田中みな実

1: 2018/12/27(木) 13:52:05.92 ID:4yYoNwgg0
 田中みな実が司会を務める帯番組『ひるキュン!』(TOKYO MX)の17日放送で、国際結婚した夫婦の性生活にアドバイスする場面があった。

 この日、イライラエピソード吐露のコーナーに登場した女性が、18歳年上のトルコ人の夫が「夜を求めすぎる」との不満を告白した。女性は場所や女性の体調などを考慮せず、ところ構わず求めてくる夫に困っているという。

 しかし田中みな実は、「ないよりは絶対あったほうがいいと思うし、夫婦の絆ってそこが大事だと思う」「奥さんが断りすぎるのもよくないと思うの」と、セックスフルを肯定した。

 確かにセックスレスからセックスフルの状態に戻すのは難しく、お互いに満足のいくセックスを継続していけることは夫婦として大事ではある。ただ女性側の体調も考慮せずヤろうとしてくるのは、夫婦であってもレイプと同じ。それでも不倫よりはマシだと思う女性もいるだろうし、一方的に性欲の捌け口にされる屈辱を覚える女性もいるだろう。そこはケースバイケースだ。

 とはいえ田中みな実といえば、「セックスレス関係に陥ったことはない」でおなじみ。同じく『ひるキュン!』にて、過去に「セックスを断らない」と明かしたことがある。

 番組では43歳の主婦による、「10年以上夫とセックスレスの状態のため、性格や収入に不満があるわけではないが、離婚をしたいと考えてしまっている……」とのお悩みを紹介。家族問題評論家の池内ひろ美(54)が「夫婦仲が悪いとかではなく、夫の性欲が薄くなることはある」と言い、離婚は早計ゆえボーイフレンドを作ってしまえばいいとアドバイスした。

 そのうえで、セックスレスの定義は以前は“1カ月”セックスがないこととされているが、日本の既婚者のセックスレス率は44.6%(男性36.2%、女性50.3%)で、世界の中でも断トツ一位なのだとのデータが提示された。

 これを受けてNON STYLE井上裕介が「昔の彼氏と1カ月してなかったこととかあるやろ?」と質問したのだが、田中は「ない……」と否定した。さらに番組では「レスの原因は女性が男性からのセックスの誘いを乱暴に断ってプライドを傷つけるから」とも述べられたが、その際にも「疲れている時などは、拒否したことくらいはあるでしょ?」と聞かれ、田中は「無いです」。井上は「みな実の性欲が止まんねえな~」と茶化したが、性欲なのか従順なのか。

 田中みな実は今年11月17日に放送された『車あるんですけど…?』(テレビ東京系)に、先輩アナウンサーの安東弘樹とともに出演し「私は結局、恋愛至上主義」「甘えさせてくれない男性だったりすると、相手に合わせちゃう。好きな人には尽くすんです」と話していた。求められたらNOと言えない、ということなのかもしれない。彼女自身は乗り気じゃなくても受け入れてきた可能性もある。相手に合わせなくて済む自然体の恋愛ができればいいのだが。



【田中みな実、セックスレス経験ナシ セックスフル妻の悩みに「断りすぎるのもよくない」】の続きを読む

1: 2018/12/08(土) 07:37:14.50 ID:CAP_USER9
7日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ・関西テレビ系)にて、恒例の「本音でハシゴ酒」企画が行われた。ダウンタウンと坂上忍、飲み友達の田中みな実がゲストと酒席でトークを繰り広げる。

1軒目ゲストには、女優の秋吉久美子が登場。破天荒な発言を連発したが、話の流れから田中の意外な一面が明らかとなる。

■田中みな実、自宅で謎の水着生活

「デビュー作でいきなりヌード」「2人の男性と3度の離婚」「子供は卵で産みたい発言」などなど、秋吉の常軌を逸した人間性をトークであぶり出していくダウンタウンと坂上。その後、話題は自宅での過ごし方へと及んだ。

秋吉は「家の中では全裸だった」と告白。その理由は、「いつも裸でいれば(ボディラインが)キレイになると思ったから」だと説明した。これに「わかります!」と全面的に同意したのが田中だ。

問題は次の一言だった。田中は「私は水着なんですけど」と、涼しい顔でさらりと言い放つ。

その場の全員がドン引きしたことを瞬時に感じ取った田中は「……夏ですよ?」とフォローを入れるも、「いや、夏でも」と秋吉の容赦ないツッコミの餌食に。さらには浜田雅功が「全裸の人に言われても……」と視聴者の思いをすかさず代弁した。

■田中「彼が求めればなんでもします」

自宅で水着を着用することの異常性/変態性に、さすがの松本人志も眉をひそめる。「全裸のほうがまだマシ」であるとの見解を示した。プールもない室内で水着を着るケースなど、グラビア撮影以外のシーンではなかなかありえないことだ。

これには「理由があるんですよ」と語気を強める田中。「展示会で水着をいっぱい注文したんです。でも、いざ夏になったらプールや海へ行く機会がなかったので、仕方なくおうちで着たんです」と経緯を述べる。

「そしたら、意外とボディラインのチェックにもなることに気づいた。なので、『おうちに帰ったら私服から水着に着替えて過ごす』っていう生活を、夏はしていました」と明かした。

「でも、彼氏が家に来たりするでしょ」と心配する松本。坂上からは、「彼氏が『水着でいて』って言ったら水着でいるの?」と追求される。しかし田中は、事もなげに「彼が求めればなんでもします」と迷いなく断言したのだった。

■視聴者は「みな実エロい」と大興奮

「自宅で恋人の女性に水着姿でいることを命じる」などというシチュエーションは、客観的に見れば相当に倒錯的な恋愛の形に思える。ほとんどアダルトビデオや成人向けマンガなどの世界だ。

視聴者からは、「俺も水着姿のみな実ちゃんと部屋で過ごしてみたい」などと妄想を爆発させた感想が多数寄せられた。

最終的には、秋吉をして「私、男だったらこの女イヤかも」とまで言わしめた田中。他人を例外なくイラッとさせる天性の才能は、この日も抜群の切れ味を見せた。

画像提供:『ダウンタウンなう』cフジテレビ

no title

https://sirabee.com/2018/12/08/20161913924/

期間限定セール(毎週作品更新)

【田中みな実「家では水着で過ごす」 衝撃告白に破天荒女優・秋吉久美子も思わずドン引き】の続きを読む

1: 2018/10/14(日) 05:07:06.35 ID:CAP_USER9
フリーアナウンサーの田中みな実(31歳)が、10月13日放送のラジオ番組「田中みな実 あったかタイム」(TBSラジオ)に出演。「下着はいいけど、水着はやらない」と、肘ブラは構わないが、水着の仕事は嫌だと語る一幕があった。

この日のゲストであるフリーアナウンサーでナレーターの近藤サト(50歳)が、かつて局アナ時代に水着の仕事をした話を披露。この話に田中は驚きの声を上げ、さらに近藤から「みな実ちゃん、水着の仕事来たらやる?」と尋ねられると、「やらない!」と断言した。

近藤が「肘ブラはやるけど水着は嫌なんだ?」と返すと、田中は「ほんと、そう。下着はいいんだけど、水着はやだ、みたいな」とこだわりを示す。田中は、テレビでは絶対に水着仕事をやらないし、男性誌でも基本的にはやらないとコメント。

だが、田中はファッション誌やビューティー誌などで「女性が見て『いいな』と思ってもらえるような水着仕事だと大丈夫」と話し、発売されたばかりのビューティー誌「MAQUIA」11月号で、背中がぱっくりと開いた水着を着て、ファーを羽織るという水着仕事を行ったとも語った。

https://www.narinari.com/Nd/20181051626.html 

no title



【田中みな実「下着はいいんだけど、水着はやだ」】の続きを読む

1: 2018/07/28(土) 18:35:57.57 ID:CAP_USER9
 フリーアナウンサーの田中みな実(31)が28日放送のTBS「有吉ジャポン」(金曜深夜0・20)に出演。自宅で水着姿で家事をしていることを明かし、共演者を驚かせた。

 この日は元なでしこジャパンのメンバーでタレントの丸山桂里奈(35)がゲスト出演。お尻を出したグラビア写真について問われ、丸山は「お尻を出すなんて初めてですよ。元カレに言われたんですよ。とんでもないお尻をしているって。
(過去に)2回グラビア撮らせてもらったことがあったんですけど、その時より男性スタッフが15人ぐらい増えていました。お尻を見るために」と裏話を語った。

 そんな丸山のために番組は「お尻が1番きれいに見える水着」を紹介。スタジオが水着の話題で盛り上がる中、田中が「今年は水着を8着ぐらい買ったんですよ。全然着る予定がないのでおうちで着ています」と切り出すと、
番組MCの有吉弘行(44)は「8着も買って家で着てんの?何してんの」とけげんな表情。田中が「普通に家事したりしています」と明かすと、共演陣は声をあげて驚いていた。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/28/kiji/20180728s00041000295000c.html 

no title


【田中みな実、自宅では水着姿で家事「今年は8着ぐらい買った」】の続きを読む

1: 2018/06/03(日) 18:19:07.19 ID:pN+4P9GE0● BE:322453424-2BP(2000)
5月30日放送の「今夜くらべてみました 最強女子会SP」(日本テレビ系)に、元TBSでフリーの田中みな実アナウンサー(31)が出演した。

 田中アナは同番組で、「UOMO」(6月号/集英社)に掲載されたグラビア撮影の際、巨匠カメラマン・篠山紀信氏(77)との撮影エピソードを披露。

 田中アナは「(ブラの)ストラップが上がった状態だったんですけど、そしたら『(肩ひも)ひとつ下げてみようか』、『じゃ両方下げてみようか』って」と徐々に脱がされていったことを告白。

 さらに、、篠山氏からニップレスを外すことを提案され、田中は「(乳首が)見えちゃうんで」と抵抗したものの、押し切られて、その場でニップレスを取ったことも告白したのだ。
「同誌には2カットが掲載されているが、黒いブラジャーからは、推定Gカップと思しき巨乳がこぼれそうなほどにハミ出している。篠山氏といえば、撮影時に被写体の女性とかなり親密になることで知られている。ヌード写真を撮るわけではないのでわざわざニップレスを外す必要はありませんでしたが、篠山氏のカメラにはしっかり田中アナの乳首が写っているかもしれません」(出版関係者)

 田中アナといえば、局アナ時代から元フジテレビで現在はフリーのカトパンこと加藤綾子アナ(33)をライバル視していることが知られていた。

 そんな加藤アナは女優デビューを果たすなど活動の幅を広げ、すっかり田中アナに差を付けてしまった。「田中アナが打倒カトパンを果たすには、もう脱ぐしかない。ヘアヌード写真集でも出せばバカ売れするはず。そんな田中アナに刺激を受け、カトパンが過激グラビアに挑戦||という相乗効果も期待されます」(芸能記者)

 今こそ、みな実のハダカが見たい!

https://wjn.jp/sp/article/detail/1506374/ 

no title


【Gカップヌード披露がカウントダウンに入った田中みな実アナ】の続きを読む

このページのトップヘ