女子アナ

1: 2019/06/09(日) 13:53:12.80 ID:qgucLrDp0● BE:632443795-2BP(10000)
 8位には、テレビ東京の大江麻理子アナ(40)がランクイン。彼女は、2014年に創業者である証券会社社長と結婚。「セレブアナ」としても知られる。しかも、現在も看板アナとして『ワールドビジネスサテライト』に出演。今後も、局アナを続ける見通しだ。

「美人で才女。『サラリーマンが好きな女子アナ』で1位になったこともある。夫は100億円の資産があるとされ、自立した妻として仕事に生きるのでしょう」(前出・テレビ東京関係者)

 何ともうらやましい限りだが、一方で家庭生活は全く伝わらず。セックスレスの話さえある。そこで、こんなAV案が飛び出した。

「仕事がバリバリできる人妻営業ウーマンが取引先の男を誘惑し、売り上げも抜群となる。その結果、ますますカラダの需要が高まり、さらにSEXに励み、ネズミ算的に人数が増えるストーリーなんていいよね」(前出・AV構成作家)

 9位は広末涼子似を売りにしている日本テレビの市來玲奈アナ(23)。彼女は元『乃木坂46』のメンバー。
「昔の広末と、顔も似ていれば、だらしない異性関係もソックリと揶揄されている。ずばり、知り合えば誰とでもエッチする『尻軽女子大生』役というのはどうでしょう。“4P&乱交”場面もあり、広末も真っ青の乱れっぷりを見てみたい」(前出・夕刊紙記者)

 10位は、フリーアナの脊山麻理子(39)だ。「AV出演に最も近い女子アナ」といわれ、“ハレン痴態”を見せたくて日本テレビを退職。以後、ギリギリセクシーやボンデージの披露など、女子アナの常識を、ことごとく覆してきた。
「もうセクシーの限界まで挑戦しているので、あとはヘアヌードとAV出演のみ。恋愛ハメ撮り、乱交、変態など、あるゆるAVが期待できます。性器全開のハメ撮りの写真集付きで、十数億円以上の売り上げが見込める」(女子アナ評論家)

 最後は、番外を2人ご紹介。1人目はフリーアナの皆藤愛子(35)。「永遠のロリアナ」と呼ばれ、その童顔と微乳は、ロリ好きに今でも評価が高い。T158センチ、B78のBカップ乳。
「“愛ちゃん”も30代半ばとなった。やはりファンの期待に応えて“ロリAV”をやってほしい。禁断の作品として10万本限定発売。10万円の値段でも買うファンは多いでしょうね」(ロリ雑誌編集者)

 もう1人は、フリーアナの有働由美子(50)。彼女は昨年10月、NHKから日本テレビの夜ニュース『news zero』のMCに転身。ただ、視聴率は、今一つ、サエない。
「話題作りにAV出演もおもしろいと思います。有働はNHK時代からB85の巨乳と“ワキ汗”で有名。結婚期を逸して、ワキ汗を流しながら、不倫マンぐり返しに励む“独身熟女OL”なら、マニアックウケするかもしれません」(前出・芸能ライター)

 いずれも、見たい逸材ばかりだ。 



動画版ホスピタリティ~ある病院でのエロすぎる入院性活~ ダウンロード販売

【AV出演して欲しい女子アナ総選挙! 熱望される皆藤愛子のロリAV】の続きを読む

1: 2019/06/07(金) 02:50:18.45 ID:l1ZYd5Oo0 BE:309927646-2BP(1000)
 栄えある1位に輝いたのは、“カトパン”ことフリーアナの加藤綾子(34)。彼女は4月1日より、フジテレビ系の新夕方ニュース『Live News it!』のMCに就任し、大きな話題となった。

「今、女子アナ界での人気では独走状態。この勢いは、まだまだ続くでしょう。それだけに、彼女にはAVに出てほしい。みんな、カトパンの“ハメ撮り”を見たいはず」(芸能ライター)

 T166センチ、B88・W58・H86のFカップというのは、学生時代に水着で出演した雑誌からも分かっている。

「細身の体なのに、あの巨乳はハンパない。最近、さらにヤセたといわれるだけに、“駅弁ファック”も、楽々できそうです」(同)

 現在、お笑いの重鎮・志村けん(69)との交際説も報じられているが…。
「“変なオジサン”に犯される美人OLなんていいかもしれませんね。スリムボディーを押さえ込まれ、変態の限り、されるがまま。想像しただけでも興奮します」(AV雑誌編集者)

 2位にランクされたのは、同じくフリーの田中みな実(32)だ。彼女は元TBSの看板アナ。局アナ時代、「ライバルはカトパンよ!」と公言しただけに、独走に「待った」をかけるのは、やはり彼女しかいないだろう。
「一昨年、女性誌『an・an』で半裸を披露。“肘ブラ”という言葉が、男性誌の間で流行語となった。カトパンがフジテレビの女子アナ歴代トップなら、みな実はTBSのトップ。カトパンにしても、ライバルはみな実と思っているでしょう」(夕刊紙記者)

 みな実は身長153センチと小柄ながら、B85のEカップ巨乳と、カトパンとほぼ同じサイズ。みな実は今年、話題となった深夜ドラマ『絶対正義』(フジテレビ系)に女優として出演。不倫に手を染める女優役で“濡れ場”を演じ、高い評価を得た。
「ドラマでは、玄関で不倫相手を押し倒し、そのまま騎乗位でSEXをする場面まで見せた。AVでも、同じ不倫モノがピッタリじゃないですか。Eカップ巨乳を揺らしながらヤリまくる。彼女は肝っ玉が据わっているので、本当にカトパンを抜くために、AVをやるかもしれません。彼女の積極さなら、100万本の売り上げはカタイでしょう」(女子アナライター)

 3位は、これまたフリーの宇垣美里(28)だ。彼女は3月末にTBSを退職。キャスター系の事務所ではなく、タレントが多く所属するオスカープロモーションに入った。
「社員なのに雑誌に出たり、目立ちたがり屋の上に、ワガママな性格。昨年、担当していた情報番組『あさチャン!』で年長の女性MCと同格の出番を要求するなど、勤務態度や男性関係なども問題になったことで辞めざるを得なかったみたいです」(TBS関係者)

 T163センチ、B83のCカップ美乳。退社後、すぐに女性誌『an・an』のセクシーグラビアに出るなど、フリーアナとしてではなく、タレント活動が中心。そんな彼女に求められるAVは、かくのごとし。
「実際にはアナ職がなく、グラビアの仕事が目立っている点に注目。近い将来、ヘアヌードになるかもしれない筆頭です。AVでも、悪女の設定がバッチリ。社内ではワガママ放題のOL役で、だんだん働くのが面倒になって会社を辞めることになる。そこで、形だけの送別会が開かれたものの、睡眠薬入りの酒を飲まされ爆睡。上司など複数の男性社員にラブホで凌辱の限りを尽くされ、変態ビデオも撮られる。ワガママのツケが最後に返ってくる内容が最高」(芸能記者)

 4位は、テレビ東京の鷲見玲奈アナ(29)。彼女は90センチのGカップ巨乳。関東の局アナでは「最大」と評判だ。
「相当重いのか、高めのテーブルに座って打ち合わせをする時などは、おっぱいをテーブルに乗せて話すほど。その重量感あふれるメロン巨乳は、見応え十分」(テレビ東京関係者)

 サイズもT161センチ、B90・W60・H88と、それこそAV嬢になるために生まれてきた恵まれた体なのだ。
「彼女は詩吟をたしなみ、大の肉好き。過去に『お肉 吟じます。』という肉料理店のリポート番組も持っていました。AVは素人ナンパ系がいい。最近、女性に人気の立ち食い焼き肉屋でナンパされ、SEXしてしまう流れが刺激的。バックで肉棒を挿入され、あまりの気持ちよさに詩吟を詠んだらバカウケ」(AV監督)

https://wjn.jp/article/detail/4427425/

no title


期間限定セール(毎週作品更新)

【令和元年1発目「AV出演してほしい」女子アナ総選挙 1位加藤綾子】の続きを読む

1: 2019/05/31(金) 21:28:42.50 ID:x/zjHaYg9
 『an・an』といえば、2017年9月発売号で衝撃の“肘ブラ”を披露した田中みな実(32)も“サンジャポOG”だ。
「“肘ブラ”も凄かったけど、4月に発売された『マキア』の表紙も凄かった。ファッション誌にもかかわらず、彼女はおっぱいの3分の1がハミ出たレオタード姿で登場。エロフェロモンを発散しまくりました。かなりの数の男性客が購入したようです」(前出・女子アナライター)

 2月には連ドラ『絶対正義』(フジテレビ系)で本格的に女優デビューを果たした。
「事務所を通じて、各局に売り込みをした末のドラマ出演ゲットでした。初回から男に全裸でまたがり、うっとりとした表情でフレンチキス。そのまま男に覆いかぶさり、シーツにくるまりながら情事に及ぶシーンは圧巻でした。私生活での経験がよく活かされていると、高い評価を受けました」(ドラマスタッフ)

 田中は宇垣に対して激しいライバル心があるという。
「同じ局の出身で、同じ番組の経験者。キャラも似ていて、おっぱいもデカい。意識するのは当然です」(前出・女子アナライター)

 だからなのか、田中のバラエティー番組などでの発言は過激さを増す一方だ。
「私、ほとんど体毛がないんです」
「毎晩、寝る時はノーパン」
「エロい目で見られているとうれしい」
「常に男からキスされていたい」

 など、エロ発言を連発しているのだ。
「自ら“パイパン”であるのを告白するなんて、なかなかできることではありません。毎夜、入浴中にクリームをつけてのおっぱいマッサージ、そして、風呂上がりの顔パックならぬ“おっぱいパック”は必ずやっているそうです。よっぽど、宇垣に負けたくないんですね」(前出・女子アナライター)

 2013年3月、『ナインティナイン』の矢部浩之と結婚、今や2児の母親となった青木裕子(36)も、“サンジャポ”で存在感を示した1人。
「田中とは同番組で共演したこともありますが、2人が“犬猿の仲”であることはよく知られています。言葉はおろか、視線さえ合わそうとはしませんでした」(芸能関係者)

 現在、フリーとして芸能事務所に所属している青木。
「ですから、田中との共演は絶対NG。子育てが一段落したら、本格的復帰を考えているようです」(前出・芸能レポーター)

 今年1月末にTBSを退社した吉田明世(31)はトーク番組で、
「高島彩さんや加藤綾子さんにはなれないと分かる」

 と話していたが、4月からスタートしたバラエティー番組のレギュラーをゲットした。
「“サンジャポ”OGの中で、彼女が一番堅実かもしれません」(TBS関係者)

 昔、フジテレビ、今、TBS。同局はフリーを目指す女子アナたちの“宝庫”となった。


no title



【歴代サンデージャポン女子アナ“下半身事情” 田中みな実「パイパン」告白】の続きを読む

このページのトップヘ