門脇麦

1: 2017/07/18(火) 10:40:11.44 ID:YgLs1fQZ0 BE:899382504-2BP(1000)
<動画>門脇麦、高校時代の“引きこもり生活”告白 DVDレンタル「ア行から…」

女優の門脇麦さんが7月15日、主演映画「世界は今日から君のもの」(尾崎将也監督)の初日舞台あいさつに登場。
映画は、高校の頃から引きこもり生活をしていたオタク女性が自分の殻を破っていく内容で、
自身も「高校の時は一人で黙々と過ごしていた」という門脇さんは「レンタルDVD屋さんで『ア』から順番に4、5本借りてきて、ずっと見る」という“引きこもり生活”を告白。
「最初からきつかったですね。『愛』(の付く映画)ばっかり。『サ』でめげました」と明かして、観客の笑いを誘った。

映画は、高校の頃から引きこもり生活をしていたオタク女子・小沼真実が主人公。
好きなマンガやイラストを正確に模写することで現実逃避していた真実(門脇さん)は、心配性の父(マキタスポーツさん)が見つけてきたゲームの“バグ出し”の仕事を始めるが、ひょんなことから絵を描く才能が認められ、社員の矢部遼太郎(三浦貴大さん)からゲームキャラクターのイラストを依頼される。矢部に恋心を抱いた真実は、なんとか矢部の役に立ちたいと奮闘するが……というストーリー。
舞台あいさつには、門脇さんのほか、三浦さん、比留川游さん、マキタスポーツさん、YOUさん、尾崎監督も登場した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170717-00000001-mantanv-ent


門脇麦「ニートか芸能界、どっち!?」家族説得した過去明かす

自分の世界に閉じこもり、現実逃避をして生きていた真実。
しかし、自分の個性を認めようとしない母親と初めて対峙することで、外の世界に踏み出す。
門脇自身、かつて芸能界に進もうと決意したとき、似た経験をしたと語る。

「ある日突然、塾を辞めて、大学に行かないと両親に宣言したんです。
『この家でニート生活を送るのと、芸能界に進むのと、どっちがいい?』と。
芸能界に大反対の父は激怒して1週間口をきいてくれませんでした(笑)」

そうして自ら選んだ女優業は、つらい時期を乗り越えて現在があるという。

「女優の仕事が心から好きって言えるようになったのは、実は、この1年ほどなんです。
性格がストイックなほうなので、つい自分を追い込み、日常生活に役を引きずってしまう。
仕事への意欲はあるけど、楽しむことができなかったんです。
それが約1年前に体調を崩したとき、人間って、つらいと思っていたらダメだな。
好きな仕事を続けていくためには楽しまなきゃ!
と気持ちが変わって。好きなことを仕事にできるのは幸せです。
みなさんも、真実ちゃんのように自分が本当に好きなものを見つけてください」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170716-00010000-jisin-ent 

no title


【女優の門脇麦「高校時代は引きこもりだった。レンタルDVD屋でア行から順に借りてた。女優がダメならニートだった」】の続きを読む

1: 2016/11/06(日) 21:05:43.65 ID:CAP_USER9
 【門脇麦/モデルプレス=11月6日】
「わたしは真悟」(12月2日よりKAAT神奈川芸術劇場で上演スタート)で初のミュージカルに挑戦する女優の門脇麦が、6日放送の日本テレビ系「チカラウタ」(毎週日曜17:00)にゲスト出演。
同番組は、ゲストが人生の大切なシーンに鳴った自分だけの“チカラウタ”を持ち寄り、エピソードを語る内容。
初のヌードに挑み、大胆な濡れ場シーンを演じブレイクのきっかけとなった映画「愛の渦」(2014)の撮影を赤裸々に振り返った。

◆乱交パーティーテーマの「愛の渦」でブレイク
同作は、乱交パーティーをテーマに、複数の男女がマンションの一室で一夜を過ごしながら心の内をさらけ出していく姿を描いた人間ドラマ。
監督は三浦大輔氏、池松壮亮が主演。当時21歳だった門脇は、人一倍性欲が強い女子大生のヒロインを演じた。

上映時間2時間のうち、服を着ているシーンはたったの18分。
司会のNEWS小山慶一郎に「(ヌード挑戦で)辛くなったりは?」と聞かれた門脇は、「傷ついているわけじゃないですけどなんか自分が傷物じゃないですけど、どうしても(そういう風に)なってしまう瞬間」があったことを告白。

役が決定してから撮影終了までの2ヵ月ほどの期間中を「張り詰めた状態で毎日過ごしてた。誰かに(糸を)プンッてやられたらバッーて爆発するっていう状況での撮影だったので、家帰って気が緩むとお風呂とかで泣いたりとかありましたね」と思い返し、その「ギリギリのところを綱渡り状態」のときに“精神安定剤”になった曲として、エレファントカシマシの「昔の侍」を紹介。
「私の理想像というかこういう風に生きていきたいっていうのが詰まっている曲」と話した。

~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

BIGLOBEニュース|モデルプレス11月6日(日)20時8分
http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1106/mod_161106_0994530464.html

no title

【【芸能】 女優の門脇麦さん、“ほぼ全裸”ヌード作品時の涙の日々を回顧…】の続きを読む

このページのトップヘ