上戸彩

1: 2018/07/25(水) 21:55:57.74 ID:iiw3FKzq0
 上戸彩(32)が出演する月9ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』の“奇跡の2桁発進”に、フジ局内が盛り上がっている。その背景には、上戸が体を張った演技が光っている。Gカップ巨乳とエロすぎる“バナナフェラ効果”が、大コケが予想されたの初回視聴率を底上げし、想定外の2桁発進を成功させたともっぱらだ。
 「『絶対零度』シリーズは、警視庁女刑事役で上戸が主演し、さまざまな難事件を解決していく警察ドラマ。'10、'11年にフジ系で放送されたのですが、シリーズ第3弾の今回、上戸に代わり沢村一樹が主演になったのです。近年、看板枠の月9は低迷続きで、今作も大コケ船出が予想されていましたが、フタを開けると7月9日放送初回は視聴率10.6%と嬉しい大誤算でした」(放送記者)

 第3弾には沢村のほか、『関ジャニ∞』横山裕、本田翼らが出演。上戸も特別出演として、ちょい役ながらも登場したのだが、その“上戸効果”が視聴者を引きつけたという。
 「初回放送は、上戸が横山裕に対し、“今の任務から離れることになった”と警視庁近くの路上で別れを告げ、失踪するシーンから始まります。その時、上戸は黒いシャツの上にスーツを着ているのですが、横山に背を向けて去っていく際、“人妻Gカップ巨乳”がシャツを突き破らんばかりに“ぶるんぶるん”揺れた。彼女の“巨乳力”が視聴者を釘付けにしたことは間違いありません」(同)

 後半でも上戸は“エロ山場”を作った。
 「必殺の“バナナフェラ”ですよ。上戸は失踪後、何らかの理由でベトナムに滞在していたという設定なのですが、現地の部屋でバナナを頬張るシーンがあった。洗いたてのボサボサな髪の毛のまま、巨チンにフェラチオするかのように官能的な口技を披露すると、最後は、口の中で溶けたバナナをゴックン。AV並みのエロさで、さらに視聴者の下半身をガッチリ掴んだのは間違いない。2桁に乗せた大きな“ダメ押しゴール”でしたね」(芸能記者)

 冒頭と後半のわずか2回、ほんの計数分程度の「特別出演」だったが、その存在感は強烈。2桁視聴率の結果に気をよくした上戸は、今後は“セクシー系人妻女優”として本格復帰する決意を固めたという。
 「実は今回の特別出演は、'15年8月に第1子出産を発表して以来、初の連ドラ出演という大きな節目だったのです。自身のエロ効果で2桁に乗せたことで、今後は、女優として濡れ場でも脱ぎでも積極的にやっていくと宣言しています。同じ事務所の先輩で、テレビ朝日系主演作『ドクターX』の大ヒットで“視聴率女王”に君臨した米倉涼子を追い越す覚悟で、エロシーンをガンガン仕掛けていくようですよ」(芸能関係者)

 上戸は'12年9月、『EXILE』のリーダーHIROと結婚して以降、みるみるエロチックなボディーに変貌している。
 「上戸は'14年の連ドラ『昼顔』(フジテレビ系)で見せた不倫妻役のセクシー演技でも高視聴率をゲットし、女優として新境地を開拓しました。『絶対零度』でも今後、サプライズ的に登場する可能性があり、目が離せません。米倉の座を追い抜く可能性もありますよ」(同)

 今回は主演から外れたが、連ドラ復帰を成功させたことで、セクシー主演にやる気満々だとか。次回の主演作では、Gカップ爆乳を乳首ギリギリまで見せる全裸シャワーやTバックベッドシーン、ディープキスなどを自ら提案しているとも伝わってきている。

https://wjn.jp/article/detail/3930550/ 

no title

no title


【上戸彩 「人妻巨乳ブルン」+「AV並みのゴックン」で月9ドラマ視聴率“奇跡の2桁発進”】の続きを読む

1: 2018/05/06(日) 18:13:49.89 ID:4SXqk5s90● BE:322453424-2BP(2000)
上戸彩(32)主演の『絶対零度』シリーズ1、2は、女刑事を熱演した上戸の功績で高い視聴率を獲得した作品で、フジのお宝番組だった。それが次期7月開始のフジテレビ系「月9」で復活するという。

 視聴率請負女優・上戸彩が出産後、初の連ドラ復帰を果たす。しかし、主演ではない“出演”になることに不満が爆発寸前といい、怒りの「ぶるぶる巨乳」裸身解禁に踏み切るとの観測が高まっているのだ。
 「上戸は夫『EXILE』HIROとの間に'15年8月に第1子長女を出産して以来、初の連ドラに出演します。しかしなぜか、主演でもヒロインでもないのです。
次期月9は、上戸が'10年と'11年に主演した人気作品『絶対零度』シリーズになるとされるだけに、主演を外れるのは違和感がある。上戸も周囲に不満を明かしているようです」(放送記者)

 最近の月9は低迷続きで、周囲がママ上戸に精神的プレッシャーを背負わせないために配慮し、主演から外したとみられている。また、昨年9月に『EXILE』TAKAHIROと電撃デキちゃった婚した所属事務所の後輩・武井咲が、1月に出演が内定していたフジの連ドラを吹っ飛ばしたことへの“尻拭い出演”との見方もある。
 「『絶対零度』シリーズは、女刑事を熱演した上戸の功績で高い視聴率を獲得した作品だけに、主演でないのは上戸のプライドが許さないはずです。さらに後輩武井の尻拭いのための、形式的なバーター出演にも不満と言われます。
結局、主演は沢村一樹あたりの男優で調整しているようですが、上戸は周囲に“第一線から外れたとでも言いたいの?”とこぼしているとか」(同)
上戸のおっぱいは結婚後、みるみる肥大化し、Gカップは確実な“ぶるぶる巨乳”に育っている。
 「彼女は'14年のフジ系連ドラ『昼顔』での不倫妻役でセクシー演技を披露したように、女優魂が強いのです。伝わってきた話では、本格復活ののろしを上げるため、セクシー写真集の構想を出版関係者と話し合い始めているとか。
最低でもお尻のワレメを露出し、巨乳手ブラ&Tバックは必須になりそう。反響次第では、乳首出しも視野に入ってくる」(芸能プロ関係者)

 さらに上戸は3月、交際していた元カレ『V6』の森田剛が宮沢りえと電撃結婚したことにも精神的ダメージを受けているといわれている。
 「森田とは双方の事務所に強制破局させられただけに、上戸は元カレの結婚にショックを受けています。
4月10日放送の日本テレビ系『火曜サプライズ』では、スピリチュアリスト・江原啓之氏から“あなたが思うほど、あなたは弱くない”と励まされると、上戸は目に涙を浮かべ“何を第一優先にしていいか分からない”と、月9出演を含めた現在の状況について悩んでいることをうかがわせ、周囲を驚かせました。
そこまで人妻と女優との狭間で悩んでいるのなら、吹っ切れてセクシー復活路線に舵を切れば、再び連ドラ主演もゲットできるはずです」(女性誌記者)

 巨乳セクシー解禁は秒読みだ! 子育てもひと段落した今、不満爆発寸前の上戸は“エロリベンジ復活”を期しているという。

https://wjn.jp/sp/article/detail/2591887/ 

no title

【上戸彩、ぶるぶる巨乳で『昼顔』超え! 次期「月9」はお色気満載】の続きを読む

1: 2017/07/10(月) 18:30:38.12 ID:CAP_USER9
 7月10日の「納豆の日」を前に、全国納豆協同組合連合会が主催した「2017年度納豆クイーン」にお笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右(48)の長女でタレントの岡田結実(17)が選ばれた。4日に都内で行われた表彰式では、「幼い頃から自宅には必ず納豆があった。冷蔵庫に入っていると安心する」「朝は学校に着いてから納豆巻を食べています」と自身の納豆愛を語った。

 日本人が昔から親しんできた納豆は、一方で臭いが強烈でネバネバとした独特の食感から、世代や地域によって好き嫌いがはっきり分かれる。ところが意外に納豆好きは女優・タレントは多く、『納豆好き』を公言する人気女優は多いという。女性週刊誌の編集者はこう証言する。

「まず吉田羊。幼い頃からおやつ代わりに毎日、納豆を食べていたようで、臭いも食感も好きだとか。『吉田羊の半分は納豆で出来ている』と公言し、普段から専用の納豆袋を持ち歩いているほど。マネージャーも彼女のために納豆巻きを買っておいてくれるそうですが、それだけでは満足できず、納豆巻きをおかずに納豆を食べてしまうことも。ちなみに、結婚相手に求める条件は『納豆を食べる時に聞こえる、ヒューヒューという糸の音を隠さない男性』だそうです」

 納豆は比較的プリン体が多い食材。ここまで食べ過ぎると痛風の原因となる尿酸の値が気になってしまうが、吉田に匹敵する納豆好き女優はまだまだ存在する。

「上戸彩(31)は最高で一日に9パックも納豆を食べたことがあると言ってました。ご飯と食べる以外に、納豆パスタや納豆そば、納豆カレーなどさまざまなアレンジもしているそうです。そして、自らレシピまで考案するほどの納豆好きが柴咲コウ(35)。ご飯の上に納豆や豚しゃぶ、大根おろし、生卵をのせて、食べるラー油とゴマ油をかけた『スタミナ丼』。納豆とツナ、トマトをだし醤油で和えた『ツナとトマトの納豆和え』などを自宅で調理しているそうで、特に納豆和えは夏バテ気味の時によく食べているようです。さらに、若手女優だと松岡茉優(22)も納豆好き。ほぼ毎日1~2パックは納豆を食べていて、食欲がない時は納豆だけで栄養補給をすることもあるといいます」(前出の編集者)

 納豆は人によっては一度ハマると毎日食べ続けてしまう魅力的な食材だが、なぜ人気女優に納豆好きが多いのだろうか?

「納豆と言えば、食物繊維が豊富で骨を丈夫にするカルシウムも含まれており、体に良い食品というイメージがありますが、それ以上に美容効果が高いということが大きいでしょう。皮膚の新陳代謝や肌荒れの改善など、美肌作りに重要なビタミンBが豊富。コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進し、肌をなめらかに美しく保つ働きを持ったイソフラボンも含まれています。さらに、納豆には脂肪の吸収を抑制する効果も。痛風の原因となるプリン体の量は1日1パック程度食べるのであれば気にすることはありませんし、女優業にはうってつけの食品だと思いますよ」(中堅芸能事務所のマネジャー)

 人気女優たちがこぞって食べ続ける納豆。ある意味、「納豆が好き」ということが女優として大成する秘訣かも!?(ライター・丸山ひろし)

https://dot.asahi.com/dot/2017071000013.html

no title


【吉田羊、上戸彩、松岡茉優 人気女優に「納豆好き」が多いワケ】の続きを読む

1: 2017/06/11(日) 12:42:52.70 ID:CAP_USER9
女優の上戸彩さんが、12日発売の女性ファッション誌「ar(アール)」(主婦と生活社)7月号の表紙を飾っている。
今号は“空前絶後のセクシー号”で、上戸さんを「ヘルシーな色気が最強すぎる太陽みたいな女性」として紹介。
胸元が開いたストレッチデニムのドレス姿や背中を大胆に露出した白のミニワンピース姿に加え、水着とエプロン風オールインワンの重ね着に、ビッグサイズのTシャツ、ニーハイストッキングと“ヘルシーな色気”を漂わず個性的な着こなしにも挑戦している。

7月号では、上戸彩さんを10ページにわたって特集。
上戸さんが「色気」「女心」「LOVE」「BEAUTY」など八つのテーマについて語っており、
「色気って、ギャップから生まれると思う」「私が愛してやまないものはやっぱり娘。特に一緒に寝ている時間は愛おしくて、愛おしくて。これが無償の愛ってやつなんですね」「女にしかできないこと、女だからこそ求められること、それが女の喜びであり幸せだと思う」と自身の考えを明かしている。

また、上戸さんは、斎藤工さんと共演した映画「昼顔」についてもコメント。
斎藤さんと上戸さんの、他では見られない密着カットも掲載している。

このほか、7月号には「とにかく触りたいカラダの持ち主」としてグラビアアイドルの篠崎愛さんが初登場。
人気アイドルグループ「乃木坂46」の堀未央奈さんと高山一実さんも誌面初共演を果たし、「恋してる夏の日の服」を8ページにわたって披露している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170610-00000008-maikirei-ent

「ar」7月号 上戸彩

no title

no title

no title

no title


【【グラビア】上戸彩、雑誌「ar」“空前絶後のセクシー号”に登場 背中を大胆に露出】の続きを読む

1: 2017/05/30(火) 07:53:05.44 ID:FivYC8q/d
バックからのハグシーンでも、上戸は“あんっ”と声を上げ、挿入を誘うようにお尻を突き出したとか。
ベッドでも白目をむくような“イキ顔”を見せたり、終了後にパンティーを穿いた際、股間が湿っていたように見えたスタッフもいたらしく、「本当に濡れていたのかもしれない」と、囁かれている。

上戸彩(31)が、ネット公開された主演映画『昼顔』(6月10日公開)の予告編映像の中で、エロ過ぎる“全裸立ち後背位”の激濡れ場シーンを披露し、波紋を広げている。
 「予告編は約1分半の映像なのですが、刺激的シーンが収録されています。
中でも衝撃なのは、裸で立つ上戸を、共演のイケメン俳優、斎藤工が同じく裸で背後からハグし、上戸の乳房を愛撫するようにいやらしく触るところ。
その後、斎藤は自身の親指を上戸の口に入れると、まるで“指フェラ”のように斎藤の指を舐めるようなしぐさも見せたのです」(映画ライター)

no title


【「離婚して…」上戸彩、“ガチ濡れ”“イキ顔” 不倫映画『昼顔』の圧倒的エロス】の続きを読む

このページのトップヘ