川島海荷

1: 2018/10/04(木) 13:50:07.01 ID:CAP_USER9
女優の川島海荷さん(24)とモデルの滝沢カレンさん(26)が、「熱湯コマーシャル」を知らないと告白したことに、「今の若い子は知らないんだ」などとショックを受けるネットユーザーが続出している。

2018年10月4日放送の「ZIP!」(日テレ系)での一幕だ。
俳優の速水もこみちさん(34)が、熱湯コマーシャルの話題を出すも、川島さんはポカーン。
「ごめんなさい、分からない」と続けると、スタジオにはどよめきが走った。

■「熱湯コマーシャル...?」
番組MCを務める川島さんは、名物コーナー「MOCO`Sキッチン」にVTR出演。
速水さんが、大きなかたまり肉を熱した油に浸していくと、川島さんは「なんか、油のお湯に浸かってるみたい。お肉になりたい」とポツリ。これに速水さんは、

「ものスゴい熱いですよ。『熱湯コマーシャル』になっちゃいますよ」

と笑ってツッコミを入れた。

しかし、川島さんは「あ、いや...」と困惑した様子。
速水さんが「あっ、ごめんなさい。知らないですよね」とフォローを入れると、

「熱湯コマーシャル...? ごめんなさい、分からない」

と告白。スタジオからは「えぇー!」という驚きの声が上がり、話題を振った速水さんも「古い、古いよなあ~」と苦笑していた。

その後、VTRが終わって画面がスタジオに戻ると、MCの「ココリコ」田中直樹さん(47)は「熱湯コマーシャル、知らなかったんですか!? 」と驚いた様子で質問。川島さんが、

「知らなかったです。いや、えっ、知ってますか...?」

と尋ねると、ゲストの滝沢さんも「私も知らなかったです」と告白した。

こうした2人の反応に、田中さんは「バラエティーの生み出した最高のコンテンツなんです」と力説。
これには、ゲストの出川哲郎さん(54)も「本当だよ!ちょっと、ビックリだよね」と大きく頷いていた。

世代ギャップを痛感する人たち
「熱湯コマーシャル」は、往年の人気バラエティー「スーパーJOCKEY」(日テレ系、1983~1999年放送)の1コーナーだ。
熱湯風呂に浸かった時間だけ、CMをする機会が与えられるという企画。
時間制限付きの「生着替え」でもお馴染みだった。

番組終了後も、「24時間テレビ」(05~09年)内で復刻されたり、数多くのパロディー企画が行われたりなど、根強い人気を集めてきた。
それだけに、今回の「ZIP!」でのやり取りに驚いた視聴者も多かったようで、ツイッターやネット掲示板には、

「熱湯コマーシャル...知らない世代...まじかぁぁ」
「そうか...20代はもう熱湯コマーシャル知らないのか....」
「ええええぇ海荷ちゃん 熱湯コマーシャル 知らないのぉぉぉぉおぉジェネレーションギャップ!」
「熱湯コマーシャルが通じない世代がもう居るだと?ダチョウ倶楽部の仕事がさらに減っちゃうじゃないか」

との声が続出している。

一方で、川島さんや滝沢さんと同じように、熱湯コマーシャルの存在を知らないユーザーの姿も。ツイッターには、

「熱湯コマーシャル知らない世代です。川島海荷とほぼ同じ世代なんで」
「今、(編注・ツイッターの)トレンドにある熱湯コマーシャルってなに?」

との声も出ていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15398233/

no title




【川島海荷(24)「熱湯コマーシャル?知らない」にどよめき「まじかぁぁ」】の続きを読む

1: 2018/03/05(月) 20:28:30.53 ID:CAP_USER9
世界最高峰の映画の祭典「第90回アカデミー賞」授賞式が4日(日本時間5日)、米ハリウッドのドルビー・シアターにて開催され、女優の川島海荷が現地レポートのため会場に。
ガラリとイメチェンした髪型を披露したことも話題を集めた。

川島海荷、アカデミー賞レッドカーペットに登場
川島は同日、自身が総合司会を務める日本テレビ系情報番組「ZIP!」(毎週月~金曜あさ5:50)の取材で実際にレッドカーペットから生中継を行った。

普段は長い前髪を流しておでこを見せている川島だが、この日はウィッグを使い、ぱっつん前髪が印象的なロングのポニーテールに。

ファンからは「久々前髪可愛すぎ!ロサンゼルス取材凛としてて素敵でした!」「ポニーテール美しさ倍増!!」「天使かと思いました…美しすぎる」「き、綺麗すぎて二度見しました!」「ハリウッドスターに見劣りしない美貌!!」など、絶賛の声が送られている。

https://mdpr.jp/news/detail/1750939

イメチェン前の川島海荷

no title

no title


“前髪ぱっつん&ポニーテール”にイメチェン

no title

no title



【【画像】川島海荷、“前髪ぱっつん&ポニーテール”にイメチェン「美しさ倍増」「天使かと思った」】の続きを読む

1: 2017/10/03(火) 14:12:56.57 ID:CAP_USER9
川島海荷の“手つなぎ写真”を、10月3日発売の「フラッシュ」(光文社)がスクープした。お相手は40代のTBS局員で、川島は「(先方に)どうやったら迷惑がかからないようになりますか…?」と、反省しきりだったというが、初の写真誌スキャンダルのお相手が、一回りも年上の業界人ということで、川島の将来に傷がつきかねない騒動になりそうだ。

 同誌によると、川島と男性は、都内の飲食店をハシゴし、その移動中、手をつないでいたとのこと。その様子を同誌に撮影されたものの、川島は直撃取材に対して交際を否定している。

「関係者によれば、男性は、川島が『兄のように慕っている人』だそう。川島本人も、現在は恋人がいないことを告白しています。記事には書かれていませんが、この男性・T氏は既婚者だけに、関係を否定するのは当然でしょう」(TBS関係者)

 川島はT氏について「たまに相談に乗ってもらったりとか」と語り、手をつないでいたことは「ちょっと私が酔っ払っていて、フラフラだったんです」などと釈明している。

「T氏は、ドラマの編成マンとして活躍している人物。川島とは、2013年のKis‐My‐Ft2・玉森裕太主演ドラマ『ぴんとこな』などで関わりがありましたが、どれも数年前の作品ばかり。現在でも深く交流があるのは、少々違和感がありますね。実は局内でも『あの2人は怪しい』といった声が出回っていました」(同)

 今回の「フラッシュ」の記事については、メディア関係者からも疑惑を唱える声が聞こえてくる。

「川島所属のレプロエンタテインメントは、1月にマギーがHi‐STANDARD・横山健との不倫を報じられた際、テレビや新聞など大手メディアに圧力をかけ、後追い報道を封殺させた“前科”がある。
今回の川島にしても、週刊誌の直撃にここまでベラベラしゃべるとは考えにくいだけに、レプロが『フラッシュ』側に対し、『直撃に答えさせるから、事を荒立てないで』などと取り引きを行った可能性もありますよ。
まぁ、川島が、ひたすら相手の立場を気遣う優等生的なコメントに終始しているのは、本人の真面目な性格がゆえとも考えられますが」(週刊誌デスク)

 昨年10月から『ZIP!』(日本テレビ系)の総合司会を務めている川島。以前には、レプロから干されてしまった能年玲奈(現・のん)と比較され、「事務所からひいきされすぎている」と批判されることもあっただけに、こうした“スキャンダル”は大きな痛手になるはず。今後は、仕事に専念してほしいものだ。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20171003/Cyzowoman_201710_post_154893.html 

no title


【川島海荷、“既婚者テレビマン”との手つなぎデート 「酔っていた」という釈明に疑問の声】の続きを読む

このページのトップヘ