熊田曜子

1: 2019/02/08(金) 14:56:18.25 ID:I6Wt07z49
タレント、熊田曜子(36)が、8日に37冊目の写真集「gm37」(双葉社、3780円)を発売する。

昨年6月に第3子の三女を出産してからわずか4カ月後に撮影。
短期間で164センチ、B92W56H84の完璧なボディーラインを取り戻し、
大人の色気を漂わせたセクシーショット満載の“奇跡の写真集”に仕上がった。

前作の36冊目は「最も多く写真集を刊行したタレント」としてギネスに申請中。
5月に37歳を迎える熊田は「こんなにも長きにわたり大好きなグラビアができてとっても幸せ」と感激。
タイトルの「gm」の意味は「グラビアモンスター」の略語で、「グラビア界のモンスターとして生き続けられるようにこれからも頑張ります」と誓った。

15日午後7時から東京・福家書店新宿サブナード店で発売イベントを行う。

https://www.sanspo.com/geino/news/20190208/gra19020804000002-n1.html 

第3子出産から4カ月後とは思えないくびれボディーを披露する熊田 

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title




【【画像】“グラビアモンスター”熊田曜子、産後4カ月で完璧ボディー! 37冊目の写真集でギネスに申請!】の続きを読む

1: 2018/11/22(木) 10:47:17.19 ID:CAP_USER9
タレントの熊田曜子(36)が22日、自身のインスタグラム更新。
6月に第3子の女児を出産後4か月でグラビア復帰したことを報告した。

熊田は「第三子を出産して4ヶ月。グラビア復帰したよ 衣装がまだ見せられないから 隠してるけど水着撮影なの」とつづり、ビキニの水着部分を青色でペイントして隠した写真をアップ。
「地味なダイエットを続けててあと2キロで妊娠前の体重に戻るよ」と産後とは思えない割れた腹筋を披露し、「ゆっくり無理せず頑張る」とつづった。

この投稿には「すごいです!!3人産んでこのボディ」「スタイルが凄い!」「ナイスバディーは健在だ!!」「何をしたら産後もそんな美しい体型でいられるのですか!?」「バキバキじゃないですか」「3人産んでて妊娠線とか全然無いんですね!すごい!」など衰えないスタイルの良さに称賛の声が上がっている。

熊田は熊田は2012年7月に一般男性と結婚し、同年12月に第1子の女児を、15年10月に第2子の女児を出産。
今年6月に第3子女児出産を発表した。
今月4日には乳幼児3人を連れて都内の児童館を訪れたところ「大人1人につき子ども2人」というルールのため、利用を断られたことをブログで明かし、議論も呼んでいた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-00000090-sph-ent

熊田曜子が美腹筋を披露

no title


熊田曜子

no title



【【画像】熊田曜子、産後4か月でグラビア復帰 「3人産んでこのボディ」「バキバキ」美腹筋に驚きの声】の続きを読む

1: 2017/12/16(土) 19:04:00.04 ID:LAo8BFfT0● 
タレントの熊田曜子が16日、都内にて、自身57作目のイメージDVD「頂嬢」の発売記念イベントを開催した。

完成したDVDのパッケージを手に、熊田は「デビューしたのが19歳で。そのときはまだVHSの時代だったのですね。途中からVHS版とDVD版の2枚になって、その後は完全にDVDに移行していきました。すごく時代を感じますね(笑)。今みたいにSNSがまったく普及していなかったので、イベントの告知も電気屋さんにお願いしたりしていました。今は自分で発信しています」としみじみ。「この先、どういうふうになっていくのだろうという楽しみもあります」とも言葉にした。

DVD撮影は何度も経験があることから「いまだにポロリがあったりする?」との質問には、「ぜんぜん、ありますよ。中身が男の人の感覚といいますか、(DVDを)観てもらう人の気持ちになってやっていますので、あまり恥ずかしさがないといいますか。感覚が麻痺しちゃっているのかもしれません」と照れ笑い。現場でポロリをしたときの様子を「『あっ、すみません』と淡々と直す感じです」と明かした。

https://mdpr.jp/news/detail/1734741

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【【画像】熊田曜子(35)がミニスカサンタ姿で新作グラビアをPR】の続きを読む

このページのトップヘ