芦田愛菜

1: 2017/07/19(水) 02:47:43.90 ID:PLOnktDJ0 
この春、中学校に入学したばかりの女優の芦田愛菜さん(13)。
ドラマ「Mother」(2010年、日本テレビ系)や「マルモのおきて」(2011年、フジテレビ系)の出演時には幼くあどけなかった顔も、随分と大人びてきた。

「子役の愛菜ちゃん」から「女優」へと転身を遂げる芦田さんだが、その「成長」に戸惑う大人たちが散見される。

芦田愛菜さんが出演する早稲田アカデミーCM

no title

no title

どうしても目が...

芦田さんは芸能活動の傍ら勉学に励み、複数の難関私立中学校に合格したことが各メディアによって伝えられている。
受験勉強に専念するためか一時はテレビ露出が減っていたが、中学入学を機にテレビ出演する機会が急増。しばらく見ていなかったせいか、急激に大人びたように感じる人も多いようだ。

とりわけ小学校中高年から中学生にかけては、少女から大人の女性に近づく第二次性徴の時期。背が伸びただけでなく、体つきも徐々に女性らしくなってきている。衣装によっては胸のラインが分かるものもあり、どうしても目がいってしまう視聴者は少なくない。

2017年7月17日から放送が開始された、早稲田アカデミーのCMもその一つだ。「バス篇」CMでは全力疾走を披露しており、制服のブラウス越しの胸に注目が集まった。

CM動画を公開するYouTubeのコメント欄には、

「体めっちゃ成長してね?(意味深)」
「胸も中学生だね」
「乳出てきたなぁ」
「ぺちゃぱいだ」
といった感想が並ぶ。

https://www.j-cast.com/2017/07/18303551.html?p=all

芦田愛菜、リアル過ぎる女子中学生演じる 早稲田アカデミー新CM「バス篇」「図書室篇」「屋上篇」

https://youtu.be/oLT_aJk18bw 




【【画像】芦田愛菜の検索候補に「胸」「大人っぽくなったな。特に...」】の続きを読む

1: 2017/06/29(木) 23:57:50.74 ID:62o7dGKy0NIKU BE:585351372-2BP(5555)
櫻井・有吉THE夜会2時間SP★

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


【【画像】芦田愛菜ちゃんゴスロリコスプレ きたあああああああ!!!!】の続きを読む

1: 2017/04/09(日) 08:54:37.54 0
 子役女優の芦田愛菜(12)が8日、都内の名門中学・慶応義塾中等部に入学した。
昨年は芸能活動をセーブし、予備校にも通い受験勉強に全力を傾けた。今年2月、見事に複数の都内超難関中学に合格。
いずれも偏差値70以上の中学だったが、その中で芸能活動もできる慶応中等部を選択した。この日は小雨もちらつく天気だったが、グレーの式典用制服を着て、中学校に隣接する慶応大での入学式に楽しそうに出席した。

 4歳でドラマ「ABC家族レッスン ショートムービー2“だいぼーけんまま”」でデビューし、5歳だった10年に放送された日本テレビ系ドラマ「Mother」でそのかわいさと演技力が注目され、“天才子役”として人気に。

 11年フジテレビ系「マルモのおきて」では、史上最年少の6歳で連続ドラマ初主演。
主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」も大ヒットし、同年のNHK紅白歌合戦にも史上最年少で初出場した。
その後も12年には「うさぎドロップ」などが評価されブルーリボン賞新人賞を受賞し、「パシフィック・リム」ではハリウッドデビューも果たすなど映画でも活躍し、着実に実績を積み上げてきている。

 近年は鈴木梨央や本田望結ら同い年のほかの人気子役の活躍も目立っていたが、無事名門中進学を決めたこれからは、再び芦田がスポットライトを浴びる場所に戻ってくる。

 ◆慶応義塾中等部
 1947年開校。1学年の生徒数約240人の男女共学で、中学入試の募集定員は男子約140人、女子約50人。女子は約半数が慶応義塾幼稚舎(小学校)からの内部進学者のため、中学受験での合格の門戸は非常に狭いとされる。
女子は慶応義塾女子高等学校などに進学する。多くの著名人を輩出し、卒業生の女優には幼稚舎からでは二谷友里恵、柴本幸らが、中等部からでは菊池麻衣子らがいる。
17年入試の予想偏差値は各機関のデータによって差異はあるが女子は70台前半が多く、首都圏トップレベル。

・入学式を終え下校する芦田愛菜

no title

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1804826.html

【慶応に入学した芦田愛菜ちゃんに勝てるアイドルって誰かいるの?】の続きを読む

このページのトップヘ