鷲見玲奈

1: 2018/02/18(日) 22:30:34.25 ID:ats+QLRe0● BE:322453424-2BP(2000)
 「今年は大雪もあって一段と寒い冬になっていますが、もうすぐ春。各局、次期エース女子アナが着々と育って来ています」(女子アナライター)

 平昌オリンピック(2月9日~)で中継キャスターを務めるテレビ東京・鷲見玲奈アナ(1990年5月12日生・27歳)もその1人。
 「彼女の魅力はなんといっても、あの“Gカップ巨乳”。よほど自信を持っているのか、“おっぱいライン”がはっきりと分かるタイトなニット姿でTV出演することが多いですね。五輪期間中は、彼女のファッションにも大注目です」(女子アナウオッチャー)

no title

 昨年12月、鷲見アナは『柔道グランドスラム東京2017』のキャスターも務めたが、その時のファッションが大きな話題となった。
 「ピンクのジャケットを羽織っていたのですが、彼女が動くたびにめくれて、超ド級のおっぱいが飛び出しそうになっていました」(写真誌カメラマン)

 ハイライトは、休憩中にそのジャケットを脱いだシーンだった。
 「巨乳を強調するデザインのシャツを着ていたので、“規格外の大きさ”が手に取るように分かりました。シャッターを押すより、彼女のおっぱいを“ガン見”してしまいまして…。フル勃起しちゃって困りましたよ」(同)

 昨年、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)の表紙と巻頭グラビアを飾り、ファンを増大させた鷲見アナ。
 「趣味は編み物、特技は3歳から習っている詩吟です。これだけ見ると、おっぱいの割りには地味な印象を受けますが、もともと、アナウンス力には定評がありました」(前出・女子アナウオッチャー)

 “ポスト大橋未歩(2017年12月退社)”の一番手なのだ。
 「大橋アナからは“YC(ヨコ乳)”というエロい言葉が生まれました。文字通り、ヨコ乳をアップにするというものですが、これを鷲見アナが継承していくものと思われます」(テレビ東京関係者)

 彼女は新年早々から、インスタグラムの動画でもGカップ巨乳を揺らしまくっていた。
 「“ブラチラ”も披露した後で、おいしそうな桃尻とムッチリ太ももの彼女が体にフィットしたニット系の衣装で、エアでボウリングやソフトボール、ダンスをみせていましたが、おっぱいの揺れがブルンブルンとモノ凄いことになっていました。“スミに置けない女子アナ”になりそうです」(前出・女子アナウオッチャー)

 ここからは、チャンネル順にNHKから見て行こう。

 『あさイチ』を3月いっぱいで降板すると報じられた有働由美子アナに代わって、次のエースと期待されているのが、朝のニュース番組『おはよう日本』のキャスター・和久田麻由子アナ(1988年11月25日生・29歳)。
 東大経済学部経済学科を卒業したエリートで、愛称は“わくまゆ”。
 「それでも、アナウンサーになっていなかったらミュージカル俳優になりたかったようです」(NHK関係者)

no title

 才女にして目のクリッとしたルックス。人気が出ないはずがない。
 「祖父がフランスの血を引いているところから、局内では“NHKの滝川クリステル”と呼ばれているそうです。身長165㌢で推定86㌢Dカップ巨乳のモデル体型です」(前出・女子アナライター)

 好物は、スイカ、生クリーム、あんこ。大学時代はラクロス部のマネージャーをしていたという。
 「ラクロス部に“彼氏”がいたそうで、以後、彼氏が途切れたことがないという伝説の持ち主です。といっても、今の生活のパターン(早寝早起)では、彼氏は無理だと思います。しばらくの間、おあずけですね」(スポーツ紙記者)

 他にも、こんな伝説があるという。
 「黒のガーターベルトが“勝負下着”だというのです。親しみやすい性格も、彼女の魅力の一つですが、素顔は案外、女王様なのかもしれません」(芸能ライター・小松立志氏)

 “ポスト有働”を目指すのなら“硬軟”を合わせ持っていなければならない。
 「ニュース番組は、いつ任せても大丈夫。それに肩の力が抜ければ、バラエティーも大丈夫だと思います。とりあえず、『ニュース7』への栄転があるのではないでしょうか。現在担当の鈴木奈穂子アナが“子作り”を望んでいますから」(前出・女子アナライター)

https://wjn.jp/sp/article/detail/6668035/


【次期エース女子アナお色気エロ下半身 鷲見玲奈、和久田麻由子】の続きを読む

1: 2018/02/14(水) 20:27:58.06 ID:CAP_USER9
開会式からトラブルが相次いで、先行き不安な平昌冬季五輪だが、
現地からリポートを伝えるテレビ各局の女性アナの揺れる巨乳ぶりに、テレビの前は騒然としている。

10日にテレビ東京で放送された「追跡LIVE! SPORTSウォッチャー」では、
同局の鷲見玲奈アナ(27)がその巨乳で視聴者をノックアウト。

この日行われたスピードスケート女子3000メートルの会場からリポートした鷲見アナだが
なんとぴったりフィットのニット衣装でFカップといわれる巨乳をみせつけて、男性視聴者の目をくぎ付けにしたのだ。

巨乳といえば、忘れてはいけないのはNHKの杉浦友紀アナ(34)だ。3日の「サタデースポーツ」で平昌の五輪会場にあるVRボブスレーに挑戦したが、
こちらもぴったりニットを着用。Hカップともいわれる爆乳をしっかりと揺らす姿がばっちり放送された。

「まるで狙ったかのような斜め下からのアングルでした。上に下に揺れるバストはまさに金メダル級でしたよ」とアイドル誌編集者は興奮気味に話す。

ネット上では動画も出回っているほどだ。

日本テレビからも、巨乳で知られる水卜麻美アナ(30)が平昌の開会式などを取材。こちらも、得意の食リポを織り交ぜて魅力を全開した。

「平昌は氷点下の寒さなので、屋外の取材やリポートは厚着になってしまいますが、屋内は暖かいので薄着になります。
上着が分厚い分、インナーは薄いぴったりなものを着がちなので、屋内のリポートには期待できます」と先のアイドル誌編集者。 

 平昌五輪の楽しみが増えたかも。

no title

no title

no title




【【画像】 鷲見玲奈、杉浦友紀、水卜麻美 女性アナが揺れる“巨乳五輪”  視聴者騒然!】の続きを読む

1: 2018/02/13(火) 09:49:04.00 ID:LDT1cs30H BE:633473628-2BP(2002)
岐阜県出身、首都大学東京卒の27歳。趣味は編み物、特技は3歳から習っている詩吟。
地味なプロフィールの彼女が、いまや女子アナ界で一、二を争う逸材といわれている。
入社5年めの鷲見玲奈アナ。彼女のいちばんの魅力は……見てもらえればおわかりのとおり。

「アナウンス力は折紙付き。世界卓球で出張したドイツで鞄と財布を盗まれたが、アクシデントに負けない強いハートも魅力」(テレ東関係者)

 取材先でも人気で、2016年はボクシング世界戦の中継でパナマ人の王者(注・既婚者)に「すごくかわいい。私、日本では独身です」と言い寄られ、ツーショットをねだられる一幕が。

 平昌五輪での活躍に注目だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180212-00010005-flash-ent

no title

見放題ch ライト

【【画像】平昌五輪テレ東キャスター「鷲見玲奈アナ」の胸に接近】の続きを読む

1: 2018/01/14(日) 20:53:37.69 ID:kX3RI3Hk0● BE:322453424-2BP(2000)
'17年12月をもって、テレビ東京を退社した大橋未歩アナ(39)。
 「彼女の功績は何といっても、その存在感。同局の知名度アップに一役も二役も貢献し、“YC(ヨコ乳)”という言葉も、彼女の巨乳から生まれました。テレビカメラが、彼女の横にまわって、文字通りヨコ乳をアップにするというもので、他局も真似しました」(女子アナライター)

 そのテレビ東京で“ポスト・大橋未歩”として注目されているのが、鷲見玲奈アナ(27)だ。
 「'90年5月12日、岐阜県出身の27歳。首都大学東京を卒業して、'13年入社。趣味は編み物、特技は3歳から習っている詩吟です。このプロフィールだけ見ると地味な印象を受けますが、今やテレビ東京内で、いや女子アナ界で1、2を争う逸材といわれているんです」(テレビ局関係者)

 最大の魅力は、先輩・大橋アナをも上回る“Gカップ”乳だ。
 「もともと、アナウンス力には定評がありました。'17年は、世界卓球で出張したドイツでカバンと財布を盗まれましたが、仕事はキッチリとこなしました。アクシデントにも負けない強いハートも魅力です」(女子アナウオッチャー)
 この暮れも、『家、ついて行ってイイですか?年末3時間SP』など大車輪の活躍をした。

 あるイベントでは、 「来年('18年)は初めてオリンピックに関わらせてもらうので、頑張りたい。個人的には親孝行と、年末に向けて、ちょっとだけ体重を落とせたので、来年も維持できるようにしたい」 と、コメントした。
 「2月の平昌五輪のキャスターを務めます。“YCショット”も、少しずつ増えてくると思います。テレビ東京の“顔”として、局も全面的にバックアップするようです」(スポーツ紙記者)
 そこで聞こえてきたのが“写真集出版”の話。
 「ヨコ乳を強調した超ビキニ・ランジェリー写真集を出すのではと取り沙汰されています。実現すれば、おそらく局アナとしては初の快挙。メガネをかけてのコスプレもいいと思います」(女子アナライター)

 9カ月程前、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)の表紙と巻頭グラビアを飾ったことは記憶に新しい。
 「テレビ東京は、チャレンジ精神旺盛な局。やるかもしれませんよ」(同)

 '18年は鷲見アナの年になるのは間違いない!

http://wjn.jp/sp/article/detail/6503335/ 

no title

no title


【鷲見玲奈アナ、 “ポスト大橋未歩”のGカップ「ヨコ乳」写真集】の続きを読む

このページのトップヘ