水卜麻美

1: 2018/06/09(土) 07:24:13.71 ID:CAP_USER9
昨年から今年にかけて新境地を開きつつある2人の美女アナ。どちらのほうがすごいのか、比較してみた!

 なんだかんだ言って、女子アナ界のツートップといえば、“カトパン”こと元フジテレビの加藤綾子(33)と、“ミトちゃん”こと日本テレビの水卜麻美アナ(31)の両者。これに異存のあるお父サンはいないはずだ。

「カトパンは、この春から女優業に本格進出して仕事の幅を広げ、ミトちゃんは、『ヒルナンデス!』から『スッキリ』に異動して約半年。日テレの“朝の顔”として完全に定着しました。ともに30代となり、そのボディは、まさに食べ頃。周囲のオトコたちが放っておくはずもなく、“電撃結婚”の噂もチラホラと聞こえてきます」(芸能ジャーナリストの渡邊孝浩氏)

 これからも、2人で大いにテレビ界を盛り上げてほしいものだが、やはり気になるのは、どちらがナンバーワンかということ。ならば2人を「仕事」「オトコ」の2部門で徹底比較してみたい。

■カトパンはドラマ『ブラックペアン』などにも出演 

 まず「仕事」では、カトパンの躍進ぶりが目立つ。「注目ドラマ『ブラックペアン』(TBS系)にメインキャストの一人として名を連ね、嵐の二宮和也や内野聖陽、小泉孝太郎らを相手に堂々の演技を披露。放送中のNHK朝ドラ『半分、青い。』にはアナウンサー役で出演と、女優業に大忙し。そればかりか、4月にはNHKのEテレで『世界へ発信!SNS英語術』の司会に就任し、5月からは産休の仲間由紀恵の代役で、『ミュージックフェア』(フジ系)の司会を務めています」(芸能記者)

 さらに、4月27日には、視聴者が抱く身近な謎や疑問を究明する関西の人気番組『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)に“見習い秘書”として出演。お仕事モード全開となっているのだ。芸能評論家の三杉武氏が言う。「女優としての演技力には厳しい意見もあるようですが、フリー転身にあたり、篠原涼子ら有力俳優陣を多く抱えるドラマに強い事務所を選んだことを考えても、女優活動への意欲を持っていたようですね。本人も非常にヤル気になっているようで、事務所も売り込みに力を入れていますから、今後も話題作への出演が、しばらく続きそうです」

■ミトちゃんは『スッキリ』の視聴率も安定 

 対するミトちゃんは、『スッキリ』の視聴率も安定し、時間帯トップの『羽鳥慎一モーニングショー』追撃に気合い十分だ。「ミトちゃんは、『スッキリ』の番組内のコーナー“NEWSミウライン”で扱うニュースの選定や原稿作りにも積極的で、アナウンサーとしての実力が1ランク上がったと、改めて社内での評価を上げています。昨年12月に発表された『好きなアナウンサーランキング』で5年連続首位となり、殿堂入りを決めていますが、その名誉に恥じない充実の仕事ぶりと言えるでしょう」(前出の渡邊氏)

 だが一方で、元TOKIO・山口達也の事件の余波で、レギュラー番組『幸せ!ボンビーガール』の存続が危ぶまれているという。「結局、レギュラー陣が暫定的にMCを担当することで、一応は番組の存続が決まりましたが、番組のイメージダウンは免れず、いつ終わってもおかしくない状況です」(制作関係者)

 この不安要素がマイナスポイントとなり、「仕事」ではカトパンに軍配が上がりそうだが、「現在、水卜アナに昨年、浮上して消えた“フリー転身説”が再浮上しています。フリーになれば、その年から、年収1億円は軽く超えてくるはずです」(夕刊紙記者)と、カトパンもうかうかしてはいられない。

■電撃結婚の可能性もある? 

 次は「オトコ」。どちらも、これといった話題が聞こえてこないのが正直なところである。「水卜アナは、15年に熱愛がキャッチされた、関ジャニ∞の横山裕と今も水面下で交際継続中という報道も一部にはあり、結婚が近いのではともいわれているようですが、あくまで噂の域を出ないレベルの話。カトパンも『ホンマでっか!?TV』(フジ系)でのコンビが10年と長くなった明石家さんまとのNY密会が昨秋に報じられており、こちらも電撃結婚の可能性もあるのではという見方がありますが、その後、彼女が関係をはっきり否定しています」(前出の芸能記者) 

 魅力的な2人がモテないはずはないのだが、「朝の番組を担当する水卜アナは、毎朝4時半起きの生活で夜遊びができなくなり、出会いも激減してしまったのではないでしょうか。一方の加藤さんも、現在の過密スケジュールにあっては、なかなか恋のタイミングも見つけづらそうですよね」(前出の三杉氏) 

 女性としての幸せを手に入れ、より美しく、輝く2人の姿を見てみたいが、現段階で「オトコ」では勝負がつかず。 

 しかし、やはりこの魅力あふれる2人に優劣をつけられない。2人には、これからもその笑顔で、大いにテレビを盛り上げていってもらいたい!

https://news.infoseek.co.jp/article/taishu_59587/

no title

no title

素人動画

【加藤綾子vs水卜麻美、女子アナ界”不動の2トップ” 「仕事」「オトコ」の2部門で徹底比較!】の続きを読む

1: 2018/03/16(金) 21:58:41.53 ID:XE+uHInr0● BE:322453424-2BP(2000)
 「最近の彼女は、憑きものが落ちたかのように“スッキリ”しています。以前よりも朝が早くなり、生活のリズムが変わりましたが、おかげで深酒することもなくなって、お肌の調子も絶好調。バストも大きくなったと大変な評判です」

 日本テレビ関係者がそう明かすのは、水卜麻美アナ(30)のことだ。
 「昨年は、フリーになるかで自身も揺れ、表情も曇りがちでした。大手プロ数社で争奪戦が繰り広げられましたが、最終的には次期社長候補ともいわれる日テレ幹部の慰留により、残留を決めたとされています。そして、10月から『ヒルナンデス!』から『スッキリ』に異動。さらに、年末に発表された『好きな女性アナウンサーランキング』で5度目の1位を取ったことも、彼女が自信を深めた要因の一つでしょうね」(同)

 そんな水卜アナ、2月8日には、勢い余って“放送事故”まがいの衝撃ショットを披露してくれた。
 「この日の水卜アナは、肌の色に近い薄いベージュのニット姿で番組に登場。遠目にはお肌とニットとの境界線が分かりにくく、しかもボディーラインを際立たせるピタピタのスタイルでしたから、テレビを見ていたお父さんたちは“えっ!? 裸?”と思わず画面を2度見してしまったに違いありません。横からのショットでは、その迫力のロケット乳ぶりが際立っていましたね」(テレビ雑誌記者)

 さらに、視聴者を驚かせたのは、こんな激揺れシーンだった。
 「この日は、昨年のM-1で準優勝した漫才コンビ『和牛』がスタジオでネタを披露しましたが、水卜アナはこれに手をたたいて大喜び。そのたびに、おっぱいが上下左右、四方八方にブルブルと激揺れし、ネットにはそのGIF動画(画像を連続再生した“動く静止画像”)が溢れる事態となりました」(同)

 自信と元気を取り戻し、自慢のボディーもエッチに進化しているようだ。

https://wjn.jp/sp/article/detail/3620808/ 

no title




【水卜麻美アナ、深酒ナシで体調もおっぱいの張りも絶好調!】の続きを読む

1: 2018/01/25(木) 22:06:52.58 ID:dVlSMmhG0● 
日本テレビの水卜麻美アナ(30)のあのFカップ爆乳は『ヒルナンデス』の食レポのおかげと言われている。そのFカップの先端がトンデモ事故を起こした。独立決意の予兆ともみられる「ピンコ勃ち乳首」放送事故がそれだ。
 「問題の放送は、1月6日放送の新春お笑い特番『UWASAのネタ』(日テレ系)。水卜アナはお笑いコンビ『にゃんこスター』とともにネタを披露するため、番組内で練習風景映像が流れたのです。Tシャツ姿で練習をしていた水卜アナが、Fカップを誇るように両腕を腰に当てて立った時、衝撃的“現象”が起きました」(放送記者)

 なんと、両胸の頂点に“ポッチ”が浮き出ていたのだ。
 「完全に、ピンコ勃ちした乳首が浮き出てしまっていたことで、ノーブラ疑惑まで浮上し、ネット上では“乳首事故”として拡散される騒動になっています」(同)

 実は、爆乳関連事故は今回だけではなかった。昨年12月28日の朝情報番組『スッキリ』では“ナマ乳いじり事故”を起こしていた。だから、あれは確信犯というのがもっぱらだ。
 「番組開始時、水卜アナがスタジオ入りする生映像が流れたのですが、薄手の上着の下から手を中に突っ込み、谷間を見せつつブラ位置を直し、Fカップをいじくるような挙動で、物議をかもしたばかりなのです。ここまで乳がらみの事故が続くと、確信犯としか思えませんよ」(芸能記者)
背景には、4月独立を決意したことがあるとみられている。水卜アナは昨年12月、オリコンが発表した「第14回好きな女子アナランキング」で5連覇を達成し、殿堂入りした。
 「頂点に立ち、局アナを続ける意味もなくなった。女子アナの多くが独立に悩む30歳を迎えていることもあり、31歳になる4月にフリーになる話が進んでいます。昨秋、朝の『スッキリ』の担当になり“早朝起きで夜遊びもできない”と不満を漏らしていますしね。同じ元日テレの羽鳥慎一や宮根誠司らの所属事務所が行き先と言われてます」(同)

 そうした中、「男解禁」も宣言しているという。ターゲットは元カレの『関ジャニ∞』横山裕だ。
 「横山とは『ヒルナンデス!』の共演で親しくなり、'15年にはジムデートが報じられ交際が発覚。しかし'17年、横山とフリーアナ田中みな実の交際が報じられたことで水卜アナが激怒し、破局していたのです。その後、田中も横山と破局したことで、水卜アナは横山を“逆略奪”する覚悟を周囲に明かしています」(スポーツ紙記者)

 横山にあの爆乳を思い出させようと、エロ水卜が狼煙を上げた。

http://wjn.jp/sp/article/detail/3493206/ 


19: 2018/01/25(木) 22:16:45.86 ID:YvKJ4ZVJ0
なるほどこれか
no title

20: 2018/01/25(木) 22:18:31.76 ID:MisxCOWT0
>>19
想像以上だった

33: 2018/01/25(木) 22:28:22.96 ID:4lAro/uw0
>>19
さすが実話さん ほんとにピンコ立ちでした!

【【画像】水卜麻美アナ、「ピンコ勃ち乳首」映像 両胸の頂点に“ポッチ”】の続きを読む

このページのトップヘ