動画版ホスピタリティ~ある病院でのエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【【グラビア】“期待のJKアイドル”新谷真由が「ヤンマガ」登場 制服やスクール水着に】の続きを読む

1: 2019/04/18(木) 12:27:42.56 ID:wUsyiEz+0 BE:368289528-PLT(14345)
 水泳用品メーカーの「フットマーク株式会社」が4月17日、東京・両国にある同社のマーク館1階で「スク水博覧会」を開催した。

 ここでは同社が1978年にスクール水着の販売を手掛けて以降の時代ごとの女子スクール水着を展示。開発が進むことによる材質の変化や学校側の要望や社会のトレンドによる形状の変化などが一目で分かる催しとなっている。

 この日は同社の磯部成文取締役会長が「昭和」の女子スクール水着の歴史を、スクール販売部の白川純也氏が「平成」のスクール水着の歴史をそれぞれのテーマに沿って解説した。

 磯部氏によると現在「スクール水着」と言われているものは当初は「学販水着」とか「学校用水着」などと呼ばれており、「スクール水着」という言葉は1986年に同社が初めて使い始めたという。以降この名称が一般化していくのだが、まさか発祥の地がここだったとは…。

 当初は生地の材質が悪いことから、伸縮性も乾きも悪く「雑巾水着」とも呼ばれていた時代もあったという。同社で1978年に最初に販売された「ダブルトリコット水着」もフィット感やデザインより丈夫さが重視されたものだった。このへんは時代性でもある。

 その後、学校の現場から「名前を入れる部分を作ってほしい」という要望があり1982年に「ネームライン」を入れた水着を開発。折からのスイミングクラブブームで水着に機能性が求められるようになり、縦と横に伸びるツーウェイ素材を用いた「ツーウェイ水着」が誕生し、伸縮性やフィット感が画期的に向上することとなったという。その後、ツーウェイ生地の開発が進み、より薄く、伸縮性に富んだ「レーシング水着」に発展する。

 平成になると1993年に蓄熱保温素材を使った水着「アクアライン スイムスーツ」が完成。アクアラインというのは生地の名前で、この生地により濡れても従来より暖かく、水分が蒸発するスピードも速く、体の冷えを軽減できる水着ができあがった。これは当初は大人用の水着に使われていたのだが、学校用にも転用。転用にあたってはおぼれた時の視認性を高めるために背中にカラーの切り返しをデザインするなど、やはり学校の現場からの声を反映したものになったという。
一見ミスマッチに思える「大人の女性」と「スクール水着」だがモデルさんが着るとこの通り

no title

動画版ホスピタリティ~ある病院でのエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【【画像】令和は大人の女性がスクール水着を着る時代!?】の続きを読む

このページのトップヘ