吉高由里子

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/07/22(金) 18:05:34.83 ID:CAP_USER9
 きょう7月22日は俳優の吉高由里子の34歳の誕生日だ。昨年放送のドラマ『最愛』(TBS系)では殺人事件の重要参考人となる実業家の役で主演し、そのシリアスな演技が高く評価された。

 最近では、再来年(2024年)のNHKの大河ドラマ『光る君へ』で主人公の紫式部を演じることが発表されたばかり。その記者発表では、《男の人の社会で動いていた時代に、女性が表に立つ内容をやっていく中で、たくさんの人に共感していただける主人公を表現できたらいいなと思っています》と意気込みを語ったほか、同席した脚本家の大石静に《私は、馬に乗りたいので、馬のシーンをねじ込んでいただけたらなと(笑)。馬に乗って現場入りしたい(笑)》と希望して笑いを誘った(※1)。

 2018年にドラマ『正義のセ』(日本テレビ系)で検事を演じたときには、検事や警察もの、医療ものは苦手だとして、その理由を《事件の台詞、たとえば何時何分、どこでどうのとかっていうのが覚えられない(笑)。
感情と関係ない台詞が多いと頭に入ってこないんです。喋るときも硬くなってしまいますし》と語っていた(>>2)。この発言は、感情を求められる台詞なら、役に入り込めるというふうにも読み取れる。実際、彼女の評価が高いのは、劇中の人物の感情をリアルに演じられるところにこそある。

■デビューのきっかけは「原宿でスカウト」

 そんな吉高の俳優としてのキャリアはなかなか波瀾に富んでいる。高校1年のときに東京・原宿でスカウトされて事務所に入ると、その2週間後には映画『紀子の食卓』のオーディションを受けた。
芝居のことは何も知らず気軽に挑戦したのだが合格し、これが事実上のデビュー作となる。同作が撮影の翌々年の2006年に公開されると、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞、公開と前後してドラマにもいくつか出演し、徐々に認知されていった。

 ただ、本人はもともと芸能の仕事は高校在学中の3年間だけやろうと思い、卒業とともに辞めるつもりでいたという。このときは親から「辞めたら何をするのか。何もないだろう」と引き止められる。それでも新人時代は俳優としてやっていく意志は薄かった。当時、あるイベントで彼女に出演してもらったジャーナリストの速水由紀子は、そのときの彼女の口癖は《女優より普通のOLがいい。お昼休みにカーディガンひっかけてサンダルはいて、お弁当を買いに行きたい》だったと書いている(※3)。

■交通事故に遭い、重傷を負って…

 それでもバイトしながら、オーディションを受け続けていた。そのなかで人生観を変える出来事に遭遇する。それはちょうど舞台演出家・蜷川幸雄が監督する映画『蛇にピアス』(2008年)のオーディションに合格し、思いがけず主演を射止めて喜んだ直後のこと。
交通事故で重傷を負い、ICU(集中治療室)に入って生死の境をさまよったのだ。意識が戻ったときも、記憶が飛んで自分の名前も言えなかったという。医師からは全治半年と言われた。

 それまで俳優の仕事ばかりか生きることにもあまり執着はないつもりでいた吉高だが、ICUにいるあいだ、隣のベッドの人が当たり前のように死んでいくので、《ひょっとして明日は私なのかなあ、なんて思ったら、今まで感じたことのない感情が湧いてきて》生き延びたいと思った(※4)。その途端、急に発熱し、40度もの高熱がしばらく続いたかと思うと、今度はものすごいスピードでケガが治り始める。結局、半年どころか1カ月半で完治したとか。このときの経験を彼女は次のように振り返っている。

《熱くて熱くて、でも生きてる。寝てる間に声をあげて唸ったりして、うわー、意識してないところで体が唸ってる、まだ生き残ろうとしてるんだ、と思うと……。心が体に置いてかれちゃう、追いつかなきゃって気がしたんですね。それからもっと敏感になりました、この世界に。(中略)だから、しばらくはいちいち感動してましたね。普通に人の名前を呼ぶだけで泣きそうになったりとか……》(※4)

■初主演映画では激しい濡れ場も

 事故から復帰後、いよいよ撮影にのぞんだ『蛇にピアス』ではヌードシーンもあったが、《ICUでは傷も何もかも丸出しだったから、裸に抵抗感がなかったのかもしれません》と話す(※5)。その体当たりの演技で一躍注目され、以後、映画やドラマに立て続けに出演するようになった。2014年にはNHKの連続テレビ小説『花子とアン』のヒロインを演じ、人気に拍車がかかる。自分はネガティブなタイプなので、みんなが注目する“朝の顔”にはふさわしくないと考えていただけに、同作のオファーを受けたときは驚いたという。

全文
https://bunshun.jp/articles/-/56054
no title





【吉高由里子に「ICUでは何もかも丸出しだったから、裸に抵抗感がなかったのかも」人生観が激変した“出来事”とは】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/04/06(水) 18:37:14.44 ID:CAP_USER9
 女優の吉高由里子(33)が6日、自身のツイッターを更新。デビュー作となった映画「紀子の食卓」の園子温監督(60)が週刊誌で、若手女優に対する性加害疑惑が報道されるなど激震が走る映画界について「はぁ…。なんか、そんな件で名前を聞きたくなかった方々が…。よくない。優越ある地位を利用して夢に向かう姿を欺くなんて。本当に残念」などと憂いた。

 吉高はさらに「被害者の方は名前を見るだけで深く長く強く苦しむんだから、悲しいや。そんな世界だと思われてしまう。真摯に熱意をもって作ってる方達に失礼です」と率直な思いをつぶやいた。

https://www.chunichi.co.jp/article/448493?rct=entertainment
no title





【吉高由里子「被害者の方は名前を見るだけで深く長く強く苦しむ」デビュー作・園子温監督らの性加害疑惑報道憂う】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2022/03/29(火) 14:30:20.31 ID:Ub+qSy0l0NIKU
吉高といえば、映画『蛇にピアス』で全裸ファックシーンに
挑んだことで知られるが、彼女はそれさえも、
酒席のオカズにしてしまうというから驚きだ。
「吉高は男性スタッフに、
”私のヌード、見たことある?”と挑発。
『蛇にピアス』を観た相手が、
”はい。よかったです”と答えると、彼女は
”どこがよかったの?胸の形?大きさ?”と畳み掛けるんです。
相手が答えに窮するのを見て、吉高はご満悦でキャハハッと高笑い。
もの凄いドSです」(同)
そこらのオヤジも顔負けのセクハラプレイである。
---(週刊大衆)
no title





【吉高由里子さん「私のヌード、見たことある?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/09/14(火) 09:04:56.07 0
著しいヌード女優不足
no title

no title





【【悲報】最近の連ドラ主演級女優でヌードになってるの二階堂ふみ、吉高由里子しか居ない】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2019/05/20(月) 15:30:29.44 0
とても乳首晒したとは思えない

no title




【【画像】吉高由里子って乳首晒したとは思えない程可愛いよな?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2019/04/12(金) 20:32:39.18 ID:sONx+kB40
今もたまにお世話になるンゴね~

no title




【【画像】吉高由里子が映画でヌードを晒したという事実】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/09/15(土) 07:57:35.25 ID:CgeBH0GB0


【【画像】吉高由里子さんの乳首、映画で男に舐められ横を向いてしまう】の続きを読む

このページのトップヘ