キス

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/01/29(水) 19:48:40.05 ID:9NCKdSuH9
欅坂46の菅井友香が29日、東京都・新国立劇場にて初主演舞台「飛龍伝 2020」の公開ゲネプロに参加した。

原作の小説「飛龍伝」は、来年没後10年を迎える劇作家・つかこうへいさんの隠れた名作として愛された代表作の1つ。
これまで初代の富田靖子をはじめ、牧瀬里穂、石田ひかり、内田有紀、広末涼子、黒木メイサ、桐谷美玲と名だたる女優が演じてきた。

菅井が演じるのは、劇中に登場する全共闘40万を率いる女委員長で、歴史的文学作品の伝説のヒロイン・神林美智子。
これまでの女優陣同様、紅一点でありながら、激しいアクションやラブシーンにも挑戦する。

この日の囲み取材で石田明が「声もそうだし、感情もどんどん振れ幅が大きくなっていて。だから公演始まってからも、さらに良くなると思います」と期待をよせていた通り、ゲネプロで見せた姿は、初舞台とは思えぬ表現力で魅了する“女優・菅井友香”。
歴代の名女優たちに仲間入りするにふさわしい堂々たる佇まい。

愛に翻弄される美智子が持つ純粋がゆえの狂気と優しさ、その紙一重の差を丁寧に、全力で演じる菅井からは、普段の柔らかい雰囲気をまとい、少しおっちょこちょいな姿が想像出来ないほど。
涙を流しながら訴えかける場面では、報道陣も息を呑んでいた。

また、石田や味方良介との抱擁、キスシーンなども、欅坂46の活動とはまた違い新たな菅井友香の表現力が光った場面だった。

もちろん歌やダンスは独擅場。
普段から激しい踊りに慣れているからか、アクションも男性顔負けのキレと迫力で、これから女優として飛躍していく大きな可能性を見せつけた。

囲み取材では、「この座長という有り難すぎる経験を活かして、グループにもちかえって、今度はキャプテンとしてみんなを“美智子”のように引っ張っていけるように頑張りたいです」と言葉に力をこめていた菅井。
彼女の言葉通り、「飛龍伝2020」が菅井自身に、そしてグループにどんな影響を及ぼすか楽しみだ。

https://twitter.com/modelpress/status/1222553740068052993

菅井友香初主演舞台「飛龍伝 2020」 キスシーン公開

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


菅井友香主演「飛龍伝2020」

no title

期間限定セール(毎週作品更新)

【【画像】「生粋のお嬢様」欅坂46菅井友香、ノンスタ石田らと濃厚キスシーン!卓越した表現力「名女優」の片鱗示す】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2019/08/04(日) 08:41:48.21 ID:z8WO7ata0 BE:946831249-2BP(1000)
 女優・モデルの福原遥が主演するドラマ「コーヒー&バニラ」(MBS)が激甘ラブシーンの連続と評判になっている。

「『コーヒー&バニラ』は少女向け漫画誌『Cheese!』に連載中の人気作品で、コミックスの売上げが累計450万部を超えるヒット作です。美人だけど恋愛経験の少ない純粋な女子大生・白城リサとイケメン社長の恋愛模様を描いた作品ですが、7月5日からMBSの深夜ドラマ枠『ドラマ特区』で放映が始まるや、『#コヒバニ』がツイッターのトレンド入りし、見逃し配信の再生回数も100万再生を突破するなど、ローカルドラマながら大きな話題になってるんです」(テレビ誌ライター)

「毎回激甘なラブシーンが多くて恥ずかしくなってきちゃう…」「イケメン社長にちやほやされたい…!」「女の妄想・願望がギュッと詰まったドラマ!」など、女性視聴者の評判を集めているのだ。

 彼女たち女性視聴者の目当てである桜田通や黒羽麻璃央といったイケメン俳優を相手に当ドラマの主人公である激ウブな女子大生・白城リサを演じているのが福原遥だが、このドラマが期待以上の評判を集めた理由が、もう一つあるという。

「福原さんは現在20歳ですが、子役時代の2009年から13年にNHKで放送されていた児童向け番組『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』に、主人公の柊まいん役で出演していたことによる話題で認識したという人も多いと思います。この“まいん役”で福原さんは、アニメやローティーンアイドルが好きな一部のオタク層のハートを一気に掴んだのです。今回の主演ドラマは、そんなかつての福原さんを熱心に応援していた彼らも注目してるようなんです」(前出・テレビ誌ライター)

 例えば7月25日深夜に放送された第4話では、後ろからのハグ、お姫様だっこ、キスシーンなど超絶な甘いシーンの連発されたのだが、ネットでは「あああ、俺のまいんちゃんが大人になっちゃった(涙)」「まいんちゃんのラブシーンを見ることになるとは思わなかった…」「今回くらい俳優さんが羨ましいと思ったことはない」といったオタク層からの苦悶の反応が殺到したようだ。

 女優として成長中の福原。「コーヒー&バニラ」は彼女にとって、ファン層を塗り替える試金石となっているのかもしれない。


no title

no title

no title

no title



【【画像】まいんちゃんこと福原遥、ドラマ「コヒバニ」のキスしまくり玄関エッチがエロすぎる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2019/06/08(土) 00:16:32.81 ID:KJbz4yfk9
AKB48の小栗有以と矢作萌夏が、9日発売のアイドル誌「BOMB(ボム)」7月号の表紙巻頭を飾る。

2人でのグラビアは初となる小栗有以と矢作萌夏。
「キス」をテーマにしたグラビアで、ティーンエイジの弾ける可愛さいっぱい。

また初夏にぴったりなチューブトップと短パンの衣装では、爽やかなデコルテと素肌で魅了。
マイペースな2人らしい、まったりとしたインタビューも掲載される。

指原莉乃卒業後のHKT48を託された1人・田中美久が登場。
17歳の胸の高鳴り、福岡の海でのセンチメンタルなソログラビアとなっている。

船上劇場公演も絶好調なSTU48からは、石田千穂・瀧野由美子の初ペアグラビア。
大人っぽい黒のサマーニットとヘルシーなタンクトップ姿を披露する。

乃木坂46からは、「3人のプリンシパル」公演でも注目された4期生の賀喜遥香・早川聖来が登場。
2人の休日はとっても穏やかで、お昼寝姿も可愛い。

「3rd YEAR ANNIVERSARY LIVE」も大盛況のうちに終了した欅坂46からは小池美波。
自然な表情が詰まったセンターぶち抜き16ページグラビアや、最近の自分、未来の自分を語ったロングインタビューも。

6月28日公開の映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』からは堀未央奈(乃木坂46)・桜田ひよりが登場し、本当の姉妹のような2人のスペシャルインタビューとなっている。

ほかにも、映画『町田くんの世界』で主演を務める関水渚、CMで鮮烈な印象を残す14歳の茅島みずきや、リーダー・宮崎由加が卒業を控えるJuice=Juiceの初期メンバー5人でのラスト座談会、“合法ロリ巨乳”こと長澤茉里奈・大和田南那の水着グラビアなど盛りだくさん。

http://mdpr.jp/news/detail/1843114

「BOMB(ボム)」7月号 小栗有以(左)と矢作萌夏

no title

no title

no title


【AKB48新時代担う小栗有以(17)&矢作萌夏(16)が密着 初2ショットグラビア】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
21: 2018/09/02(日) 01:44:33.87 0


【【画像】まゆゆが深夜ドラマで全裸ベロチューしてる!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/04/25(水) 17:15:20.17 ID:CAP_USER9
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180425/k10011417181000.html

人気グループ「TOKIO」の山口達也メンバーが、自宅マンションの部屋で女子高校生に無理やりキスをするなどの行為をしたとして、警視庁は強制わいせつの疑いで書類送検しました。

捜査関係者によりますと、「TOKIO」の山口達也メンバーは(46)ことし2月、東京・港区の自宅マンションの部屋に女子高校生を呼び出し、無理やりキスをするなどのわいせつな行為をした疑いが持たれています。

これまでの調べによりますと、女子高校生とは仕事を通じて知り合い、部屋に入ると酒を飲むように勧めたということです。

捜査関係者によりますと、これまでの事情聴取に対して事実関係を大筋で認めているということで、警視庁は強制わいせつの疑いで書類送検しました。

関係者によりますと、山口メンバーの所属事務所と被害者側が話し合った結果、被害届を取り下げる手続きを行ったということで、今後、検察が調べるものとみられます。

これについて所属事務所は「担当者が不在で答えられない」とコメントしています。

6: 2018/04/25(水) 17:15:32.66 ID:EWKTcMxK0
たまらんな(´・ω・`)

no title


【【速報】TOKIO山口達也、強制わいせつ容疑で書類送検 女子高校生に無理やりキス】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/02/09(金) 12:29:08.88 ID:CAP_USER9
TBS系ドラマ『きみが心に棲みついた』で主演を務める女優・吉岡里帆(25)。

多忙を極める彼女が、女性ファッション誌『ar』(主婦と生活社)編集部のインスタグラムに登場。
透明感あふれる美貌とかわいすぎる仕草に、多くのファンが悶絶する事態となっている。

■吉岡が「春になったらやりたいこと」
同誌の3月号のカバーガールを務める吉岡。そんな彼女に「春になったらやりたいこと」というテーマでインタビューを行った際の、オフショット風の動画が同誌編集部のインスタグラムで公開されている。

透明感あふれるナチュラルメイクに、部屋着のような透け感素材のキャミソール姿で登場した吉岡。
「春になったらやりたいこと」という質問には「1人でギターを弾くっ! 外で」と、ギターを弾くジェスチャーをして答えた。

■「ごまかしキッス」1日経たずして100万回再生

その後、恥ずかしくなってしまったのか「ごまかしキッス」として両手で投げキッス。
最後には「やだもう~」と照れくさそうにフレームアウトしていく。

ごまかしのきかない「動画」であっても、吉岡の白くてきめ細やかな美肌や、ボリューム感のある胸元が際立つこちらの投稿。
投稿から1日経たないうちに、再生回数が100万回を突破している。

■「かわいすぎる…」ファン悶絶

こちらの投稿には、吉岡ファンからコメントが殺到。
ちょっぴりセクシーな衣装にも反響が相次ぎ「かわいすぎて泣いた」や「こっちまで照れる」など多くのファンを悶絶させている模様。

・なんだこれは……かわいすぎて震える
・これは……トドメの接吻
・エロかわ
・かわいい。そして透明感半端ない!!
・これはやばいですね!! たまりません

あまりのかわいさに、「トドメの接吻だ」といった声も。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161493769/

no title

動画
https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/e831cedaef12e381e9c63322d805fac2/5A7F471D/t50.2886-16/27819344_1545659972150408_4844212120448925696_n.mp4


【【動画】吉岡里帆、セクシーなキャミソール姿で投げキッス 可愛いすぎる!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/01/12(金) 20:48:57.04 ID:CAP_USER9
女優・島崎遥香が、日本テレビ系ドラマ「リピート ~運命を変える10か月~」(毎週木曜23時59分~放送)でキスシーンに初挑戦。
恋人に対してストーカー的な言動を繰り返すお嬢様・町田由子役を演じている。

「リピート」は、『イニシエーション・ラブ』がベストセラーとなった作家・乾くるみによる長編小説のドラマ化。
図書館司書の鮎美(貫地谷しほり)は、「風間」と名乗る男(六角精児)から時間旅行に誘われる。
鮎美、圭介(本郷奏多)、天童(ゴリ)を含めた男女8人で10カ月前へさかのぼる“リピート”の旅へ出る事になるが――。
人生のやり直しと、波乱の恋がミステリータッチで描かれる。

島崎が演じるのは、圭介の恋人である由子役。
可憐(かれん)なお嬢様に見えるが、お金をちらつかせては圭介をがんじがらめにしたり、日常的に行動を監視するなど、ストーカー的気質の持ち主だ。
第1話から、「私の犬だって証拠」と圭介に首輪をはめたり、「ワンって言いなさいよ」と札束で頬をはたくエキセントリックさを見せつけた。
さらに島崎はキスシーンに初挑戦。
圭介にキスした後に首を絞める、インパクト大なシーンを演じた。

ドSお嬢様役で新境地を切り開いた島崎だが、視聴者からはなかなか好評。
Twitter上では、「Sなのもかわいい」といった声が上がっており、ファンはむしろハマり役として受け止めているのかもしれない。

ところでドラマ公式サイトによると、今後圭介と鮎美は惹(ひ)かれあっていくらしい。
となると、由子がさらに嫉妬心を募らせるのでは!? 
第1話から強烈な印象を残した由子だが、その狂気は加速していくのか……。
島崎は初めてのキスシーン以降も、視聴者に衝撃を与える演技を見せてくれそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00010003-trendnewsn-ent

ドラマ「リピート ~運命を変える10か月~」 衝撃のキスシーン島崎遥香
no title

no title

no title

no title

犬の首輪を手にする
no title


【【画像】島崎遥香の初キスシーンに衝撃! キスした後に首を絞める 大胆演技が話題に】の続きを読む

このページのトップヘ