片山萌美

1: 2018/02/04(日) 08:37:56.97 ID:Mlen5Tab0 BE:255920271-PLT(12321)
片山萌美 男を狂わす美脚…主演映画「富美子の足」で体当たり演技

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/03/kiji/20180202s00041000230000c.html

美脚を生かし、映画「富美子の足」で主演を務めた片山萌美 Photo By スポニチ

 女優の片山萌美(27)が、主演映画「富美子の足」(10日公開)で美脚と体当たり演技を披露する。
谷崎潤一郎の短編小説が原作で、美脚で男たちを狂わせていくデリヘル嬢の富美子役。
撮影では、脚を偏愛する富豪の老人役のでんでん(68)と、そのおいを演じる淵上泰史(33)に脚をなめ回された。

1メートル70、92センチGカップの抜群のスタイルでグラビアでも人気。
撮影前の1カ月は脚をマッサージするなど美脚に磨きをかけ「グラビアだと胸に注目されて、こんなに脚をクローズアップされることはないので恥ずかしい感覚でした」と照れ笑い。
目標の女優は太地喜和子さんで「かわいくて男らしい素敵な演技をする方。そこを目指したい」と意気込んだ。

3: 2018/02/04(日) 08:38:59.52 ID:Mlen5Tab0 BE:255920271-PLT(12321)

no title

no title

no title

見放題ch ライト

【【画像】高身長Gカップグラドル・片山萌美、男を狂わす美脚で谷崎潤一郎の変態小説を体当たり演技】の続きを読む

1: 2017/10/25(水) 07:07:38.07 ID:KtLcg/240 BE:418558609-2BP(1000)

語っていいとも! 第46回ゲスト・片山萌美「普通に海行く水着を見つけるのも大変で、ただの変態みたいな…」

―ちなみに、昔から自分っていい女だって思ってました? スタイルにしても抜群で胸が大きくて、周りからは大人っぽく見られてたようですが。

片山 そう、ませては見られましたね。高校生の服着て「コスプレかと思いました」って言われたことありますし(笑)。
どうなの、それ?みたいな。だから、どうなんだろう…でも私、自分のスタイルは好きじゃなかったんで。
それこそモデルなりたかったから、胸が大きいのも超コンプレックスで。正直、日本のモデルさんにしては身長が高いとか、結構ネックでしたね。

―ほんと不思議なもので。胸があるってことに対して、当人はプラスなんかじゃない!ってコも断然多いですよね。
萌美ちゃんもグラビアやろうってなった時に「私でいいんですか?」って言ったそうだけど。

片山 だから、結構ダメで。逆に邪魔だったりしたんで。

―うちで配信した最近の記事に「大きすぎる胸の苦悩で専門アパレルを作った彼女たち」という対談企画があって。
ほんと男目線では絶対わからないことだなと。

片山 でも、そうなんですよ。洋服は本当に悩みかも。フリーサイズが入らないんで…例えば、水着とかも普通に海に行くってなった時の水着だと、結構サイズを見つけるのも大変で。
グラビアとして写真撮るならカワイいんですけど、普通に行ったらただの変態みたいな感じになっちゃうことが多いから。

―露出狂かって?(笑) 確かに一番最初のグラビアでインタビューした時も「こんなに小さくて大丈夫なのかと思った」って話を…。

片山 そう! でもそれしかないしなと…。だから、胸がどうこうじゃなくて、いい女になりたいなとはずっと思ってますし、別に自分がブサイクと思ったこともないですけど、だからって自分の顔とか体が趣味なわけでもないんで。

どっちかっていうと、広末涼子さんとかの感じが好きだったり、ちょっと違うんですよ、憧れが。
別に自分の顔が可愛くないとは言わないけど…自分で鏡をみたら、タイプではないなってすごく思う。

―本当にそれぞれないものねだりで、人間は難しいものですね(苦笑)。自分がもし女性で、萌美ちゃんみたいなスタイルや容姿で生まれてたら、どういう気分だろうなって。どれだけウハウハなんだって思ってしまうけど(笑)。

片山 いやいや、人間、一緒ですよ。結局、何かしら劣等感はありますって(笑)。
もう今はそんなこと以上にコミュニケーション能力をもっと高くしたいなとか、永遠に悩んでますよ。

no title

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12176-92538/

【グラビアアイドル「胸が大きいのがコンプレックスで」 ←誰か翻訳しろ】の続きを読む

このページのトップヘ