真木よう子

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/08/22(日) 01:11:36.15 ID:CAP_USER9
 女優の真木よう子(38)が21日、自身のインスタグラムを更新し、人気漫画「チェンソーマン」のマキマになりきった姿を投稿した。
 「こんばんわ!真木mgです!」と真木のマネジャーがつづっており「只今、真木はチェンソーマンを愛読しており、絶賛、私も夢中になっております」と漫画を手にした真木の写真を投稿。

 さらに「マキマさん推しのmg、実は真木にこんなおねだりを、、mgのわがままで撮らせてもらった写真を、皆様にも大公開です!」とポーズを取る真木の写真も投稿した。ハッシュタグには「#チェンソーマン」「#チェンソーマン好きと繋がりたい」「#マキマ」「#マキマさん」と添えた。

 この投稿にフォロワーからは「スタイルが良すぎてセクシーで美しすぎます」「ニヤケが止まりませんw」「コスプレ衣装可愛すぎる!!!」「これはもう実写版、お願いします」「Sexyポーズ」「いい女すぎます」「姉弟だからこそ撮れた写真」「実写版があるなら確定じゃあないですか」「マキマ本人じゃん」「エレガント!」といった声が寄せられた。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/08/21/kiji/20210821s00041000587000c.html




【【画像】真木よう子、人気漫画「チェンソーマン」マキマのコスプレに「実写版があるなら確定」「いい女すぎます」の声】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/01/09(土) 12:20:51.73 ID:CAP_USER9
 真木よう子が、1月6日放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)で、巨乳に悩んだ過去を語った。

 真木は占い師の星ひとみから、2005年、23歳のときについて「やりたくないことをやったり、ダウンする年」と占われた。真木は「20代のときは『なんで自分が求められているのか?』『いったい、私の何を知ってるの?』」と周りに反発していたという。

 さらに「おっぱいが大きいとかそういうことで評価されたくない」と回想。それなのに、その部分のみがクローズアップされ、「言われるほどイヤだった。一時期は女優をやめようと思っていた」と振り返っていた。

秘話を語った真木にSNSではさまざまな意見が書き込まれた。

《真木よう子のおっぱいは女子から見てもサイコー》

《占っていいですか?で。真木よう子さんの「中身がオッサンでおっぱい好き」に爆笑でも、綺麗な人とか綺麗なパーツ見るとちょっとアガるのは理解できる感覚だわ》

《真木よう子は胸の形が綺麗らしい♪水野真紀さんが突然ですが占ってもいいですか?で言ってましたwwwそんな私は…聞くだけ野暮だぜ》

「同番組で真木さんは『無邪気でめっちゃかわいい人。でも、中身おっさんです』と診断されていました。

 それゆえ男の感覚を持っていて、『女性のきれいなおっぱいが好き』と明かし、さらに『道を歩いている人でキレイな女性とか大好き。今の人キレイ、とか思っちゃう』と話していました」(芸能ライター)

 1月12日スタートのドラマ『青のSP―学校内警察・嶋田隆平―』(フジテレビ系)出演の真木。知られざる苦労があったのだ。

https://smart-flash.jp/entame/128161

no title





【【画像】真木よう子、巨乳に悩んだ過去「おっぱいで評価されたくなかった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/02/21(金) 18:54:52.17 ID:DdBU++YO0
no title

期間限定セール(毎週作品更新)

【【画像】真木よう子さん、お乳がデカすぎるwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2019/12/11(水) 23:44:54.02 ID:Pj1b/DKm0 BE:823772603-2BP(1000)
ベロニカは死ぬことにした(R15+)
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00998/v00859/
2019年12月22日(日) 23:59まで
no title

VR動画

【【動画】真木よう子さんのヌードが無料で見れる素敵なスレ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2019/09/05(木) 05:09:46.79 ID:NNdCyklu9
 女優として、輝かしい経歴を誇る真木よう子。ヒット映画『パッチギ!』(2005年)、初主演を飾った『ベロニカは死ぬことにした』(2006年)などへの出演により、その存在を広く知られた彼女は、写真での表現でも注目を集めることになる。

 それが、2007年に発売された写真集『月刊真木よう子』だ。抜群のスタイルを、彼女らしく思い切りよく披露し、世間を驚かせた。いまやグラビア史の伝説といえるだろう。

 そしてこの夏、当時の秘蔵カットを含めて再編集した、5000円のプレミアム写真集『別冊月刊真木よう子Noise』がリリースされた。今回、本誌が特別にスクープ入手した写真で、彼女の視線の先に思いを馳せてみて。

まきようこ
1982年10月15日生まれ 千葉県出身 2001年に女優デビュー。以降、映画『パッチギ!』、『ベロニカは死ぬことにした』、『ゆれる』などの作品に出演。2014年には、映画『さよなら渓谷』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、『そして父になる』で最優秀助演女優賞を受賞。現在、ドラマ『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ系)に出演している

https://twitter.com/info_smafla/status/1169204206902927362

no title

期間限定セール(毎週作品更新)

【【グラビア】真木よう子、伝説のおっぱいふたたび】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/04/26(木) 21:10:39.72 ID:0WU5xeLs0● BE:322453424-2BP(2000)
 「さらに大きなおっぱいを見せて驚かせるよ」と周囲に宣言している。

 真木よう子(35)が4月9日、出演映画『焼肉ドラゴン』(6月22日公開)の完成イベントで、約9カ月ぶりに公の場に登場した。昨年はトラブル続きで激ヤセしたが、かつての“豊乳”が完全復活していた。
 「真木は、高度経済成長期における関西の焼肉店を営む家族の絆を描いたこの作品に、井上真央と姉妹役で出演します。このイベントには、ふわっとした白いシャツのような衣装と青いパンツルックで登壇。大きめの服でボディーラインは分かりにくかったものの、胸の豊満な膨らみが“復活”していたのです。一時、激ヤセが伝えられ心配されましたが、ボリューム感から見て、全盛期と同様のGカップに戻ったと言っていいでしょう」(映画ライター)

 昨年7月期、連ドラ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)に主演したが、平均視聴率4.5%と大惨敗。同8月には開設直後のツイッターでの発言が炎上して精神的不安定になったとされ、11月に出演予定だった映画をドタキャン降板するなど、ボロボロだった。
 「しかし、1月に所属事務所を辞めてフリーになり、心機一転“復活全裸”を写真集や映画で披露する計画を進めているようです。今回のイベントでも、映画の内容にちなみ、“前向きに生きる秘訣”を聞かれると、“笑うこと。いろんなことあるけど考えてもしょうがない”と、開き直り発言で盛り上げた」(芸能プロ関係者)

 '06年の映画『ベロニカは死ぬことにした』で裸体を披露し、92センチGカップ乳で衝撃を与えた過去があるだけに、脱ぎに抵抗はない。
 「事務所を辞めた今、彼女のエロ暴走を止められる人はいない。最近、周囲に1サイズ進化した“Hカップ・95センチ乳”で復活ヘア裸身を見せてくれそうなのです。すでに話を水面下で進めており、年末か来年公開の映画で進化した全裸濡れ場を見せる計画のようです」(同)

 真木は、元俳優、片山怜雄氏と'15年9月に離婚。最近は、金持ちの実業家に入れあげているとされる。
 「自身の会社を上場させたほどの金を持つ実業家に急接近し、事務所独立の際も支援を受けたそうです。この実業家との電撃再婚の可能性もゼロではない。また、真木は格闘技にもハマッており、格闘家デビュー話も浮上しているから、目が離せない」(スポーツ紙記者)

 元来、脱ぎたがり屋の真木、いま復活したHカップ乳を見せたくてしょうがないらしい。脱ぐ気マンマン!

no title

https://wjn.jp/sp/article/detail/2726926/



【「デカおっぱい見せるよ!」真木よう子が “復活全裸”宣言】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/02/04(日) 06:35:08.72 ID:CAP_USER9
 トラブル続きで“新・プッツン女優”の汚名を襲名していた女優の真木よう子(35)だが、1月30日、所属事務所「フライング・ボックス」が真木と1月中旬で正式に契約満了を発表した。

 発表と同時期、一部で10年間にわたって真木が待遇面で不満を抱え、契約更改の度にもめていたことが報じられた。

 しかし、同事務所は、「本件においては、一部報道にて『待遇面・金銭トラブル』などが記載されておりましたが、事実に反する部分が多く大変困惑しております」と、報道を全面的否定。あくまでも円満退社であることを強調した。

 「同事務所はかつて天海祐希、仲村トオルらが独立・移籍しているだけに、売れると金銭面でタレントと揉める事務所として業界内では知られていた。とはいえ、真木の場合、昨年のTwitterでの“炎上騒動”など、すっかりトラブルメーカーとしてのイメージが定着。事務所に一方的な非があるわけではなかったようだ」(芸能プロ関係者)

 事務所が契約を取ったCMなどの契約切れを待ち、夏ごろには真木が堂々と独立することになりそうだというが、今後、女優としての崖っぷちに追い込まれることになりそうだというのだ。

 「現場でもああまりにも自分の意見をハッキリ言うので、二度と仕事をしたがらない人も多い。とはいえ、真木のことを気に入っている有名クリエイターが多いのも事実。以前は、かなり際どいぬれ場など、真木がOKでも事務所がNGなことが多かった。しかし、フリーになれば真木の一存で決定できるので、積極的にEカップのバストを露出するしかないだろう」(映画業界関係者)

 ある意味で“出世作”となった映画「ベロニカは死ぬことにした」では全裸自慰で世の男性たちの度肝を抜いた真木。
 あの衝撃をもう一度!

http://wjn.jp/article/detail/2699541/

no title


見放題ch ライト

【女優生命崖っぷちでいよいよ脱ぐしかなくなった真木よう子】の続きを読む

このページのトップヘ