須藤凜々花

1: 2019/01/30(水) 20:14:23.77
 元NMB48のタレント・須藤凜々花氏が1月31日をもって芸能活動から引退することが事務所からFAXで報道各位に電撃発表されました。関係者によると今後は哲学者を目指すとのことです。

 久田将義氏と吉田豪氏は自身がパーソナリティをつとめるニコニコ生放送「タブーなワイドショー」において、ゲストで音楽ライターの南波一海氏とともにこの話題に言及。吉田氏は昨年からの須藤氏と事務所側に溝があったことを明かし、須藤氏の今後に対し「ただの主婦にはおさまらない人」「いつでもまたお仕事しましょう」とエールを送りました。

吉田:
 この件についてすごい重要なことがあって、昨年の8月4日、ちょうどTIF【※】の期間中に須藤さんが告発SHOWROOMをやっていたんですよね。それがまったく報道されていないことにモヤモヤしていて。

※TIF
世界最大のアイドルフェスティバルであるTOKYO IDOL FESTIVALの略称。

 何を言っていたかというと、哲学の仕事だと言われて現場に行ったら、何の説明もなく水着姿にされてセクシーグラビア撮影みたいなのが突然はじまって、ニップレスとかヌーブラもないまま相当ギリギリなことをやらされて、最初ドッキリかなんかだと思ったら全然そうでもなくて、誰も止めてくれない。もちろん事務所の人間も止めてくれない。

 生意気だとか言われるのは怖くて、撮影の時間も押していたから受け入れるしかなくて、でもそれがつらすぎて突然SHOWROOMを始めたっぽくて。すぐに報告DMがきたからボクも見始めたら、「私はこんな仕事やりたくてやってるんじゃない」みたいな感じで泣いてて。「タレントの仕事はやめるって事務所の人には言った」「やらなきゃいけない仕事は残ってるけど、それが終わったら引退する」「タレントにはもう何の未練もない」みたいなことを昨年の夏の時点で言っていたんですよ。

 これ絶対に騒ぎになるなと思いながらは当時それを見ていて、でもあまりそれを放送中に騒ぎ立てるのも可哀想だから、無言で彼女の放送のアドレスだけ貼って、時間差で「須藤凜々花すごい」とつぶやいて(笑)。「応援してますよ」ってアピールだけして。だから、あの時点でなんでどこも報じないのかが不思議だったんですよ。今こうやって引退がニュースになっても、そのことに触れているメディアもなくて。

 あの時点で事務所と溝があったんですよ。その後、一回だけちょっととあるイベントで須藤さんに会って少し話す機会もあったんですけれど、ゴタゴタも落ち着いてこのまま活動していくのかと思ったんですよ。そしたら、元NMB48の木下百花さん、現・百花さんと須藤さんが「炎上戦士ギャラ泥棒」っていう、吉本の有料配信番組をふたりでやっていて、それが11月の時点で配信が突然中止になったり、配信時間が遅れて、始まったら須藤さんがいなかったりで、要は須藤さんが生配信を突然すっぽかしちゃった、と。

 それで、なんとかしなきゃいけないっていうので百花サイドが友達を呼んで残り2回の放送の穴埋めをして、そのまま番組が最終回になって、そして今回の引退報道に至るという流れなんですね。

 なので、まあこうなるなという感じではありました。ただ、その流れを踏まえている報道が今まで全然なかったので、ちゃんと説明してみましたっていう。どうですか、南波さん。南波さんも“NMB(なんば)”じゃないですか(笑)。

南波:
 いやいや関係ないですよ、漢字違うし(笑)。そうやってNMB48を卒業した後、百花さんもそうですけれども、もうちょっと綺麗に活動できたらいいのになあと思いますけれどね。卒業しなくてもいいんじゃないかっていうあれもありますけれどね。何とも言えないですね。

吉田:
 どうですか、久田さん。

久田:
 結婚宣言時点でブーイングになっていたけれど、一周回って「この人、頭いいじゃん」ってなって。

吉田:
 CDを大量購入したりで課金して選挙に本腰を入れていた人たちが怒るのはわかるけど、そうじゃない人たちは意外と面白がったっていう感じでしたよね。

久田:
 そうそう。はじめはみんな怒ってた。本当に。課金していたからね。一周回って、「ん? この子頭いいな」ってなっていって。昔からずっと「哲学者」って言っていたからね、この人。実際に頭はいいんだろうし半周回ってこういうふうになっているけれど。なんていうんですかね……引退がいいんじゃないですかね。

吉田:
 えっ(笑)!?

久田:
 引退するよりもYouTuberとかがいいんじゃないのかな。ゆうこす【※】みたいな感じでいいんじゃないですか。

※ゆうこす
元HKT48メンバーの菅本裕子氏のこと。現在はYouTube等で“モテクリエイター”として活動中。

吉田:
 一旦辞めてほとぼりが冷めての活動だと思いますけれどね。

久田:
 間違いないでしょう。

南波:
 だってなかなかいないじゃないですか、こういう頭の切れる人でやっていけそうな人。もったいないですよね。

吉田:
 僕、昨日は百花さんとイベントだったんですよ。この件についてもちょっと話したんですけれども、言える範囲で話すと「須藤さんは哲学が好きなんですけれども、頭が悪いんですよ」って言ってた(笑)。だからこそ収録を飛ばしたりとかもするって。

南波:
 そうか(笑)。

久田:
 だから、ゆうこすさん的な感じでいいんじゃないの。

吉田:
 ゆうこすほどの器用さは無い気がする。

久田:
 YouTuberでもないのか。

吉田:
 僕「猫舌SHOWROOM」で「豪の部屋」という番組をやっていて須藤さんをゲストで呼ぼうとしたんですけれど、やっぱり事務所サイドからものすごい警戒されてずっとストップがかかっていたんですよ。その時点でゴタゴタしていて、生配信だと何を言うかわからないからって。

南波:
 芸能人向きな気がするけどな。

吉田:
 ですね。ただの主婦にはおさまらない人だと思います。

久田:
 それはないでしょうね。なんか出てくるんでしょうね。結婚してお子さんが生まれたりとかしたら、なんか出てくるんじゃないですかね。いろいろなやり方で。

吉田:
 いつでもまたお仕事しましょうっていう感じです。

https://news.nicovideo.jp/watch/nw4748460

no title



【元NMB須藤凜々花「何の説明もなく水着にされてニップレスやヌーブラもないままギリギリなことをさせられた」】の続きを読む

1: 2018/06/29(金) 09:03:56.04 ID:CAP_USER9
元NMB48で現在はタレントとして活動中の須藤凜々花が、6月19日に自身のツイッターを更新。

「今日の──」と頭につけて既婚妻のショットであることを示し、ポーズを決めた自身の写真を公開しているが、写真を見たフォロワーたちはある部分に釘付けとなってしまったようだ。

同写真の須藤は薄い紫色の衣服を纏い、両手は頭の高さまで持っていき、四角形を作るポーズをとっている。
須藤の胸から上までを写した1枚だが、結婚したこともあってか、アイドル時代と比べて一層色っぽくなったように感じられる。

しかし、ファンの視線が集中したのはその可愛らしいお顔ではなく、バストのほうだった。
トップスの胸の部分を見ると、そのふくらみがわかるのだが、その左右のふくらみから胸の先っちょと思わしき部分が凸状に浮き出てしまっているのだ。

この激しく艶っぽいショットにファンからは「これは絶対、胸ばっか見ちゃうでしょ」 「胸ポチしちゃってるやん」「りりぽんなら…」バスト用のアンダーウエアをつけてないことも「あり得るでしょ」といった興奮気味な声が聞かれている。

「これが胸ポチと断定はできませんが、それでもいやでもその部分が目立つ1枚ですから、本人も投稿する時に気付いていたはず。
変な誤解をされたくなければ公開しなければいいのにこういった声が出るのを承知で須藤は写真をアップしているんでしょう。
以前には夫と行った温泉旅行での入浴中の過激写真もアップしていましたし、胸ポチぐらい本人とっては気にする必要もなしということでしょう」(エンタメ誌ライター) 

 5日に行われた読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」の公開収録では、子作りに積極的に取り組んでいることを明かしていた須藤。芸能界を生き抜くために艶ネタもNGなしで頑張っていくその姿勢は他のAKBグループOGも見習ってほしいところか!?


【【画像】元NMB・須藤凜々花 、「ノーブラ疑惑」の写真を投稿 「乳首みえてる」と騒然!】の続きを読む

1: 2018/06/06(水) 21:47:40.17 ID:CAP_USER9
タレントの須藤凜々花が6日、都内で行われた映画『メイズ・ランナー 最期の迷宮』(6月15日公開)のイベントに、お笑いコンビ・ロッチ(中岡創一・コカドケンタロウ)とともに出席した。

「第9回AKB48選抜総選挙」開票イベントでの電撃結婚宣言から約1年、「あっという間でした、いっぱい働きました」と振り返る須藤。
ロッチから「助言したら?いま選挙に出てる人に『こんなスピーチだめだよ』とか」と、これから開票を迎えるメンバーに向けてのアドバイスを求められると、「助言…?総選挙か…」と悩みつつ、「ちゃんと相談したほうがいいですよね、大人に(笑)」と絞り出した。

しかし、結局は「自由な場だと思う。なんでも良いと思います。自分の言いたいことを言ったらいいと思います」と須藤らしくコメント。
中岡から「そんなめちゃくちゃ怒られた訳ではないでしょ?」と質問された際には、「……怒られましたね」と苦笑いだった。

同作は、2014年の第1作以来、全世界を騒然とさせた『メイズ・ランナー』シリーズの3作目にして完結篇。
この日は、仲間を救うために、多くの試練や謎を解き明かしてきた主人公たちのサバイバルを体験できる謎解きイベントが新宿で行われ、見事謎を解き明かした“侵入生”と、団長・ロッチ、副団長・須藤による“結団式”を開催した。 

須藤は作品にちなんだ「今年中に抜け出したいこと」について、「学費を貯めろって言われて、月々のお小遣いが3万円に設定されました。5日ぐらいで吹っ飛ぶんですけど(笑)」と告白。それでも、「海外のラッパーみたいになりたい」との思いから金歯(グリルズ)が欲しいそうで、「海外のラッパーさんで流行ってる。マドンナさんとかも入れてて、マドンナさんの次を行こう思っている」と新たな野望をのぞかせた。(modelpress編集部)

no title

no title

期間限定セール(毎週作品更新)

【元NMB須藤凜々花、AKBメンバーへ総選挙スピーチのアドバイス「自分の言いたいことを言ったらいい」】の続きを読む

1: 2018/06/04(月) 12:40:50.19 ID:CAP_USER9
<ザ・真相~AKB選抜総選挙~連載(7)>

昨年の第9回AKB48選抜総選挙は、NMB48須藤凜々花(21=卒業)が突然、結婚宣言し、ファンやメンバー、スタッフのみならず、世間を騒がせた。

衝撃の宣言後、現場では一体、何があったのか? 舞台裏に潜入した記者が、関係者の証言などを総合し、騒動を振り返る。

総選挙史上、最大級の“事件”だった。20位で名前を呼ばれた須藤は、ファンへの感謝もそこそこに、しおらしく語り始めた。
「初めて、こんなに好きになれる人に出会えました。アイドル人生に一点の曇りもなく、うそ偽りなく、皆さんのことを人間・須藤凜々花として、大好きでした。だから、これから私が結婚をするという気持ちも本気です」

司会の徳光和夫アナから「結婚するんですか?」と問われ、あらためて「結婚します」と言い切った。
「恋愛ご法度」という鉄のおきてをあざ笑うかのような、結婚宣言だった。

東京のデスクから記者に指示が飛ぶ。「須藤を捜せ」。指原莉乃の3連覇も、渡辺麻友の卒業発表も二の次になり、後ろ髪を引かれるように控室へ走った。体育館ほどの大きさの部屋で、須藤を捜したがどこにもいない。
あるスタッフが言った。「須藤なら帰りました」。宿舎へは大人数でのバス移動が基本で、1人だけ帰るのは不自然。「逃亡」と思われても仕方なかった。

48グループにとって、総選挙は1年の総決算だ。
ある人気メンバーは、神聖なイベントを汚され、荒れに荒れて女子トイレで叫び続けたという。

関係者によると終演後、須藤に食い下がったメンバーがいた。昨年、AKB48を卒業した島田晴香さん(25)だ。
「何であそこで言ったの?」。疑問や不信感を持つメンバーに説明するための「事情聴取」だったが、須藤の言葉は「すいません」の一点張り。
真意は語らなかった。それでも後日、須藤から「地上波にも流れ、世間の人々に伝わりやすい場だったというのが1番の目的でした」と謝罪があったという。

テレビで生中継され、ファン以外の多くが結果を注視する一大イベント。過去にもスピーチで願望を直訴したり、卒業発表するメンバーもいた。
影響力の大きさを最大限に利用した行動は、一気に拡散するSNS時代ならではの「事件」だった。【森本隆】

https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201806030000112.html 

no title

素人動画

【 「逃亡」した元NMB・須藤凜々花 トイレで叫び続けた人気AKBメンバー】の続きを読む

このページのトップヘ