斉藤由貴

1: 2018/02/09(金) 22:22:11.96 ID:knna+dpm0● BE:322453424-2BP(2000)
昨年、50代医師とのキス写真などでダブル不倫が報じられた斉藤由貴(51)が、「完全復活」を遂げそうだ。
 「大きなきっかけは、今年1月、東京映画記者会が選ぶ伝統ある映画賞『第60回ブルーリボン賞』で、『三度目の殺人』での好演が評価され助演女優賞をゲットしたことでした。受賞者インタビューで、自ら“今のタイミング? とも思いました”と自虐的に騒動に触れて笑いつつ、“すっごくうれしいです、実は。どれだけ励まされたか”と喜ぶなど、見事な対応で好感度を回復させました」(芸能記者)

 一時は離婚説も出た夫との関係も修復した模様だ。
 「インタビューで、夫や3人の子たちからも受賞を祝福されたことを明かしていたから、離婚危機は乗り越えたのでしょう。不倫騒動でNHK大河『西郷どん』を降板したり、CMが複数社終了するなどのダメージを受けましたが、今回の受賞をきっかけに禊(みそぎ)は終了し、本格的に復活することになりそうです」(同)

 実際は斉藤、正式に休業したわけではない。昨年12月には桐谷美玲主演映画『リベンジgirl』の舞台挨拶に登壇し、1月11日にも、三谷幸喜氏の脚本演出舞台『ショーガール』にゲスト出演するなど、細々と活動していた。ただ、今回の受賞を機に“官能女優路線”にあえてチェンジしていくことになったというから、うれしい話。
 「天然ボケで明るいキャラの斉藤は、不倫騒動を逆手に今後の活動を展開していくことを周囲と話し合っています。騒動時、医師が斉藤のものとみられるパンティーを被ったハレンチ写真が報じられた件にも触れる見込み。秋以降に公開される恋愛映画では、純白パンティーを脱いでの全裸濡れ場を演じる勢いです」(映画関係者)

 トップアイドルとして活躍した時代から、清純派のルックスとは裏腹に、Fカップ乳でも知られていた。
 「今でも20代並みの乳房を維持。今後、積極的にエロシーンを仕掛けるようですから、官能女優の新境地を開くこと必至です」(同)

 追い風も吹いている。1月に、『週刊文春』が看護師との不倫疑惑を報じた小室哲哉が、報道を機に引退を発表。「やりすぎだ」など、不倫報道へのバッシングが過熱しているのだ。
 「斉藤にも世間からの擁護の声が高まってきた。ひと波乱乗り越えた斉藤のエロスに期待大です」(同)

 純白パンティーは卒業。

no title

http://wjn.jp/sp/article/detail/4866511/


【斉藤由貴、官能女優転身へ純白下着脱ぎ“全裸濡れ場”映画】の続きを読む

1: 2017/11/11(土) 05:27:38.40 ID:CAP_USER9
【芸能】斉藤由貴 “出直しヘアヌード”は絶対イヤ! 窮地で狙う新曲稼ぎ

 今夏に『週刊文春』によって50代医師との“W不倫騒動”が報じられたことで、莫大な損害賠償を背負ったことから“出直しヘアヌード”まで噂されている斉藤由貴(51)だが、女優ではなく、歌手として復帰を目指していることが明らかになった。

 斉藤は報道について一度は釈明会見を開いたものの、約1カ月後に不倫関係を認め、出演CMを降板。ラジオのレギュラー番組出演も無期限休止となり、事実上の芸能活動停止状態を強いられている。
 「来年のNHK大河『西郷どん』も出演辞退したことで、当分、ドラマ出演は難しく、騒動による損害賠償額は一説に4億円と言われている。確かにヘアヌード写真集の出版が一番手っ取り早く稼げると思われますが、斉藤は同じ東宝芸能に所属している沢口靖子にライバル心を抱いていることもあって、いくら背に腹は代えられないとはいえ、プライドが許さないのでしょう」(芸能関係者)

 そんな斉藤が、10月7日、都内で行われた作詞家の松本隆氏の活動47周年記念イベントにゲスト出演し、かつてのヒット曲『卒業』他、計3曲を熱唱した。
 「斉藤は観客から『頑張って!』と声を掛けられ、感極まっていましたよ。それでイベントが終わった後、親しい音楽スタッフに『新曲を出したい』と、ポロッと漏らしたというんです」
 とはイベント関係者。

 斉藤は女優としてデビューする前、1985年にキャニオンレコードからシングル『卒業』をリリースし、約35万枚を売り上げた。
 「その年にフジテレビの『スケバン刑事』で女優業をスタートしたのですが、並行して歌手活動も続けていた。'89年に主演した日本テレビのドラマ『湘南物語』の主題歌で井上陽水の『夢の中へ』をカバーしたところ、こちらも40万枚の大ヒットを記録したんです」(当時のドラマ関係者)

 '90年以降は作詞家としても活躍する一方、ライブ活動を続け、2011年にはデビュー25周年を記念し、ニューアルバムを発売した。
 「その後は女優業が忙しくなったために歌手活動は控えていたのですが、今回、イベントで歌ったことで思い直したのではないか。女優として復帰すれば主婦層からのクレームが予想されるが、歌手ならCDが売れるか売れないかだけで、誰からも文句は言われませんからね」(夕刊紙記者)

 我々としてはヘアヌードを見たいところだが、果たして…。

no title

http://wjn.jp/article/detail/5042108/

【斉藤由貴、“出直しヘアヌード”は絶対イヤ! 窮地で狙う新曲稼ぎ】の続きを読む

1: 2017/10/16(月) 23:41:09.34 0
長澤まさみ(30)が、所属事務所の先輩・斉藤由貴(51)が起こした不倫騒動の尻拭いで今後過激なセクシー演技をさせられることになりそうだ。
「斉藤は8月、医師とのキス写真が流出し、9月になり不倫を認めました。
ラジオ番組を無期限休養したり、来年のNHK大河『西郷どん』も降板するなど女優生命の危機。
所属事務所にとって稼ぎ頭だった斉藤失脚のダメージは大きく、長澤の稼働で損失を補てんするしかないのです。実は長澤、斉藤とは仲良しでよく食事に行く間柄。長澤も“由貴さんのためなら”と献身的なようです」(芸能記者)

そうした中、10月にもクランクインする元SMAP木村拓哉の主演映画『マスカレード・ホテル』(仮題、来年公開予定)で、共演する長澤の“超過激シーン”が織り込まれるという。
「高級ホテルのフロントクラークを演じる長澤が、なんと、警視庁の警部補役の木村と濃厚ラブシーンを演じるというのです。長澤も、事務所がピンチな時だけに少しでも映画の収益が増やせればと受諾したとか。
ディープキス、全裸ベッド濡れ場、持ち前のFカップ乳を押し付ける演技も披露する見込みです」(映画記者)

この濡れ場、SMAPが昨年末で解散したことで“戦犯”扱いされ落ち込みまくっている木村を“癒やす”意味もあるという。
「木村は、長澤のことがお気に入りです。それだけに“濃厚濡れ場”で精神的ショックから復活する可能性もある。
周囲が恐れているのは、長澤のフェロモンにやられ、木村が本気になってしまうことです」(同)

長澤は3月、人気バンド『RADWIMPS』の野田洋次郎との密会が報じられたが、進展が聞こえず破局説が強い。
「その後、長澤は'10年頃に破局した元カレ、『嵐』二宮和也との復縁を狙ったようですが斉藤由貴の問題勃発で“スキャンダル絶対NG”指令が出たこともあり、静かにしているようです。
そのモヤモヤをぶつけるように、今後はセクシー演技を中心にエロ女優としてフル回転する決意を固めた模様」(女性誌記者)

長澤をめぐっては一部で、来年4月期のフジテレビ系「月9」主演が内定しているとも伝えられたばかり。
「11年ぶりの月9主演話がほぼ決まっているようです。
もし実現したら、結婚や男遊びを諦めた長澤が、セクシー演技連発で攻めることは確実ですよ」(同)

完全露出で発散するか!

http://wjn.jp/sp/article/detail/5807989/ 

no title


【長澤まさみ、斉藤由貴“不倫”の尻拭いでキムタクと濃厚濡れ場か!?】の続きを読む

1: 2017/09/21(木) 21:53:17.89 ID:kHaVZ+HU0● BE:322453424-2BP(2000)
 50代の男性医師とのダブル不倫を認めた女優の斉藤由貴(51)が、木曜レギュラーを務めるニッポン放送『オールナイトニッポン MUSIC10』の出演を無期限休止することが9月13日、明らかになった。斉藤は14日の放送分から出演を取りやめる。
 「斉藤をめぐっては8月、『週刊文春』で、この医師とのマンション密会や手つなぎデート写真が“ダブル不倫疑惑”と報じられたばかり。斉藤は会見を開き、あくまでかかりつけの医師だとして不倫を否定したが、今度は9月5日発売の『フラッシュ』が、この医師が相手とみられるキス写真を掲載し、窮地に陥ったのです。斉藤は“子供たちのために離婚を避けるべき”という観点で夫と話し合っているとし、疑惑に対してなんとか収束しようとしたのです」(芸能記者)

 このキス写真、2人に極めて近い人物が流出元と考えられている。更には“カーSEX写真”流出の危機が迫っているという。
 「プライベート写真のため、2人のスマホやパソコンを見ることができる双方の夫か妻のどちらかが、流出させた疑いが出ています。いずれにせよ、2人の写真にアクセスできる人物が流出に関与しているのは確実で、今後もきわどい秘密写真が出てくることも十分考えられる」(同)

 不安は的中。12日発売の『フラッシュ』ではまたまたエロ写真が出た。この医師が斉藤の自宅で彼女の下着とみられる白の清楚系パンティーを頭から被っているモノだ。
 「彼女は'85年に『卒業』で歌手デビュー。同年、フジテレビ系『スケバン刑事』で主演し話題になった。翌年にはNHK朝ドラ『はね駒』でヒロインを務めるなど女優としても幅広く活躍し、'94年に一般男性と結婚して現在、3児の母でもあります。ただ、実は超肉食系で、独身時代の'91年には故・尾崎豊さんとのお忍び旅行疑惑、そして'93年には川崎麻世との車中キスが報じられたのです」(スポーツ紙記者)

 問題は、この「車中キス」。実は斉藤の“性癖”が隠されているという。
 「川崎との写真でも発覚したように、車の中でイチャイチャする癖と、男性とのキスや情事を記念写真として自撮りする癖があると囁かれています。50になっても性癖は直らないでしょうから、今回の医師ともキス写真だけでなく、カーSEXや“車内フェラ”をして、それらを記念写真としてスマホで撮影していた可能性がある」(芸能プロ関係者)

 そんな中、9月11日放送の『スッキリ!!』(日本テレビ系)の独占取材で相手医師が7年におよぶ斉藤との不倫関係を認めた。また同日の午後、斉藤の所属事務所からマスコミ宛てにファックスを送付。男女の関係であったことを認めた上で、別れた事を明かし謝罪した。
 「しかし、斉藤が潔く不倫を認めたとしても、簡単には終わらない。プライベート写真を入手できる立場にいる人物が、絶対許すまじと、さらに過激なワイセツ画像の流出に踏み切るかもしれません」(同)

 斉藤は女優としては、順調そのものだ。7月期にもTBS系連ドラ『カンナさーん!』に出演。映画でも、ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品された『三度目の殺人』(9月9日公開)に出演したり、来年公開の『いぬやしき』でも重要な役を務めるなど、大忙しだ。
 「しかし万が一、カーSEXの画像が流出したら、さすがに女優生命はアウトになるかもしれない。ただ50歳を超えた今でもバストが成長し、Gカップはあるとも言われる斉藤だけに、スキャンダルを逆手にとって、か、最後の手段として“Gカップヌード”という手など、起死回生の秘策はいくつもある」(前出・スポーツ紙記者)

 性癖というのは直るものではない。「性交ナマ写真も出る」の声も聞こえてくる。ならば、魔性のままでいいのでは…。いっそのことセクシー系女優転向してはいかが?

http://wjn.jp/sp/article/detail/0370845/ 

no title


【斉藤由貴、“濃密フェラ”画像流出プラス「性交ナマ写真も出るぞ」に戦々恐々】の続きを読む

1: 2017/09/07(木) 10:04:10.60 ID:CAP_USER9
8月31日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に、女優の斉藤由貴(50)が出演。
かつて音楽番組に出演していた際の意外なエピソードを明かし、タレントのマツコ・デラックス(44)やナインティナインの矢部浩之(45)らを驚かせる場面が見られた。

この日は、ゲストとして斉藤が登場し、マツコや矢部らとトークを展開した。
その中で、矢部が「他の歌手が歌っているのを聴いている時間が嫌い」と斉藤の“アウト”な点を紹介したところ、斉藤は「それってアウトですか?」と納得がいかない様子を見せ、マツコや矢部らを驚かせた。

その理由について、斉藤は「生放送の歌番組とかあるじゃないですか。すごく苦手でした。たくさんの歌手の人と後ろで、手拍子したりとか」と吐露し、「ときどき、“カメラがこっちを向いている”みたいなのが分かって、そのときは、ただこう、何者でもないような顔をして(いた)」とアイドルらしからぬ態度をとっていたことを明かした。

さらに、「(歌手同士が)なんだかみんな仲がいい感じに見えた。でも私はそこに入ることはできなかったから、すごくつらかったですね」と孤独を感じていたと告白。
それを聞いた矢部が「独特な感じで、分かるような気がします」と納得する一方、斉藤は「なんで、みんなあんな仲良くなったんだろう」と当時を振り返り、不思議そうな表情を浮かべた。

最後に、マツコから「番組のコンセプトには非常にマッチしています」と絶賛された斉藤が「アウトな感じってことですか?」と質問すると、マツコは「なんていうんだろう、ミステリアスな感じとかね」と返答。
それに対し、斉藤は「分かった! フリークスな感じだ」と自虐的に言い放ち、スタジオを爆笑の渦に包み込んでいた。

「50歳になりますが、斉藤の美貌と独特な雰囲気は健在ですね。不倫疑惑が報道されましたが、まったくブレないのはさすがです。
ぜひもっとバラエティ番組で活躍してもらいたいですね」(芸能誌記者)――マツコもたじたじ……。

http://dailynewsonline.jp/article/1352527/

https://www.youtube.com/watch?v=SlOvMqnHxV4

斉藤由貴 卒業 (1985)

no title

no title

no title

no title

no title


【【画像】斉藤由貴、「つらかった」アイドル時代の苦悩を明かす】の続きを読む

このページのトップヘ