小嶋陽菜

1: 2018/10/20(土) 14:42:57.50 ID:CAP_USER9
 熱愛中の元AKB48小嶋陽菜(30)とDMMグループ子会社「ピックアップ」社長・宮本拓氏(26)の年内結婚説が浮上している。小嶋はこのところ芸能界の仕事をセーブし、プロデュース業へ本腰を入れるプランも練っているという。さらに、結婚後は趣味の競馬で個人馬主デビュー計画まで描いている。人妻・こじはるがダービーを制する日が来る!?

 5月末に「週刊新潮」で報じられた小嶋と宮本氏の熱愛。6月には「フライデー」が2人のデート現場を激写。最近も再び「フライデー」が、麻布十番の商店街で2人が堂々とデートする様子を報じている。

「小嶋の所属事務所も『プライベートは本人に任せている』と暗に交際は認めている。熱愛がスクープされた時には、慣れてない宮本氏が動揺しまくって、周囲が『ノイローゼになるのでは?』と心配するほどでしたが、年上の小嶋が『私がいるから大丈夫!』とフォロー。意外としっかり者だとわかった小嶋を宮本氏も信頼し、メロメロですよ」(ファッション関係者)

 小嶋は6月に自身がプロデュースしたファッションブランド「Her lip to」を立ち上げたばかり。現在の仕事はモデル活動などファッション関連がメインで、女優やタレント活動にはそれほど積極的ではないという。

 さらに、小嶋が崇拝する有名女性ファッション誌出身の女性コーディネーターMさんも、小嶋の実業家転身には太鼓判を押しているという。

「Mさんは小嶋のAKB在籍時から、ファッション業界に進出するきっかけになった人物。いわば恩人で、小嶋が大きな決断をする時は必ず、ハワイで敏腕コーディネーターを務めるMさんの元を訪れて、すべて相談しているほどです。そのMさんも小嶋の裏方的な才能を絶賛しており、宮本氏との交際も賛成しているとか」(前同)

 そんな小嶋は先日、AKB初の派生ユニットで高橋みなみ(27)、峯岸みなみ(25)との3人組ユニット「ノースリーブス」として、デビュー10周年の記念日である11月26日に一夜限りの10周年ライブイベントを行うことが話題になっている。

 芸能プロ関係者によれば「ユニットのイベントは実に5年半ぶり。AKBといえば、サプライズ発表があることで知られていますが、小嶋が『結婚しま~す!』と電撃発表するとの情報も駆け巡っている」という。

 現在、宮本氏が住む都内の家賃180万円の超高級マンションで半同棲中ともいわれる小嶋。2人が結婚となれば、小嶋は見事に玉の輿にも乗ることになるが、人妻となった後にも、実現させたい大きな夢を描いているという。

「小嶋はAKB時代から競馬好きとして知られ、今も関連番組にレギュラー出演している。裏方業に本腰を入れても、競馬には関わっていたい意向があるようです。『馬主になって、日本ダービーを勝ちた~い!』とか(笑い)。宮本氏と結婚すれば、馬主の資格を取って、高額馬を手に入れることもできるでしょうからね」(前同)

 近い将来、ドヤ顔で競馬場にいる馬主・小嶋の姿を拝めるかもしれない。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1161481/

no title



【こじはる年内結婚そして馬主デビューも? 11・26電撃発表か】の続きを読む

1: 2018/06/15(金) 21:28:47.86 ID:gZeaJu0i0● BE:322453424-2BP(2000)
元『AKB48』の小嶋陽菜(30)に、5歳年下のIT企業社長との熱愛が発覚。今後、電撃結婚・引退も考えられることで、「見納めヌード」が現実味を帯びている。
 「こじはるも30の大台に乗ったし、このまま、結婚に突っ走る可能性もあります」(スポーツ紙記者)

 M氏との交際を報じたのは『週刊新潮』。今年4月、小嶋は米国・カリフォルニア州で行われた音楽フェスにビヨンセのコンサートを見に行ったのだが、そこにはDMMグループの系列会社社長も一緒だったという。
 「小嶋はファンに向けて、ビヨンセを見た興奮をSNSで報告したのですが、ちょうどその時期、M氏も米国にいたことで熱愛が明らかになったのです。2人は今、家賃180万円といわれる東京・六本木のマンションで半同棲中とか。かなりのラブラブ状態といいます」(同)

 小嶋の所属事務所も交際を否定しなければ、M氏も小嶋に夢中。残すは、彼女がいつ結婚を決断するかに注目が集まっている。
 「昨年4月にAKBを卒業。在籍時には、『30歳でお金持ちと知り合って、結婚しちゃおうかな』なんて冗談まじりに言っていた。彼女は、プロデューサーの秋元康氏に『AKBを卒業する勇気がない』と言われたほどのぬるま湯好き。それだけに、芸能界に未練など残さず寿引退するかもしれない」(AKBライター)

彼女は、現在放送中のワイヤレスブラのCMで見事なボディーを披露。これまで通販下着のCMでも下着姿を見せたりと、元AKBメンバーの中で、最も男性の股間を熱くさせているといっても過言ではない。
 「B84・W59・H88のDカップボディー。なかなか形のいい美乳ではあるのですが、最近、ややタレ気味でお腹がぽっこりしてきたと、ネットで指摘されている。彼女自身、そのことも、引退への後押しともなっているそうです」(同)

 ギリギリセクシーはこれまで多数。彼女も、時期がくれば「脱いでもいい」と公言している…とくれば、当然、黙っていないのが脱がせ屋たちの存在だ。
 「こじはる自身、“見納めヌード”を考えているようで、それを嗅ぎつけた大手出版社が、水面下で動き始めています。彼女は下着モデルにもなっています。『ヌード写真集』なら部数40万部は堅い」(写真集編集者)

 優雅な社長夫人生活の前に、ぜひともヌードを!

https://wjn.jp/sp/article/detail/3251103/ 

no title


【元AKB・小嶋陽菜、結婚秒読みで現実味を帯びる“身納め引退ヌード”】の続きを読む

1: 2018/06/07(木) 06:52:31.01 ID:CAP_USER9
 天然キャラのタレントに競馬通、そしてファッションモデル。自在にキャラクターを操る元AKB48の小嶋陽菜(はるな)にはこれまで浮いた話がなかったが、三十路を迎えた途端、オトコの気配が実に色濃く漂ってきた。

 30歳となった今年4月19日の数日後、小嶋はツイッターでこう呟いている。

〈ビヨンセがかっこよすぎた とりあえずワークアウトがんばろ。〉

 アメリカのカリフォルニア州で同時期の数日間にわたって行われた、野外音楽フェス「コーチェラ2018」での写真つきだ。

 彼女は“世界の歌姫”ビヨンセを観た興奮を、ツイッターだけでなくインスタにも載せているのだが、

「実はここに、小嶋さんの誕生日を祝うため、ある男性も一緒に行っていたと聞いています。4月18日から24日の日程でね」

 そう打ち明けるのは、IT業界の事情通氏である。

「男性は、25歳の若さでDMMグループの会社『ピックアップ』で社長をつとめる宮本拓さん。アメリカから帰ってから“フェスを観に行った”と知人に話していたそうです。2人はいま六本木のマンションで半同棲状態にあって、宮本社長が、小嶋さんと付き合うために引っ越したといいます。宮本社長が“かわいい”とツイッターにあげている犬も、以前、小嶋さんが飼っていたトイプードルにそっくりなんですよ」

■バイアウトで9億円

 肝心の、宮本社長とはどんな人物か。まず六本木の部屋を確認すると、家賃は月に180万円前後! 別の事情通氏によれば、

「小嶋さんの5歳下の彼にそれだけの財力ができたのは、4年前に設立したピックアップでリリースした写真保存アプリ『POOL』の大ヒットが端緒です。DMM社長の片桐孝憲さんの誘いで昨年1月に会社をバイアウト。DMMグループに入って9億円を得て、共同創業者と分配して5、6億円ほど手にしたのでは」

 そして昨年8月。

「DMMが手がけた一口馬主アプリ『バヌーシー』のイメキャラに小嶋さんが就いた縁で、片桐さんが宮本社長に紹介した形だったと思います。イケメンなのに冴えない理系男子だった宮本社長にデートコースを教え、“オレが2人をくっつけたんだ”と冗談めかすDMM関係者もいますよ」

 履歴書をさらにめくると、熊本県立大在学中の12年に上京。エンジニアが集まるシェアハウスに身を寄せ、貧乏生活をしながら腕を磨いたというから、絵に描いたような成功譚ではないか。

 いま、IT業界には“小嶋さんに夢中で、社業が疎(おろそ)かになっている”との厳しい声が広まりつつあるが、ともあれ、2人の関係をこじはるの事務所に訊いた。すると驚くことに、「プライベートは基本的に本人に任せております」と否定せず、

「彼女の意思や行動に対して私共は信頼しております。長年のアイドル生活の中でしか養えなかったこと、卒業してから身に付けていくこと全てが彼女の人生の糧になると思っていますので、私共は成長を見守っていきたいと思っております」

 アメリカ行は、“婚前旅行”と思えて仕方ないのだ。

https://www.dailyshincho.jp/article/2018/06070559/?all=1


no title


【元AKB・小嶋陽菜とアメリカへ婚前旅行したIT社長の履歴書】の続きを読む

1: 2018/06/01(金) 21:37:18.44 ID:s9jWXlgC0● BE:322453424-2BP(2000)
仰天! 小嶋陽菜(30)の大陰唇と思われる部分がポロリしていたという、前代未聞の“エロ大事故”が起きていた。

 小嶋がネット上で「パイパン大陰唇」が見えてしまったと思われる“マンチラ動画”を配信したとして、波紋が広がっている。
 「5月中旬頃、自身のインスタグラム内の24時間だけアップされる動画投稿機能『ストーリー』を使って配信されたとみられます。モデルを務めるファッション誌『sweet』の撮影中の、楽屋におけるシーンと思われ、女性スタッフから“こじこじ”と話し掛けられると“おはよ~”と笑顔で答えている、15秒程度のものです」(芸能ライター)

 しかしこの動画、配信後にコピーされてネット上に拡大しているのだ。
 実際に動画を見てみよう。上半身は長袖の小嶋だが、下半身はビキニのような水着だけ。股間部分を見ると、確かに“異変”があった。
 「布面積が小さなビキニなのですが、左足付け根側が股間に食い込みすぎて“具”がはみ出たように見えていたのです。ネット上ではこのシーンがキャプチャーされ“こじはるの大陰唇ポロリ画像”として拡散されています」(芸能記者)

 さらに、“パイパン”の可能性も濃厚なのだ。
 「きれいな“ツルマン”で陰毛が見えない。小嶋は'13年から下着メーカーのイメージキャラを務めており、長年パイパンと噂されていましたが、実証された格好。ネット上では、“美しすぎるアソコ”に興奮する人が後を絶ちません」(同)
B84・W60・H86と『AKB48』屈指のモデル体型だったが、昨年4月に卒業。現在、レギュラーは日本テレビ系『PON!』、フジテレビ系『馬好王国』程度。しかし、4月19日に30歳になったのを機にエロ攻勢を仕掛けるという。
 「今回の“大陰唇ポロリ”は、エロ転向への布石でしょう。背景にあるのは、下ネタで話題を独占している『HKT48』指原莉乃の存在。卒業秒読みの指原は独立後、さらにエロ度を増し、小嶋の仕事を奪いに来るはず。小嶋は、その侵攻を迎撃するため、大陰唇動画で先制パンチを見せた可能性が大です」(AKB関係者)

 小嶋は『sweet』の表紙でセミ裸身を披露したこともあるだけに、脱ぎには抵抗なし。
 「“パイパン見せ写真集”の発売話が浮上しています。すでに一部関係者と打ち合わせ目前とか、指原の動向次第では、早い段階で出版に踏み切ることもあり得る」(芸能プロ幹部)

 “さっしーvsこじはる”のパイパン総選挙、これは見ものだ! ご両人写真集“無毛の証明”はどっちが先?

https://wjn.jp/sp/article/detail/8771906/ 

no title


【元AKB小嶋陽菜、“大陰唇ポロリ画像”で判明した完全パイパンの証明】の続きを読む

1: 2018/05/18(金) 21:17:54.34 ID:AAjAtDoX0 BE:368289528-PLT(14345)
元AKB48でタレントの“こじはる”こと小嶋陽菜(30)が、レギュラーモデルを務めるファッション誌「sweet」6月号(宝島社)に登場。
同誌の公式Instagramで水着姿が公開され、ド迫力の胸の谷間にファンが大注目している。
同誌の公式Instagramは今月13日付の投稿で「発売中のsweet6月号では、こじはるがこの夏のおすすめ水着を紹介しているよ!」と告知。
さらに「こじはるのマシュマロボディがヤバかわすぎてこれはほんとに事件です」などと綴り、小嶋の水着ショットを公開した。
小嶋はピンクのワンピース水着を身に着けており、全体的な露出度は控えめながら胸元は大きく開き、たわわに実った谷間を大胆に露出。
魅惑的なボディラインもくっきりと浮かび上がり、腰回りが非常にセクシーだ。「マシュマロボディがヤバかわすぎ」というコメント通りの色っぽさを発揮している。
これにネット上では「おっぱいにしか目がいかない」「女も憧れるおっぱいのハリとツヤ」「陽菜ちゃん美しすぎ」「超絶可愛いしスタイルもいい」「こじはるの水着シコい!」などと絶賛の声が続出。
女性ファッション誌での水着姿であるにもかかわらず、男性ファンの間でも大反響を巻き起こしている。
「今年4月19日に大台となる30歳の誕生日を迎えましたが、ボディラインや肌のの美しさは衰えるどころか、ますます輝きを増している。
モデル系の仕事にシフトした女性タレントは水着姿をあまり見せたがらなくなる傾向がありますが、小嶋さんは雑誌の水着企画はもちろんのこと、プライベートの水着ショットまでSNSで頻繁に公開している。
アイドル時代から培ってきたサービス精神の旺盛さと、日ごろからマシュマロボディを磨きに磨いていることによる自信があるからできることでしょう」

http://www.menscyzo.com/2018/05/post_67713.html

no title


【【画像】元AKB小嶋陽菜、圧巻の谷間ショットがヤバかわ! 「おっぱいにしか目がいかない」と反響】の続きを読む

このページのトップヘ