レースクイーン

1: 2019/11/29(金) 21:59:29.70 ID:ylYwDIvc0● BE:115523166-2BP(2000)
 2019年はレースクイーンユニット「Pacific Fairies」で活躍。サーキットで人気のくるす蘭さんが、1st DVD「ランピース」(発売元:イーネット・フロンティア、収録時間:116分、価格:4180円)の発売記念イベントを11月23日、ソフマップAKIBA 1号店 サブカル・モバイル館で開催した。

 身長173cmで抜群のスタイルを持つくるすさんは、いまグラビア界で最も勢いのある事務所「ゼロイチファミリア」に所属して1年。それ以前は水着の仕事をしていなかったので、1st DVDは苦労しながらの撮影だったという。ロケは今夏の沖縄にて。

――どんな設定で撮りました?

【くるす蘭】 私と沖縄旅行している雰囲気です。こういう撮影が初めてだったので、がんばっている姿を堪能していただけたら。恥ずかしがりながら動いてました。

――シーンとしては?

【くるす蘭】 海辺を歩いたり、お風呂で体を洗ったり。彼氏(=視聴者)を喜ばせようと、Pacific Fairiesをイメージした衣装を着たシーンもあります。

――特に恥ずかしかったのは?

【くるす蘭】 ノースリーブのニットを脱いだときです。すべてが初めてで、動きに華がないというか。「もっとゆっくりセクシーに!」と監督さんに言われてました。

――上手にセクシーさが出せたのは?

【くるす蘭】 夜ベッドのシーンです。チャイナ服を脱いで、黒いランジェリー姿に変わるところが特に大人っぽいと思います。

 実は球場でビールの売り子をしているという一面も。しかも、この見た目で根はオタク……らしい。ファンを惹きつける属性をたくさん持っているので、2020年はさらに注目の存在へと成長しそうだ。12月7日・8日には、Pacific Fairiesとしての卒業撮影会を開催する。


no title

no title

no title

期間限定セール(毎週作品更新)

【B83W62H89、身長173㎝で抜群スタイルのグラドルが1st DVD】の続きを読む

1: 2019/07/29(月) 05:26:55.33 ID:WprHbsNE9
レースクイーンの沢すみれが、29日発売の「週刊プレイボーイ」32号に登場した。

1年ぶりの同誌出演となる沢は、水色のビキニを身に着け、美しいバスト、スラリと長い美脚を披露。少し大人っぽく艶やかになった姿で魅了した。

沢すみれ(さわ・すみれ)プロフィール
生年月日:1995年1月15日生まれ
出身地:北海道出身
サイズ:T166cm/B85/W60/H87
血液型:O型
趣味:犬、猫と遊ぶ

RAYBRIG TEAM KUNIMITSU所属のレースクイーン。『一夜づけ』(テレビ東京、毎週月曜~土曜深夜)に出演中。 



【【グラビア】レースクイーン・沢すみれ、大胆美バスト露出で悩殺】の続きを読む

1: 2019/05/02(木) 19:58:54.94 ID:Qgvlmec20● BE:115523166-2BP(2000)
 2018年はSUPER GTのレースクイーンユニット「Pacific Fairies」で活躍した村山久美さんが、2nd DVD「Last Story」(発売元:N-WEED、販売協力:グラッソ、収録時間:90分、価格:4104円)の発売記念イベントを4月27日、ソフマップAKIBA 4号店 アミューズメント館で開催した。

 「想いを込めて…ありがとう。」 サーキットで高い人気を誇った村山さんだが、この作品でグラビア引退を表明。30代に突入しても活動を続けるグラドルが増えているなか、惜しい……惜しすぎる!

――もうグラビア引退なんて、もったいないですよ。

【村山久美】 (2020年2月で)27歳になりますし、区切りをつけようと引退を決めました。もともとDVDが出せるなんて思っていなかったですし、2ndまで出せて幸せです。

――今作はどんな感じですか?

【村山久美】 1stとは違った雰囲気になっています。変形水着をはじめ、ヒョウ柄のビキニや競泳水着など、セクシーなイメージです。2月に九十九里で撮りました。

――お気に入りは?

【村山久美】 シャワーを浴びているシーンです。花柄のTバックっぽい衣装なのですが、お尻が売りなので注目していただきたいです。

――これからどうするのですか?

【村山久美】 新しいステップへ進むつもりです。会う機会はなくなるかもしれませが、SNSは続けていきますので、これからも仲よくしてください。

 このイベント後に行なわれた撮影会で、グラビア活動は最後に。ブログにそのときの気持ちが綴られているので、ご一読をお勧めする。令和になって以降、まだ新しい発表などはないが、SNSを見守っていきたいところだ。 

■プロフィール
村山久美(むらやま・くみ)
生年月日:1993年2月18日
出身地:千葉県
血液型:A
サイズ:T167、B86(Cカップ)・W59・H89cm
趣味:音楽鑑賞、ショッピング
特技:バスケットボール、走ること

https://ascii.jp/elem/000/001/853/1853826/

no title

no title



【B86W59H89、Cカップバストのグラドル/レースクイーンがグラビア引退】の続きを読む

1: 2019/04/07(日) 23:23:11.93 ID:XJOB0Qvc0● BE:115523166-2BP(2000)
レースクイーンとして活躍する田中めいさんがDVD『エンジェルキッス』の発売記念イベントを6日、ソフマップAKIBA(4)号店アミューズメント館で開催した。

昨年の12月に沖縄で撮影した本作は田中めいさんがバスガイドになり、同業の上司と旅行に出かけたストーリーとなっている。

DVDの内容について「海ではしゃぐシーンがあったのですが、はしゃいだことがないのでどうやっていいかわからず、砂浜に『めい』と書いたりしました。エアロビのシーンは大変でした。学校の体育の授業で1、2、3とか疲れるので声を出していなかったのですが、今回の撮影では声を出して息があがりました。掛け声をかけていた人の気持ちがわかりました。バスガイドをしているシーンもあります。撮影場所では猫が多く、猫屋敷の案内をしました」と紹介。

おすすめのシーンとして「恥ずかしかったのは黒い水着のシーンで、ここは水着がとても小さい。お気に入りのシーンはハイレグ水着のところで脚が長く見えるので好きです。銀色のワンピース水着ではお風呂に入りました。このDVDは85点。マイナスはセリフが棒読みなところです」と見どころを挙げた。

今年もエヴァンゲリオンレーシングチームで真希波・マリ・イラストリアス役としてレースクイーン活動をする田中さん、最後に平成のうちにやりたいことを聞かれて「インスタグラムのフォロワーがあと700人ぐらいで1万人となるので平成のうちに達成したい」と語っていた。

<プロフィール>
田中めい(たなか めい)
生年月日:1997年3月11日
サイズ:T165 B77 W59 H87
血液型:A型
出身地:埼玉県
趣味:アニメ鑑賞
特技:目薬を1回で必ず入れること

https://girlsnews.tv/dvd/334180 

no title

no title



【B77W59H87、レースクイーンとしても活躍してるグラドル「水着が小さくて恥ずかしかった」】の続きを読む

1: 2019/02/19(火) 20:47:10.43 ID:ISY8bUpJ0● BE:115523166-2BP(2000)
 スーパーフォーミュラの「2018 SUNOCOイメージガール」として活躍した藤井マリーさんが、1st DVD「くびれボディ」(発売元:イーネット・フロンティア、収録時間:104分、価格:4104円)の発売記念イベントを2月16日、ソフマップAKIBA 4号店 アミューズメント館で開催した。

 2017年からレースクイーンとして活動している藤井さんは、父がパキスタン人のハーフ美女。キリッとした顔立ちと、大きなお尻がチャームポイントと言えるだろう。サーキットでコスチューム姿を見せることはあっても、水着になるのはほぼ初めて。ロケは夏に沖縄で行なわれたとのことだ。

――1st DVDの紹介をお願いします。

【藤井マリー】 朝から晩まで一緒に過ごす感じです。朝起きるところから始まり、夜はハイレグの衣装を見せたりして、ちょっとイケナイこともしちゃいます。

――注目してほしいところは?

【藤井マリー】 特技のバトントワリングを披露しているところです。最初はチアリーディングのような格好なのですが、白い運動着に着替えて元気にやっています。

――色っぽくできたと思うのは?

【藤井マリー】 ベッドの上での、赤いランジェリーを着たシーン。自分で観て「こんな表情もできるんだな」と思いました。

――水着になるのがほぼ初めてなら、やはり撮影は苦労しました?

【藤井マリー】 露出の多い水着とか、お風呂で撮ったりするのも初めて。最初は「布の面積が少ないな……」と思っていたのですが、慣れました(笑)。

 2019年もレースクイーンとして活動していく予定だが、イメージDVDでの活躍も期待したいところ。2月23日には、所属事務所主催の撮影会に参加する。詳細は事務所の告知ページで確認してほしい。

■プロフィール
藤井マリー(ふじい・まりー)
生年月日:1994年6月10日
出身地:神奈川県
血液型:A
サイズ:T163、B87(Fカップ)・W58・H91
趣味:歌、映画鑑賞
特技:バトントワリング、メイク

https://ascii.jp/elem/000/001/815/1815497/ 

no title

no title

no title



【B87W58H91、大きなお尻がチャームポイントのハーフ美女レースクイーン】の続きを読む

1: 2019/01/13(日) 05:50:16.18 ID:LH64ZNXY9
 未来のトップアイドルを生み出す光文社主催のオーディション『ミスFLASH2019』のグランプリ発表会見が7日、渋谷・シダックスカルチャービレッジで行われ、沙倉しずか(32歳)、山岸奈津美(24歳)、阿南萌花(24歳)の3人がお披露目された。史上最年長32歳でグランプリを獲得した沙倉しずかは、自信があるパーツの「鎖骨と脚」をアピールした。

 史上最年長・32歳のグランプリに輝いた、現役レースクイーンの沙倉しずかは「まさかここまでこれるとは思わなくて。サバイバルはもっとつらい戦いになると思ったけど、楽しいことが多すぎて早かった。どんどん応援してくれる人が増えていくのを肌で感じました」とグランプリまでの道のりを振り返り、喜びを露わにした。

 グランプリに選ばれた3人について「いいバランスがとれている」と言う沙倉は、最年長にも関わらずふわふわした天然キャラで2人に助けられているそう。2人に負けないところとして「一番身体を張れます!」と鼻息荒く、一番自信があるという「鎖骨と脚」をアピールした。

 7日発売の『FLASH』の表紙・巻頭グラビアは「こっそり見てください」とはにかむが、今後の撮影については「プールとか海とかとは逆の、あまりグラビアのイメージが無い廃墟とか、砂漠や沼で撮影したい」と大胆に宣言。「今日からがスタートだと思うので、一日一日を大切に、1年間悔いの内容全力で頑張ります」と意気込みを語った。

 なお、1月に発売されるFLASHを東京神保町・書泉グランデで購入した人を対象に、本人たちと直接会えるイベントを開催。1月9日(3人全員)、17日(山岸)、24日(阿南)、31日(沙倉)の4回の合計売上冊数が1600冊を超えた場合、「ミスFLASH2019写真集」(仮)が3月に発売される。

■沙倉しずか(さくら・しずか)
1986年9月20日生まれ、北海道出身 T164・B80(B)W60H85 2016年からレースクイーンとしての活動をスタート。熱心なファンに支えられ躍進し、史上最年長でグランプリを受賞。

『ミスFLASH2019』グランプリの沙倉しずか

no title

no title

no title


『ミスFLASH2019』グランプリの3人。(左から)阿南萌花、山岸奈津美、沙倉しずか

no title

no title

https://deview.co.jp/News?am_article_id=2127161



【【画像】レースクイーンの沙倉しずか(32)、史上最年長で『ミスFLASH2019』の栄冠に輝く】の続きを読む

1: 2018/12/21(金) 05:37:19.81 ID:CAP_USER9
日本レースクイーン大賞新人賞グランプリなどのタイトルを受賞し、“新くびれ女王”と名高い林ゆめが12月21日にフォトブックとDVDを発売する。

DVDは「VenusFilm Vol.2 林ゆめ」、フォトブックは「Dream Time one 林ゆめフォトブック」のタイトルで発売。また、グラビアタレントの川崎あやと、オフショットムービーを収録したコンプリートBOX「VenusFilm CompleteBOX 川崎あや&林ゆめ」も同時発売する。

DVDについて、林は「初めてのDVDということで正直戸惑いもありましたが、私らしい作品ができたんじゃないかな?と思ってます!」とコメント。事務所の先輩にあたる川崎との連名の作品については「素の2人が見れるんじゃないかと」とアピールし、「尊敬している先輩と初めての作品で一緒にこうやってDVDを出せるというのは純粋に嬉しいです!」と喜んだ。

今作のロケ地はタイ。「とにかくご飯が美味しかった」というが「だけど2人とくびれ重視なところがあるのであんまり食べるとぽっこりお腹になっちゃうので少しだけ我慢しました(笑)」と影の努力を明かした。

また、年明けには人気No.1レースクイーンを決める総選挙「日本レースクイーン大賞」の発表が控えているが「今年受賞した新人賞グランプリと同じく、やるからには1番しか目指していないです!」と意気込み十分。「新人賞の時と比べ投票期間が長く1ヶ月くらいあるんですけど、最後まで気を抜かず、応援してくれるみんなと一緒に頑張りたいです!」と力を込めた。

2018年を「水着のお仕事やレースクイーンなどのお仕事をしてたくさんの方に知っていただく機会が増えました」と充実した様子で振り返った林は「2019年は今やらせていただいている水着のお仕事を頑張ることはもちろんなのですが、新しいことにもチャレンジしてみたいなと思います!」と掲げ、「みんなが見たことのない本気の林ゆめを見せていきたいです!」と誓った。(modelpress編集部)

http://mdpr.jp/news/detail/1811536

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

https://twitter.com/H_yume_1018


【【グラビア】W53cm“新くびれ女王” レースクイーン・林ゆめ、ランジェリーで圧巻ボディライン披露】の続きを読む

このページのトップヘ