事件

1: 2018/06/19(火) 19:32:13.57 ID:CAP_USER9
AKB48の元メンバーで女優の岩田華怜(20)につきまとったとして、警視庁は19日、ストーカー規制法違反の疑いで、職業不詳大西秀宜容疑者(42)を逮捕した。
逮捕容疑は17年4月に警視庁から同法に基づく警告を受けたのに、今年4月に岩田が出演する舞台の会場に押し掛けるなどした疑い。

警視庁によると、大西容疑者は12年ごろから、岩田にファンレターを送付。
握手会で本人に会った際にプロポーズし、事務所から来場を拒否されたこともあった。
大西容疑者は「逮捕状の内容には事実もあるし、事実でないところもある」と供述している。

岩田はこの日ツイッターを更新し、「お騒がせしています。そして今までご迷惑をおかけした全ての人に心からの謝罪申し上げます」と謝罪。
同時に「一緒に闘ってくれたファンのみんな、苦しい思いをさせたね。それでも一緒にいてくれてありがとう。私は大丈夫です。これでこの件が終わりになることを切に祈ります」と気持ちをつづった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00243738-nksports-ent


元AKB48 岩田華怜
no title

no title


ストーカー規制法違反の疑いで逮捕された大西秀宜容疑者 
no title


【【画像】元AKB岩田華怜、ストーカー逮捕にコメント「私は大丈夫。これでこの件が終わりになることを切に祈る」】の続きを読む

1: 2018/06/14(木) 11:35:19.92 ID:NzX5fr970 BE:498415398-2BP(1000)
紀州のドン・ファン怪死「22歳幼妻」がセクシービデオに

 5月24日に、和歌山県田辺市の自宅で急死した野崎幸助さん。77年の人生で、4000人の女性に貢いだ性豪、「紀州のドン・ファン」が亡くなって、20日近くが過ぎた。6月6日、和歌山県警は、その死因を「急性覚醒剤中毒」と結論づけた。

 誰が覚醒剤を摂取させたのか。謎が謎を呼ぶ事件の渦中にいるのは、22歳の妻・Sさん。2018年2月に結婚し、50億円ともいわれる資産の相続人となった「悲劇の幼妻」である。一夜にして、人生の支えを失った彼女の過去が、捜査で明らかになったという。 

「結婚前の2017年、少なくとも4本のビデオに出演していた」と話すのは、前出の捜査関係者だ。野崎さんの死後、県警は、野崎さんが経営していた会社関係者への家宅捜索、取調べを開始。従業員の携帯電話を押収したところ、出演作品のデータが複数見つかった。

「社長が亡くなる少し前に、Sさんがビデオに出ていたことが社内で話題になったんです。みんなその映像を持っていました」(会社関係者のA氏)

 本誌が入手した画像は、“素人”を謳ったモデル体型の美女が登場する「MGS動画」で配信されたシリーズ作のひとつ。これに、Sさんが出演していたのだ。「遺体の第一発見者だから、経歴を調べられるのは無理もない」(社会部記者)というのだから、Sさんの心中は穏やかではないだろう。

 Sさんはほかに、素人女性が駅でナンパされてホテルに連れ込まれる作品にも登場している。この作品の制作に関わった業界関係者が明かす。

「おとなしくて優しいコ。撮影時にはわがままも言わず、しょうもない会話にもつき合ってくれていた。素人ものは人気が高く、街を歩いていたら誰もが振り向くほどの美人でないと起用されません」

 このメーカーに問い合わせると、「いっさいお答えすることはありません」と答えた。

 札幌から上京後、モデル事務所にスカウトされていたというSさんに、野崎さんはとにかくゾッコンだった。

「Sさんとのツーショット写真を会社のあちこちに貼っていました。社長は、Sさんを嫉妬させたくて、ほかの女性に自分とのツーショット写真を自宅や会社に送らせることも。それだけに、Sさんのビデオ出演を知った社員は『気の毒だね』と言って、内緒にしていたんです。亡くなるまで知らなかったと思います」(同前)

 Sさんは、野崎さんの資産の4分の3、金額にして約37億円もの資産を相続する権利を持つ。警察やメディアが、その一挙手一投足に注目するのも無理はない。

no title

https://smart-flash.jp/sociopolitics/42660


【【悲報】ドンファンの会社従業員、妻のAVを見てた 最低でも4本あるらしい】の続きを読む

1: 2018/05/14(月) 17:06:06.30 ID:CAP_USER9
AKB48第1期生の峯岸みなみ(25)が、5月13日放送のバラエティ番組『そこまで言って委員会NP』(読売テレビ)にアイドル枠のパネリストでゲスト出演した。
今回は“選ばれし人たちの悪しき振る舞い「特権階級と特権意識」徹底解明スペシャル”と題して討論をすすめるなか「人気芸能人の特権意識」のテーマでは、山口達也さんが強制わいせつによる書類送検からジャニーズを契約解除となった件を取り上げた。

番組では有名人の豪邸で働いた経験があるメイドという設定で、女性2人がコーナー毎に寸劇風に問題提起する形をとった。

「山口達也さんはお酒のせいだけではないと思う。“自分の甘さ”というよりおごりがあったのでは」「芸能界の頂点つまり特権階級にいるという意識があったのでは」との趣旨を受けて、パネリストに「人気芸能人の特権意識 理解できる? 理解できない?」と問いかけると、峯岸みなみは「理解できる」として「私も全盛期は…」とパネルに書いた。

彼女は自身の経験をもとに「中学の頃から芸能界で仕事をしていると、服を買えば一着タダにしてもらえたり、美容院で安くなったりと得することが多い。それを重ねていくうちに“自分は特別”と錯覚してしまい、外の世界を見ていないので子どもの時からそうやってるとよけいに思い込む」と持論を展開する。

司会の辛坊治郎が気になって「今は、全盛を過ぎているの?」と振ったところ、「全盛期はちょっと過ぎました、今は落ち着いてます」「街で声をかけられる数も減りましたし、寂しさは感じます」「今はAKBより坂道、乃木坂・欅坂っていうのが流行ってますし、ブームの移り変わりを経験すると“慢心していてはダメだな”と分かる」と溜まったものを吐き出すように話した。

峯岸はそういう経験から「慢心」に気づいたものの、「彼のようにずーっと上り調子だとなかなか気づけないのではないかな」という考えに辛坊も聞き入った。

山口達也さんとは「歌番組でちょっとだけ共演した程度」という峯岸。
彼の印象を「面倒見の良い兄貴分みたいな、すごい好感度の高い、優しい接しやすいオーラがあった」と振り返る。
そこで辛坊が「(お誘いの)声をかけられたりとかは?」と踏み込むと「そういうのはないです、ないです!」「そんな風に見えなかった、めちゃくちゃ感じの良いお兄さんみたいな」と答えた。

折しも、ネットで“TOKIO山口達也が口説いていた国民的アイドル”として峯岸みなみの名前が挙がっていただけに、彼女が今回の番組で発言したことはそれを否定する形となった。

http://news.infoseek.co.jp/article/japantechinsight_505656/

『そこまで言って委員会NP』 峯岸みなみ
no title

no title

no title



【峯岸みなみ、“山口達也が口説いていたアイドル説”否定「ちょっと共演した程度」】の続きを読む

1: 2018/05/12(土) 23:18:13.15 ID:CAP_USER9
TOKIO山口達也が口説きまくっていた“国民的アイドル”の実名とは!? 「昔から顔のタイプは一
貫していた」関係者談

 女子高生への強制わいせつ行為でジャニーズ事務所を契約解除された山口達也の悪評が止まらない。発売中の「週刊文春」(文芸春秋)では、山口が被害女性にキスだけでなく、顔を舐め回し、ソファーに押し倒して衣服を脱がそうとしていたことも判明。事実ならば強姦未遂と言っても過言ではない。

 当サイトでも過去に山口が女性の目の前で夜のテクニックを実演し、ドン引きされていたことを報じたが、理性を失うともはや制御不能に陥るようだ。

 また、事件の発端を作ったNHKの教育番組「Rの法則」において、山口は番組プロデューサーをも凌ぐ“天上人”で、出演する未成年タレントには抗う術がなかった構図も判明。「なぜ山口が女子高生と連絡先を交換できたのか?」という謎は、出演者、スタッフによる山口への忖度だった。

「山口さんは基本的にヤレれば誰でもいいタイプですが、年上より年下の方が関心が強かった。
ロリコンと言ってもいいでしょう。女子高生の制服が萌えポイントで、今回のように呼び出す際は制服姿を強要することもあったそうです」(テレビ関係者)

 山口が過去に口説いていた未成年女性の中には、あの国民的人気グループのメンバーもいる。それは「AKB48」の峯岸みなみだ。

「いまから6年ほど前のことですから、峯岸がまだ未成年の頃です。番組共演を機に、山口が彼女をいたく気に入り、以来、ことあるごとに『食事に行こう』と誘っていたのです。峯岸としても、相手は天下のジャニーズだけに無碍に断ることもできず、途方に暮れていました」とはテレビ関係者。

 この一件は当時、夕刊スポーツ紙で大々的に報じられ、半ば都市伝説のように語られていたが、実際は「峯岸がノイローゼ寸前になるほど、山口から猛アプローチを食らっていたのは紛れもない事実」(同)という。何でも山口の顔のタイプは昔から一貫して、目鼻立ちがくっきりした「ガチャピン顔」という。
「山口さんの女好きはほとんどビョーキ。一説には奥さんとの結婚生活と平行して、昔写真誌に撮られた別女性とも交際を続けていて、そっちはそっちで家庭的な関係を築いていたという情報もあります」(週刊誌デスク)

 今回の事件でこれまでのツケが回ってきたようだ。

https://news.infoseek.co.jp/article/tocana_58972/

峯岸みなみ
no title


【【画像】山口達也が口説いていたアイドルの実名が公開される】の続きを読む

1: 2018/04/26(木) 09:40:45.62 ● BE:485983549-PLT(13346)
関係者によると、所属事務所と被害者側が話し合い、被害届をとり下げる手続きを行った。事件発覚を受けてこの日夜、所属事務所は「(山口メンバーが)お酒を飲んで、被害者の方のお気持ちを考えずにキスをしてしまいましたことを本当に申し訳なく思っております。被害者の方には誠心誠意謝罪し、和解させて頂きました」と文書で発表した。

 被害に遭った女子高生は山口メンバーが司会を務めるNHK Eテレの教養バラエティー「Rの法則」(月~木曜後6・55)の共演者。
一部で「山口メンバーが女子高生に酒を勧めた」と報道されたが、所属事務所は勧めたかどうかは明言せず「山口本人は酒を飲んでいたが、女子高生は酒を飲んでいない」とコメント。
現場にもう1人女性がいたという情報もある。

捜査関係者などの話によると、被害に遭った女子高生は山口メンバーから迫られたため、トイレに駆け込んで携帯電話で母親に連絡。
駆けつけた母親が娘たちを連れ出すとともに、警視庁麻布署に被害届を出したとしている。
書類送検まで2カ月もかかったのは、警視庁が双方から慎重に事情を聴く一方、所属事務所が被害届の取り下げに向け水面下で示談交渉を続けてきたからとみられる。

NHKの第一報は山口メンバーサイドには予想外だったようで、山口メンバーは事件の発覚する約12時間前の25日朝、月曜と水曜のレギュラーを務める日本テレビ系情報番組「ZIP!」(月~金曜前5・50)に生出演。事件が報じられた後も、東京・青海のフジテレビ湾岸スタジオで「TOKIOカケル」の収録に臨んでいた。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14631513/

4: 2018/04/26(木) 09:42:14.03 ID:FEPzju9i0
>>1
Rの法則
no title

no title

no title


【TOKIO山口わいせつ事件の詳細が判明 JKを襲いキス→トイレに逃げ母親にSOS→母親が駆けつけ救出→警察へ→必死の示談交渉】の続きを読む

このページのトップヘ