広瀬すず

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/04/05(木) 23:44:09.31 ID:zxDNvlxx0
だよな

4: 2018/04/05(木) 23:45:34.13 ID:9q8ws5mva
まいんちゃんがいるだろ
no title


【【画像】10代人気女優、広瀬すずとハシカン以外全部ゴミ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/04/04(水) 21:06:48.51 ID:vYGm6Wic00404 BE:731544683-2BP(1000)


【【画像】広瀬すずちゃん、お胸がたわわw】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/03/25(日) 05:19:03.13 ID:CAP_USER9
女優・広瀬すず(19)が23日に、自身のツイッターを更新。姉・広瀬アリス(23)の写真をアップして話題になっている。

■「すずよりのアリス」

「広瀬すずよりのアリス」のコメントとともに、姉であるアリスの写真をアップ。すずのトレードマークともいえるボブヘアー、どこか幼い服装から、すずを思わせるルックスだ。

よく見ればアリスであることはわかるが、ぱっと見ただけでは、すずと間違う人もいるだろう。

広瀬すずよりの広瀬アリス
広瀬すず (@Suzu_Mg) March 23, 2018
no title


■「やっぱり姉妹」と絶賛する声

投稿を受け、ファンからは「どっちかわからなかった」「めっちゃ似てる!」の声が寄せられている。

・アリスがすずに寄せてきた笑
・アリス寄りのすずもお願いします
・すずぼんが体調悪い時に「替え玉」をお願いできそう!
・これアリスちゃん? 普通にすずちゃんにしか見えない
・こう見ると似てますね。やっぱり姉妹ですな
・一瞬どっちかすごい悩んだ!

■実際はそれほど似ていない?

ガルアワ、姉妹でトップバッター歩きました。
まだまだ続きます!
MCも引き続き頑張ります
広瀬アリス (@Alice1211_Mg) September 16, 2017
no title


実際に姉妹が並ぶと、似ているとは思うが「そっくり」とまではいかない。それぞれに別の路線の美しさがあることが際立つばかり。やはり、すずの髪型のイメージが強いということだろうか。

https://sirabee.com/2018/03/24/20161557555/

【【画像】「広瀬すずにしか見えない」 すずそっくりの姉アリスに「似すぎ」の声】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/03/22(木) 19:50:24.63 ID:Vh63LKCa0● BE:842343564-2BP(2000)
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12151-006929/

すず、さすがにこれはまずいだろう。3月14日に放送された広瀬すず(19)主演の「anone(アノネ)」(日テレ系)の第9話の平均視聴率が4.4%(関東地区)だったことが15日、ビデオリサーチの調べで分かった。
 一方、ドラマ『海月姫』(3月19日最終回)に主演した芳根京子(21)にしてもそうだ。“かつて”フジテレビのドル箱だった月9ドラマが平均視聴率6.2%という残念な数字。この悲惨な結果に両者とも「懺悔ヌード」を披露する可能性があるという。

 すずの『anone』は一度も10%に乗ったことがない体たらく。
 「実物は、明るい生意気系がウリの彼女なのに、ドラマは人間不信の孤独な少女で、町工場でニセ札を作るというバカバカしい内容。脚本が悪いといえばそれまででしょうが、オファーを受けた彼女サイドも悪い。ネットでも『すず、最低』の声もあり、重大な戦犯です」(テレビ雑誌編集者)

 一方、芳根は、すずよりさらに悪い。
 「昨年、西内まりや主演で、月9ワースト記録となった『突然ですが、明日結婚します』の平均視聴率6.65%を下回るかもしれません。西内はドラマをめぐって、事務所とトラブルを起こし、今は引退状態です。芳根もこのままなら、何らかのペナルティーがあるでしょうね」(同)

 芳根は'16年にNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』に主演。平均視聴率20.3%と20%の合格ラインをクリアし、今後の活躍が期待された。
 「視聴率が取れたので、本人も過信したのでしょう。今回のドラマの惨敗で、今後は大きな主演は回ってこないですし、ここはキャラの方向転換が必要。ずばり、ヌードになって出直すべきですよ」(写真誌記者)

 一方、すずといえば、'19年のNHKテレビ小説100作目『夏空』に主演予定。昨年11月に99作目の主演が決まる前の発表は異例だった。
 「ただ、NHKも『anone』の低迷は想定外だったはず。これほど不人気だったのかと落胆しています。そこで急きょ、すずのライバルである橋本環奈(19)をW主演で持ってくる案も検討されているほどです」(NHK関係者)

 当然ながら、すずも現ドラマが惨敗なら責任問題だ。
 「彼女は15歳の時、B86のDカップ巨乳をドラマ『ビター・ブラッド』(フジテレビ系)で披露している。それだけに、ブラからハミ出さんばかりの、巨乳セミヌードくらいは平気でしょう。ドラマ不振の責任を取って写真集でお詫びするべき」(前出・写真誌記者)

no title

 人気を取り戻す起爆剤は、ズバリ“すず&京子の”Wヌードしかない!


【広瀬すず『anone』、ドラマ視聴率低迷で「懺悔ヌード」披露か】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/03/20(火) 00:58:46.42 ID:CAP_USER9
女優の広瀬すずが、20日発売のマンガ誌「週刊少年マガジン」16号(講談社)の表紙と巻頭グラビアに登場した。

広瀬すず、キャミワンピでガーリーに

今回は、何でも着こなす広瀬の最新カットをお届け。
真っ赤なドット柄のキャミワンピースや白のTシャツなど、ガーリーからボーイッシュまで幅広い魅力を披露しており、弾けるような笑顔を見せている。

また、3月17日に公開された主演映画『ちはやふる-結び-』の見どころインタビューも掲載される。

http://mdpr.jp/news/detail/1754066

「週刊少年マガジン」16号 広瀬すず
no title

no title

no title

no title


【【グラビア】広瀬すず、キャミワンピ1枚でガーリーに 弾ける笑顔全開】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1 : 2018/03/17(土) 12:16:50.80 ID:xDFRSKWA0.net BE:175673416-2BP(1000) [1/1回]

 広瀬すず(19)が主演するNHK連続テレビ小説100作目となる『夏空』に、橋本環奈(19)の出演が検討されているという。
 「'19年4月に放送される『夏空』の主演が発表されたのが、昨年11月のこと。なぜこんなに早く発表したのか不思議でした。その時点ではまだ99作目の主演も発表されていませんでしたからね」(芸能記者)

 99作目『まんぷく』のヒロイン・安藤サクラ(32)を発表したのが、1月。確かに、頭をかしげる人も多かったはず。しかし、この異例の早期発表が裏目に出ているという。
 「人気沸騰だったすずのスケジュールを早くから押さえたかった結果でしょうが、最近、一部芸能サイトでは、すずのヒロインでは不安という書き込みが多く、人気も下降気味。そんな想定外の出来事にNHKサイドは、視聴率次第で、主演を超えるようなゲストを登場させようと画策しているようです」(テレビ雑誌編集者)

 その大きな原因となったのが、現在、すずが主演する連続ドラマ『anone』(日本テレビ系)。第7話までの平均視聴率は6.6%。今期ドラマでは、ビリ争いの真っ最中なのだ。
 「孤独少女という設定の上に、町工場でニセ札を作ろうという暗い内容。同情すべき点はあるにせよ、朝ドラのヒロインでいくには人気がなさすぎ。彼女はドラマで代表作もないし、CMでブレークしただけ。NHK内では、すでに“すず失敗論”も出ています」(NHK関係者)

 そんな中、突如、救世主として浮上したのが環奈だ。彼女は、すずと同学年。お互い、美少女同士で「究極のライバル」といわれる。
 「すずは生意気な雰囲気のおてんば風。環奈は、かわいい系の正統派アイドル。すずは以前、環奈に対して『こんな可愛い子みたことない』と自身のツイッターで書いている。すずは、環奈のことを相当意識していますね」(前出・芸能記者)

 しかも、2人は“同学年”“美形”以外に、もう一つ共通点がある。
 「2人とも豊乳なんです。すずは身長159センチ、バスト86センチのDカップ乳。一方、環奈は身長152センチ、バスト85センチと、同じくDカップ乳。すずの豊乳は張りがあるタイプで、橋本はやわらかタイプ。“Dカップ対決”ならば、ドラマも盛り上がる」(前出・NHK関係者)

 朝の対決は激アツだ。


wlLM963g




【橋本環奈、広瀬すずヒロインの朝ドラ「夏空」出演で“Dカップ対決”か!?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2018/03/16(金) 06:36:57.22 ID:FAeunqb80

no title

no title

no title

no title


【【画像】広瀬すず、朝から「ZIP!」でプリップリくっそエロい尻を晒してしまう】の続きを読む

このページのトップヘ