乃木坂46

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/10/24(土) 11:03:40.71 ID:kCV+oYMB0
no title

no title

no title

no title

動画版ホスピタリティ~ある病院でのエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【【画像】白石麻衣さん、パイパンだった!?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/10/23(金) 07:16:25.03 ID:CAP_USER9
乃木坂46・中田花奈の1st写真集『好きなことだけをしていたい』(光文社)が、週間3.2万部を売り上げ、10/26付「オリコン週間BOOKランキング」、同ジャンル別「写真集」(集計期間:10月12日~18日)で、1位を獲得した。

本作は、10月25日に乃木坂46を卒業する中田の卒業記念写真集メモリアル写真集。
東京都心や郊外の街、近郊の海、深い森の中やプールヴィラ、温泉ヴィラなどでロケを敢行。
メンバー屈指の美しいボディラインを、水着と自身初となるランジェリーで披露している。

また、乃木坂46の1期生オーディションに合格して以来、グループの躍進を支えてきた中田が9年間を振り返り、思いの丈を語った1万字のロングインタビューも収録。
選抜、アンダー、それぞれで見えた景色を余すところなく語り尽くしている。

https://www.oricon.co.jp/news/2175037/full/

中田花奈、ランジェリー姿で豊満バストを披露

no title

水着ショット解禁

no title

中田花奈1st写真集「好きなことだけをしていたい」先行カット

no title

セブンネット限定オリジナル表紙

no title

楽天ブックス限定オリジナル表紙

no title

通常版表紙

no title



【【画像】乃木坂46・中田花奈、1st写真集オリコン1位! 水着、ランジェリーで豊満バストを披露】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/10/07(水) 19:05:56.13 ID:9TS4d2jZ0● BE:715065777-2BP(2000)
八掛うみイルカ@umi_sea_0v0

お知らせです

細々とやってたYoutube活動を見てPRESTIGEさんから声を掛けてもらい、
「八掛うみ」として専属デビューする事になりました笑顔キラキラ
デビュー日は2020/11/6です鼓動する

ちなみに苗字ははちがけじゃなくて
【やつがけ】です

よろしくお願いします

no title

no title
 




【【画像】乃木坂46級の美少女がAVデビュー こんな子がAV出てええんか…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/10/03(土) 06:37:29.11 ID:a/O2KlXZa
乃木坂46鈴木絢音(21)が、ファースト写真集「光の角度」(幻冬舎から11月10日発売)で、水着姿を初披露している。

フランス領ポリネシアのタヒチ・モーレア島の水上コテージで撮影。黄色のビキニ姿で食事をしたり、海を泳いだりする姿を収めた。撮影中には「写真集でこんなに泳いだ乃木坂46のメンバーはいないのでは」と自分で話していたという。写真集では、他にもさまざまな表情を収録。初々しさや恥じらいを感じる下着姿も掲載するという。


no title

no title




【【グラビア】乃木坂46・鈴木絢音、1st写真集で水着姿を初披露】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/09/28(月) 13:16:50.09
no title




【【画像】女優・浜辺美波さん、乃木坂の1.5軍に公開処刑されてしまうwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/09/24(木) 10:37:52.86 ID:CAP_USER9
乃木坂46を卒業する中田花奈の1st写真集のタイトルが『好きなことだけをしていたい』(10月13日発売)に決定。
さらに、通常版の表紙も解禁された。

今回表紙となった写真は、撮影初日、シュート開始から間もないショットから採用された。
東京・福生に位置する小さなハウススタジオは、初日とは思えないほどのリラックスした空気。
西日が優しく差し込むスタジオの中、振り返った一瞬の表情をとらえた。
肩から背中のラインの美しさは、中田の大人セクシーさを詰め込んだ同書の象徴的な一枚となる。

中田は表紙写真について「写真集の撮影ということで、もう少し気構えてしまうと思っていたのですが、これまでの撮影で何度かご一緒させていただいたスタッフさんということもあって、最初から緊張せずにカメラの前に立つことができました」と撮影を振り返り、「選ばせて頂いたこの写真は、今回の撮影で一番最初に撮った赤いワンピースで、外で少し撮影したあと、スタジオに戻ってきて、エアコンの風に当たっている一枚です。真夏に撮影していたので、ただただ涼しくて気持ちよかった~!安心してください、ちゃんとワンピースは着ています!(笑)」と紹介した。

さらに、タイトルについては「麻雀やタロット占い、日本語ラップ、株、深夜ラジオなど、私は乃木坂46の中でも趣味の幅が広く、たくさん好きなことをやってきました。元々、ただただ大好きだった『アイドル』にもなることができ、これまで活動を続けてきました。好きなことを本気で楽しみながらやり続けていくことで、夢や憧れも現実になる。……とは言いきれない、かもですが(笑)、グループ卒業を迎える自分の、これまでとこれからを、この写真集から感じていただけると嬉しいです。私自身もこの写真集から何か未来を見つけられたらと思っています」と説明した。

2020年8月、26歳の誕生日を迎えた夏に撮影。
様々なカルチャー趣味を持ち、また、乃木坂46でも指折りの美しいボディライン。
個性豊かな1期生メンバーの中でも、とりわけ多様な魅力に満ちた彼女を、大人セクシーに切り取った一冊となっている。

http://mdpr.jp/news/detail/2234998

中田花奈、大人セクシーな美背中披露! 表紙解禁

no title


中田花奈の1st写真集「好きなことだけをしていたい」より

no title

no title


オフショット

no title

no title



【【グラビア】乃木坂46・中田花奈、大人セクシーな美背中披露! 1st写真集タイトル&表紙解禁】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2020/09/23(水) 21:59:20.21 ID:CAP_USER9
 テレビ朝日の人気バラエティ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』が、女性出演者に対してセクハラをしているとして批判を受けている。

 2週連続で「相方が急にお休みになっちゃった時を考える」という企画が放送された『しくじり先生』。お笑い芸人の相方が突然休みとなったら……という不測の事態を想定し、スタジオに駆けつけた“サブ相方”から候補を選んで即席のコンビを組み、ネタを披露するという内容で、前週はコンビが決定するまでが放送された。

 21日放送回ではいよいよネタ披露となったのだが、問題となったのが平成ノブシコブシ・吉村崇とアキラ100%のコンビだ。アキラ100%の裸芸を踏襲したネタに挑戦したのだが、本来は全裸状態でお盆などで局部を隠し通すという芸に対し、今回は弟子になった吉村が“うっかり”を繰り返すという設定。隠さなければならないはずの局部が、たびたび丸出しの状態になるというネタだった。

 スタジオは笑いに包まれながらも、オードリー・若林正恭は「どうすんだよこれ」と呆れ顔。放送ではもちろん修正されているが、若林は「初めてだよ、このスタジオであんなはっきり見るの」と話しており、実際に丸見えだったようだ。

 ゲスト出演していた乃木坂46のキャプテン・秋元真夏は、笑い声を上げるなどネタを楽しんでいる様子は見せたものの、手で目を覆うなど正面をあまり見ないようにしており、しつこく局部を見せつけられることに対して「もうー!」と抗議する場面も。ネタ後には「これOKなんですか?」と疑問を呈し、視聴者代表としてネタを判定する際は、即座に「バツ」の札を上げていた。

 この内容に、乃木坂ファンを中心に視聴者から非難が殺到。「あれはやりすぎ」「アキラ100%と吉村がだいぶやらかしてて面白いより心配が勝っちゃってた」「普通にセクハラだからやっちゃ駄目でしょ」「明らかに秋元真夏さんに対する公然わいせつ」など、女性の前で局部を見せつけることへの批判や、秋元を心配する声がSNSなどで上がっている。

 同番組にはこれまで乃木坂46のメンバーが多く出演しており、以前にもセクハラめいた発言がファンの間で取り沙汰されたことがあったが、ここまであからさまなものは初めて。

 そのため、「乃木坂、しくじり先生NGなりそう というよりNGにしてほしいかも」といった意見も出ている。

 「普段は見られない組み合わせで芸人がネタを披露する」という内容自体には面白かったという声が多いだけに、もう少し配慮があればよかったのだが……。

https://entamega.com/48906
no title


動画版ホスピタリティ~ある病院で

のエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【【動画】乃木坂46・秋元真夏に堂々セクハラ! 「しくじり先生」の“局部見せつけ芸”に非難殺到】の続きを読む

このページのトップヘ