ローラ

1: 2018/05/08(火) 22:27:50.60 ID:Jrqf8BjU0● BE:322453424-2BP(2000)
太股ムッチリ! 超ミニ丈のスカートで美脚をあらわにしたローラ (28)がステージに現れると会場から歓声が沸き上がった。だが、そのローラは動かず。
その正体は『マダム・タッソー東京』に展示(4月23日)されたローラの等身大フィギュアだった。MCの小籔千豊は「すごいですね。めちゃくちゃ似てます。怖いくらい本物」と言ったものの目線はしっかりムッチリ太股に釘付け。

 「フィギュアより本物よ」と、ローラが自身のインスタグラムに“超絶セクシーバディ”のハイレグ透け水着姿を公開。その陰に、元カレを略奪された怒りがあるという。
 「4月15日のインスタグラムに、米カリフォルニアのリゾート地で撮影した、美脚を披露した白のハイレグ水着をアップ。
体をくねらせた“悩殺ポーズ”をとり、谷間を露出した胸には乳首のようなものが透けるエロさで、芸能界に向け“ヌードになってもオッケー”とアピールしているとしか思えません」(芸能記者)

 ローラをめぐっては昨年8月、所属事務所に対し、実質20年にわたる“奴隷契約”で不当に拘束されているとして、独立トラブルが浮上した。
 「その後、ローラはテレビ出演が激減。しかし、今年3月に入り一部メディアが、同30日の28歳誕生日をもって事務所との和解を発表すると報道したのです。
ただ結局、発表はなく、大筋で和解に合意したものの、権利関係などをめぐって、間に入った複数の関係者と揉めているとされます。今後も、和解金を含めた金銭の暗闘が続きそうです」(芸能記者)
ただ、今回のセクシー水着公開を考えると、「脱ぎ決意」は本気のようだ。
 「最近、ジムで鍛えまくり、世界クラスのボディーになっているローラが“出直しフルヌード”を写真集で披露すれば50万部突破は必至。収益を分配すれば関係者も納得し、瞬時に解決する可能性は高いです」(同)

 しかし、ローラがプッツン気味なのは、事務所トラブルだけではない。実は、元カレとされるロックバンド『ONE OK ROCK』ボーカル・Takaと浅田舞(29)のお泊まりデートが4月12日、週刊文春で報じられたことへの怒りもあるようだ。
 「Takaのインスタグラムに写り込んだローラとのハグ疑惑画像を発端に、'17年の年明けあたりから熱愛説が浮上しました。
双方『親友』と否定し“破局”したとみられますが、ともに拠点とする米国で親密になったことは確か。ローラは今もTakaに恋愛感情を抱いているだけに、浅田舞とのお泊まりが報道されたことに嫉妬心が燃えているようです。そんなイライラを原動力に、一気に全裸披露して事務所と和解…という流れになりそうです」(女性誌記者)

 ローラの“圧巻美裸身”は神の領域ですらある。

https://wjn.jp/sp/article/detail/7959487/ 

no title

no title

a





【「このバディに勝てる?」 ローラ、 “元カレ略奪”の浅田舞に“完脱ぎ”宣戦布告】の続きを読む

1: 2018/04/23(月) 13:51:01.92 ID:CAP_USER9
https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_102897/

 モデルで女優のローラが4月15日、インスタグラムに大胆なタンクトップ姿の写真を投稿した。かねてより噂の豊かな胸の渓谷を見せつけた。

「バギーにまたがって立ち、赤いライダースのセットアップを着ているものの、ジャンパーは前が全開き。インナーの黒いタンクトップは、ハンドルを握る両腕によって寄せられ、胸が盛り上がっています。
そして、やや前屈みになった姿勢から渓谷もクッキリ。渓谷の影の深さが、その豊かさを物語っています」(テレビ誌ライター)

 ハーフタレントらしく、日本人離れしたスタイルの良さには折り紙付きだったローラだが、インスタはまさに“格好の見せ場”となっているようだ。

「前日の4月15日には、白いワンピース水着を着たカットを4枚アップ。中でも、ひざを折り曲げてカラダをくねらせているカットは腰からヒップ、脚にかけての肉感がまさに、プレイメイトのグラビアのような質感です」(前出・テレビ誌ライター)

“タメ口トーク”でハーフタレントの枠を独占し、お茶の間から愛されたローラのバラエティーにおける活躍も今は昔。すでに日本での活動はCMを中心としており、インスタの投稿を見ても、海外に足繁く通っている様子。
2017年に出演したハリウッド映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」に出演した際には、公開してみれば“ほんの一瞬”で出番終了という肩透かしをファンに食らわせたものの、いまなお海外進出を視野にいれているとすれば、今後もこうした“ハリウッド・テイスト”なインスタ投稿を期待できそうだ。


21: 2018/04/23(月) 14:05:53.47 ID:R28iox9M0


【【画像】ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!】の続きを読む

1: 2018/04/17(火) 04:57:51.88 ID:CAP_USER9
モデルのローラが15日、Instagramに水着ショットを投稿。抜群のスタイルに反響が寄せられている。

◆ローラ、リゾートを満喫中

ファッションブランドからの招待を受け、アメリカカリフォルニアの砂漠リゾート・パームスプリングスを訪れているローラは、サボテンやヤシの木を背景にポーズを決めるショットを複数公開。真っ白の水着にストライプのガウンを羽織り、「Water please」とリゾートを楽しむ様子を見せた。

こんがりと焼けたローラのボディは、ほどよく引き締まった上で女性らしいボディラインも際立ち、圧巻のスタイル。

海外にいるときにも欠かさずワークアウトしていることを報告するなど、ストイックな体作りに抜かりのないローラ。写真はTwitterでも公開されており、ファンからは「完璧なボディだ…」「綺麗すぎ!」「セクシー過ぎる」「めっちゃ眩しいです」など絶賛の声が殺到している。(modelpress編集部)

no title

no title

no title

no title


https://mdpr.jp/news/detail/1760284


【【画像】ローラ、圧巻スタイルあらわな水着姿】の続きを読む

1: 2018/03/06(火) 19:41:40.46 ID:DJIATeEm0● BE:322453424-2BP(2000)
休業状態だった西内まりや(24)が最近、一部で引退説を否定し波紋が広がっている。さらには、同じく昨年、所属事務所とトラブルになって干され、アメリカで活動しているローラ(27)と“Wヌード”でリベンジするという話がまことしやかに囁かれている。
 この動きは4月強行婚、そして“Wヌード共演”の布石とみられているのだ。
 「西内は、2月20日発売の『女性自身』の直撃に、恋人のハーフモデル・呂敏を寄り添わせつつ、涙で“今は引退は考えてない”と強調したのです」(芸能記者)

 ポスト・安室奈美恵としてプッシュされブレーク。しかし、昨年1月期に主演したフジテレビ系月9連ドラ『突然ですが、明日結婚します』が大コケ。精神的に不安定になり、その後、休業状態になっていた。
 「歌手やモデル志向なのですが、事務所が女優をさせようとするために対立。昨年10月、社長にビンタしたことが報じられたのです。3月末の契約更新をせず、そのまま引退とみられていたが、“涙の否定”により、4月以降も活動を継続することが判明しました」(同)

 ただ、実際は活動継続どころか、壮大な“リベンジ”を狙っているという。
 「'16年8月に熱愛が報じられた西内と呂敏ですが、事務所の強制破局指令を無視し交際続行。今後も、別れるどころか、4月の独立と同時に、結婚を電撃発表する計画を、一部に明かしているそうです。同時に妊娠を発表するとも囁かれています」(芸能プロ幹部)
それだけではない。西内は、米滞在歴が長い呂敏とともに米国に移住。国際派アーティストに転身するというのだ。
 「米国でモデルやフォトグラファーとして活躍している呂敏は、現地と太いパイプがある。西内自身も'08年に、ハリウッド映画で日本語版声優を務めた経験がある。結婚&出産後、米国を拠点に歌手活動をしながら、映画にも出る計画が進んでいます」(同)
 気の強い西内のこと、身長170センチのセクシーボディーを生かした“ハリウッドヌード”も視野に入れているという。

 冒頭でも述べたが、同じく昨年、渡米して現地で活動しているローラとの“Wヌード”の共演話もある。
 「ローラも同様に、米国発でスーパーモデル並みボディーを披露する“ヌード報復”プランを進めています。西内とローラはモデル時代から仲がいい。バックアップしている関係者らが現在、米国発の“超豪華Wヌード”リベンジ計画の調整を始めているようです」(同)

 西内まりや&ローラの“Wダイナマイトヌード”逆輸入か。

no title

https://wjn.jp/sp/article/detail/1015826/


【「引退? しません」西内まりや&ローラ“超豪華Wヌード”ハリウッド構想】の続きを読む

1: 2018/02/01(木) 17:30:16.66 ID:LocgLEXw0
勘弁してくれや

no title

no title

no title

no title

アダルト動画

【【画像】ローラのビンビン乳首スケスケ乳輪でワイのおちんちんが辛抱たまらん】の続きを読む

このページのトップヘ