北原里英

1: 2018/07/08(日) 11:09:19.28
きたりえを鷲づかみ!北原里英、脱アイドル宣言「いろんな意味で驚いてくれたら」

 東京・新宿の紀伊國屋ホールで7日、元NGT48の女優、北原里英(27)主演舞台「新・幕末純情伝 FAKE NEWS」が開幕(30日まで)。劇作家の故つかこうへいさんの代表作で、新選組の沖田総司が女だったという設定で描く。胸をもまれるラブシーンなどを体当たりで演じ、「見た方がいろんな意味で驚いてくれたらうれしい。違った姿を見てもらえたら」と脱アイドル宣言。

no title

no title



【【画像】元AKBの北原里英さん、おっぱいを揉まれる】の続きを読む

1: 2018/04/12(木) 00:22:15.45 ID:CAP_USER9
NGT48の北原里英が12日発売の「週刊ヤングジャンプ」19号の巻末グラビアに登場した。

2007年にAKB48に加入し、同誌に多数出演してきた彼女。
2015年よりNGT48に移籍してキャプテンとして引っ張ってきたが、とうとう卒業を迎える。

アイドルとして最後の登場を、ノーブルな“白”をまとい祝福の大人美グラビアを披露。
清楚なホワイトの水着で美ボディを披露した。
また、「私とヤングジャンプ」と題したスペシャルインタビューも掲載する。

http://mdpr.jp/news/detail/1758874

「週刊ヤングジャンプ」19号 北原里英
no title

no title

no title



【【グラビア】NGT48・北原里英、清楚なホワイトの水着で美ボディ披露】の続きを読む

1: 2018/03/02(金) 00:18:06.33 ID:CAP_USER9
北原里英、デビュー記念日にAKB劇場でラスト公演
https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201803010000723.html

AKB48劇場最終公演に出演したNGT48北原里英(C)AKS
no title


北原里英のAKB48劇場最終公演に出演した、左から大家志津香、北原、指原莉乃、横山由依(C)AKS
no title


4月14日に新潟・朱鷺メッセで卒業コンサートを行うNGT48北原里英(26)が1日、東京・AKB48劇場での最後の公演を行った。
元AKB48で、10年前のこの日にここで劇場デビューをしていた。記念日に集めたのは、気心の知れた仲間たち。
同じAKB48第5期生からは、HKT48指原莉乃、AKB48宮崎美穂、JKT48近野莉菜、卒業生の石田晴香、内田真由美、小原春香、中塚智実、仁藤萌乃。
そしてデビュー当初に同じ寮のマンションに住んでいた北原(愛知県出身)と同じ、地方出身メンバー(通称・地方組)のAKB48大家志津香と横山由依。加えて、ゲストにNGT48の後輩の西潟茉莉奈、山口真帆、村雲楓香が出演した。

「10年前を思い出しながら、楽しみましょう」と言って、1曲目は“地方組”の指原、大家、横山と4人で「帰郷」を披露した。
そのまま、かつて北原、大島優子と指原、横山で結成していたユニットNot yetの「週末Not yet」も熱唱した。
MCを務めた大家と横山は、「当時はお金がなくて、コンビニのカップケーキに火をつけた綿棒を差して、(AKB48の誕生日ソング)『涙サプライズ』を流してお祝いしてくれた」(大家)など、秘話を明かした。

4曲目には、08年の北原が研究生時代の「ただいま恋愛中」を5期生の9人で歌った。宮崎は「エモいっすね。10年って大きいね」と、息を切らせて感慨に浸った。
3月17日にインドネシア・ジャカルタJKT48劇場で卒業公演をする近野も「現役でこのAKB48劇場に立つのは私も最後です」とあいさつした。
指原は「私たちはバラバラに活動したから、特別な絆もないし、持ち曲もないし、デビュー日もバラバラだったよね」。
来月30歳になる小原は「みんなに会ったら一気に10年前に戻った。オーディション受けたころに戻った」。
焼肉店を経営している内田は「毎日、肉焼いてる」と笑わせた。

ユニットコーナーでは、08年8月の日比谷野外音楽堂コンサートで、北原、指原、宮崎、仁藤の4人で挑戦していた「ガラスのI LOVE YOU」を復活させた。
当時のAKB48が勝負をかけていた大きなコンサートで若手の中から抜てきされて、ファンの間では「次世代の選抜候補たち」と呼ばれて、飛躍のきっかけとなった思い出の歌だった。
さらには、10年前のこの日にバックダンサーでデビューした曲「純情主義」を、同じバックダンサーで再現。
当時の北原が、ファンの間で「研究生に美少女がいる!」と話題にもなった曲だった。

その後も「純愛のクレッシェンド」「君が教えてくれた」「制服が邪魔をする」といった、研究生時代の曲を続けた。
北原は「(リハーサルも含めた)この2日間は、タイムスリップしたみたいでした」と、若かりしころの思い出を思う存分振り返った後、本編のラストは、「桜の花びらたち」から、地方組でのチームK時代の締めの曲「引っ越しました」へ。
親友の指原に涙ぐまれる中、紙テープを客席に投げると、北原の瞳も潤んでいった。AKB48からNGT48へ移籍した、自分のアイドル半生も重ねて歌った。

アンコールは、前田敦子の卒業ソング「夢の河」。前田が東京ドームで卒業した時には、白い大きなゴンドラの船に乗っていたが、北原は段ボールの船に乗ってステージ中央へ。
実は、かつて地方組の一員だった小森美果の13年の卒業時に、テレビ番組「AKB映像センター」で指原たちと自宅で同曲のパロディーを撮影していたことを、再現したもの。
アンコール直前に流した10年を振り返るVTRの中にも、その映像を前フリとして混ぜていたため、観客は大爆笑だった。

最後のあいさつでは、近野は「最後にやり残したことは何かなと考えたら、同期の顔が浮かび、そのみんなでこの秋葉原の劇場に立てて良かったです。今日は一生の宝物になりました」と喜んだ。 
北原は「この公演をやったら卒業を実感するのかなと思っていたのに、昔一緒に頑張っていたみんなとリハーサルをしたら、当時の気持ちを思い出して、逆に遠ざかった感じがしています。でも、これで秋葉原に立てなくなると考えるとさみしいです。ただ、この公演を見てほしいと思う後輩ができて、彼女たちを呼んでいたり、見に行きたいと言ってくれたスタッフさんがいっぱいいて、愛してもらってたんだと実感することができてうれしいです。悔いなく秋葉原を去れそうです」とあいさつした。 

そして最後は、やはり研究生公演の時のラストソング「なんて素敵な世界に生まれたのだろう」をチョイス。 
「この歌を歌うと、当時のことが走馬灯のように思い出したね」(指原)。 
壮大なラブソングを、北原も仲間たちの多くも大粒の涙を流して歌い、思い出の詰まった劇場にサヨナラを告げた。


【【画像】NGT48・北原里英、デビュー記念日にAKB劇場でラスト公演】の続きを読む

1: 2018/02/19(月) 00:16:30.69 ID:CAP_USER9
NGT48の北原里英が、19日発売の「週刊ヤングマガジン」12号の表紙、巻頭グラビアを飾る。

4月14日に、約3年にわたってキャプテンを務めたNGT48の本拠地・新潟の朱鷺メッセで卒業コンサートを行う北原。

同誌ソロ初登場となった今号では。アイドルから女優への道を歩み始める北原の“大人の美”を余すところなく収録する。

http://mdpr.jp/news/detail/1747552

「週刊ヤングマガジン」12号
no title


北原里英初主演映画『サニー/32』
no title

no title

no title



【【画像】北原里英(きたりえ)、美谷間くっきり水着姿披露 アイドルから女優へ】の続きを読む

1: 2018/02/16(金) 22:50:43.56 ID:CAP_USER9
NGT48北原里英「熱艶ランジェリー」

https://smart-flash.jp/gravure/34181?sp

no title


 大ヒット写真集増刷決定! 卒業目前の選抜常連メンバーが初写真集で魅せたベトナムでのアツいカットをお届け!

きたはらりえ
26歳 1991年6月24日生まれ 愛知県出身 A型 
2007年に5期生としてAKB48に加入し、翌年から選抜メンバーに抜擢される。SKE48との兼任を経て、2015年よりNGT48のキャプテンとして完全移籍。
4月に卒業コンサートが行われる。体当たりの熱演でヒロインを務める映画『サニー/32』が絶賛公開中


【【グラビア】NGT48・北原里英「熱艶ランジェリー」 】の続きを読む

このページのトップヘ