加藤綾子

1: 2018/08/04(土) 05:02:00.76 ID:CAP_USER9
カトパン遂にインスタ開始、ファン歓喜「キターー!」

フリーアナウンサーの加藤綾子(33歳)が8月2日、Instagramを開設し、ファンから歓喜の声が上がっている。

加藤は最初の投稿で、フジテレビの後輩である永島優美アナ、久慈暁子アナとの3ショットを披露。「インスタ始めましたー 皆さまよろしくお願い致します」とつづり、「#後輩に助けて貰ってやっと、、、#覚えたて」など、さっそくハッシュタグも添えた。

これにファンからは「待ってましたーーー!」「遂に!!!」「カトパン、キターーー!!」「凄いカトパンに直接挨拶出来るなんて」「この三人組のめちゃくちゃ綺麗ですね」などの声が寄せられている。

また、永島アナは「大好きな加藤さんと久しぶりにご飯に行けました 久慈ちゃんと3人でとにかくたくさん喋って笑いました いつ会っても面白くて後輩思いな加藤さん。本当に素晴らしい先輩に恵まれています そして加藤さんがついにInstagram始めました」と告知。

久慈アナも「昨日は加藤さん永島さんとご飯に行ってきました 笑いが絶えない楽しい時間でした そしてついに加藤さんがinstagramを始めました」とつづり、それぞれ別々の3ショットを披露している。

no title

https://www.instagram.com/ayako_kato.official/


no title

no title


【【画像】カトパン遂にインスタ開始、ファンから歓喜の声!】の続きを読む

1: 2018/07/28(土) 19:38:34.14 ID:CAP_USER9
カトパンこと加藤綾子(33)が、産休中の仲間由紀恵(38)の代役司会を務めている音楽番組『ミュージックフェア』(フジテレビ系)で“ノーブラEカップ乳”の谷間を披露し、その挑発に波紋が広がっている。

「カトパンは5月から、仲間の代役としてフジテレビ軽部真一アナと司会を務めていますが、7月7日放送回で、ついに露出を開始したのです。紫色っぽいノースリーブのワンピースの胸元が大きくVの字に開き、柔肌を全開。
それどころか、Eカップとされる胸の谷間を堂々と見せたのです。ネット上では“エロすぎる”などと興奮の書き込みが殺到し炎上しました」(放送記者)
ノーブラ出演の可能性も高いというのだ。「肌の露出が大きいのに、肩や胸のV字状切れ込みの部分にもブラジャーが見えないのです。バストの頂点付近に“ポッチ”が浮いているようにも見えた。
ゲストの谷村新司や軽部アナ、男性ADらは、明らかにカトパンの胸に興奮を隠せない雰囲気でした。彼女は今春、MCを務めたフジ系スポーツ情報番組が打ち切りになるなど、フリーアナとしての“危機”に瀕しており、生き残りに必死です。
露出で少しでも数字を上げたかったのでは」(同)

1964年から続く格調高い音楽番組で胸露出を展開した背景には、いくつかの理由が囁かれている。まずはフリーアナのライバル、田中みな実(31)の“脱ぎ路線”への対抗だ。
「みな実は最近、露出路線を加速させており、昨年には“肘ブラ”を披露し、6月号のファッション誌『MAQUIA』では“ノーブラ背中ヌード”も公開した。そうした状況に“私だって脱げるわよ”とばかり、伝統ある音楽番組であえて“ノーブラ谷間公開”をし、迎撃したのでしょう。
フリーアナツートップの脱ぎバトルは、今後も過熱化確実です」(芸能ライター)
もう一つは、明石家さんまとの関係進展だ。「カトパンは6月末、元カレであるプロ野球・巨人の片岡治大二軍コーチとベッキーの熱愛が発覚したことにショックを受けています。モテ男・片岡コーチとの復縁も選択肢の一つでしたからね。
5月26日のテレビ番組でさんまが、『ホンマでっか!?TV』で長年タッグを組むカトパンについて聞かれ“付き合いたいし、抱きたい”とラブコールを送って以降、2人の交際開始が噂されていました。
片岡コーチとの復縁可能性が消滅したことで、いよいよさんまとの結婚を視野に入れた真剣交際をする気持ちを固めたようです。今回の谷間披露は、さんまと結婚に合意したことを、彼女流に示した行為だったのかもしれませんよ」(同)

『ミュージックフェア』本来の司会である仲間は、夫・田中哲司との間に双子を出産したばかり。
「既定路線では、仲間が産休を終えれば、加藤はお役御免。ただ、今後もお色気路線を強化して、仲間の座を乗っ取ろうと思っているフシもなくはないですよ」(芸能プロ関係者) 

男性視聴者としては、結婚よりも露出して!

https://wjn.jp/article/detail/4964741/ 

no title

no title


【加藤綾子アナ、音楽番組で公開! ノーブラEカップ乳収録ナマ現場】の続きを読む

1: 2018/06/29(金) 22:17:03.91 ID:CAP_USER9
 6月28日発売の「週刊文春」で、同誌恒例アンケート企画の「好きなアナウンサー」「嫌いなアナウンサー」を発表する特集記事が掲載された。

「好きな女性アナ」部門では、日本テレビの水卜麻美アナがV5を達成。2位はNHKからフリーになった有働由美子。加藤綾子はワンランクダウンの3位だった。ところが、加藤は「嫌いな女性アナ」部門では4期連続1位に。しかも今回は、2位の安藤優子が136票なのに対して加藤が201票と、圧倒的な“嫌い票”が集まったと言える結果だった。

「加藤は、アナウンサーとしてのスキルは高いんです。声もいいし滑舌も良く、メインMCのサブとしても巧い。そのアナウンス力は誰もが認めるところです。ところが、今年は『ブラックペアン』(TBS系)で女優に挑戦したことで、『嫌い』に拍車がかかってしまいましたね。ですが、好きの部門で3位にいるということはそれだけ知名度があり、世間もアナウンサーとしての力量を認めているという証。 “好き”でも“嫌い”でも真っ先に名前を思い浮かべてもらえるのですから、それだけ気になる人ということです。“好き”で1位の水卜アナも、“嫌い”で3位に入っていますからね」(芸能ジャーナリスト)

 話題の演技については「ドラマの世界観を崩す」と不評だった加藤。経験を活かせるアナウンサー役などではなく、いきなり難しい役だったことでの結果だったかもしれないが、今後女優業も続けるなら、一層演技力を磨いて必要があるのだろう。

https://www.asagei.com/excerpt/107456 

no title

期間限定セール(毎週作品更新)

【加藤綾子、「嫌いなアナ」断トツ1位の“やっぱりな原因”】の続きを読む

1: 2018/06/13(水) 11:04:33.66 ID:zMv3NyHt0● BE:322453424-2BP(2000)
「抱きたいやろ。あれくらいのクラスの女やったら!」
 明石家さんま(62)がぶっちゃけた。相手はもちろんフジテレビ系『ホンマでっか!?TV』で長年タッグを組む加藤綾子(33)だ。その当のカトパンも明石家さんまからの“SEXオファー”を、ついに受諾したという。
 「さんまは5月26日放送のフジ系特番『さんま&女芸人お泊まり会』で、『おかずクラブ』のオカリナから、加藤との交際疑惑を突っ込まれたのです。すると、さんまはうれしそうに“付き合いたいし、抱きたい”と交際、SEX願望をぶっちゃけたのです」(放送記者)

 レギュラー番組の共演者と「SEXしたい」と告白するというのは、極めて異例の事態。しかしカトパン自体、さんまの求愛発言に大喜びというのだ。
 「そもそも彼女は、最近、さんまとの結婚を本気で狙っているのです。冷静に考えると、共演する美人アナに対し、別番組で“抱きたい”なんて言えるわけがない。
今回の発言は、カトパンの“恋心”を敏感に察知していたさんま一流の、口説き術ですよ。この“抱きたい&付き合いたい発言”を聞いたカトパンは、周囲に“本当に付き合っちゃっていいんですか? 私でよかったらいつでも…”と満面の笑みでこぼしていたそうです。つまり“SEX&熱愛OK”ということですよ」(芸能関係者)

 今、2人の「大型交際開始」はタイミング的にもバッチリ。というのも、さんまは狙っていた剛力彩芽(25)を、ファッション通販サイト『ZOZOTOWN』運営会社の前澤友作社長に奪われてしまい傷心状態。一方のカトパンも、4月からTBS系『ブラックペアン』で本格女優デビューを果たしたが、酷評続きで、女優転身失敗とも囁かれているからだ。
 「'92年に大竹しのぶと離婚後、25年以上経ったさんまは、本気で再婚を考えています。しかし、筆頭候補だった剛力は完全に諦めた。そこで次に照準を定めていたのが、ちょうど加藤だったのです。その加藤といえば、ドラマで治験コーディネータ役を演じていますが、演技がヘタだったり、内容をめぐって学会から抗議を受けるなど踏んだり蹴ったりで、女優失敗の寸前。
今、頼れる相談相手はさんまくらいしかいない状態なのです」(芸能記者)

カトパンは近年、ダルビッシュ有や筒香嘉智ら野球選手を狙ってきたが、いずれも空振り。相手として釣り合う大物は、'09年から『ホンマでっか!?TV』でタッグを組むさんましか現実的にはいなくなっていたのだ。
 「2人は昨年頃から、かなり意識しており、昨年9月には米ニューヨークでの謎の密会が報じられたほど。さらに“抱きたい発言”放送後の5月末、カトパンが都心にある、さんま宅の高級マンションを極秘で訪れたという情報も流れていますから、すでに結婚を前提に、交際を開始した可能性が極めて高いのです」(スポーツ紙記者)

 さんまはこれまで、人気AV女優や高級キャバ嬢など、数々のいい女と浮名を流してきた絶倫男でもある。
 「さんまと関係を持った女性はみな、下半身の驚異的な強さ、すなわち“鋼鉄の勃起力”に驚いているそうです。20代並みの精力を誇っているようですから、子作り活動も、全く問題はないでしょうね」(同)

 さんまも62歳だから、1日も早く身を固めたいはず。大物同士の結婚はたいてい年末に発表される。12月下旬クリスマス婚あたりが予想されるが…Xデーやいかに。

https://wjn.jp/sp/article/detail/8263375/ 

no title


【明石家さんま「カトパン抱きたい」発言は「ホンマでっせ」の求愛宣言】の続きを読む

1: 2018/06/09(土) 07:24:13.71 ID:CAP_USER9
昨年から今年にかけて新境地を開きつつある2人の美女アナ。どちらのほうがすごいのか、比較してみた!

 なんだかんだ言って、女子アナ界のツートップといえば、“カトパン”こと元フジテレビの加藤綾子(33)と、“ミトちゃん”こと日本テレビの水卜麻美アナ(31)の両者。これに異存のあるお父サンはいないはずだ。

「カトパンは、この春から女優業に本格進出して仕事の幅を広げ、ミトちゃんは、『ヒルナンデス!』から『スッキリ』に異動して約半年。日テレの“朝の顔”として完全に定着しました。ともに30代となり、そのボディは、まさに食べ頃。周囲のオトコたちが放っておくはずもなく、“電撃結婚”の噂もチラホラと聞こえてきます」(芸能ジャーナリストの渡邊孝浩氏)

 これからも、2人で大いにテレビ界を盛り上げてほしいものだが、やはり気になるのは、どちらがナンバーワンかということ。ならば2人を「仕事」「オトコ」の2部門で徹底比較してみたい。

■カトパンはドラマ『ブラックペアン』などにも出演 

 まず「仕事」では、カトパンの躍進ぶりが目立つ。「注目ドラマ『ブラックペアン』(TBS系)にメインキャストの一人として名を連ね、嵐の二宮和也や内野聖陽、小泉孝太郎らを相手に堂々の演技を披露。放送中のNHK朝ドラ『半分、青い。』にはアナウンサー役で出演と、女優業に大忙し。そればかりか、4月にはNHKのEテレで『世界へ発信!SNS英語術』の司会に就任し、5月からは産休の仲間由紀恵の代役で、『ミュージックフェア』(フジ系)の司会を務めています」(芸能記者)

 さらに、4月27日には、視聴者が抱く身近な謎や疑問を究明する関西の人気番組『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)に“見習い秘書”として出演。お仕事モード全開となっているのだ。芸能評論家の三杉武氏が言う。「女優としての演技力には厳しい意見もあるようですが、フリー転身にあたり、篠原涼子ら有力俳優陣を多く抱えるドラマに強い事務所を選んだことを考えても、女優活動への意欲を持っていたようですね。本人も非常にヤル気になっているようで、事務所も売り込みに力を入れていますから、今後も話題作への出演が、しばらく続きそうです」

■ミトちゃんは『スッキリ』の視聴率も安定 

 対するミトちゃんは、『スッキリ』の視聴率も安定し、時間帯トップの『羽鳥慎一モーニングショー』追撃に気合い十分だ。「ミトちゃんは、『スッキリ』の番組内のコーナー“NEWSミウライン”で扱うニュースの選定や原稿作りにも積極的で、アナウンサーとしての実力が1ランク上がったと、改めて社内での評価を上げています。昨年12月に発表された『好きなアナウンサーランキング』で5年連続首位となり、殿堂入りを決めていますが、その名誉に恥じない充実の仕事ぶりと言えるでしょう」(前出の渡邊氏)

 だが一方で、元TOKIO・山口達也の事件の余波で、レギュラー番組『幸せ!ボンビーガール』の存続が危ぶまれているという。「結局、レギュラー陣が暫定的にMCを担当することで、一応は番組の存続が決まりましたが、番組のイメージダウンは免れず、いつ終わってもおかしくない状況です」(制作関係者)

 この不安要素がマイナスポイントとなり、「仕事」ではカトパンに軍配が上がりそうだが、「現在、水卜アナに昨年、浮上して消えた“フリー転身説”が再浮上しています。フリーになれば、その年から、年収1億円は軽く超えてくるはずです」(夕刊紙記者)と、カトパンもうかうかしてはいられない。

■電撃結婚の可能性もある? 

 次は「オトコ」。どちらも、これといった話題が聞こえてこないのが正直なところである。「水卜アナは、15年に熱愛がキャッチされた、関ジャニ∞の横山裕と今も水面下で交際継続中という報道も一部にはあり、結婚が近いのではともいわれているようですが、あくまで噂の域を出ないレベルの話。カトパンも『ホンマでっか!?TV』(フジ系)でのコンビが10年と長くなった明石家さんまとのNY密会が昨秋に報じられており、こちらも電撃結婚の可能性もあるのではという見方がありますが、その後、彼女が関係をはっきり否定しています」(前出の芸能記者) 

 魅力的な2人がモテないはずはないのだが、「朝の番組を担当する水卜アナは、毎朝4時半起きの生活で夜遊びができなくなり、出会いも激減してしまったのではないでしょうか。一方の加藤さんも、現在の過密スケジュールにあっては、なかなか恋のタイミングも見つけづらそうですよね」(前出の三杉氏) 

 女性としての幸せを手に入れ、より美しく、輝く2人の姿を見てみたいが、現段階で「オトコ」では勝負がつかず。 

 しかし、やはりこの魅力あふれる2人に優劣をつけられない。2人には、これからもその笑顔で、大いにテレビを盛り上げていってもらいたい!

https://news.infoseek.co.jp/article/taishu_59587/

no title

no title

素人動画

【加藤綾子vs水卜麻美、女子アナ界”不動の2トップ” 「仕事」「オトコ」の2部門で徹底比較!】の続きを読む

このページのトップヘ