事件

1: 2017/10/14(土) 09:17:13.10 ID:w2K0AqeS0 
sssp://img.5ch.net/premium/3755621.gif
清水容疑者は2016年6月に一般女性と結婚し、同年11月に第一子が生まれたことを発表している。
今年2月には違法カジノ店に出入りした違法賭博疑惑を報じられ、芸能活動を休止。6月に復帰したばかりだった。

 捜査関係者によれば、通報した女性はデリバリーヘルス(派遣型風俗店)で働くデリヘル嬢。
女性は陰性反応だったが、清水容疑者は女性に無理矢理薬物を飲ませて「キメセク」を行おうとした、という見方が強い。
薬物を摂取し、ハイになった状態で性行為を行う「キメセク」は、通常の性行為より快感を得やすい行為と言われていて、過去に覚せい剤で逮捕された清原和博や酒井法子もハマっていたとされている。
夫が“デリヘル嬢とキメセクをしようとした”と知った妻の痛みは計り知れない。

 清水容疑者は結婚前に交際した元カノたちが「豪華すぎる」ことでも知られている。

2009年には6歳年上の女優・深田恭子(34)と交際。
半同棲状態だったという。2011年には女優・観月ありさ(40)との熱愛、2013年にはタレント・新山千春(36)との不倫、2014年には女優・大塚千弘(31)の熱愛が報じられた。
捜査関係者によれば、清水容疑者は覚せい剤を今年9月下旬ころから10月10日の間に使用していたそうなので、まさか深キョンらはキメセクの被害は被っていないだろうが、元カレがキメセク経験者というのは、とんだとばっちりだろう。

 清水容疑者のキメセク疑惑は思わぬところにも影響を与えている。
清水容疑者が7~9年前に出演していたミュージカル『テニスの王子様』(テニミュ)だ。

過去にテニミュでは、出演者の男性が未成年の女性に対する強姦致傷の疑いで逮捕された際、テニミュの製作委員会およびパッケージの販売元が、その男性すべての出演作のDVD販売を中止したことがあった。
こうした前例もあるため、清水容疑者が出演していた作品DVDも廃盤になるのでは、という声が多数上がっている。
なお、清水容疑者が出演していたテニミュ作品は4作。現在のところ、テニミュ公式からの発表はない。


清水良太郎キメセク逮捕で深田恭子と観月ありさに降りかかる火の粉
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20171013/Messy_54525.html 

no title

no title


【清水良太郎容疑者とのキメセク疑惑が浮上「深田恭子」「観月ありさ」「新山千春」】の続きを読む

1: 2017/10/13(金) 00:51:34.32 ID:LOm4mLRbd BE:775841453-2BP(1001)

【【動画】おっぱい丸出しで車に箱乗りしてた巨乳女、頭を打ち付けて死亡】の続きを読む

1: 2017/07/27(木) 07:29:40.21 ID:CAP_USER9
女優・石原 真理子さん(53)が、都内のコンビニで弁当などを万引きした疑いで、警視庁が任意で捜査していることがわかった。

警視庁によると、女優・石原 真理子さんは7月22日、墨田区内のコンビニで、弁当1つとペットボトルのお茶をレジの会計を通さずに出ようとした。
その後、気づいた店員が110番通報し、石原さんは駆けつけた警察官によって、連行された。

調べに対して、石原さんは「万引きしたことに間違いない」と容疑を認めているということで、警視庁は引き続き、石原さんから任意で事情を聴く方針。

石原さんは、その言動から「プッツン女優」といわれたが、最近は目立った芸能活動はなかった。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00365431.html 

no title


【”プッツン女優”石原真理子さん(53)が万引き「おなかがすいていたので」】の続きを読む

1: 2017/07/05(水) 14:38:31.46 ID:c1k9ZgVL0● 
アルゼンチンのサッカーの英雄、ディエゴ・マラドーナがロシアの女性記者に対してセクハラを行ったとして起訴された。

マラドーナは「2017 コンフェデレーションズカップ ロシア」に招待されており、サンクトペテルブルグのホテルに滞在していた。
決勝の試合が終わったあとにロシア人女性記者がインタビューのためにマラドーナの部屋を訪れた。

女性の名前はエカテリーナ・ナドルスカヤという方。マラドーナはこの女性に対して服を脱ぐように命じたという。
女性記者が来た目的はインタビューだったのだが、マラドーナは女性記者が来ると脱ぐように命じたという。
女性記者がこれを拒否し、警察を呼ぼうとしたところマラドーナの男性友人に500ユーロ(約5万6000)を投げつけた。

その後、女性記者は部屋から走って部屋から逃げてセキュリティ担当者に護衛されたという。

この事件後に女性記者のエカテリーナ・ナドルスカヤはマラドーナを起訴。しかしマラドーナの代理人はこの行為を否定しており「自分で脱ぎだした」という。

http://gogotsu.com/archives/30936

合成っぽいけど合成じゃ無い
no title

no title


【「マラどうや?」マラドーナがホテルの部屋にロシアの美人記者を呼びつけ「服を脱げ」とセクハラ行為】の続きを読む

このページのトップヘ