小島瑠璃子

1: 2018/11/05(月) 13:02:26.88 ID:bW+uLFEX0 BE:368289528-PLT(14345)
 タレントの小島瑠璃子が、10月31日発売の「週刊少年マガジン」(講談社)で表紙と16ページにわたるグラビアを飾り、その艶っぽすぎるセパレートタイプの水着姿にファンからは改めて感嘆の声が上がっているが、一方では“グラビア限界説”も囁かれ始めている。

 同誌で小島は、「ハート打ち抜き系女子」のタイトルで、表紙では赤、グラビアでは主に白の肌見せ度の高い水着をまとい、T157、B81・W57・H85と細身ながらボリュームのあるバストを惜しみなく披露。同日更新した自身のインスタグラムでも「今日発売の少年マガジン オフショットです」と撮影現場の画像を投稿した。

「今回は、それまでの“元気いっぱい”で親しみやすいこじるりのイメージとは、また一味違った大人の色香を放っている。これにはネット上で《めちゃめちゃ可愛い…》《やっぱ嫁にしたいわ~》など、絶賛の嵐でしたよ」(ネットウオッチャー)

 小島は2009年、ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを受賞後、「アッコにおまかせ!」(TBS系)や、「S☆1」(いずれもTBS系)に出演したことで一気に知名度を上げ、今やテレビで見ない日はない活躍ぶり。

「加えて、本人がこだわり続けているのがグラビアでの活動です。以前に出したデジタル版の写真集では、みずから“編集長”を務め写真のセレクトをしたり、自分をいかに魅力的に見せるか、ポーズや表情の研究に余念がない。何歳になってもグラビアだけは続けたいと思っているようです」(芸能記者)

 しかし今回、そんなはち切れボディへの称賛の声をよそに、ネットユーザーからはバストが《垂れてそうだな》《まだグラビアやってたのか》などといった、冷めた意見も上がっているのだ。

「確かに25歳目前となった彼女には、グラビアでの活動は“賞味期限ギリギリ”との見方が業界内で強まっています。ここへ来て見せ方を“大人の色香”にシフトしてきているのも、そうした焦りがあるからでしょう。かといって、テレビのほうもバラエティ枠をいつまでも確保できるというわけではない。女優としては、演技は現時点でほぼ経験を積んでいないため、今後は迷走するかもしれません」(芸能プロ関係者)

 浮いた話では昨年、関ジャニ∞・村上信五のマンションでの“お泊り”が報じられ、今年に入ってからは高身長イケメンとのデート現場を女性誌にスクープされている小島。結婚・引退の道もアリか? 

https://www.asagei.com/excerpt/115221

no title

no title



no title

no title

no title




【【画像】小島瑠璃子(24)、“色香”強調も囁かれる「水着グラビアは限界説」の根拠!】の続きを読む

1: 2018/10/31(水) 09:28:56.05 ● BE:485983549-PLT(13346)
タレントの小島瑠璃子が31日発売のマンガ誌「週刊少年マガジン」(講談社)48号の表紙に登場する。

今や彼女を見ない日はないほど、多忙な毎日を送る小島。
表紙では色気ある大人の水着姿、誌面ではセクシーなルームウェアなどを披露。
小島の魅力が全部詰まった16ページグラビアとなっている。

https://mdpr.jp/news/detail/1801767

「週刊少年マガジン」48号 小島瑠璃子
no title

no title

no title


【【画像】売れると水着グラビアやめるタレント多すぎ 小島瑠璃子を見習え!】の続きを読む

1: 2018/10/20(土) 19:33:43.17 ID:CAP_USER9
タレントの小島瑠璃子が20日、自身のInstagramを更新。ビキニ姿でスキンダイビングを楽しむ様子を公開し、反響を呼んでいる。

「石垣blue #初skindiving #diver #お気に入りの #水着」とコメントを添え、ダイビング中の写真を複数投稿。沖縄の海でシュノーケル、フィンだけを装着したフリーダイビングを楽しんだ様子の小島は、黒のビキニ姿で気持ちよさそうに海を浮遊。

スラリと長い手脚と丸みのあるヒップラインがあらわになり、マーメイドのような美しさだ。

コメント欄には「こじるり美しい…」「脚長いしお尻綺麗だし見惚れちゃう」「人魚?」「スタイル抜群」「絵画みたい」と絶賛の声が寄せられている。(modelpress編集部) 


no title

no title

no title

no title



【【画像】小島瑠璃子、ビキニ姿の大胆海中ショットを披露】の続きを読む

1: 2018/09/27(木) 14:44:13.83 ID:z9VbA3N70● BE:618588461-PLT(36669)
藤田ニコル、“おバカ”から“おとな”へ…こじるりと双璧なす“全方位”需要
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00000349-oric-ent

テレビで見かけるようになった3年ほど前は、原宿系の“奇抜キャラ”だった藤田ニコル。
かつては、そのファッションセンスや“にこるんビーム”のあいさつで若い女子を中心にカリスマ的な人気を誇ったが、今ではすっかりメイクもトークも落ち着いた“大人モード”にキャラ変。
若い層からの支持もしっかり残しつつ、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)などへの露出から親世代からの支持、さらには自慢の「美尻」や「縦腹筋」を披露し、男性支持も強固なものとし、バラエティークイーン・小島瑠璃子と双璧をなすにまで至っている。

no title

no title



【こじるりと藤田ニコル 一人だけならどっちとセックスしたい?】の続きを読む

1: 2018/08/19(日) 21:07:25.13 ID:CAP_USER9
今年も"こじるりの夏"がやって来た――。夏真っ盛りの週刊プレイボーイ36号(8月20発売)の表紙を飾ってくれたのは、こじるりこと小島瑠璃子。

2012年に週プレのグラビアに登場。その後、バラエティに引っ張りだこで多忙を極めるなか、今なおグラビア界の第一線でも活躍し続けている彼女の、グラビアにかける思いが明らかに!

■好きでやってるからすごく楽しいんです

――グラビアデビューしてから今年で7年目になります。

小島 7年たってもこうして表紙にしていただけて、本当にありがたい限りです。

――いえいえ、むしろこれだけバラエティなどで活躍されているのに、いまだにグラビアをやってくれていること自体、こちらのほうこそ本当にありがたい限りですよ!

小島 実は最近、いろんな人にびっくりされるんですよね。「グラビアやってるの!?」とか「グラビアまだやるの?」って。でも、私的には毎年当たり前のようにやってきたことだし、好きでやってることだからすごく楽しいんですよ、グラビア。

――グラビアが楽しいのは、始めた頃からですか?

小島 さすがに最初は「どうするのが正解なんだろう」っていう気持ちもあったけど、それでも海外や沖縄へ行って、撮影中にその場所できれいな景色を見られたりするだけで楽しかったです。水面が写るようにしないと水がないように見えるくらい透明度が高い海とか。そういう場所をスタッフさんと一緒に見つけて、「ここで撮ろうよ!」ってきゃっきゃするのが楽しくて。"インスタ映え"なんて言葉がはやるよりもずっと前から、私はインスタ映えしそうな場所を探し続けてきましたよ、グラビアの撮影で(笑)。

――受け身ではなく、小島さん自身も能動的にグラビアの作品作りに参加するイメージでしょうか?

小島 そうですね。撮影チーム全員でいい写真を撮りにいこうっていう気持ちで、毎回グラビアの撮影に臨んでます。

――すごくいい心持ちですね。今までに行ったことのないこんな場所でグラビアの撮影をしてみたいとかは、あります?

小島 なんか、壮大な自然に囲まれた場所がいいなぁ。ジャングルとか! 近場で知ってるジャングル、ありません?

――すみません、ちょっと存じ上げないです(笑)。

小島 ですよね(笑)。肌も焼けてるし、野生的な感じで撮影したいです。イメージは、ケイティ・ペリーの『Roar』っていう曲のMVがぴったり。緑だけじゃなくて川があったり、ゾウやライオンと戯れたり、バリエーションもたくさん撮れると思いますよ!

―グラビアを始めた頃と比べて、内面的な部分は大人になったなって思います?

小島 思います、思います。もともと性格が「竹を割ったような」っていう言葉がぴったり合うくらい、何事も白黒はっきりさせないと気が済まないタイプだったんですよ。でも、場面によってはそうじゃなくて、もうちょっとここはふわっとさせておこうとか、そういう考え方ができるようになりました。

――周りを見られるようになったんですね。

小島 あとは、昔と比べるとだいぶ落ち着いたかなって。グラビア始めたての頃はキャピキャピしてましたもん(笑)。海に着いたときに砂浜を走って行かなくなったとか、ちっちゃいことなんですけどね。

――そのほか、例えば恋愛観も大人になっていたり......?

小島 そこは中学生くらいのときから全然変わってない気がするなぁ。自分の中に占める恋愛の比重が極端に少ないんですよ、昔から。一生懸命恋愛したいタイプではなくって。でも、最近は私と年の近い方がどんどん結婚していってるので、そういう年齢かなとは思い始めました。

――結婚したいとは思わない?

小島 全然したいですよ! ずっと「いつか結婚したい」と思ってて、それがここ最近でようやく現実味を帯びてきた感じです。でも、だからといって急いでロクでもないことにはなりたくないので、焦らず、子供好きでそこそこイケメンで優しい人が28、29歳くらいのときに現れたら最高だなって、ふわっと思ってます。

――そこそこイケメン(笑)。

小島 いや~、やっぱり「楽しい恋愛!」とか「カッコいい彼氏!」よりは、家庭的な人に旦那(だんな)さんになってほしいじゃないですか。だから、そこはもしかしたら成長したところかもしれませんね。

――昔は違ったんですか?

小島 前までは、イケメンで細身な人が理想でした!

――ストレート(笑)。28、29歳くらいのときは、まだグラビアをやっていますかね?

小島 気持ち的にはやっていたいです。この私のグラビアの雰囲気のままで、違和感がないところまではやりたいと思ってて。今7年目で、少なくとも10周年までは続けたい。私って、"残っていく仕事"をあまりしてないんですよ。ドラマや映画みたいな演技の仕事と違って、バラエティは作品として残らないものが多いじゃないですか。そういう意味でグラビアは、私にとって数少ない"作品として残るもの"なので、大事にしたいんです。

――ひとまず、あと3年はこじるりさんのグラビアが見られるということで。

小島 あ! それなら、グラビア10周年記念をジャングルで撮りましょうよ! ドドンと!

★週刊プレイボーイ36号(8月20日発売)『表紙の美女 小島瑠璃子』より

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180819-01068550-playboyz-ent&p=1

小島瑠璃子
no title



【グラビアデビューから7年、小島瑠璃子が語る本音の"グラビア"「10周年までは続けたい」】の続きを読む

このページのトップヘ