伊原六花

1: 2019/05/19(日) 16:51:17.75 ID:NI95UH0+9
“バブリーダンス”で注目された大阪・登美丘高ダンス部元キャプテンの女優・伊原六花(19)が19日、中日―巨人戦(ナゴヤドーム)で人生初となる始球式に挑戦した。

ダンスはキレッキレも「球技は苦手なんです」と苦笑い。
この日に備えて野球経験者の父親とキャッチボールをするなどして練習に励んできたという。

その成果もあって、豪快なワインドアップからの投球は、見事なノーバウンドで捕手・松井雅のミットにズバン。
球速は60キロを計測し、観客からどよめきが起こった。

「すごく緊張していたけど、スタンドから『頑張れー!』という声が聞こえてきて、それで頑張れました。本当にいい思い出になったし、楽しめたので100点です」と満面の笑みを浮かべた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000009-tospoweb-ent

見事なノーバン披露 伊原六花

no title


伊原六花

no title

no title



【【画像】“バブリーダンス”伊原六花、見事なノーバンにどよめき起きる】の続きを読む

1: 2019/04/09(火) 11:08:28.91 ID:YR+ZIgLR9
女優の伊原六花が、2nd写真集(仮)を6月1日(東京ニュース通信社)に発売することが決定した。

2017年の「バブリーダンス」で一躍注目を浴び、CM出演や歌手デビュー、さらに2019年度前期連続テレビ小説「なつぞら」への出演や、主演ドラマ&映画の公開も決まった伊原。
昨年、デビューして早々に発売した1st写真集「rikka」(東京ニュース通信社刊)も話題となり、発売から5日で重版がかかった。

そんな彼女が20歳直前になるタイミングで、日本を飛び出し、南国ベトナムへ。
“六花”という名前から、「6つの花を探す旅」をテーマに、ベトナムに咲く花々と撮影を実施。

夕景が美しいビーチや白い水着が綺麗に輝く夜のプール、カラフルな外壁が“映える”街並みのほか、ベトナムを代表する観光地やパワースポット、さらには「こんなところで!?」と思うような驚きのロケーションなど、近年注目を集めるリゾート地や歴史的な趣もある街を舞台に、さまざまな場所でオールロケを敢行。

数々のシチュエーションと花々に囲まれた美しすぎるカットが満載。
部屋着姿で天真爛漫にベッドの上ではしゃぐ姿や、スタイルの良さが際立つアオザイ姿、人懐っこくて明るくかわいい笑顔に、“オトナ”直前のアンニュイな表情など、伊原の魅力を掘り下げたフルボリュームの一冊となる。

http://mdpr.jp/news/detail/1832269

伊原六花2nd写真集より

no title

no title

no title


動画版ホスピタリティ~ある病院でのエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【【グラビア】「バブリーダンス」伊原六花(19)、水着姿で素肌輝く “オトナ”直前の魅力】の続きを読む

1 : 2018/06/02(土) 16:38:28.64 ID:jvxcS9uK0●.net BE:299336179-PLT(13500) [1/1回]

 「バブリーダンス」で注目を浴びた登美丘高校ダンス部の元主将で女優の伊原六花(19)が2日、都内で行われた1st写真集「rikka」の発売記念イベントに登場。自身初となる写真集の魅力をPRした。 

 高校卒業と同時に上京し、TBSの7月ドラマ「チア☆ダン」への出演も決まるなど注目度がますます高まっている伊原。バブリーダンスでブレイクしたが「高校時代からずっと初めてのことばかりで驚くことばかり。夢のようで、注目してくださっていることが頑張ろうという思いにつながっています」と“シンデレラ・ストーリー”を振り返り、「こうやって注目を浴びられるのはダンスのおかげ。これからは、小さなころからミュージカルもやっているので、歌とかいろいろな方面で活躍していければいいなと思います」と“脱バブリー”宣言も飛び出した。 

 写真集の撮影は4月中旬に沖縄で行われ、“脱バブリー”なしっとりとした姿や水着姿も披露。「初めての水着の撮影だったんですけど、沖縄に行って空気を感じて、恥ずかしいとかはなく楽しんでできました」と撮影を振り返り、「ファースト写真集は感謝の気持ちとかいろいろな思いがあって、点数をつけるなら100万点です」と出来栄えを自画自賛。「部活で筋トレもしていたので自分で言うのもなんですけど、腹筋がいいかなと思います」と写真集の見どころを語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180602-00000118-spnannex-ent 

d67459bd27b8bd7dc58bb7e0a2c7d073_640px

acad53b1-s



VR動画

【【画像】“バブリーダンス”登美丘高校元キャプテン、1st(水着)写真集発売イベントに登場】の続きを読む

1: 2018/05/17(木) 20:21:14.05 ID:aOZXZvAmM
「バブリーダンス」で注目を浴びた、大阪府立登美丘高等学校ダンス部の元キャプテン・伊原六花の1st写真集が発売。沖縄にて全編撮影した写真集は、「バブリーダンス」のイメージを一新。観光名所である国際通りや、異国情緒のある街並み、港などで、18歳の一人の女性としての魅力を最大限に、のびのびとナチュラルな表情をふんだんに収めている。

夕景ではしっとりと女優のオーラ漂うポーズ、ビビッドなネオンの屋上では、雨の中、気の向くままに踊りゆく躍動的な姿など、印象的なカットが満載。なかには、大はしゃぎして服のまま海に入っていく無邪気な一面も。さらに、海やプールでは水着姿も大胆に披露しており、沖縄の海でやりたかったというシュノーケリングを楽しむ様子も見逃せない。

記念すべき初となる写真集で、等身大の素顔から、急成長中の“女優・伊原六花”まで幅広く見られる、まさに保存版の一冊となっている。

【伊原六花コメント】
写真集のお話を初めて聞いた時、「えっ、誰のですか!?」と思ったくらい信じられなくて。一瞬、ドッキリなんじゃないかって疑ったんですけど(笑)、打ち合わせをしていくうちに「私のファースト写真集が本当に出るんだ…」という実感に変わっていき、嬉しさがこみ上げてきました。本当に何もかもがまだ始まったばかりで、何も知らない私ですが、そんな今だからこその“素”の姿を、みなさんに見ていただけたら、とてもうれしいです。

no title

no title

no title



【【画像】芸能界デビューした登美丘高校ダンス部元キャプテン、水着で乳を晒す】の続きを読む

1: 2018/02/13(火) 06:39:27.39 ID:CAP_USER9

http://www.sanspo.com/geino/news/20180213/geo18021305050018-n1.html

 バブリーダンスで話題の大阪・登美丘高ダンス部キャプテン、伊原六花(りっか、18)がCMデビューすることが12日、分かった。7月から放送される不動産会社、センチュリー21・ジャパンの新CMに出演。
ボディコンのバブル女子から一転、同社の制服であるゴールドジャケット姿を披露した伊原は「(バブリー衣装の)肩パットは入っていないですが、背筋が伸びます」と、女優としての第一歩に気を引き締めた。

 昨年10月、女優の広瀬アリス(23)、広瀬すず(19)姉妹らが所属する芸能事務所、フォスターに入り、芸能界デビューした伊原が、トップスターへの一歩を踏み出す。

 俳優、ケイン・コスギ(43)の熱演で知られるセンチュリー21のCMの新イメージキャラクター、初代センチュリー21ガールに抜てき。
7月から放送される新CMの出演が決まった伊原は「すごくうれしい。会社やキャラクターのイメージに合うように、しっかりと信頼や親しみが伝えられるように頑張ります」と気合十分だ。

 CMは昨年末から行われたオーディションでゲット。約80人の中から書類審査と2回の演技審査を持ち前のガッツと表現力で乗り切った。

 伊原は「オーディションは近くで多くの人に見られる中、その場で言われたことをやる。ダンスのステージでは一生懸命練習したものを見せるだけなので、とても不安で緊張しました」と苦笑。
だが、関係者は「色に染まらない初々しさと印象に残る演技で伸びしろがある」と期待する。

 昨年はキャプテンを務める登美丘高ダンス部が歌手の荻野目洋子(49)の代表曲「ダンシング・ヒーロー」にのせて女性芸人、平野ノラ(39)ばりのバブリーな格好で踊りまくる動画がネット上で大反響。
年末の日本レコード大賞やNHK紅白歌合戦にも初出場した。

 「知ってもらえている方がすごく増えた」と喜ぶ伊原は、3月の高校卒業後に女優業を本格スタート。
事務所の大先輩、瀬戸朝香(41)が出演するTBS系「きみが心に棲みついた」(火曜後10・0)の撮影現場を見学するなど努力を惜しまない大型新人は「自分らしくどん欲に頑張って多方面で活躍できる女優になりたい」と宣言。今後は演技力の開花に情熱を燃やす。

伊原六花(いはら・りっか)
 1999(平成11)年6月2日生まれ、18歳。大阪府出身。小学2年から高校1年までミュージカルスクールに通い、演技を習う。
2015年に大阪・登美丘高に入学。ダンス部に入部し、昨年8月の日本高校ダンス部選手権で準優勝。同10月に芸能界入り。趣味は料理、読書で、好きな本は「星の王子さま」。特技はダンス。1メートル60。

登美丘高校
 1924(大正13)年創立。普通科のみの府立の共学高校。
ダンス部は設立当初10人だったが、現在は1、2年生72人が所属。日本高校ダンス部選手権で2015年から連覇を飾り、17年は準優勝。
主なOBにプロ野球・阪神などで活躍した藤井栄治氏(78)がいる。所在地は大阪府堺市東区西野51。

no title

no title


戦乱プリンセスG

【【画像】「登美丘高ダンス部」キャプテンの伊原六花、おったまげCMデビュー!】の続きを読む

1: 2017/12/29(金) 05:30:14.02 ID:CAP_USER9
 バブリーダンスで話題の大阪・登美丘(とみおか)高ダンス部キャプテンが芸能界デビュー! 伊原六花(りっか、18)の芸名で10月から広瀬すず(19)らを擁する芸能事務所、フォスターに所属し、来年3月の高校卒業後から女優業をスタートさせる。その前にダンサーとして年末のNHK紅白歌合戦やレコード大賞で大暴れする美少女は、「どんな役でも演じられる女優さんになりたい」と目標に宮崎あおい(32)を掲げた。

 ボディコン女子に扮装したバブリーダンスの厚化粧とは一転、キュートな素顔がまぶしい美少女が女優に“転身”する。

 独特なダンスでテレビ番組に引っ張りだこになった伊原。「夏休み中には全く考えられなかった。『頑張ってね』と声をかけられるようになりました」とバブリーな数カ月間を振り返る。

 キャプテンを務める登美丘高ダンス部は、8月の日本高校ダンス部選手権で準優勝。歌手、荻野目洋子(49)のヒット曲「ダンシング・ヒーロー」に乗せ、1980年代のディスコメークと衣装で披露したユーモラスなキレキレのダンスがユーチューブにアップされ、大反響を呼んだ。

 翌9月に同高ダンス部の密着テレビ番組で映った伊原の素顔が、ネット上で「かわいい!!」と話題になり、運命が一変。たれ目の愛くるしいルックスに加え、午前9時から午後6時まで練習に励む真剣な姿が、瀬戸朝香(41)、広瀬アリス(23)・すず姉妹らを擁するフォスターの目に留まり、スカウトされた。

 小学2年から高校1年まで通ったミュージカルスクールで芝居にも打ち込んでいた18歳は「好きなことを仕事にできるなんて」と芸能界入りを即決。10月から同事務所に所属している。

 登美丘高ダンス部は荻野目とともにレコ大の特別賞を受賞しており、30日のTBS系「第59回輝く!日本レコード大賞」(後5・30)で荻野目と共演。大みそかには紅白歌合戦(後7・15)にも出演し、「2億4千万の瞳」を歌う郷ひろみ(62)のバックで登場。ダンス部の一員として出演する伊原は、大忙しの年末に「全然実感がわかない。登美丘高らしく頑張りたい」と全力パフォーマンスを誓った。

 来年3月の高校卒業後に女優として始動。目標は宮崎あおいで「どんな役でも演じられる女優さんになりたい」とキッパリ。ダンシング・ヒーローからアクトレス・ヒロインを目指す。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-00000500-sanspo-ent

20171229-00000500-sanspo-000-1-view

no title

【【画像】バブリーダンスで大ブレーク! 登美丘高ダンス部キャプテンが女優デビュー】の続きを読む

このページのトップヘ