脊山麻理子

1: 2018/11/15(木) 06:44:24.39 ID:ASYMOW9c0● BE:512899213-PLT(27000)
 フリーアナウンサーの脊山麻理子が去る11月11日、写真集『S』『M』の発売記念イベントを行った。

 2冊の写真集はそれぞれ“サド”と“マゾ”を表しており、下着姿の緊縛ポーズやボンデージ姿などのセクシーカットが満載となっている。

 ネット上では「これはエロい!」「ここまで来たらぜひ全裸になってほしい」「緊縛女子アナ最高です」など、38歳になってもなお、衰えぬ美貌とスタイルに称賛の声が上がっている。

「脊山は父が医師で東京大学医学部名誉教授、自身も慶應義塾大学卒と生粋のお嬢様。日本テレビのアナウンサー時代は問題発言などもあり、コンテンツ事業局に左遷となりましたが、結局、そのまま1日も出社せず退社しています。もともと学生時代から芸能活動をしていたこともあり、自分が一番目立ちたいというタイプですから、女子アナとしての活動は箔付けみたいなものだったのでしょう。今回の写真集では、ほぼ全裸に近いカットも掲載されており、ファンからは早くも次回作への期待が高まっています」(芸能記者)

 脊山は日テレ退社後、ダブル不倫が発覚して離婚したが、現在は独身のまま、わが道を突き進んでいる。熟女ファンからは、第一線で活躍していた美女がここまで自分をさらけ出す様がたまらないと言われており、次は何をするのかに注目が集まっている。

 「脊山のもとには過去に何度かヌード写真集のオファーがあったようですが、合意には至りませんでした。しかし、そんな脊山もあと2年で40代に突入します。2016年には女子プロレスに参戦するなど、その突き抜けた行動が“色物”として見られることもあり、本人もこのままでは終われないでしょう。今なら1億円のギャラは固い。近い将来、ヌード写真集が発売される可能性は高いと思いますよ」(同・記者)

 脊山がヌードになるためのネックは、東大医学部名誉教授の父や現役医師の兄など、家族の反対だという。しかし実際は、「脊山の芸能活動について家族は関与していない」(関係者)といい、後は本人の承諾だけ。

 TBSを退社してフリーアナウンサーになった田中みな実ですら、下着姿や手ブラ姿を惜しげもなく披露している現在、脊山が今以上に世間からの注目を浴びるには、もはやヌードを披露するしかないのは明らかだ。

 果たしてファンの期待はかなうのか。今後の脊山の動向に注目したい。

https://wjn.jp/article/detail/9547402/

no title



期間限定セール(毎週作品更新)

【過激「SM写真集」発売のフリーアナウンサー脊山麻理子、「次はフルヌード」確実!?】の続きを読む

1: 2018/11/08(木) 00:52:28.61 ID:c5xA0OSD0 BE:952483945-2BP(1000)
 元・日本テレビアナウンサーの脊山麻理子(38)が、11月10日にSMをテーマにした最新の写真集『S』と『M』(共にワニブックス)を2冊同時リリースする。その表紙カットが通販サイトなどで解禁され、元女子アナの衝撃的な緊縛姿に驚きの声が上がっている。

 同作は、タイトルそのままに「サド」と「マゾ」の世界を表現。『S』はサドッ気たっぷりの脊山、『M』はM女となった彼女というように、まったく逆の魅力が楽しめる趣向になっている。すでに「週刊現代」(講談社)で先行カットを披露しており、ムチを手にした女王様姿や麻縄で縛られたM女姿などが話題になっていたが、表紙カットの解禁であらためて「元女子アナのSM写真集」に驚愕する人が続出しているようだ。

 解禁された表紙カットは、どちらも衝撃的。『S』は、ムチを片手にお尻をほとんど丸出しにした脊山が女王様チックな表情を浮かべているジャケット。ボリューム感たっぷりのお尻と男性のドM心をくすぐる表情は、現役の女王様といわれても違和感がないほどハマっている。そもそも、元女子アナが「お尻丸出し状態」の露出をしているだけでも驚きなのだが、それ以上のインパクトでドSぶりを表現している。

 一方の『M』は、ランジェリー姿で胸の谷間をあらわにしながら縛られている緊縛ショット。柔肌に食い込む麻縄、乱れた衣装や髪、今にも泣きだしそうな男のサド心を直撃する表情…こちらもプロのM女さんなのではないかと錯覚するほどの仕上がり具合だ。形のいいバストやむっちりとした太もものラインも美しく、抜群のプロポーションの持ち主であることも再認識させられる。

 これにネット上のグラビアファンは大歓喜。「ここまでやってくれるとは」「イヤらしいボディと知的な顔のギャップが良い」「緊縛姿がたまらん」「麻理子女王様に調教されたい!」などと、驚きと歓喜の入り混じったコメントが飛び交っている。

 脊山は日本テレビの美人女子アナとして活躍した後、2010年にフリーに転身。フリーアナといえば、普通なら番組やイベントの司会が仕事の中心になるところだが、脊山は2014年に「週刊プレイボーイ」(集英社)で水着グラビアデビュー。過激なイメージDVDや写真集を次々とリリースし、ファンを驚かせてきた。

 最近は元女子アナのグラビア転身が珍しくなくなってきた印象があるが、その大半は地方局の元アナウンサーや最初からフリーだったというケース。元TBSアナの田中みな実(31)が「腕ブラセミヌード」を披露したこともあったが、その発表の場は女性誌だった。いわゆる「キー局」出身の女子アナで、男性向けの過激なグラビア露出をしているのは業界でも脊山だけといえるだろう。

 それだけでも驚嘆するような転身ぶりだが、今回の「女子アナの緊縛SM」はまさに前代未聞。女子アナの限界を完全に突破してしまったカタチだ。


no title

no title

https://twitter.com/mariko_seyama



【【画像】崖っぷちフリーアナウンサー・脊山麻理子、ついにSMで縛られる!】の続きを読む

1: 2018/02/04(日) 20:51:34.72 ID:N8tM5Ckj0 BE:368289528-PLT(14345)
元日本テレビのフリーアナウンサー、脊山麻理子(37)が4日、東京都内で最新DVD「ファム・ファタール~運命の人~」(ラインコミュニケーションズ、4104円)の発売イベントを行った。
1メートル65、B84W57H84の悩殺ボディーを黒のボンテージ衣装に包んで登場。仏語で「小悪魔」という意味のタイトルで、「印象的な衣装を着て、忘れられないものを作ろうがコンセプト。今まで一番、距離が近い撮影で、生っぽさを感じられると思います」とアピールした。
14日のバレンタインデーも近づいてきたが、「常に自分の気持ちに正直にいたい」とにやり。
誰に渡すかは明かさなかったが、「ケーキを作ろうかなと。もらった人は気持ちを受け止めて」と、色気を出していた。

http://www.sanspo.com/geino/news/20180204/geo18020418170029-n1.html

no title

no title

no title



【フリーアナ脊山麻理子、黒のボンテージでお尻アピール「生っぽさを感じられると思います」】の続きを読む

このページのトップヘ