女優

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2: 2021/03/03(水) 21:14:53.24 ID:4TbaBRtF00303
レオンの時のナタリーポートマン
no title

no title


動画版ホスピタリティ~ある病院でのエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【【画像】日本海外問わず女優史上トップクラスの美女だと思う人をあげてけ!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/03/02(火) 23:17:10.69 0
サンタフェの宮沢りえ
no title


動画版ホスピタリティ~ある病院でのエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【【画像】今まで生きてきた中で一番綺麗だった芸能人のおっぱい】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/03/02(火) 18:16:18.12 ID:1A0gpvSyr
すき

no title




【【画像】長濱ねるちゃんとかいうぐうかわ女優】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/03/01(月) 20:10:33.96 ID:CAP_USER9 BE:952564598-2BP(1000)
 女優の多部未華子(32)が1日、自身の公式サイトで第1子を妊娠したことを発表した。

 多部は「私事ではありますが、第一子を授かりましたことをご報告させていただきます。心配の絶えない日々が続いておりますが、皆様にお力添えいただきながら無事に安定期を迎えることができました。このまま心身共に穏やかに過ごしていきたいと思っております」と報告。

 今後の仕事については「体調含め相談をさせていただきながら務めてまいりたいと思っておりますので、温かく見守っていただけますと幸いです」とし、「日頃よりご声援いただいている皆様、ご理解ご協力をいただいている関係者の皆様に心より感謝申し上げます」と呼びかけた。

no title





【多部未華子さん(32)、第1子妊娠を発表「無事に安定期を迎えることができました」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/03/01(月) 18:15:57.18 ID:iv7ff3s30● BE:896590257-PLT(21003)
女優・のんさんが火災への予防を訴えました。

1日から始まる春の火災予防運動に合わせ、東京消防庁の一日署長に就任したのんさんは、消火訓練や最新の施設で地震の揺れを体験しました。
コロナ禍で家で過ごす時間が増えたことなどから去年は住宅火災の件数が増加していて、東京消防庁は消火器の使い方を確認するよう呼び掛けています。

一日消防署長・のんさん:「先日の地震で東日本大震災を思い出した方もいたのではないでしょうか。火災が発生した時の消火方法などを私と一緒に学びましょう」

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000208498.html

no title




【【動画】女優のんさん(能年玲奈)、一日消防署長で消火器の白い液体を飛ばす】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/02/25(木) 12:36:46.09 ID:CAP_USER9
 圧倒的な存在感で輝きを増し続ける元欅坂46の平手友梨奈(19)。国民的グループ・欅坂46(現・櫻坂46)を脱退して1年が経つが、女優としてめきめきと頭角を現す一方、2月19日にオンエアされた「ミュージックステーション 冬の恋うた3時間スペシャル!」ではダンサー10人を従えてソロ曲「ダンスの理由」を披露。途中から土砂降りの雨に打たれながら渾身のパフォーマンスを見せ、話題となった。スポーツ紙の芸能担当記者は次のように語る。

「欅坂46の象徴的な存在だった彼女がグループを脱退して1年。『卒業ではなく脱退』と宣言したため、卒業公演も行わなかったため寂しい思いをしていたファンも多かったのですが、まさかこんなタイミングでソロ曲を生放送で見られるとは思いませんでした。圧巻のパフォーマンスは現役時代と何も変わらず、むしろ進化しているように見えましたね。欅坂46発足後、4年半にわたってセンターを務めていたため、彼女が脱退したことが櫻坂46への改名につながったとも言われています。欅坂46のセンターとして紅白に4年連続出場という快挙を成し遂げ、グループから脱退することで欅坂46というグループ自体の幕を下ろした。こんなアイドル、今後も出てこないでしょうね」

 たしかに、平手の圧倒的なパフォーマンス力とカリスマ性にはデビュー当時から定評があり、坂道グループの総帥・秋元康が「二度と会えない天才」と形容したほど。それが「彼女のプレッシャーにもなっていた気がする」と前出の記者は続ける。

「デビュー当時こそアイドルグラビアなども笑顔でこなしていましたが、欅坂46の鮮烈なデビュー曲『サイレントマジョリティー』で大ブレイクを果たすと、そのメッセージ性の強さが彼女たちのパブリックイメージに。以後、どんどんカリスマ化し、彼女から笑顔が消えたというのは有名な話。王道のアイドル的な立ち居振る舞いはしづらくなったんだと思います。また、誰よりも完璧主義で、絶対に手を抜かない。そのため、いつも全力でパフォーマンスをやりすぎて、ボロボロだったといいます。実際、紅白のステージでも過呼吸で倒れ、大ニュースになりましたが、あれぐらい鬼気迫るステージは彼女にとって日常的でもありました。グループ在籍4年半で一時代を築き、風のように去っていきましたが、もはや肉体的にも精神的にも限界だったのかもしれません。いま、映画のプロモーションでバラエティで見かけたりしますが、とても柔らかい笑顔になっていて安心しました。欅坂46のセンターという重責から解放されて、やっと自然体でテレビにも出られるようになったのではないでしょうか」

■ドッキリにかかり「腰がつった」

 女優としては2018年に映画「響-HIBIKI-」に初主演。今年に入り映画「さんかく窓の外側は夜」でヒロイン役を演じ、大人気作の続編「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」でも重要な役どころで出演を果たしている。映画ライターはこう言う。

「欅坂46時代のあの存在感から想像すると、女優として成功はすでに約束されているようなもの。人気漫画が原作で彼女の主演デビュー作品となった『響-HIBIKI-』はまるで彼女に当て書きしたようなストーリーでしたが、その割には興行収入的には失敗しました。アイドル全盛期時代に満を持しての主演映画だったので誰もが大ヒットを予感していたと思うのですが、なぜ苦戦したのか解せません。本来ならすでに公開していた『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』も緊急事態宣言発出で延期に。陰キャラがパブリックイメージである平手さんの良さを全面に生かした物語ですし、岡田准一さん主演で大ヒットした前作からのお客さんも多いので、この作品は彼女のひとつの代表作になるのは間違いないはず。女優としてのポテンシャルは疑う余地がないので、あとはいつ主演作で大ヒットを飛ばすかどうか。いまだ欅坂46時代のカリスマ性がイメージとして根強いので、より自然体な恋愛物語など意外性もあったほうがブレイクにつながりやすいのでは。どちらにせよ、そう遠くない将来に女優として大ブレイクするのは間違いないでしょう」

 TVウオッチャーの中村裕一氏は、平手友梨奈の魅力の次のように分析する。

「『ザ・ファブル』で彼女が演じているのは、過去のある出来事が原因で心を閉ざした車イスの少女・ヒナコ。繊細でしっかりした演技が要求される難しい役どころでしたが、全編を通じ、主演の岡田准一や共演の堤真一らに負けないほど抜群の存在感を発揮しています。また、先日放送された『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』では、その『ファブル』とのコラボで出演。モニターから人が飛び出してくるという、とんでもないドッキリにひっかかり、『腰がつった』と本気で驚いていた表情がとても印象的でした。1月に映画『さんかく窓の外側は夜』のプロモーションで出演した『しゃべくり007』でも、共演者の志尊淳から意外な素顔を暴露されたり、有田哲平らレギュラー陣から彼女の愛称である“てち”をイジられて困惑したりする姿が新鮮でした。欅坂46時代のミステリアスでスリリングな彼女も魅力的ですが、せっかくソロになったことですしもっといろいろな顔を見せてほしいですね」

 ソロになることで笑顔を取り戻した平手友梨奈。果たして“二度と会えない天才”はどんな時代を築き上げるのか注目していきたい。

http://news.yahoo.co.jp/articles/8300c01b6ae8663e935641efaf2bff4ba377ed4c

平手友梨奈出演 「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」

no title


元欅坂46 平手友梨奈

no title

no title

no title

no title





【【画像】平手友梨奈(19)、圧倒的な存在感とカリスマ性!専門家「女優として大ブレイクするのは間違い」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 2021/02/27(土) 07:41:49.14 ID:emkQhoMK0 BE:457057547-2BP(1000)
「わたしは真悟」(12月2日よりKAAT神奈川芸術劇場で上演スタート)で初のミュージカルに挑戦する女優の門脇麦が、6日放送の日本テレビ系「チカラウタ」(毎週日曜17:00)にゲスト出演。同番組は、ゲストが人生の大切なシーンに鳴った自分だけの“チカラウタ”を持ち寄り、エピソードを語る内容。初のヌードに挑み、大胆な濡れ場シーンを演じブレイクのきっかけとなった映画「愛の渦」(2014)の撮影を赤裸々に振り返った。

同作は、乱交パーティーをテーマに、複数の男女がマンションの一室で一夜を過ごしながら心の内をさらけ出していく姿を描いた人間ドラマ。監督は三浦大輔氏、池松壮亮が主演。当時21歳だった門脇は、人一倍性欲が強い女子大生のヒロインを演じた。

上映時間2時間のうち、服を着ているシーンはたったの18分。司会のNEWS小山慶一郎に「(ヌード挑戦で)辛くなったりは?」と聞かれた門脇は、「傷ついているわけじゃないですけどなんか自分が傷物じゃないですけど、どうしても(そういう風に)なってしまう瞬間」があったことを告白。

役が決定してから撮影終了までの2ヵ月ほどの期間中を「張り詰めた状態で毎日過ごしてた。誰かに(糸を)プンッてやられたらバッーて爆発するっていう状況での撮影だったので、家帰って気が緩むとお風呂とかで泣いたりとかありましたね」と思い返し、その「ギリギリのところを綱渡り状態」のときに“精神安定剤”になった曲として、エレファントカシマシの「昔の侍」を紹介。「私の理想像というかこういう風に生きていきたいっていうのが詰まっている曲」と話した。

結果的に、門脇は同作で新人賞を総なめにし、彼女の代表作に。

出演決定時には「絶対やめてくれ」「絶対観ない」と反対していた両親も、試写会で鑑賞し「麦が必死で闘っているのはわかった」と涙ながらに電話をくれたことを明かすと、話を聞いていた北村晴男弁護士は「お父さんお母さんの気持ち考えると涙出てきそう」と共感していた。


no title





【【画像】門脇麦、セックスシーンのある映画出演を後悔していた「傷物というか自分が汚れてしまった気がして…」】の続きを読む

このページのトップヘ