永尾まりや

1: 2018/04/24(火) 10:20:29.06 ID:CAP_USER9
元AKB48の永尾まりや(24歳)が、4月23日に放送されたバラエティ番組「ペコジャニ∞!」(TBS系)に出演。
牛脂やアヒージョの油だけを爆食いするといった食生活を、マネージャーが心配している“偏食女子”として紹介された。

かつてテレビでも「牛脂好き」と語っていた永尾だが、現在もその嗜好は変わっておらず、マネージャーも「AKBを卒業してからは8、9キロくらいは太った。体型に出てしまうとマネージャーとしても困ります」と状況を危惧するほど。

永尾のプライベートが紹介されると、肉の脂身だけを焼いて食べたりするのは当たり前、油で具材を煮込むアヒージョの油だけを食べ「アヒージョの具は飾り」といった迷言が飛び出すと、さらに自宅での晩ご飯は大量のスパムとビールで、「究極、スパムと脂があれば生きていける」とニッコリ……。

こうした永尾の食生活を心配するマネージャーから「とにかく少しでも野菜を食べてほしい」と番組へのオファーがあり、番組は「豚バラキャベツのだんだん蒸し」を用意。
いざ永尾へ食べてもらおうとテーブルへ運ぶと、永尾は露骨に不服そうな表情を見せた。

だが、永尾が実際に食べ始めると「普通にウマい」「美味しい」と箸を進めていく。
そして感じるものがあったようで、永尾はこれから野菜も食べるよう頑張ると語っていた。

Twitterなどのネットでは驚きの声が続々。
「永尾まりやさん、あれだと24歳でも長生きしないと思う」「あんだけ油食べてグラビアやってるんだからある意味すごいよな」「これ、メンタル的に問題ある食べ方じゃない?」「正気の沙汰とは思えん…」「見ているだけでお腹いっぱいになった」という反応があるようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/14620899/

「ペコジャニ∞!」 永尾まりや

no title

no title


元AKB48 永尾まりや

no title


【【画像】元AKB・永尾まりや、超「偏食」生活に驚きの声 牛脂やアヒージョの油だけ爆食い】の続きを読む

1: 2018/04/02(月) 23:43:07.60 ID:CAP_USER9
永尾まりやが2日、自身のInstagramにて、同日発売の「週刊プレイボーイ」16号のオフショットを公開。
美ボディが露わになったショットに、ファンから悶絶の声が寄せられている。

永尾まりや、大胆美ボディショットにファン悶絶

永尾は同誌でリアルガチの“すっぴん”グラビアを披露。
Instagramでは「初めての本当にガチのすっぴんでグラビアしてますよ」とアピールし、撮影中のバスルームで撮った思われるオフショットを公開した。

永尾は白いタンクトップの裾をたくし上げ、引き締まった腹筋を露出。
下半身は細いストラップのビキニボトムのみを身に着けたSEXYな姿で、華奢な美ボディを大胆披露した。

ファンからは「スタイル良すぎる!!ほんとにカラダ綺麗!!」「やばい!素晴らしい!くぎ付けです!!」「キワドすぎる…!ドキッとした…」「腹筋線入ってる!美しい!」「SEXYすぎて目のやり場に困る」など、悶絶のコメントが寄せられている。

http://mdpr.jp/news/detail/1757427

リアルガチの“すっぴん”グラビア 「週刊プレイボーイ」16号 永尾まりや
no title

no title

オフショット バスルームで美ボディ披露
no title



【【画像】元AKB・永尾まりや、バスルームでの大胆美ボディ披露にファン悶絶】の続きを読む

1: 2017/12/21(木) 13:45:15.42 ID:CAP_USER9
元AKB48のメンバーで女優の永尾まりやが、dTVオリジナルドラマ「不能犯」(12月22日より配信)に出演する。
とある男性に秘密の過去をおどされ、人生のどん底に落ちていくヒロインを演じた永尾は、人生初となる激しい濡れ場にも挑戦。
このたび、インタビューに応じ、心境を明かした。

グランドジャンプ(集英社)で連載中の人気コミック『不能犯』の衝撃エピソードを映像化した同ドラマは、“思い込み”や“マインドコントロール”で人を殺すなど、常識的に考えて犯行を証明できない不気味な能力を持つ“不能犯”宇相吹正(うそぶきただし)と、彼に翻弄される人々の悲惨な運命を描いた新感覚スリラー・エンタテインメント。

主演の松坂桃李ほか、映画『不能犯』(2018年2月1日公開)にも出演する沢尻エリカをはじめ、豪華キャストが登場。
永尾は、元AV女優役としてベッドシーンにも挑戦した。

ベッドシーンを振り返る

― 今回体当たりな役柄でしたが、話が来た時にはどう思いましたか?

お話をいただいた時は、不安だったんですが、作品に出られて嬉しかったという気持ちの方が大きかったです。あとベッドシーンはどこまでやるのかが気になったんですけど、監督から際どいシーンを聞いたとき「私、やります!」って言いました(笑)。

― それは別に嫌ではなかったということですか?

でも、嫌ではないと言ったらどんどんハードル上がっていきそうですよね(笑)?どんな演技をしたらいいのか、そういう所を逐一監督と話しながら演じていました。私は2人の方とのベッドシーンがあったんですが、相手の森岡豊さんは初めてのベッドシーンだったらしくて、私もそういうシーンは初めてだったんですけど、演技中はちゃんとリードしてくださったので、助かりました。最初は「俺初めてなんだよねー、大丈夫かなぁ」っておっしゃってて(笑)。

― 永尾さんがリードしてたらちょっとビックリですよね?

ヤバいじゃないですか、あたしがリードしてたら(笑)どんな奴だっていう(笑)。

― 松坂さんとは現場でどんな話をされたんですか?

撮影で使った過去に出演していたAVのパッケージを見て松坂さんが「これ撮ったんですか(笑)?」みたいなことがあって。いや~ホント嫌でしたね…(笑)。それこそ設定では整形前なので、敢えてちょっとブスに撮ったんですよ。だからあまり見ないでほしいなっていう(笑)。ちょっとリアルなんですよあれ。めちゃめちゃブスってわけでもなくて。だから本当に恥ずかしいなぁ…。

来年は「跳ねるときのための準備」

― 今年は振り返ってみてどんな一年でしたか?

AKB48っていう名前がなくなって、やっぱり今までそれに頼っていたんだなって感じる部分は多々あった1年でしたね。例えば私のことを全然知らない方がいて、「何やってたの、これまで?」って聞かれた時に、AKBの名前を出した方が早いんですけど、出さずに試したい自分もいて。私は選抜組ではなかったので、知らない人も多いんですけど、その時に言うか言わないかは迷いますね。

― 来年はどんな1年にしたいですか?

来年は、AKB辞めて次跳ねるときのための準備って私は考えているんですけど、事務所の方は「何言ってんの、早く上がれー!今躍進するときなんだよ!」って思ってると思うんですよね(笑)。

http://mdpr.jp/interview/detail/1735793

ドラマ「不能犯」で人生初の激しい濡れ場に挑戦 永尾まりや
no title

no title

no title

no title


【【画像】元AKB永尾まりや、人生初となる「激しい濡れ場」に挑戦!】の続きを読む

このページのトップヘ