雑談

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/09/23(木) 17:53:36.30 ID:jlGCQsDY9

 青森県むつ市の「ふるさと納税」の返礼品として、23日、同市の海産物販売業者「阿部商店」が製造・販売する「ホタテ水着」が登録された。あまりに独特な返礼品の登場に、ネット上では大きな話題となった。

 登録された「ホタテ水着」は、ホタテの貝殻を3枚、ひもで結んだビキニスタイルの水着。タレント・武田久美子が1989年発売の写真集「My Dear Stephanie」で着用した「貝殻ビキニ」とほぼ同型で、基本的には男女兼用となっている。

 製造元の阿部商店は同日、よろず~ニュースの取材に対応。製造開始は2011年で、同年の東日本大震災による被害で売り上げが激減したことで、同社の主製品であるホタテの貝殻を利用して新たな商売を考えたことから誕生した。
担当者は「研磨などは業者に頼んで、穴開けとひも通しは自分たちでやっています。武田久美子さんを意識したわけではないんですが、結果的にはつながってしまいますね」と話した。

 以降も販売を続けており、通常は年間100着程度、昨年は500着を売り上げた。今年は8月に同市で豪雨災害が発生したことで、「この水着をふるさと納税の返礼品として登録することで、少しでも注目してもらって、その流れでむつ市の災害のことなどを知っていただければという願いで、市役所の担当者と話し合って決めました」という。

 この日午前にふるさと納税返礼品に登録された直後から、ネット上では「ホタテ水着」のワードで大盛り上がり。ポータルサイト・ヤフーのトレンドランキングでも常に上位を占めるなど、いきなり抜群の〝宣伝効果〟を発揮した。

https://yorozoonews.jp/article/14446280
no title


参考

no title





【【画像】ネット上で話題沸騰 青森県で武田久美子ばり「ホタテ水着」がふるさと納税返礼品に】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
3: 2021/07/21(水) 13:54:41.68 ID:Vi872y7j0
no title





【【画像】「アド街ック天国」の温泉紹介がおっぱい天国な件】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/07/14(水) 00:05:05.57 ID:CAP_USER9
“日本一かわいい高校一年生“を決めるコンテスト「高一ミスコン2021」は13日、『投票サイト powered by モデルプレス』にて行われていたSNS審査の結果を発表。7人のファイナリストが決定した。

7月2日から11日まで実施されたファイナリストを選出する本投票審査は「Twitter投票」「モデルプレスアプリ投票」「リツイート数」「ページ閲覧数」「ライブ配信審査」「動画投稿審査」「総合ポイント数」の7項目で審査。
セミファイナリストの中から上位7人が最終審査へ駒を進めた。

http://mdpr.jp/news/detail/2662991

“日本一かわいい高校一年生”
「高一ミスコン2021」ファイナリスト7人

no title




【【画像】「日本一かわいい高校一年生」 ファイナリスト7人が決定!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/07/02(金) 23:45:13.06 ID:139wlGQeM
no title

no title

no title

no title

こんなもんタダで見てええんかってなる




【「下着モデル」の画像って意外と抜けるよな?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/06/29(火) 14:16:49.86 ID:kX6OiLhF0NIKU BE:281740477-2BP(1000)
「巨乳顔」とは?
no title





【【画像】「巨乳顔」どんな感じの女の顔なの?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/04/05(月) 14:55:16.18 ID:/mCrYRBgd
no title

no title

no title




【【画像】ママレンジャー、エッチが過ぎるwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/03/22(月) 17:40:24.68 ID:mwpPaTpV0● BE:632443795-2BP(10000)
 女優の藤原紀香、タレントの叶美香らを輩出した『第53回ミス日本コンテスト2021』の最終審査が22日、都内で実施。今大会から伝統的に続いていた“水着審査”が廃止された。

 「日本らしい美しさ」を掲げ、社会で活躍することを後押しする同コンテスト。現存する日本のコンテストでは最も古い歴史を持っており、女優だけでなく、芸術家、映画監督、政治家など分野を問わず多くの女性を輩出している。

 第1回大会(1950年)は親善大使を決めるためのコンテストとして、水着審査が行われなかったものの、同時期の世界的ミスコン大会において水着審査がスタンダードだったことから、ミス日本でも伝統的に水着審査が採用されていた。

 審査変更について運営サイドは「時代の流れとともにミス日本は、現在『社会での女性活躍を推進するコンテスト』としての役割が主となっております。この役割は、1950年第1回に近い形であり、多くの公的な活動機会に恵まれた存在です。こうした背景から水着審査を変更いたします」と説明している。

 今大会から起用された“スポーツウェア審査”については「外見の美は、もちろん容貌容姿もありますが、それ以上にその人の“鍛錬”を指します。均整のとれたプロポーションは怠惰な生活をしていたのでは成し得ません。日々の積み重ね=“鍛錬”の具合を審査する必要性に変わりはなく、それは水着ではなくスポーツウェアにて審査いたします」とした。

 審査の内容・基準の「変更はない」とし、この日の最終審査に臨んだファイナリスト13人は、スポーツウェアを着用して健康的な美貌を振りまいていた。

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0322/ori_210322_1484940496.html
no title

no title

no title

no title





【【画像】ミス日本、伝統の“水着審査”廃止 スポーツウェアに変更し「鍛錬の具合を審査」】の続きを読む

このページのトップヘ