安達祐実

1: 2018/05/29(火) 07:36:24.11 ID:CAP_USER9
女優の安達祐実が、28日放送の日本テレビ系バラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007 合体SP」(よる9時~)に出演。
36歳になってもかわらぬ可憐さで定評のある安達が、番組で披露したや制服姿が「可愛すぎる」「奇跡」とネットで話題となっている。

番組では、日頃から年齢を感じさせない美しさと愛らしさで知られる安達が「本気を出したら何歳まで通用するのか」を、18歳の金髪ギャル、15歳のセーラー服、10歳の小学生、4歳の幼稚園児スタイルで検証。
それぞれのコスプレに挑戦した安達をスタジオ一同が判定したが、金髪のウィッグに網タイツのギャル姿では「年下の人が無理してギャルをやってるみたい」とまさかの逆の意味で不自然という結果に。

一方、中学生姿は「こういう子町歩いてる!」「ここまではまるとは…」と有田哲平らスタジオ一同は大絶賛。
さらに安達の小学校6年の長女よりも年下だという、ランドセルに黄色い通学帽の「家なき子」スタイルでも、照れまくる安達をよそにスタジオからは「遠くから見たらわからん…!」「可愛い!」とただただ驚きの声が上がることとなった。

安達祐実の制服姿にネット騒然「奇跡の36歳」
ネットでは「 安達祐実すごいww全然違和感ないよw」と安達の36歳にして可憐な制服姿が大きな話題に。
「あれで36歳は奇跡でしかない…」「高校生役いけるのでは…」「可愛すぎる…!」「若いにもほどがある」「奇跡の36歳」とその完璧な制服姿に絶賛と驚きの声が殺到した。

また、女性たちからは「安達祐実みたいに年取りたい」といつまでも変わらない安達への憧れの声も。
さらに「安達祐実さんの制服姿橋本環奈ちゃんぽい!」と、「1000年に1人の美少女」と称された橋本環奈と似ているというファンの声も多く書き込まれていた。

http://mdpr.jp/news/detail/1769408

「人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007 合体SP」 安達祐実

18歳 ギャル 
1527513276032

1527513276578


15歳 JC
no title

no title


10歳 JS
1527513690370 (1)

1527513687376


4歳 JY
no title

1527513804078

1527513807358


VR動画

【【画像】「奇跡の36歳」安達祐実が幼稚園児・小学生・中学生・ギャル…コスプレ続々披露】の続きを読む

1: 2018/05/25(金) 20:12:32.55 ID:7K40mnWT0 BE:368289528-PLT(14345)
安達祐実のほぼ全裸ジャケ写で話題!吉澤嘉代子、新曲「ミューズ」MV解禁

6月13日(水)に発売となるシンガーソングライター吉澤嘉代子の3rdシングル“ミューズ”のミュージックビデオ公開され、ジャケットに続いて、安達祐実が主演していることがわかった。 

新曲“ミューズ”は、蔦谷好位置がプロデュースを担当 

吉澤嘉代子の「人生の傷跡を肯定するような歌を書きたい」という思いから作られた、サビで《かがやきは傷の数だけ いびつな傷跡が乱反射した》と歌われる、戦う人のうつくしさを讃えるアップテンポな楽曲。
ミュージックビデオでは、ジャケットに続いて安達祐実が主演し、日々、自分自身と戦いながら練習を重ね、大舞台で踊ることを夢見るダンサー役を熱演している。

https://qetic.jp/music/yoshizawakayoko-180525/286461/

no title

no title

https://www.youtube.com/watch?v=oJ38PnkIUH0


【【画像】安達祐実さん(36)、全裸になる】の続きを読む

1: 2018/04/12(木) 11:39:51.76 ID:CAP_USER9
内藤剛志さん主演の連続ドラマ「警視庁・捜査一課長シーズン3」(テレビ朝日系、木曜午後8時)が12日、初回2時間スペシャルでスタートする。
初回スペシャルでは、内藤さんと23年ぶりに連続ドラマでタッグを組むことも話題の安達祐実さんが、セーラー服姿やキュートな柔道着姿を披露しており、その場面写真が公開された。

安達さんが演じるのは“警視庁広報課セルフブランディングルーム室長”という肩書を持つ柔道の元人気選手で、警視庁捜査1課の課長・大岩純一(内藤さん)の警察学校時代の同期・谷中明彦(中村梅雀さん)の娘・萌奈佳。
セーラー服姿で大岩と向かい合うカットや柔道着姿で外国人選手と対峙(たいじ)するシーンの写真をはじめ、亡き父・明彦と大岩が並び歩く姿などの場面カットも公開された。

「警視庁・捜査一課長」は、ヒラの刑事からはい上がった“たたき上げ”の主人公、警視庁捜査1課の課長・大岩純一(内藤さん)が、400人の精鋭刑事を率いて苦悩しながらも重責を乗り越え、難事件に立ち向かっていく姿を描いた人気シリーズ。
テレビ朝日の2時間ドラマ枠「土曜ワイド劇場」で2012年に始まり、16年4月に「木曜ミステリー」枠で連続ドラマ化された。
最新作となる第3弾では、ミステリーファンを魅了する巧みな事件展開はもちろん、前シーズンでも好評を博した知って得する東京最新情報や東京の知られざる新名所をストーリーに盛り込み、他の刑事ドラマにはない独自の魅力をさらに追求するという。

初回2時間スペシャルでは、2000年ごろに流行したファッションを身につけた女性の絞殺死体が東京・台場で発見される。
被害者は前夜、自由の女神像をバックに自分の写真を撮ってほしいと、何度も通行人に頼んでいたという。
しかも、撮影者の立ち位置やアングルまで細かく指定。
運転担当刑事の奥野親道(「ナイツ」の塙宣之さん)と一緒に臨場した大岩は、被害者のいでたちを見て、18年前、謎の転落死をした刑事の谷中明彦(中村さん)のことを思い出す。

大岩と谷中は警察学校時代の同期で、谷中をよく知る大岩は彼の死に疑問を抱き、事件性を訴えたものの、証拠をつかめないうちに事故死として処理されてしまった。
死の直前、谷中に偶然会った大岩は、彼が持っていた写真に今回の被害者と同じ服を着た女性が写っていたことを覚えていた。
当時、谷中は写真の女性を“ミズキ”と呼んでおり、その写真は台場にある自由の女神像をバックに撮影されたものだった。
谷中の死と今回の殺人事件の関連を直感した大岩は、“警視庁広報課セルフブランディングルーム室長”という肩書を持つ谷中の娘・萌奈佳を助っ人として捜査本部に迎える……というストーリー。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00000028-mantan-ent

ドラマ「警視庁・捜査一課長シーズン3」 安達祐実と内藤剛志
no title

no title

no title

no title

VR動画

【【必見】安達祐実、キュートなセーラー服&柔道着姿を披露】の続きを読む

1: 2017/11/20(月) 12:39:39.45 ID:CAP_USER9
女優の安達祐実に焦点を当てた雑誌「安達祐実パーソナルマガジンhome(ホーム)」(カエルム)が、28日に発売される。

同誌は、夫でカメラマンの桑島智輝氏も参加した70ページ超のポートレイトと、10時間10万文字を超える前代未聞の超ロングインタビューで構成。
写真は全て無修正、原稿も彼女自身に関する話題はノーカットと、全てをさらけだした一冊だ。

安達祐実、時が止まっているかのような…

写真は、36歳とは到底思えない、まるで時が止まっているかのような若々しくキュートなカットが多数、インタビューは過去・現在の全てを惜しげもなく本音で語った濃密な内容となっている。

安達祐実、波乱万丈の人生

2歳にして芸能界入り、子役で大ブレイクを果たし24 歳にして結婚、出産。
その後離婚、再婚を経て今や2人の子を持つ母親になった安達。

AVデビューも果たした破天荒な母親、自身が受けたいじめ、子役時代に爆発物が届けられた大事件もあったなど、少し聞いただけでもその人生は波乱万丈。

「安達祐実はなぜここまで美しいのか」

今回の企画意図としては、「その経験を経て、今なぜここまで美しくいられるのか。
今の安達祐実の様々な表情が見てみたい、今の安達祐実の人生観を聞いてみたい」というところからスタートし、「一人の人間(安達祐実)に対する、素直な好奇心を一冊の本にまとめました」とのこと。

安達祐実コメント

当の安達自身は、「このようなユニークなコンセプトの企画に登場させて頂き、大変嬉しく思います。ファッション誌として楽しんで頂けるものであるとともに、ひとりの人間として語った本心の1冊でもあります。多くの方に読んで頂ければと、願っております」とコメントを寄せている。

http://mdpr.jp/news/detail/1728633

「安達祐実パーソナルマガジンhome(ホーム)」より

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【【画像】安達祐実(36)、全てを無修正でさらけ出す】の続きを読む

1: 2017/10/27(金) 20:45:55.14 ID:BxR74xNi0● 

女優の安達祐実(36)が、年内に写真集を発売するという。内容はかなり過激だといわれ、ロリ女優として根強い人気がある彼女だけに、その内容には期待が高まるばかり。
 「写真集発売を真っ先に報じたのは夕刊紙。これまでにない露出だと大きく報じている。ということは、フルヌードが前提。あとはどれほどのハードさを見せてくれるのか興味津々です」(写真集編集者)

 彼女は'13年に写真集『私生活』を発売。ヌードを披露している。'14年には映画『花宵道中』でもフルヌード濡れ場に挑戦。ファンを狂喜させている。
 「顔は昔のままの童顔。それでいて露出はどんどん増しています。すでに脱いでいることを考えれば、ハンパなことはできないはず」(同)

 '14年に写真家の桑島智輝氏と再婚。安達と桑島氏は前記『私生活』での撮影で知り合い意気投合し、結婚に至ったことでも知られている。
 「関係者の間で、これまでの『私生活』や映画『花宵道中』のフォトブック『秘花』の未公開ショットを出すのは、ほぼ確実と見られています。ひょっとして、前回出さなかった“マル秘写真”を今度は出してくる可能性もある」(夕刊紙記者)

 ただ、未公開写真だけではインパクトが弱い。当然ながら、今度の写真集は、桑島氏の新たな撮り下ろしもあるようだ。
 「まず安達のロリ性を生かして興奮をそそるものにしたいようです」(出版プロデューサー)

 さらに、写真集は桑島氏がただ単に撮るのではなく、「夫としても一枚かむ」といわれているので、これがなによりも注目だ。
 「本当にワイセツな場面を撮りたいなら合体し、苦悶と快楽に満ちた女性の表情を撮るのが艶めかしいとされます。それならば部数30万部、ギャラ1億2000万円はいく。『夫婦和合』の写真集…安達にしかできない傑作となりそうです」(前出・写真集編集者)

 これこそ“セイキの写真集”。

http://wjn.jp/sp/article/detail/9406848/ 

no title


【安達祐実、“夫婦自撮り”過激写真集を年内発売か!】の続きを読む

このページのトップヘ